So-net無料ブログ作成

人造人間キカイダー ドラマ1 [キカイダー・ドラマ]

「キカイダーをより深く語ろう会」は、キカイダーの作品をみてから行われた。第1~2回は第37話を観てから、第3~4回は第42話を観てから、それぞれ行われた。

そこで遅ればせながら、第37話を取り上げます。この回から最終回まではハカイダーが登場する、いわゆる「ハカイダー登場編」です。
このドラマ編を読んでから座談会「深く語ろう会」を読むと、より分かり易いと思います。


★★★★★★★★★★★★
《第37話 ジローの弟 強敵ハカイダー!》
原作;石ノ森章太郎
監督;畠山豊彦
脚本;長坂秀佳 
スタントマン;高橋健二(JAC)
オートバイスタント;室町健三 

[前回までの話は・・・ ダークは、良心回路と正反対の働きをする「悪魔回路」を完成させた。それを組み込んだ悪の戦士を完成させるため、ヒトデムラサキを使って光明寺博士を誘拐させた。ジローはヒトデムラサキに闘いを挑んだが、ギルの笛と光明寺博士の声との間でジローの良心回路は混乱を起こし、ショートしてしまう。そして、ジローは光明寺博士の襟をつかんだまま、動かなくなってしまう]


◆ヒトデムラサキは、ジローがつかんだまま離さない光明寺博士の服を破いてダーク基地へ連れて行ってしまう。機能停止したまま放っておかれたジローは駆け付けた警察とミツコ、マサルに発見されるが、ジローが光明寺博士を殺害しようとしたところを見たという女性の証言で、ジローは光明寺博士誘拐犯人にされてしまう。

そこに気転を効かせたハンペンが車で現れて、現場検証を続ける警察から、動けないジローを車に乗せて持ち去ることに成功する。非常線を張った警察は、検問を行う。車に乗せて逃げている間にミツコが修理を済ませたが、光明寺博士を襲った自責の念から声を出せなくなってしまう。検問を避けて横道に入ったジローたち。

そこでジローの目は、ヒトデムラサキの姿を見た子供がダークに追われている姿を目撃する。声が出ないジローはそれを説明できずに、仕方なくひとりでヒトデムラサキを追って闘いを挑み、ヒトデムラサキを撃退する。しかし子供を助けた次の瞬間にギルの笛が鳴り、ジローは今助けたばかりの子供の首を絞めにかかる。

そこに警察がやってきて、ジローは現行犯逮捕されてしまう。声が出せないジローは事情を説明できない。一方ダークは、誘拐した光明寺博士に薬で自由を奪い、悪の戦士完成の最終段階以外はすべて完了させた。そして光明寺博士の脳を、悪魔回路を持った戦士に移植する手術が、ダークの医師達の手により、ついに始まってしまった。

留置されたジローは、人造人間であることが解ってしまい、人間扱いされること無く大学教授の手によって分解されることが決まる。一方ダークでは、悪魔回路を内蔵した悪の戦士、ハカイダーが誕生していた。ギルは命じる。
『お前の敵はこの世の中にたった一人、キカイダーあるのみだ。キカイダーを殺せ!』

ギルの目の前でダークのアンドロイド戦闘員達をハンドガンで一瞬のうちに破壊して、ギルはその行動に歓喜する。仲間でも容赦なく破壊する恐ろしい悪魔回路を持った戦士は、ジローの弟でもあった。 (つづく)

⇒ドラマ4(第38話)へ、進んでください。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました