So-net無料ブログ作成
検索選択

仮面ライダーV3(12) [ライダーV3/キバ・ツバサ・ヨロイ編]

今回は、第31話《呪いの大幹部キバ男爵出現!》を取りあげます。

原作;石ノ森章太郎
脚本;伊上 勝
企画;平山 亨 阿部征司
音楽;菊池俊輔
技斗;高橋一俊
監督;折田 至

【前回までの話は・・・
度重なる失態の汚名返上のため、大幹部ドクトル・ゲーは自らを改造、カニレーザーとなってV3に挑んだが敗れ去った。デストロン首領は現組織を刷新するため、新しく大幹部となる人物をアフリカの奥地から呼び寄せるのだった・・・】


◆◆『お前達に、デストロンの新しい大幹部を紹介しよう・・・』
それは、マンモスの頭蓋骨を頭部に頂いて、青い装束に身を包む不気味な男であった。

アフリカの奥地、コンゴ川上流に数百年栄続けるドーブー教の大魔術師という地位にいる者で、名をキバ男爵と言う。彼等の力の源は、太鼓の音であった。
『デストロンの新怪人は、このキバ男爵が引き連れたキバ一族だと知れ』

キバ男爵はそう言うと、新怪人に「いけにえ」を捧げる儀式を行おうとしていた。どこからか誘拐して来た女性がクサリで繋がれている。その女性の前に、棺を担いで持って来る戦闘員達。

棺がゆっくりと開いて、ボルネオで生まれたドクロイノシシがムックリと起き上がった。大声で悲鳴をあげる女性に、助けは来ない。ドクロイノシシは女性の前にゆっくりと歩いて来ると、牙を女性の胸に突き立てて血を吸い取った。

骸(むくろ)と化した女性はドロドロに溶けて、ガイコツだけになってしまうのだった。
『見たか、ドクロイノシシの力を!俺の牙に触れる者は、すべてこうなるのだ!』

キバ男爵が、ドクロイノシシに命令する。
『ゆけ、ドクロイノシシよ。人間どもを恐怖のどん底に突き落としてやれ!』

深夜、宮田家の隣の藤井家から悲鳴が聞こえてきた。寝ていた少年ライダー隊のトシコは、何事が起こったのか知りたくなった。トシコの父がとなりの様子を見に行ってくるからと言って、トシコと母を置いて出て行った。

藤井家の主人が玄関にいたので、悲鳴の理由を聞いてみると、「怪人に襲われた。この村は全滅した」と言うのである。にわかには信じ難いことだったが、次の瞬間、藤井家主人のガイコツがトシコの父に覆いかぶさってきたのだ。

そして後ろから身体をつかまれて、怪人ドクロイノシシはトシコの父にこう言った。
『この村で生きているのは宮田、お前達一家だけだ』

ガイコツに怪人まで見てしまったトシコの父は悲鳴をあげて自宅へ戻ると、怪人が入って来ないように門にカンヌキをした。父から話を聞いたトシコは、ライダー隊本部へすぐに連絡した。
『はい、ライダー隊本部です・・・』

就寝中を起こされた立花藤兵衛は、あくびをしながら応対した。宮田トシコ隊員からの緊急連絡で、山梨県小淵沢にデストロン怪人出現との一報が入った。

だが、そのあとしばらく通信は雑音だけになり、通信が回復したときには誤報だったので取り消すとトシコは謝るのだった。さすがに深夜に誤報と言われた藤兵衛はカチンときたが、何でもなかったことを喜んで藤兵衛は通信を切った。

だが、宮田家では怪人ドクロイノシシが門扉のカンヌキを破り、侵入して来ていた。そして抵抗した父を殺害して、トシコと母に迫っていた。

『私だ、開けておくれ!』
『あなた、無事だったの・・・』

父の声に母は部屋のカギを開けようとしたが、デストロンのやり方を知っているトシコは警戒した。
『駄目よ、お母さん。もしデストロンの怪人だったら、声を真似ている時もあるのよ』

だが、すき間から見える姿が父だったため、無事を信じたトシコはドアのカギを開けて父を中へ入れてしまうのだった。父の姿はすぐに怪人に変わった。

『ライダー隊に連絡されては面倒なことになるのでな・・・お前の父ならドクロになって転がっている!』

ドクロイノシシが二人を殺害しようとした時、キバ男爵が命令して、母を人質に、トシコはライダー隊を陥れるための道具にすることにした。

翌朝、少年ライダー隊本部では、昨夜の出来事をテープで再生して、みんなで話し合っていた。インターポールから派遣されていたデストロン・ハンターの佐久間は日本に残り、デストロンと戦うライダー隊の一員として働いていた。

『オレは、今その小淵沢に向かっている所だ・・・』
風見志郎から通信が入った。その志郎の耳にどこからか太鼓の音が聞こえてきた。付近で声をかける者がいた。

『フハハハ、バカなヤツ。これはライダーV3を呪い殺す悪魔の太鼓だ』
『誰だ、貴様!』
『キバ一族を引き連れ海を渡ってきたデストロンの大幹部、キバ男爵だ』

すぐにドクロイノシシが現れ、志郎を襲い始めた。志郎は変身した。
『ヘンシン・・・ブイスリィッー!』

V3対ドクロイノシシは、お互いにキック・パンチの応酬で、一進一退。二人は組み合ったまま、なだらかな坂道を転がりながら落ちて行く。ドクロイノシシはその下の崖にV3を突き落すと、崖を崩してV3を生き埋めにしてしまうのだった。

戦斗員達にV3の死体を掘り出すよう指示したドクロイノシシは、そのまま小淵沢の宮田家へ向かった。そこにはトシコとトシコの母が、人質になっている。

一方、崖崩れで死ぬような我らがV3では無い。戦闘員の一人に詰問して、ドクロイノシシの潜伏先を聞き出すのだった。

小淵沢の村に行こうとしていた佐久間は、途中でライダー隊員の宮田トシコと出会う。そしてトシコから、志郎はすでにトシコの家に到着しているので、自分が案内すると言う。宮田家に着いた途端、ドクロイノシシに襲われて人質になってしまう佐久間。

『どうして・・・ライダー隊員の君がウソをついたんだ?』
『許してください。母が人質に取られているんです・・・』

涙を流して謝るトシコ。その頃、志郎はすでに宮田家の天井裏に潜んでいた。
『風見先輩。ワナだ、来ちゃだめだ!』

佐久間の声で状況が判った志郎は、人質になっているトシコの母を助けることを優先した。そしてドクロイノシシがトシコの母の監禁場所へ行っている時には、佐久間とトシコを救い出していた。

これでもう人質はいなくなり、志郎は思う存分戦うことが出来るのだ。
『残るはお前ひとりだ、ドクロイノシシ』

ところが、ドクロイノシシに呪いをかけられた村人たちが、志郎と佐久間、トシコ親子の回りを取り囲み、ジリジリと迫ってくるのだった。

四人は捕まってしまい、まず志郎から火あぶりの刑にされようとしていた。ガソリンをまかれて、火をつけられてしまった風見志郎。
『太鼓だ!太鼓を鳴らして勝利を祝え!』

ドクロイノシシが雄たけびを上げた。その時であった。操縦者のいないハリケーン号が、火あぶりにされている志郎に向かって突っ込んでいく!次の瞬間、志郎の姿は消え、V3を乗せたハリケーン号が現れて、ドクロイノシシを弾き飛ばした!

V3は飛行機投げでドクロイノシシを空へ高く投げ飛ばすと、V3フライングキックを浴びせた。地面に叩きつけられたドクロイノシシは水のように溶けてしまい、爆発した。怪人の死によって呪いは解け、トシコの父や襲われた村人たちは全員甦り、生還した。

だがキバ男爵の率いる怪人は、一人では無い。 (終わり)


★★★★★★★★★★★★
今回は、特撮界のシンデレラ・斉藤浩子嬢がご出演なさっている。美少女。そのかわいらしさに、筆者は憧れたものだ。
マヌケな武器を使うドクロイノシシ。そのマヌケさは、言葉では言えない・・・



スポンサーリンク



nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 17

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。