So-net無料ブログ作成
検索選択

帰ってきたウルトラマン(1) ~新マンの主題歌と劇伴(劇中音楽)は、一級芸術品だ! [帰ってきたウルトラマン]

『帰って来たウルトラマン』が始まると聞いて、ホントにワクワクして放送を待ったことをよく覚えている。確かテレビガイドのような雑誌を見て、その事を知ったと記憶している。当時はウルトラセブンが終わって2年程経っていたが、夕方の時間帯にウルトラファイトを放送していて、怪獣熱はかなり高まっていたと思う。

ガイド誌に載っていたきくち英一氏の、ウルトラマンの背中から上半身を出してゆでたまご(の様なもの)をほおばる写真を、今でも鮮明に覚えている。当初は初代ウルトラマンが帰ってくるという設定であったため、『帰ってきたウルトラマン』というタイトルがつけられたという。

そのため、スタイル(体の模様)も初代ウルトラマンと同じスーツで第1話の怪獣総進撃が撮られている。しかし商品化展開を踏まえると別人とした方がよいというスポンサーの都合でこの設定は没になり、最終的に別人ということで同じシーンを撮り直ししたという。

若い方達には『ウルトラマンジャック』の愛称で通っていると思うが、筆者の世代は、新マンとか帰マンなどと呼んでいた。この稿では、新マンで通したいと思う。

新マンの音楽は、主題歌がすぎやまこういち氏、劇中音楽(;劇伴)は冬木透氏という布陣である。セブンから2年と少し経ったある日、冬木氏は円谷プロ社長兼プロデューサーの円谷一氏から新番組『帰ってきたウルトラマン』の音楽を依頼された。

円谷一氏は円谷英二氏の長男であり、東京一(あずまきょういち)の名前で、新マンの主題歌の作詞もしている。早速円谷の書いた歌詞をもとに主題歌の作曲に着手するが、TBSサイドが主題歌を別の作曲家に発注したことを、円谷から後に知らされる。

『主題歌はすぎやまこういちに決まった』と聞かされた冬木氏は、『これも時代の要求だ』と主題歌への想いを断ち切り、ウルトラセブンで確立した手法を基調にして、劇伴の作曲に全力を注いだ。『ウルトラマンのテーマ』『MATのテーマ』の2つのテーマメロディを軸に、『怪獣出現』『ウルトラマンのピンチ』などの音楽メニューに沿って新マンのために書き上げた劇伴は、100曲を越えた。

劇伴の録音は、2回にわたって行われている。1回目は、‘71年3月に65曲。2回目は、同年8月に27曲。その他にエピソードごとに必要な音楽(シーモンスの歌など)を、追加録音している。一方のすぎやまこういち氏の主題歌も、素晴らしい出来上がりである。

ロック調のモダンなイントロや主役・団次郎の歌声が新しいウルトラマンの颯爽としたイメージを打ち立てており、極彩色の光のバックにウルトラマンやMATのメカニックのシルエットが映えるタイトルバックに、よくフィットしていた。

特に曲の最後に叩かれるテンポを次第に遅くするティンパニーは、これから始まる怪獣ドラマへの期待感を高め、その導入部としての役割を十二分に果たしていた。冬木氏が作曲したオープニングテーマであるきらめく光の渦の中から現れる番組タイトル、それに続くすぎやま氏の主題歌、そして冬木氏作曲によるドラマを彩る劇中音楽。

『帰ってきたウルトラマン』の鮮やかな音楽イメージはすぎやま主題歌と冬木劇伴の見事な調和であり、この両者のいずれが欠けても成立しない。新マンのオープニングタイトルのあの鮮やかさは、頭の中で思い描けるほど鮮明である。

それは初代マンやセブンには無かった美しさと、この世の物とは思えない何とも言えない感じを筆者に抱かせるのだが、そう思わせることを強く後押ししているのが、冬木・すぎやま両氏の描いた音楽であることは間違いない。


スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。