So-net無料ブログ作成
検索選択

スーパーロボット レッドバロン(1)  ~ファイトレバー オン [レッドバロン/デビラー編]

 ぼくらの地球は美しい
 鉄面党にゃ渡せない
 平和を愛する心には
 鉄面党が許せない
 
◎元・円谷プロのメンバーで立ち上げた会社、日本現代企画が手掛けた特撮番組が、この『スーパーロボット レッドバロン』である。ウルトラマンとの差別化をするために、様々な工夫の跡が見られる。主題歌はなんと、作詞;阿久 悠、作曲;井上忠夫という昭和のヒットメーカーであった!
第1話『ロボット帝国の陰謀』を取り上げます。

脚本;上原正三
音楽;ボブ佐久間
原案;渡辺一彦・斎藤汎司(日本テレビ) 
監督;鈴木 清
特撮撮影;大岡新一

◆ロボット時代と言われる21世紀に先駆けて、「万国ロボット博覧会」が日本で開催されることになった。世界の国々の自慢のロボットたちが、次々と会場に運び込まれていく。だが、ロボットを造った各国の科学者たちが、行方不明になるという事件が起こる。

秘密捜査官SSIのメンバーである紅健(くれない けん)の兄、紅健一郎博士も、松崎博士の開発したロボットを出品するために作業を行っている最中であった。その松崎博士もヘンリー博士と共に、昨日行方不明になっていた。

事件の真相を探るため、秘密捜査官SSIと警視庁の熊野警部が、会場に密かに潜入していた。健と紅博士は行方不明の両博士の話をしていたそのとき、目の前のロボットの覆いが取れて、見たこともないロボットが出現した。

「侵略ロボット;トロイホース 製作;ロボット帝国 鉄面党」と解説板に書かれている。集まってきたSSIのメンバーと熊野警部。謎のロボットから声が響き渡り、紅健一郎博士の誘拐を宣言する。すると、仮面を被ったような鉄面党の戦闘員たちが襲ってきた。SSIのメンバー4人は、私服を一瞬にしてユニフォームに着替え、鉄面党に応戦した。

紅健も兄を守るため、私服を一瞬でユニフォームに着替えた。健は紅博士を守りながら会場を出ると車に乗せて博士を逃がす。が、鉄面党ロボット・トロイホースに捕まれて、車ごと誘拐されてしまう。会場にあった各国のロボットたちも、鉄面党のヘリコプターによって運び去られてしまう。

紅博士は鉄面党本部に連行され、そこでデビラー博士と対面する。あなたはもしや・・・。
『20年前までは博士であったが、今はロボット帝国・鉄面党の総統だ!』

紅博士はそこで、松崎博士たちがロボットの改造を黙々と行っている姿を見せられる。松崎博士たちは奴隷人間に改造されて、鉄面党のために働いているのだった。密かに造っているレッドバロンを渡せば、奴隷人間に改造はしないと言うデビラー。

4年前、紅博士の両親と弟が誘拐されて行方不明になっていた事件は、鉄面党の仕業でだったことを告げるデビラー。
『彼らは言うことを聞かなかったからな・・・』

デビラーは、紅博士をメカ人間にするよう指示を出す。紅博士の研究所へ来るように言われていた健は、行ってみて驚いた。誘拐されたはずの兄・健一郎がそこにいたのだ!しかし、首に白い包帯を巻いている。兄は健を、赤い男爵“レッドバロン”に対面させる。

『お前のために、4年間かけて造り上げたスーパーロボットだ』
操縦席に案内された健は、そこで両親と弟が鉄面党のデビラーの為に殺されたことを聞かされる。健は改めて鉄面党を倒す決意をすると、兄に操縦レバーを握るように言われる。
『最初に握ったお前の指紋を、電子頭脳が記憶する。これで、お前以外の者は操縦できない』

こうしてレッドバロンの試運転をしている所に、鉄面党のトロイホースが出現する。いきなりパンチを食らって、倒れるレッドバロン。まだ使い方が分らない紅健。
『次はどうしたらいいんだ、兄さん!』
『健、メインレバーをオートにしろ!健、ファイトレバー オン!』

やっと、互角にトロイホースと戦うレッドバロン。だが、トロイホースの右手の回転ドリルが、レッドバロンの身体に傷をつける。バロンパンチで応戦する健。トロイホースが発する破壊光線の連射を受けてピンチに陥るが、紅博士の指示で、必殺武器エレクトリッガーを頭部に受けたトロイホースは、大爆発する。

だがデビラーにとっては、この戦いはレッドバロンの性能テストに過ぎなかった。デビラーは紅博士の首に爆弾を仕掛け、言うことを聞かないと爆発するように改造を施してあった。レッドバロンを運んで来るよう、紅博士に指令を出すデビラー。

だが、紅博士は死を覚悟して、弟・健にレッドバロンを託した。
『レッドバロンを頼むぞ!鉄面党に負けるんじゃないぞ!』

紅健一郎は鉄面党につかまり、十字架にかけられ、首に埋められた爆弾が始動を始める。兄を助けようとする紅健に、侵略ロボット・ビッグバイソンが迫ろうとしていた。 (つづく)


★★★★★★★★★★★★
阿久悠・井上忠夫の主題歌もカッコイイが、何と言っても劇伴音楽がカッコイイ。ティンパニーとホルンが奏でる重厚な感じの曲が、何ともカッコイイのだ。ガッチャマンのギャラクターのテーマに、ちょっと似ている感じ。そうだ!あれもボブ佐久間氏じゃない?小林亜星氏か。


スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。