So-net無料ブログ作成

水木一郎アニキの雄叫び(シャウト)! ~アニソン&ヒーローソングは世界を救う! [アニソン歌手]

今回はヒーロー本人ではなく、ヒーローソングを歌う人の話を取り上げようと思う。
アニソン界のキング。言わずと知れた『水木一郎』アニキの登場である。デビュー曲は1968年の『君にささげる僕の歌』。いわゆる歌謡曲である。いい声だなぁと思う。初めて歌ったアニメソングは、1971年の『原始少年リュウが行く』。

その翌年に『マジンガーZ』でシャウトし、水木一郎伝説が始まる。今や持ち歌は、なんと1200曲。中でもロボットアニメの金字塔としても有名なマジンガーZは、漫画はカッコイイし歌はノリノリだしで、当時小学生だった筆者はとても夢中になったものだ。オジサンになった今でも、カラオケで歌うことがあるくらい好きな曲である。

作詞は東文彦氏、作曲は渡辺宙明先生。70~80年代のアニソン・ヒーローソングは、渡辺宙明先生と菊池俊輔先生の2大巨匠がそのほとんどを作曲していると言っていい。筆者はつくづく思う、いい時代に子供から青年期を送ったんだなぁと。
では、座談会をお送りします。

A氏;
「ボクは水木さんのキャプテンハーロックの歌が大好きなんですけど、この曲を聴きながら遠い宇宙に思いを馳せるんですけど。特に最後の『命を捨てて 俺は生きる』って、小学生の時からどういうことだろうなって思ってたんですけど、最近大人になってそれが解ってきたように思います」

水木;
「ボクは未だにそうですけども、レコーディングスタジオでマイクに向かって歌っているんですけれども、ボクの気持ちはテレビの前に座っている子供たちをめがけて、歌うんですね。だから彼のように言われると、ああ、ボクの歌い方は、間違いじゃなかったと感じますね」

A氏;
「(メッセージが)しっかり届いてます(笑)」

B氏;
「私はメカンダーロボの『トライアタック!メカンダーロボ』が好きなんですが、この歌の歌いだしで、水木さんがトライアタックっていうシャウトで始まるんですが、主役の神谷明さんがこの水木さんを参考にして、本編の中で叫んでるんです」

水木;
「神谷明君が、『ねぇねぇ、トライアタックってどうやってやればいいんですか?』って聞くんで、(右手で前方を指さして、大声で)『トライ ア ターァッ ク』って、タの部分に舌を使って遠くに飛ばすように、『タァーッ ク』ってやればいいですヨって言ったら、彼がそれをマネして、ウン、やったみたいですよ・・・」

(周りの人達が大笑い。すぐ隣で堀江美都子さんが、耳が痛そうにしていた(笑))

C氏;
「侍ジャイアンツの歌が好きです。水木さんってものすごく歌が上手なのに、この歌は上手に聞こえないというか・・・(笑)。この歌は歌詞を聴いていただければわかるんですが、主人公の番場蛮が荒くれ者で不良っぽいイメージなんで、番場蛮の気持ちになって歌うとこういう歌い方になるのかなと、ずーっと思ってました」

水木;
「そのとおりですね。番場蛮は威張ったやつが大嫌いですから。今聞くとそれほどでもないけど、レコーディングの時は、『ジャーイ アンツ』って所をつぶして歌ってるつもりだったけど。そういうイメージを持って歌ってましたね。俺はアニメソングを歌うために、たぶん生まれてきたんだと思うのね。自分が好きなんですよ、そうやっていろんな人を演じていくことが。それが楽しいの。それまでバカ話しててもイントロが出てくると、そのキャラクターというかその歌にスーッと自然に入っていけるの」

D氏(作曲家);
「私が水木さんの歌を作曲するとしたら、シャウトはするものだと決めてですね、音符は書かない(笑)。このシャウトには、実は音程があって、水木さんはそれをしたたかに計算なさっている。コンバトラーVの歌で、最後のシャウトは、本来の音符の音(ミ)よりも5度上のシでシャウトしてる。《我らの 我らの コンバトラーブイ》これは初めから計算されてやったんですか?」

水木;
「これ計算して無かったってことは、俺って天才なのかな!?(笑)」

C氏;
「アニキの雄叫びの誕生は、いつなんですか?」

水木;
「それはね、超人バロム1なんですよ。あの、あれはね、『マッハロッドで ブロロロ ブロロロ ブロロロ』 メロディでは、最後のブロロロは下がるんですよ。そこをディレクターの方が、『水木君、そこ外してくんないかなぁ』って言われたんで、あれは3度上に外したんです。ホントボクね、雄叫び、悩んだんだから。あの擬音をどうやって歌おうかって。歌詞が付いている中で、どうやって外していこうかって・・・」

B氏;
「そもそも擬音だけの歌って無かったんですよ。バロム1は『さいとう・たかを』さんの原作で、一番有名なのが、ゴルゴ13のライターを付ける音;『シュボッ』とかね。で、プロデューサーの平山亨という人が、あの擬音を何とか歌詞に反映させたいというので、書いたのが『ぼくらのバロム1 作詞;八手三郎』。最初は全部擬音の詞だったそうですが、作曲家の菊池俊輔先生が、それじゃあんまりというんで、マッハロッドとかの言葉を入れたらしいんです」

水木;
「歌ってる僕が質問するのは失礼かもしれませんが、あのブロロロってのは、マッハロッドのエンジン音だと思っていたんですが合ってますか?」

B氏;
「そうでしょうね。(笑)」

C氏;
「ええっ?、今確認されたんですか?(笑)」


★★★★★★★★★★★★
バロム1は、前にも書いたように筆者のお気に入りヒーローだったが、ある事情から打ち切りが決まったという、残念な番組であった。でもこのバロム1が無ければ、雄叫びの水木節は生まれてなかったかもしれない。バロム1とミスタードルゲ、アントマン達にも、感謝!



スポンサーリンク



タグ:水木一郎
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました