So-net無料ブログ作成

スーパーロボット レッドバロン(3)~ファイトレバー オン! [レッドバロン/デビラー編]

 ぼくらの地球は美しい
 鉄面党にゃ渡せない
 平和を愛する心には
 鉄面党が許せない
 
第3話『切り札はアンドロイドX』を取り上げます。

脚本;上原正三
音楽;ボブ佐久間
原案;渡辺一彦・斎藤汎司(日本テレビ) 
監督;高野宏一
特撮撮影;大岡新一

◆紅健一郎博士からレッドバロンを奪うことに失敗したデビラー総統は、世界征服の野望を遂げるためには、レッドバロンを鉄面党のものにしなければならないと考え、鉄面党の総力を挙げて造ったアンドロイドXを使って、「東京ビクトリー作戦」を展開するように女リーダーに命令を出した。

その頃、SSIのレーダーが怪電波を発する飛行物体をとらえていた。健、マリ、鉄也を使って探索していたところ、飛行物体が出現して健達に攻撃を仕掛けてきた。それは巨大ロボットの身体の一部分であり、そのロボットの正体は東南アジア連邦から出品されるはずだったアグンガルーダである。

健はアグンガルーダと戦うため、レッドバロンに出撃命令を出した。操縦席に入った健は、左手で手元のレバーを手前側に向けて引く。
『ファイトレバー オン!』

バロンパンチで先制攻撃し、バロンミサイルを撃ち込むと、アグンガルーダは身体を4つの部位、すなわち頭部、左右の腕、胸に分かれて、それぞれの部位が発射するマシンガンの連射攻撃で、レッドバロンはハチの巣のように被弾してしまう。

大郷チーフからの情報で、東京E地区から強力な怪電波が発信されていることが判明、どうやらそこからロボットを遠隔操作しているらしい。マリは発信源を突き止めるため、SSI専用武装車アイアンホークで探索を開始した。やがて、とある工事現場から怪電波が出ていることを突き止めたマリは、鉄也にその場所を連絡、大作と自転車刑事の熊野警部もそのあとを追う。

その工事現場は、アグンガルーダを遠隔操作するための鉄面党の秘密基地であった。すでにマリの侵入を察知した鉄面党基地では、工事現場のプレハブで、マリを待ち伏せしていた。マリは戦闘員たちに取り囲まれて危機一髪。そこに鉄也と大作が合流し、再び三人は鉄面党と戦いを始める。

だがどうした事か、鉄面党はその基地を放棄して逃げ出していくのだった。遠くに停めてある白い車に乗り込む女リーダーと白い背広の男。マリはそれを見かけてカメラのシャッターを切り、彼らの姿を写真に収めることに成功する。

レッドバロンはバロンミサイルを撃ち込むが、アグンガルーダは赤い煙幕を張って逃走する。敵ロボットを逃がしてしまい、残念そうにSSI基地に戻ってきた紅健。チーフから写真を見せられる健。

マリが撮った写真の1枚にある、敵の車に乗ろうとしている兄・健一郎の姿を見て、驚く健。
『アグンガルーダを遠隔操作していたわ!』
『健、おまえの兄さんは、あの時死んだんじゃなかったのか?』

健は見た。十字架に縛られた兄が自爆するのを、この目で見た。いや、そう見えた。再び兄の死をみた現場に行く健。その目の前に女が現れて、健に手紙を渡す。女は「東京ビクトリー作戦」をデビラーに命令された鉄面党のリーダーだったが、健はそのことを知らない。

「二人だけで話したい。迎えの車で来てくれ。健一郎」と、手紙には書いてあった。健は女と共に迎えの車に乗って、約束の場所へ行くことにした。心配になって後をつけていたマリが、その様子を見ていた。
『健か・・・』
『兄さん?』

それは確かに兄、健一郎だった。一瞬喜ぶ健。だが、何かが違うと感じる健。
『レッドバロンを俺に渡してくれないか。レッドバロンが無いと、おれは死刑になってしまうんだ』
『レッドバロンを渡してしまったら、何もかもおしまいなんだ!』

兄と弟の会見は、不首尾に終わる。あくまでもレッドバロンは渡さないという健。もはやこれまでと悟った鉄面党・女リーダーは、戦闘員に健を襲わせる。健が襲われているにもかかわらず、紅健一郎は女と共にその場を立ち去ってしまう。

一方、マリが後をつけていた為、健はSSIメンバーたちに助けられる。そこにアグンガルーダが出現して、SSIに襲いかかろうとしていた。レッドバロンを出撃させる健。空中戦が得意のアグンガルーダ。

本体から、頭部、左右の腕、胸を分離飛行させて、空中からマシンガン連射でレッドバロンに襲いかかってくる。そして分離していた部分をすぐに合体させると、今度は怪力で攻めてくる。地上のSSIは高射砲で応戦するが、相手の装甲はタフだ。

だが、健は気が付いた。アグンガルーダの胸の部分が分離飛行しているとき、本体の胸付近は無防備になって中が丸見えの状態なのである。そこにエレクトリッガーを撃ち込む健。大爆発をおこすアグンガルーダ。

勝利に酔う暇もなく、遠くから違うロボットが近づいてくる。日本が造った「飛龍」であった。操縦席には、紅健一郎が乗っているではないか。はたして健は、兄の乗るロボット「飛龍」とどう戦うつもりなのか。 (つづく)


★★★★★★★★★★★★
第三話のオープニングテーマからは、キャストとゲスト、スタッフの名前も、すべて横文字で統一して表示されている。やはりちょっと違和感を感じるもんね。はたして、アンドロイドXとは、何者か?



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました