So-net無料ブログ作成
検索選択

仮面ライダーストロンガー 3 [ライダーストロンガー]

《第4話 悪魔のオートバイ暴走作戦!》
原作;石ノ森章太郎
脚本;松岡清治
企画;平山 亨 阿部征司
技斗;高橋一俊
監督;折田 至

〖奇械人ゴロンガメ〗登場

【仮面ライダーストロンガー城茂は、自ら進んで改造手術を受けて電気人間となり、日本の平和と正義を守るため、世界征服を狙う悪の組織ブラックサタンを倒すべく、敢然と立ちあがった!】


◆立花藤兵衛は、優勝できるオートバイレーサーを育てるという自分の夢を叶えるため、ジープに乗って全国を走り回っていた。サソリ奇械人と城茂、岬ゆり子が戦っていた時に、藤兵衛はこの二人と接近遭遇していた。そして・・・。

黒いバラの花を描いた銀色のヘルメットを被って暴走行為をしているオートバイの4人組がいた。仕事中のトラックや、恋人を乗せた乗用車の周りを囲んで道を塞ぎ、嫌がらせをしては交通事故を起こさせているこの暴走グループ。

ブラックサタンの一つ目タイタンが仕掛けた、交通事故を多発させる作戦であった。この暴走グループのリーダーには奇械人ゴロンガメが乗り移っていて、他の3人を操っていたのだ。このグループの為に幼稚園の送迎バスも事故に遭い、乗っていた十数人の子供達は大怪我を負ってしまうのだった。

だが、そうとは知らない立花藤兵衛はあの暴走グループを見かけて、自分の夢を叶えるような腕のある男をこのグループから探し出そうとする。しかし、話をしに近づいた藤兵衛は、4人の若者たちに殴る・蹴るの暴力行為を受けてしまう。

だが、それを助けたのは、岬ゆり子だった。ゆり子はこの4人を簡単に料理してしまい、彼らは逃げ出していく。だが、助けられた立花藤兵衛はゆり子に礼を言うどころか、逆に文句をいうのだった。
『こら、なんだって余計なことをしてくれるんだ!』

やつらを立派なオートバイ乗りに鍛え上げようとしていたと言って、藤兵衛は自分のジープを置いて、ゆり子のバイクに乗って奴らの後を追って行くのだった。だが、藤兵衛の目の前で4人は消えてしまう。

立ち止まって4人を探そうとする藤兵衛の後ろから忍び寄ってきたゴロンガメは、サタン虫になって藤兵衛の耳から入り、身体を乗っ取ってしまうのだった。顔つきが豹変してしまう立花藤兵衛。

幼稚園の送迎バスが暴走族に襲われたと聞いてその現場にやって来た城茂は、同じバイク乗りとして憤る。
『オートバイ乗りが、こんなあくどい事故を引き起こすなんて・・・』

ゴロンガメに乗り移られた立花藤兵衛が、今度は4人の暴走族を引き連れて暴走行為をしていた。暴走行為のおかげで多くの怪我人が出た幼稚園バス。追加の救急車が来るあいだ、子供達を励ます城茂。

だが、その目の前を立花藤兵衛らの暴走グループが走っていく。
『奴らは、もしかして・・・』

城茂の危惧した通り、視界に入った救急車を襲おうとする藤兵衛グループ。バイクを盗まれたと言って、ゆり子が戻ってきた。城茂はストロンガーに変身してカブトキャッチャー(*)で救急車の位置を確認すると、愛車カブトローを全力疾走させて救急車の後を追って行く。
(*)触覚部分がレーダーになって、求める物をビッグアイに投影することができる能力

だが、藤兵衛グループは救急車に追い着くと、5台のバイクで救急車の回りを取り囲んだ。そして救急車を追い越すと、ユーターンして救急車めがけて突っ込んできた。子供達を早く病院に搬送しなければいけないのに、暴走族に遊ばれて危険を回避しようとした救急車は、路肩にぶつかって停止してしまうのだった。

やっと追いついたカブトローとストロンガーは、しかし救急車を助けることが出来なかった。藤兵衛のバイクはストロンガーを見てジャンプして来た。ストロンガーもそれをみてジャンプ。2台は空中で接触し、藤兵衛はバランスを崩して放り出され、草むらに激突してしまう。

藤兵衛の耳からサタン虫が出てきて、ゴロンガメが出現した。藤兵衛は、そのまま気を失ってしまう。
『とうとう正体を現したな。奇械人め!』

ゴロンガメと対峙したストロンガーだが、戦闘員に救急車を囲まれてしまう。だが、タックルが現れて、電波投げで戦闘員達を蹴散らしていく。
『電波投げ!』

ストロンガーはゴロンガメにキックをするが、硬い甲羅に阻まれてしまう。ゴロンガメの口から青い液体が吐かれ、それを浴びれば炎に包まれてしまう。だが、寸での差で青い液体をかわしたストロンガーは、電キックをお見舞する。だが、ゴロンガメには効果が無いようだ。

吹っ飛んで行くが、致命傷にはならなかった。ゴロンガメは顔と手足を甲羅の中に引っ込めると、鋼鉄よりも硬い甲羅でアタックして来た。最初はうまくかわしたストロンガーだが、2発目を食らって吹っ飛んでしまう。だが3発目が来たとき、電キックで近くの川へ蹴り落としてしまう。

川の中で顔と手足を出して余裕を見せるゴロンガメに、ストロンガーの電気ストリームが炸裂した。水中に大電流が流れて、感電した奇械人は大爆発してしまう。

怪我をした子供達を乗せた救急車は、無事に走り去っていく。立花藤兵衛は、城茂をみて感心していた。
『いい奴だ。見どころがあるぞ、あの男は!』

だが城茂も岬ゆり子も自分のバイクで去っていき、自分のジープをどこかへ置いたままの立花藤兵衛は、移動手段を無くして右往左往してしまうのだった・・・。 (終わり)


★★★★★★★★★★★★
昭和特撮シリーズを見ていると、当時の鉄道なども映っている。車両全体に鶯色を施した山手線が、決斗シーンの後ろを通っていく。昭和特撮と鉄道が大好きな筆者にとっては、とても幸せな瞬間である!



スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました