So-net無料ブログ作成

バロムクロス!で、ル・ロロロロロロロ~ [バロム・1]

超人バロム・1(ワン)という番組が、かつて放送されていた。原作はゴルゴ13のさいとうたかを氏。原画の方は顔が人そのもので、ヒーローと呼ぶにはすこしイメージが違う感じがあるが、テレビ放映の方はヒーローっぽいというか仮面ライダー的で、筆者のお気に入りだ。

全宇宙の正義のエージェントと悪のエージェントとの戦いが、地球で行われたという設定だった。エージェントとは、代理人のこと。正義の力であるコプーの代理人がバロム1であり、悪の力のドルゲにはその分身であるドルゲ魔人がいた。

ふたりの少年が腕を組んで「バロム・クロス!」と叫ぶと、超人バロム1に変身するという変わり種。ボップという武器やマッハロッド号に乗って、ドルゲ魔人と戦うのだ。

主題歌を歌うのは我らが兄貴、水木一郎氏だ。この歌の特徴は、「♬マッハロッドで、ブロロロロ、ブロロロロ、ブロロロロ~」と三つめのブロロロロは音をはずして歌う。音譜どおりにうたうと下がりぎみなのだが、外して上がりぎみに叫ぶようにうたうことで、豪快さが出るのだ。

初めてこのような歌い方をしたのがバロム1だったと、ある番組で兄貴が話していた。このバロム1、番組を見ていた頃は小学生だったのでまったく知らなかったのだが、ある理由で番組は終了せざるを得なくなったのであった。

特撮ファンなら誰もが知る所となったウルトラセブン第12話欠番の理由だが、バロム1の問題点はより深刻だった。物語の設定そのものが問題の対象であった。いや、対象になってしまったのだ。偶然おなじ名前のドルゲ少年が、いじめの対象になってしまったのだ。

正義の超人と同じならともかく、悪の権化と同じ名前では少年があまりにも気の毒だ。結局放送を終了させることで、この件は幕引きとされたそうである。

番組の最後に「ドラマがフィクションである」ことを断る習慣ができたのは、このバロム1から始まったという話もある。ずいぶん後になってイジメが原因でこの番組が終了したことを知ったとき、何ともやるせない気持ちになったものだ。

バロム1は好きなヒーローだった。当時流行りの「変身サイボーグ1号」という人形の着せ替えにバロム1を買ったほど、大好きだった。バローム!という戦闘ポーズを、君は知っているかい?あの陸上競技世界NO.1のウサイン・ボルト氏はバロム1が大好きなんだ、きっと(笑)。


スポンサーリンク



タグ:バロム1
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました