So-net無料ブログ作成
検索選択

ウルトラアイはダンの身体の一部か? [怪獣論・怪獣学]

ある人から借りた本に、「ウルトラアイがダンの身体の一部かどうかは、不明」と書いてあった。そういわれると、この点は今まで考えても見なかった事柄である。人間の姿から元の姿(つまりセブン)にもどる時に使うウルトラアイ。今回はこの問題について、考察してみたい。


ウルトラマンが対ゴモラ戦においてベータカプセルを紛失し、人間の子供に拾われるという失態を演じたことがある。このことでウルトラマンが戦闘能力を大きく失う(体力が消耗するとか、光線技が使えない等)ような事態には至っていないことから、ベータカプセルは単に変身するためのグッズ(携行品)に過ぎず、ウルトラマンの身体の一部ではないことを思わせる。

ウルトラセブンでは、ウルトラアイを戦いの最中に紛失したことは一度も無い。それはウルトラアイが携行品(グッズ)ではなく、変身後は身体の一部分になって取り外せなくなるからだと推測できる。


ウルトラセブンの目の周りの色は銀色(シルバー)であるが、ウルトラアイは赤い色をしている。装着前と装着後の部分の色が違うのは、どうしたことか。ウルトラアイは単なる変身グッズであるとする見方も出来る。だがその場合、赤いウルトラアイを何処にしまっておくのか?ウルトラマンでさえ、戦いの最中に一度は紛失したのだ。

セブンも激しい戦闘シーンのさなか、紛失してもおかしくはない。この点で考察①とやや矛盾する。それともウルトラアイを装着した瞬間に変色(赤色→銀色)して、身体の一部になってしまったのか。この説ならば考察①の延長線上にあるので、矛盾しない。


ウルトラセブンは、侵略者に何度かウルトラアイを奪われている。第2話でピット星人に奪われてしまった時に、「ウルトラアイは僕の命だ」とつぶやいている(…確か)。このことから、命は当然身体の一部分なので、ダンは命を隊員服の胸ポケットに入れて持ち歩いているということになる。


ウルトラセブンはダンの姿のままでは、透視力やウルトラ聴力しか使えない。鉄を曲げたり大きくジャンプしたり、光線技を出すことは出来ない。


以上のことから、ウルトラセブンにとってウルトラアイは、腕力や跳躍力、光線発射力などの超能力を封じ込めておく身体の一部分であると推測できる。ダンのままでは超能力がほとんど発揮できないことから、ウルトラアイは単なる変身道具などではなく、「命」そのものである。ダンは命をポケットに入れて、持ち歩いているのだ(笑)。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました