So-net無料ブログ作成

仮面ライダー(2) ~おれが仮面ライダー2号だ [仮面ライダー2号]

ウルトラマンも仮面ライダーも、必然性があってシリーズ化したわけでは無い。そのきっかけは、ウルトラマンでは別番組に出ていた“同郷の仲間が窮地を救うためにやってきた”という場面から発想された。
しかしながら仮面ライダーの場合は、撮影中の不慮の事故という思いがけない災難が、いわば逆転の発想で番組の窮地を救っただけでなく、その後の人気を決定的なものにした。知恵を出し合って番組とその関係者を救ったわけだから、プロデューサーやスタッフの心意気に、今更ながら拍手を送らずにはいられない。


★★★★★★★★★★★★
平山亨プロデューサーは、動揺している暇は無かった。急きょ、制作担当の内田所長と打ち合わせを行い、撮影済みフィルムと既存の藤岡氏のフィルムをつないで、どうにか制作中の2本分を作る目算が立った。問題はそのあとである。

早速助監督たちを招集して、藤岡氏が出演しない全編仮面ライダーが活躍する台本を書かせた。そのうちの一つが、(当時)長石多可男助監督のFBI秘密捜査官《滝和也》が活躍する『吸血怪人ゲバコンドル』の話だった。本郷猛のいない『仮面ライダー』の撮影をしながら、こうして都合3本分の話をストックすることが出来たため、当初は吹き替えを立てて、彼の現場復帰を待つという予定を立てた。

ところが藤岡氏の怪我は全治6か月。復帰が待てないことが判り、新しい仮面ライダーを選ぶことが必要になった。近藤正臣氏、千葉次郎氏などの名が挙がったが、どうもシックリこない。内田所長は、『柔道一直線』で一緒だった《佐々木剛》なら、何とかしてくれそうな感じがしたと語っている。

佐々木氏はというと、怪我をした友人から仕事を奪うようでイヤだったことや仕事を引き受けて視聴率が落ちたら洒落にならないとも思ったという。しかし一番の問題は、子供番組で主役をやっていた俳優たちがその印象を払拭しきれずに、その後の仕事で苦しんでいたことを知っていて、それが気にかかっていたという。

しかし藤岡氏と知り合いだったこと、育ててくれた東映に恩返しがしたかったこと、なによりも自分を必要としてくれているという気持ちに応えるべく、《藤岡弘が復帰するまで》という約束で、佐々木氏は仮面ライダー出演を承諾したという。

《一文字隼人》という名前は、仮面ライダーの前身企画である『クロスファイア(十字仮面)』から十字をもじって一文字、精悍な戦士のイメージの薩摩隼人から名を隼人と、平山プロデューサー達が名付けたそうだ。

こうして主役交代を機に、内容を一新することも決まり、本郷ライダーのおどろおどろしいムードから、一文字ライダーは明るく元気なムードにしようということになった。石ノ森章太郎先生のデザインにより、テールのついたクリーム色のつなぎを着た2号ライダーが、ここに誕生した。

一文字ライダーへの交替に際し、変身ポーズも作られることになった。大野剣友会の高橋一俊氏が、撮影のあとサウナに入って、鏡の前で『ああでもない、こうでもない』と試行錯誤して考えたのだそうである。

こうして第14話『魔人サボテグロンの来襲』で、つなぎのファスナーを下げて、『お見せしよう』と言ってポーズを作り変身する。この時、高橋氏に付けてもらった変身ポーズの手順を間違えてしまったのだが、それはそれでカッコよく変身できたので、監督がOKを出したそうだ。よって、この回の変身ポーズとこれより後の変身ポーズが違うのは、単に間違えたというだけの話であるらしい。

佐々木氏は2号ライダーの初話となる『魔人サボテグロンの来襲』の時に、仮面ライダーの着ぐるみに入ってマスクを付けて、アクションを披露している。本来なら藤岡氏の怪我の後だけに、主役が怪我をしないよう絶対に入ってもらいたくないはずなのだが、現場にはそういう話が伝わっていなかったらしい。

大野剣友会とは馴染みだし、藤岡氏がライダーに入ってこなしていたことを知り、負けたくない気持ちがあったそうだ。立ち回りについては事あるごとに剣友会の岡田氏らと話し合い、キチンと意見も言ったという。殺陣師の仕事は、役者に出来る限りカッコイイ殺陣を付けてあげる事。

剣友会の岡田氏が佐々木氏の殺陣を評する。『持って生まれたものなのか、見せ場のある動作を創るのに、よいリズムがあるし綺麗。立ち回りもキレるし、絵作りも上手い。そういう意味で、変身前などこちらのイメージ通りの芝居をやってくれた。好きじゃないと、あそこまで立ち回りはできない』。 岡田氏はべた褒めである。(おわり)


★★★★ ★★★★ ★★★★
佐々木氏と大野剣友会とは『柔道一直線』で馴染みがあり、また佐々木氏自身、新国劇で立ち回り芝居の場数を踏んでいて、殺陣は得意なのであろう。それと持って生まれたものが合わさって、一文字隼人としても、2号ライダーとして着ぐるみに入っても、うまく立ち回れるようである。なによりも“負けたくない”という努力を惜しまない素晴らしい役者魂の持ち主なのである。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました