So-net無料ブログ作成
検索選択

インドの山奥で修業した男!レインボーマン(3) ~キャッツアイ作戦編~ [レインボーマン・ドラマ]

《第3話 レインボー・ダッシュ7》

原作;川内康範
脚本;伊東恒久
特殊技術;有川貞昌
監督;長野 卓

インドで1年間の修行を終えレインボーマンとなったヤマトタケシは、ついに日本へ戻ってきた。久しぶりの日本に、ぶらぶら歩いていたタケシは、途中インチキレスリングを主催しているカリモスの道場で、レスキの正造を見かける。

強い日本人を破格の金額でレスラーとして雇い、マカオへ送りこもうとするカリモスは、この試合で多くのレスラーを血祭りにあげてきた。

あまりの悪質な手口にレスキの正造は文句をいうが、逆にノックダウンされてしまう。それを見ていたタケシはリングに立つ。ボロボロの服にざんばら髪のタケシは、カリモスの雇った三人のレスラーたちをなぎ倒し、レスキの正造を助けだす。

タケシはインドへ立つ前まで、プロレスラーになる夢を抱いて、このレスキの正造が主催する道場で修業をしていたのだった。

なんとしてもこの強いタケシをマカオへ送りたいカリモスは、汚い手段を使ってでもタケシを雇う気でいた。どうしてそうまでして、カリモスはタケシを雇おうとするのか?

タケシの実家は小料理屋をしている。タケシはようやく、心安らぐ場所に帰ってきた。心配している母・たみに、あいさつするタケシ。
『ただいま、かあちゃん。心配かけてごめんよ』

妹・みゆきが学校から帰ってきた。涙して抱き合って喜ぶみゆきとタケシ。家族だんらんの時が来た。ガソリンスタンドを経営する先輩の堀田の所へも、あいさつに行くタケシ。

『今朝、帰ってきたんです』
『ダイバ老人には会えたのか?』

1年間修行をしてきたこと、プロレスラーになる夢はあきらめたことを告げるタケシだった。一方、正造の娘・淑江が経営する保育園・どんぐり園を手放さなければならない危機が目の前に迫っていた。父・正造が借金300万円の保証人になっていたのだ。

借金を回収しにきたヤッパの鉄とその仲間が正造と娘・淑江に迫ってきたその時、タケシが現れてヤッパの鉄らを追い払った。レスラーの件で気が済まないカリモスは、ヤッパの鉄らに汚い手を使ってタケシに復讐することを提案する。

淑江を人質にしてタケシを車に乗せると、カリモスの殺人レスラーたちが待つ埠頭へいく、ヤッパの鉄たち。三人の殺人レスラー達は、タケシを痛めつけてからロープで縛り、車でひいてしまおうとする。

タケシは、仕方なくレインボーマンに化身してロープから脱出し、レインボーフラッシュで突進してくる車を破壊し炎上させる。ダッシュ3に化身して火を消し、淑江を救出する。翌日カリモスの所へ行き問い詰めるタケシに、カリモスはマカオで賭け試合をやることを告げる。

5万ドルの賞金、日本円にすれば1500万円を出すという。オヤジさん(正造)の借金を返し、妹の足の手術代を出してもまだ余る額だ。タケシはこの金額につられて、マカオの賭け試合に契約してしまう。

止めたはずのレスラーの道に再び足を踏み入れてしまったことに、心を暗くするタケシ。カリモスは勇んでマカオに電話で報告する。
『素晴らしい獲物を見つけましたよ、ミスターK!ハハハハ』     (つづく)


★★★★★★★★★★★★
レスキの正造のレスキとは、「レスリング気ちがい」の事である。気が違うほどのレスリング好きという意味である。レスキの正造のフルネームは水野正造、娘は水野淑江である。チンピラのヤッパの鉄は、今は敵対しているが、やがて味方になる。

この時代、1ドル=300円だったことが分かる。超円安だったんだね。固定相場制から変動相場制へと変わったすぐあとの頃の話だったんだね。ちなみに固定相場制とは、1ドルを360円の為替相場に固定していた時代のことをいう。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました