So-net無料ブログ作成
検索選択

仮面ライダーV3(3) [ライダーV3/ ドクトルG編]

今回は、第3話《死刑台のV3》を取りあげます。

原作;石ノ森章太郎
脚本;伊上 勝
企画;平山 亨 阿部征司
音楽;菊池俊輔
技斗;高橋一俊
監督;奥中惇夫

仮面ライダーV3、風見志郎は改造人間である。謎の秘密組織デストロンに重症を負わされたが、仮面ライダー1号・2号によって改造手術を受け、仮面ライダーV3としてよみがえった!

【前回までの話は・・・
ゲルショッカーが滅びて平和がよみがえったのもつかの間、恐怖の暗黒組織デストロンが出現し、怪人カメバズーカの体内に埋め込まれた原子爆弾を新宿副都心で爆発させる計画を実行に移そうとしていた。だが、V3の活躍によって計画の詳細を知ったライダー1号と2号は、カメバズーカを両脇から抱えたまま、日本から遠く離れた海の彼方で大爆発して消えたのだった・・・】


◆◆ある夜、都内にある第一総合病院がデストロンに乗っ取られ、手術室では院長とテレビとの合体怪人テレビバエが生まれた。デストロンの目的は、テレビバエの目から発する催眠光線で命令通りに動く人間を作り、デストロンの為に働かせることだった。

翌日から、目を付けた人間に診察室で催眠光線を浴びせ、デストロンに忠誠を尽くす人間が増えていった。ダブルライダーの最後を風見志郎から聞いた立花藤兵衛は、本郷と一文字を思い、海に向かって花束を投げるのだった。

デストロンの為に少年仮面ライダー隊本部ビルは破壊されてしまったが、新しい本部施設を街中のスポーツ用品店の奥に作りあげた立花藤兵衛は、風見志郎をその新しい本部へ連れていくのだった。

藤兵衛は奥の部屋へ入るとボーリングのボールの位置を変えて、懐から取り出した少年ライダー隊のペンダントを光らせた。隠しトビラが開いて、その奥にライダー隊本部の設備が現れた。

そこに座っていたのは、珠純子だった。志郎は彼女を危険な目に合わせたくないため、自分には近づかないよう忠告したはずだったのだが、立花藤兵衛の口添えもあり、純子は頑として本部で働こうとするのだった。

スポーツ用品店に、お客様第一号がやって来た。それは花輪を届けに来た業者であった。
『開店祝いの花輪を届けに・・・』
『花輪?この店のことは誰も知らないはずだが・・・』

花輪には、「セントラルスポーツ店さんへ デストロン」と書かれてあった。依頼人の住所を聞いた風見志郎はその場所へ行くが、そこは倉庫街だった。そこでデストロン戦闘員達に襲われた風見は、ある倉庫へと誘い込まれてしまう。

そこでテレビバエと対面する風見。暗い倉庫の中でテレビバエの催眠光線を受けた風見は、身体の自由が効かなくなりそうになりながらも、ライダーV3へ変身した。

テレビバエからモニターされてくるライダーV3の映像を、録画するように指示するデストロン首領。V3と適当な時間戦ったテレビバエは、飛行して逃げて行くのだった。

デストロン首領の命令で、録画したV3の動きをコンピュータにかけて分析し、V3に対抗できる怪人を造るためのデータを得ようとするのだが、コンピュータはデータを分析できずに爆発してしまうのだった。

首領は作戦を変更し、風見志郎の声を人工的に作って立花藤兵衛を誘い出す作戦に出た。ニセの声で第一総合病院に入院したというニセ情報を聞かされ、第一総合病院へ変装して出かける立花藤兵衛。

だが病院はデストロンに乗っ取られており、待合室で待つ老人や女性の患者たちは皆戦闘員であった。変装していてもバレバレの藤兵衛は、簡単に捕まってしまうのだった。

立花藤兵衛に催眠光線を浴びせようとした時、風見が現れた。藤兵衛を逃がした風見の首に、天井からイカの足がスルスルと降りてきて、風見の首を縛る。風見は変身ポーズでV3に変身した。
『V3を抹殺する目的で造られた、イカファイアだ!』

病院から逃げ出した立花藤兵衛は、置いてあった車に乗って逃げようとするが、後部座席に乗っていたテレビバエに首を絞められ、催眠光線を浴びせられてしまうのだった。

イカファイアとの格闘中にV3に知らせる声が聞こえる。
『V3、立花さんがテレビバエに捕まった・・・』

様子を見に来た純子が、藤兵衛の車の後ろに乗っているテレビバエを目撃したのだ。ホッパーを打ちあげて行き先を確認したV3は、ハリケーン号で車の後を追った。

海岸におびき出されたV3は、そこでイカファイアと対戦する。砂地では足を取られてキック力が相手にすべて伝わらないのだ。

ボンベを背負った怪人イカファイアは、やはりV3抹殺用に作られた改造人間だった。
『今度は貴様の弱点を、身体で教えてやる!まずダブルタイフーンの右だ!』

そう言うと、イカファイアは口からスミを吐いて、右の風車に吹き付けた。風車の回転が鈍くなり、技のタイフーンが封じられてしまうのだった。

『右にはライダー1号の持つ技があり、左には・・・ライダー2号の力がある』
イカファイアはそう言うと、左の風車にもスミを吹き付けてしまう。

『ダブルタイフーンが弱まれば、1号2号から得た能力は失われるはずだ!』
イカファイアはV3のことをよく研究しており、左手から出す火炎放射でジリジリとV3を攻めたてた。

フラフラになったV3はイカファイアに水中に引っ張り込まれてしまい、風見志郎の姿で海から引き上げられてしまうのだった。デストロン首領は、すぐに風見志郎の死刑執行を命令した。

気絶している風見志郎を棺桶の中に入れてフタをし、3000度の炉の中で灰にしてしまおうとしていた。棺桶の中で気が付いた風見志郎。だがイカファイアが点火してから、もう数分が経過している。

『ここは・・・?ライダーV3の能力は、俺にもまだ完全につかめてはいない。だが、絶対にイカファイアに勝る力があるはずだ・・・』
すでに炎は棺桶を焼き始めている。絶体絶命、風見志郎! (つづく)


★★★★★★★★★★★★
東映作品では、オープニングにおいてヒーローの声がタイトルバックで作品名を絶叫するというパターンがあるが、このV3でもその影響を受けている。(前作『仮面ライダー』では絶叫は無く、オートバイに乗った主人公の顔が大写しになり、作品名が被さるだけであった)このパターンは、次回作『仮面ライダーX』『仮面ライダーストロンガー』まで踏襲される。

ちなみに、オープニングで最初に絶叫した東映の作品は、『タイガーマスク』の【虎だ!虎だ!お前は虎になるのだ!】 だという。


スポンサーリンク



nice!(27)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 27

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました