So-net無料ブログ作成

仮面ライダー(新1号/地獄大使編)ドラマ1 [ライダー1号/ショッカー編]

嵐と共に やって来た♬
誰だ誰だ 悪を蹴散らす 嵐の男♬
仮面ライダー 正義のマスク♬


《第53話 怪人ジャガーマン 決死のオートバイ作戦》
原作;石ノ森章太郎
脚本;伊上 勝
企画;平山 亨 阿部征司
技斗;高橋一俊
監督;山田 稔

[前回までの話は・・・
怪人ギルガラスの吐くデッドマンガスの為に、一文字隼人は仮面ライダーに変身したものの、体中の機能が麻痺してしまう。だが間一髪、ヨーロッパにいる本郷猛にテレパシーで連絡を取り、ヨーロッパのショッカー支部にあったデッドマンガスの解毒剤を持って日本へ駆けつける本郷猛。

解毒剤のおかげで、隼人の身体の機能は完全に回復した。日本に帰ってきた本郷ライダーと一文字ライダーのダブルライダーによってギルガラスは倒され、一文字隼人は南米のショッカーを潰すために旅立っていった。日本の守りを一文字に託され、本郷猛は新たな気持ちでショッカーの殲滅を心に誓うのであった・・・]


◆ショッカー首領は、死神博士を日本支部大幹部の任を解き、替わりに東南アジアでその名を知られた地獄大使を、日本支部の新しい大幹部に据えたのである。

一方、本郷猛が日本に戻ってきた事で、立花藤兵衛の心はふたたび夢に向かって進もうとしていた。一度はあきらめた世界グランプリレースでの優勝を、本郷猛とならやれると。このままレーシングクラブのおやじで終わりたくないと、夢を膨らませる立花藤兵衛。

練習コースをバイクで走る本郷は、暇を見ては腕を磨いていたというだけあり、なかなかの記録を出していた。本郷猛も走りながら、おやっさんと同じ夢をみていたのである。そんな気持ちに水をさすように、ショッカーの新怪人ジャガーマンが本郷に挑戦して来た。

自らもオートバイに乗ったジャガーマンは、胸に骨のマークを付けた戦闘員ライダー達を指揮して、本郷を襲った。本郷はバイクを降りると、大きくジャンプして高台に着地した。

『ライダー ヘンシン!』

右腕を大きく回す新しい変身ポーズと掛け声で、本郷の腰にはベルトが装着される。空に向かいジャンプすると、風を受けた風車からは七色の閃光が広がる。閃光が終わる頃、サイクロン号には空中で1回転を終えてシートにまたがる仮面ライダーがいた。

エンジンを吹かし、ショッカーホネ戦闘員ライダー達を巧みなバイクさばきで、次々と倒していく仮面ライダー。

*注…ホネ戦闘員とは、戦闘員の腹部に人骨の模様を描いた戦闘員のことで、当時子供たちはそう呼んだ。

時計を見てイライラする立花のおやっさんの所へ、滝がやって来た。時間をかなり過ぎて本郷が戻ってこないのは、途中でショッカーに襲われたからではないかと、瞬時に二人は思った。

ところが、滝がライダーのところへ駆けつけた時、すでに仮面ライダーはジャガーマンたちを追い払ったあとだった。

自然動物園で動物たちが暴れているというニュースがテレビに流れる。また、ペットが飼い主に襲いかかったり、通行人に襲いかかったりという事件も起きていた。地獄大使がジャガーマンを使って仕掛けた、アニマルパニック作戦であった。

ジャガーマンが動物園で少女達を襲っている所を、本郷と滝が助けた。助けたのは仲間の吾郎とユリたちで、滝にあとを任せてジャガーマンを追った本郷は、途中で見知らぬ男の幻影を見る。

『本郷猛。東南アジアから来た地獄大使を憶えておいてもらおう。死神博士と並んで、ショッカーの最高幹部と言われている・・・』

滝たちを捕らえたことを告げる地獄大使の幻影。確かに滝のバイクが置き去りにされていた。滝たちの命には代えられない。脅しに屈して、ジャガーマンたちに捕まる本郷。ジャガーマンの指示があればライオンに襲われてしまう滝達を前に、見殺しには出来ない。

本郷は滝達のいる檻の中へそっとライターを落として、処刑台へと連れて行かれる。広大な造成地の一角、崖を背にした場所に、ジャガーマンによって磔台に縛られ火あぶりにされる本郷猛。

『滝はまだ脱出できないのか・・・』

ロープを焼き切ってようやく脱出した滝は、磔台のさらに高い位置から現れ、ジャンプして空中で1回転、磔台の横に着地する。本郷の手首の枷(かせ)を外して助けると、戦闘員達の方へ突っ込んでいく。

本郷は新しいポーズで仮面ライダーに変身して、ジャガーマンに挑む。滝は骨戦闘員達を蹴散らして、ライダーはジャガーマンと崖の上で対決する。

『ヒャオーゥ ヒャオーゥ』

滝がジャガーマンに首を羽交い絞めにされていると、ライダーがジャガーマンの腕にキックを食らわせ助けた。キツイ羽交い絞めに、一瞬目を回す滝。立て続けにライダーのパンチ・キックが炸裂し、最後は向き合って組んだまま、上空へ大ジャンプ。

空中でジャガーマンに肩車をするように、ライダーが両ひざでジャガーマンの頭をはさんで放り投げる大技、ライダーヘッドクラッシャーが決まる。頭から大地へ激突したジャガーマンは、最後の力を振り絞って立ち上がると、世界中に響く様に吠えた。

『立て野獣ども!怒り狂い、このジャガーマンを助けに来い・・・』

そう言い残してフラフラッと倒れると、岩場の陰で大音響とともにジャガーマンは爆死した。ジャガーマンが死ぬと同時に、檻の中の猛獣たちや、人間に飼われたペットたちは、また元通りの穏やかさを取り戻していた。(終わり)


★★★★★★★★★★★★
ジャガーマン、中々の雄姿である。ライダーを倒すために造られた怪人という設定だ。技の1号、力の2号と言われる。復帰そうそう、新技を披露するあたり、さすがと言える。

あまり突っ込みたくはないが、何の前触れも無く旧1号の暗い色使いは使用せず、いきなりマスク、身体のラインとも新1号になっている。うん、カッコイイ!



スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました