So-net無料ブログ作成
検索選択

古代の遺跡と古代宇宙飛行士説・3<改> [古代の宇宙人]

神や天使が地上に降臨した事を記した箇所が書かれている旧約聖書に出てくる登場人物で、もう一人デニケン氏が注目するのが、エノクである。旧約聖書の中で、エノクについて触れている章は一か所だけであるが、エノクに付いて書かれている部分は、非常に多いのである。

エノク書はエノクの啓示、つまり「私は○○をした」という一人称の形で書かれた文章である。天界や地獄、最後の審判、ノアの大洪水についての予言などが語られており、天使、堕天使、悪魔の記述が多い。

聖書によれば、エノクは神によって、300年の間空へと連れ去られていたという。そこで最も位の高い神と呼ばれる存在と引き合わされた。神はしもべたちに向かい、エノクに自分達の言葉と読み書きを教えるように告げた。エノクはいろいろなことを記録に残すようになった。

そして、この見知らぬ民たちの名前や役割を調べて、記録に残しているのである。例えば、天文学者は誰かということを、エノクは理解していたのである。何千年も前に生きたエノクは、人類で初めて、そして唯一、宇宙人の名前や役割を知った人物なのである。

神と異星人が同じだとするデニケン氏の説を信じるとすれば、神が人の歴史に関わるのを認めても、異星人の来訪を全否定するのはなぜだろうか。二つの違いを言うと、デニケン氏の説は、異星人が人類の文明を発達させるために、技術を与えたとしている。

一方で、神が魔法の腕時計を人類に与えたというようなことは、少なくとも、聖書には書かれていない。聖書では、神はどう生きるかを教えてはくれるが、特定の文明人の発展のために、新しい装置の作り方を教えるようなことはしないのである。

また、こんな反対意見がある。古代人は、神と交わった宗教体験を、神話や比喩や絵で表現している。なので、表現された通りに理解してしまうことは危険なことなのである。旧約聖書は、当時の人々の経験や世界観に基づいて、神との交流を記録したものである。

旧約聖書に書かれた神の戦車が、たとえどんなものか推測できたとしても、UFOとの類似点をあげることにあまり意味は無いというのだ。当時と今とでは世界観に違いがありすぎて、書かれてあることをそのまま受け取ることは、間違いの元になるということだろう。

デニケン氏は聖書のほかにも、地球外生命体現象に関する証拠を見つけ始めた。調べてみると、ほぼあらゆる宗教でよく似た神の話があった。強大な力を持つ神が地球を訪れ、人と接触して何らかの影響を与えたという内容だ。

この神と呼ばれた者達は宇宙人であり、彼らは地上に暮らし、人間に命令を下して従わせていた。そして、ある時が来ると、はるか未来の世になればここに戻ってくると言い残して、姿を消したということだ。

古代インドの叙事詩の中には、謎の空飛ぶ乗り物・ビマーナ(Vimana・飛行機を意味する語)が頻繁に登場するが、これらのサンスクリット文書の中には、五千年以上昔に書かれた物もある。
IMG_0378.jpg
古代インドのサンスクリット文字で記された歴史書・バーナマタプラーナには、サルバという名の王が操る宇宙船の事が書かれている。

この宇宙船は金属製で、動く様子が蝶の飛び方にそっくりなことや、時には二つの場所に同時に姿を現したことが文章から読み取れ、いずれも現代のUFO目撃証言との記述的一致がみられるのである。

そのほかのサンスクリット文書、つまりマハーバーラタやリグ・ヴェーダ、ラーマーヤナにも、幅30メートル余りの、現代の航空機と同等の能力を備えたビマーナの記載がある。ビマーナが生み出す光の矢は、集中して当てれば標的を焼き尽くしたという。

これらの文書の内容は、まるでSF小説と錯覚するほどである。ビマーナという宇宙船で人々は飛び回り、ビーム砲で空中戦を行い、町を丸ごと滅ぼそうとするのである。

このような記述が、想像で書かれたものだとは一概に言い切れないだろう。何故なら、何千年も前に書かれた物とはいえ、現代の目撃証言の中で語られるUFOの動きと、あまりに共通点があるからである。(つづく)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
現代のインドでは、古代の異星人や神の話は事実として受け止められており、信じないどころか、そんなことは常識だと言われるだけだという。



スポンサーリンク



nice!(22)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 22

コメント 6

いっぷく

コメントありがとうございました。
そうですよね。300円といっても
100円玉3枚とは限りませんからね。
設問がアバウトだと思います。
by いっぷく (2016-11-01 22:08) 

レインボーゴブリンズ

いっぷくさん、いつもありがとうございます。ひとひねりしてあるクイズって、頭の体操になりますね(●^o^●)昔、頭の体操(多湖輝 著)をよく読みました。
by レインボーゴブリンズ (2016-11-01 22:34) 

センニン

コメントありがとうございます。
自宅に音楽室があればなあといつも思っています。
by センニン (2016-11-02 20:35) 

レインボーゴブリンズ

センニンさん、いつもありがとうございます。それは、音楽をやる方の一番のお悩みでしょうね(~_~;)
by レインボーゴブリンズ (2016-11-03 20:14) 

cyoko1112

こんばんは。
うらやまし光線ありがとうございます。
1泊目「天国」、2泊目「地獄」でしたよ(笑)

by cyoko1112 (2016-11-03 21:24) 

レインボーゴブリンズ

クロプーさん、いつもありがとうございます(^^♪ 地獄だった2日目のことは、あとあと笑い話として半永久的に記憶に残りますね!
by レインボーゴブリンズ (2016-11-03 23:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました