So-net無料ブログ作成
ウルトラマン ブログトップ
前の2件 | -

アリ地獄の怪獣 [ウルトラマン]

怪獣アントラーは砂漠の中のまぼろしの町、バラージだけは襲わない怪獣だ。だが決してバラージの町を守っている訳ではなかった。ウルトラマンの姿によく似た守り神「ノア」の像が手に掲げている青い石のおかげなのだ。ところで鹿島アントラーズの「アントラー」は鹿の角のことである。

だからこの怪獣アントラーの命名理由は鹿とは無関係、他にあると考える。姿形はクワガタムシとカブトムシの合いの子のようだが、アリジゴクのように獲物を砂中で待ち伏せる。だから思いつくのはこのアリジゴクか、その獲物になるアリだ。

英語でアリのことをアントという。だからアントラーなのだろう、きっと。(アリジゴクのことは英語でなんというのかな?)

このバラージでは女王チャータムだけが日本語を解する。科特隊員たちは彼女とだけ会話ができるわけである。この国はバラージ語ともいうべき、ほかのどの国の言葉とも違う言語が使われているという。他国との通商もアントラーのために断たれ、孤立無援。

長い時間が流れ、いつしかバラージ語が成立したのかもしれない。アントラーは遂にしびれを切らして、バラージの町を襲い始めた。するとひとりの老婆が「コノカイジューメー」と言って杖を振りかざしてアントラーに向かってく。あれ、日本語に似てるなぁ!(笑) 

もっともこの発音がたまたま日本語でいうところの「この怪獣め!」に似てるだけで、本人は、「いいお天気だね、怪獣さん」と言ったかもしれないし(笑)。本当の所は、よくわからない。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

不思議といえば不思議 [ウルトラマン]

今回は、葉っぱを集めたようなイメージでデザインしたと成田亨氏がコメントしているケロニアの回の話。ウルトラマンに出てくる科学特捜隊の基地は、場所ははっきりしないが地上基地である。ゲートのようなものは特になさそうだから、誰でも自由に入れそう。

あの星野少年が立ち入ることができるくらいだもの(笑)。ところで植物人間ケロニアは、科特隊ボリビア支部のゴトウ隊員に化けて科特隊極東支部に潜入してきた。あのウルトラマンのハヤタが「アハハハ、なにをみんな疑ってるんだ!」と頭から信じ込むほどによく化けていた(笑)。

それに対してイデ隊員は、「なんというか、感覚的なものなんだ」とムラマツキャップを納得させるほど、見事にゴトウ隊員の正体を見破っていたからすごい!(笑)。ゴトウ隊員が泊まることになった科特隊のレストルームとは、科特隊極東支部内にあるのか、離れた所にあるのか。

科特隊の建物にはコンクリートのほかに特殊な成分が混ざっている。この言葉を聞いたキャップは、このゴトウ隊員を真剣に疑うことになる。

この回ではのちにセブンでキリヤマ隊長に出演が決まる中山昭二氏が、博士役でゲスト出演している。どうやらこの時の博士役が、冷静沈着なウルトラ警備隊の隊長役にピッタリだったのだろうと筆者は推察する。ちなみに中山昭二氏はのちに、「自分の代表作は、ウルトラセブンです」と言っている(そうです、胸を張って言える番組ですよ)。

ケロニアを倒した科特隊の面々は、そのレストルームで会話をしている。「植物人間が、どうしてあのような進化を遂げたのか?」と。すると突然、「それは謎です」と言って、博士(中山氏)がレストルームに顔を出すのである(笑)。なんでここに博士がいるの?

でも話の流れからみると、博士が解説するような雰囲気が十分漂ってるから不思議に感じないんだよね。・・・演出の妙だな。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の2件 | - ウルトラマン ブログトップ