So-net無料ブログ作成
検索選択

帰ってきたウルトラマン(6) ~座談会;振り返ってみたウルトラマン/アーストロンの巻 [帰ってきたウルトラ・座談会]

ウルトラマンのスーツアクター・きくち英一氏が、司会の某映画監督とふたりでビデオを見て、当時の記憶を思い出しながら各話のエピソードを語るシリーズ。第三弾は恐竜型怪獣の代表格アーストロン他3匹の怪獣が暴れまくる第1話『 怪獣総進撃』です。

◆異常気象により、怪獣たちが一斉に目を覚ました。東京湾ではタッコングとザザーンが戦っていたが、その争いに巻き込まれたカーレーサー志望の郷秀樹は、子供の命と引き替えに自分の命を落としてしまう。その様子を見ていたウルトラマンは、郷秀樹に自分の命を預けて地球に留まることを決心する。ウルトラマンの超能力でいち早く怪獣出現を知った郷秀樹は、すぐに行動を起こした・・・

脚本;上原正三
監督;本多猪四郎
特殊技術;高野宏一


★★★★★★★★★★★★

司会;
「(テーマ曲が流れて)やっぱりいいですよね~。ウルトラマン『菊池英一』というテロップ。当時ボクが子供でも、ここできくちさんがウルトラマンをやってると解ったんです。憧れました。第一話のクオリティの高さは、さすが本多猪四郎監督、今見てもカッコイイ」

きくち氏;
「ビックリしました。今見返しても手前みそながら、迫力ありますね」

司会;
「スタッフの、『ウルトラマン』や『ウルトラセブン』を超えようという意欲が画面に出てます」

《郷秀樹の死体とウルトラマンが一体化する》
きくち氏;
「郷秀樹との合体シーンか。この合体で前に倒れる時に、どうしても手をついてしまうんですよ。監督の注文は、手を脇に付けたまま前に倒れろってことだったけど、うまくいかなかった。この時のウルトラマンの声をやらせてくれと頼んだんですが、だめだったなー」

司会;
「どうしてですかねー、*国分さんっていう声優さんがやられてましたが。きくちさんは、中でしゃべってましたか?」
*国分さん→筆者の調査では、ウルトラマンの声を担当したのは「谷津勲」氏である

きくち氏;
「ええ、しゃべってました。やっぱり役者ですからね」

司会;
「このアーストロン以降、怪獣はほとんどきくちさんの大学の後輩の遠矢孝信さんが演じてらしたんですね?」

きくち氏;
「このアーストロンとの格闘は、全部撮り直ししたんですよね。ウルトラマンのデザインが変更になって。全く同じ殺陣で、もう一回やったわけです」

司会;
「正直、ムッとしましたか?」

きくち氏;
「そりゃあ、しましたよ(笑)」

司会;
「それだけ、いつも気合が入った殺陣をしてるってことですよね。しかしこのアーストロンって、実にいいデザインしてますよね」

きくち氏;
「本当、そうですね」


◆◆◆怪獣役者;遠矢孝信氏の証言◆◆◆

アーストロンには最初うちの若いヤツが入っていて、それを本多猪四郎監督さんが見ていらしたんです。それでどうも動きがよくないってことになった。それでボクはタッコングとスケジュールがダブらないんで、アーストロンも演じることになったんです。

そしたら、こりゃスゴイって誉められましたよ。その時は動きなんて何にもわからないんですけど、やたら動いたことが評価されたんでしょう。ボクは出来上がった怪獣を、見たイメージで動きを考えるんです。それを高野・佐川両特技監督は認めてくれてたんです。だからかなりひょうきんな怪獣もあった。飛び上がったり、あぐらをかいたりとかね。


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
第一話はお祭り騒ぎのように、怪獣が三体も出てくる。ザザーンはすぐに倒されてしまうが、子供にとってはたくさんの怪獣を見られるだけで、うれしいものだ。アーストロンとゴーストロンは兄弟か?というような質問があったように思う。

演じていた方が同じだということが分っただけでも、筆者はうれしい。ところで、筆者は2匹は親戚同士だと思う。理由は肌つやが全然違うから・・かな(笑)。2匹の関係、皆さんはどう思われますか?


スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。