So-net無料ブログ作成
検索選択
ウルトラマン ブログトップ
前の4件 | -

アリ地獄の怪獣 [ウルトラマン]

怪獣アントラーは砂漠の中のまぼろしの町、バラージだけは襲わない怪獣だ。だが決してバラージの町を守っている訳ではなかった。ウルトラマンの姿によく似た守り神「ノア」の像が手に掲げている青い石のおかげなのだ。ところで鹿島アントラーズの「アントラー」は鹿の角のことである。

だからこの怪獣アントラーの命名理由は鹿とは無関係、他にあると考える。姿形はクワガタムシとカブトムシの合いの子のようだが、アリジゴクのように獲物を砂中で待ち伏せる。だから思いつくのはこのアリジゴクか、その獲物になるアリだ。

英語でアリのことをアントという。だからアントラーなのだろう、きっと。(アリジゴクのことは英語でなんというのかな?)

このバラージでは女王チャータムだけが日本語を解する。科特隊員たちは彼女とだけ会話ができるわけである。この国はバラージ語ともいうべき、ほかのどの国の言葉とも違う言語が使われているという。他国との通商もアントラーのために断たれ、孤立無援。

長い時間が流れ、いつしかバラージ語が成立したのかもしれない。アントラーは遂にしびれを切らして、バラージの町を襲い始めた。するとひとりの老婆が「コノカイジューメー」と言って杖を振りかざしてアントラーに向かってく。あれ、日本語に似てるなぁ!(笑) 

もっともこの発音がたまたま日本語でいうところの「この怪獣め!」に似てるだけで、本人は、「いいお天気だね、怪獣さん」と言ったかもしれないし(笑)。本当の所は、よくわからない。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

不思議といえば不思議 [ウルトラマン]

今回は葉っぱを集めたようなイメージでデザインしたと成田亨氏がコメントしている、ケロニアの回の話。ウルトラマンに出てくる科学特捜隊の基地は、場所ははっきりしないが地上基地である。ゲートのようなものは特になさそうだから、誰でも自由に入れそう。

あの星野少年が立ち入ることができるくらいだもの(笑)。ところで植物人間ケロニアは、科特隊ボリビア支部のゴトウ隊員に化けて科特隊極東支部に潜入してきた。あのウルトラマンのハヤタが「アハハハ、なにをみんな疑ってるんだ!」と頭から信じ込むほどによく化けていた(笑)。

それに対してイデ隊員は、「なんというか、感覚的なものなんだ」とムラマツキャップを納得させるほど、見事にゴトウ隊員の正体を見破っていたからすごい!(笑)。ゴトウ隊員が泊まることになった科特隊のレストルームとは、科特隊極東支部内にあるのか、離れた所にあるのか。

科特隊の建物にはコンクリートのほかに特殊な成分が混ざっている。この言葉を聞いたキャップは、このゴトウ隊員を真剣に疑うことになる。

この回ではのちにセブンでキリヤマ隊長に出演が決まる中山昭二氏が、博士役でゲスト出演している。どうやらこの時の博士役が、冷静沈着なウルトラ警備隊の隊長役にピッタリだったのだろうと筆者は推察する。ちなみに中山昭二氏はのちに、「自分の代表作は、ウルトラセブンです」と言っている(そうです、胸を張って言える番組ですよ)。

ケロニアを倒した科特隊の面々は、そのレストルームで会話をしている。「植物人間が、どうしてあのような進化を遂げたのか?」と。すると突然、「それは謎です」と言って、博士(中山氏)がレストルームに顔を出すのである(笑)。なんでここに博士がいるの?

でも話の流れからみると、博士が解説するような雰囲気が十分漂ってるから不思議に感じないんだよね。・・・演出の妙だな。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

50人のウルトラマン(1) [ウルトラマン]

ウルトラマンを支えたスタッフたち。当時ウルトラマンを製作するときに手本になるものが無かったため、毎日手探りで懸命に仕事をしたことが、今日でもウルトラシリーズが世代を超えて愛される理由であることは、間違いない。

(第一回)中島春雄(俳優・スーツアクター)
インタビュー;
「ウルトラマン役の彼が立ち回りやったことないからね。だからホントは僕がやられちゃうんだけど、向こうが勝つ芝居を全部僕が殺陣師(たてし)の代わりに教えてあげないとできないんですもん。

ボクがゴジラをやってるときは勝つ身だからいいけど、円谷へいけばウルトラマンに必ずやられちゃうんですからね。だからいかにうまく死ぬかってことをね。見せ場だからね、これが。

震えながら死んでいくのとか、バタバタもがき苦しみながら最後に手足をバタンとね、そういうアクションが無いとね。」

ウルトラ怪獣スーツアクター履歴
ネロンガ;東宝怪獣バラゴンをパゴスに改造→ネロンガ
ガボラ ;ネロンガをマグラに改造→ガボラ        
ジラース;ゴジラからの改造
ケムール人2代目;頭部はゼットン星人、胴体はキュラソー星人へ流用
キーラ ;殺し屋のキラーから命名
ユートム;命名はユートピアから。プレートを差替えて3体いるようにみせた

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

50人のウルトラマン(2) [ウルトラマン]

(第2回)実相寺昭雄(監督・故人)と佐々木守(脚本家・故人)
この二人がコンビを組んで作った作品は、ウルトラマンの中でも異彩を放っている。
作品の怪獣; シーボーズ・テレスドン・ジャミラ・ガマクジラ・ガバドン

<シーボーズ>
◆意表を突く設定とカメラアングル、それにストップモーションの使い方は、実相寺監督の鬼才が発揮された作品だ。

実相寺監督インタビュー;
「どうも直球の回は担当しなかったから。全部変化球だったからね。飯島さん(監督)の直球の回をどこかで中継ぎする役割かな、ボクは。」

佐々木氏インタビュー;
「ボクの考えたものよりもはるかによく作ってくれましたね。特に怪獣の造形なんかは。ボクの脚本は、ト書きを読むと実にいい加減なことしか書いてないんですよ。ガマクジラはガマとクジラの合いの子のような怪獣とかね。宇宙に帰りたいシーボーズとか。ボクのいい加減なト書きをね、実に豊かに怪獣を作り上げてくれてましてね。そういう意味では、当時の円谷プロのスタッフはすごかったですね。」


<スカイドン>
◆あまりにも有名なスプーンを握って変身しようとするシーンや魚眼レンズで撮るフジ隊員の顔のアップは、実相寺演出の極めつけ。

佐々木氏インタビュー;
ボクがウルトラマンやってるっていうんで、石川県の親戚連中がみんな観てるんですよね。僕自身が怠け者でいつも寝てますからね、怪獣を書いても動かない怪獣が多くてね。だからスカイドンを見た親戚たちは、みんな言いますよ。ああ、今回は寝てばかりいるから、あれは守だって(笑)。」

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の4件 | - ウルトラマン ブログトップ