So-net無料ブログ作成
検索選択

ダイヤモンド・アイ(1) ~外道照身霊波光線、前世魔人の正体みたり! [ダイヤモンド・アイ]

今回は川内康範先生の超人三部作の第二弾、ダイヤモンド・アイである。70年代前半に放送された『レインボーマン』の後番組として企画されたものである。前作と決定的に違う所は、『ふたりの主人公を持つ』という点である。レインボーマンとヤマトタケシは同一人であるが、この作品でダイヤモンド・アイは人間の主人公《雷甲太郎》が変身するわけでは無いという点が大きく違っている。(ちなみに今作の後番組コンドールマンでは、人間主人公=超人という点でレインボーマンに近い)

さて、人間側主人公である《雷甲太郎》はルポライターという仕事で事件を追っていて、不正政治家や悪徳企業家を見つけるという展開がまずある。そしてその不正な人間たちから策略を弄して金を巻き上げる更なる悪の存在として、前世魔人がいるという設定になっている。どちらかといえば人間側主人公である雷甲太郎を中心に物語は進行し、ダイヤモンド・アイは人の力ではどうすることも出来ない事態を迎えた時に現れて、前世魔人の正体を暴き、それを駆逐する者として描かれている。つまりヒーロー=ダイヤモンド・アイは、人間を見守り助ける『ランプの精』のような存在として描かれているのだ。
この物語でアイがどれほど多くの前世魔人を倒しても、世の中から人間の悪や不正が消えるわけでは無い。この点に注目してみると、ひとりひとりの人間が、悪を憎み不正を許さぬ心を持つことが大切であるという、川内康範先生の思いが伝わってくる。
では、川内康範三部作のすべての脚本を担当された、伊東恒久氏の話をどうぞ。


伊東氏;
「この作品で難しかったのは、ダイヤモンド・アイというヒーローをどう描こうかということだったね。レインボーマンはヤマトタケシと同一だったからよかったんだけど、アイはランプの精みたい、人間とは異質な存在でしょう。少しでも違和感を感じると、後々までつきまとうから。もう少し現実的な方がよかったんじゃないかと思うね」

聞き手;
「ひとつ間違えると、説教しにやってくるみたいな・・・」

伊東氏;
「そうなんですよ。全能の神様みたくなってしまってね。ただね、『レインボーマン』と同じことはしたくないと思っていたから」

聞き手;
「確かに同じ変身ものにしたら、レインボーマンと同じと思われたかもしれないですね」

伊東氏;
「だからあの時は、『ヒーローをもっと崇高な精神の象徴にしたらどうだろう?』と考えたのが、ああいう形になったわけですよ。でもそれが内容を少しわかりにくいものにした原因かもしれない」

聞き手;
「そのために雷甲太郎という人間臭いもう一人の主人公を設定してますね」

伊東氏;
「バランスを取ったつもりだったんだ。でも彼がアイを呼べばすぐ来てしまうという所にね、『レインボーマン』にあった自助努力の精神というものが、やや薄れてしまったかもしれない。その辺が、今一歩だったかな。あと、いざ戦闘となると、やはり人間の殺陣になるでしょう。ロボットにはロボットの殺陣があるように、アイにはアイの殺陣があった方がよかったね。これはこちらの設定ミスかもしれない。ああいう姿をしていても、もっと超越した存在なんだとすれば良かったのかもしれない。仁王様みたいなものなんだ、とかね」

聞き手;
「この作品もレインボーマン同様、前半はストーリーが連続していて、さらに複雑になっていましたが」

伊東氏;
「難しいことをやってるわけじゃないけど、全体として見ると、解りにくくなったかもしれない。僕らが変にエスカレートしたところがあるよね。だからもうこの方向に行くのはやめようということになったんでしょう」

聞き手;
「後半は、もう少し解りやすいストーリーになったわけですね」

伊東氏;
「視聴率をもっとあげなくちゃいけないとか、いろいろ問題があったんだと思うよ。これは言い訳にしかならないけど、準備期間があまり取れないままに創ってしまったということも、あるかもしれないね。『レインボーマン』をやりながらの準備だったからね」

聞き手;
「どの辺からスタートされたのですか?」

伊東氏;
「確か4クール目に入った後くらいだったかな。『続・レインボーマン』でも良かったのかもしれないけど、スポンサーの関係もあってそうもいかない。それに僕らも違う形のものをやりたいと思っていたからね。東宝側のプロデューサーも変わって、また一から意思疎通を図りながら創っていかないといけない部分もあったし」

聞き手;
「あの『ばぁれたかぁ~』は、どなたの考案ですか?」

伊東氏;
「あれは川内先生だった。ある時『ばぁれたかぁ~』と言いながら、こう身振りをしてくれてね。『ああ、それいいですね。それいきましょう』と。『レインボーマン』の悪役・ミスターKというのは僕のネーミングだけど、『K』というのは、川内康範先生から戴きました。本当はミスターXでも何でもよかったんだけど、そういう意味合いに取ってくれればいいかと思っていたんだ。川内先生も怒ってなかったから、まぁ大丈夫でしょう(笑)」



ダイヤモンド・アイは、時価10億円と言われる世界有数のブルーダイヤ“アラビアの王”の精であり、全能の神から遣わされた平和の使いである。雷甲太郎が絶体絶命の危機に陥ったとき、左手にはめられたアイリングを光にかざし、『アイよ!』と叫ぶことで姿を現す。前世魔人は長年の宿敵であり、この世の悪霊を倒さぬ限り元のダイヤには戻れない宿命であるという。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。