So-net無料ブログ作成
検索選択
ウルトラセブン ブログトップ
前の3件 | -

ウルトラセブンを創った男たち・前編 [ウルトラセブン]

◆上原正三(脚本家)◆
沖縄県出身。ウルトラQの第21話「宇宙指令M774」でウルトラシリーズ脚本家デビュー。ウルトラセブンでは、メインライターの金城哲夫が途中からマイティジャックに注力していった為、上原正三と市川森一に多くの脚本が割り当てられた。帰ってきたウルトラマンではメインライターを務め、第二期ウルトラシリーズの基礎を築いた。

【インタビュー】
だんだん、だんだんウルトラマンよりはセブンの方が、政治的というかテーマが重くなってきていますね。それはみんなが余裕じゃないけれども、なんか自分のもっと書きたいテーマがあるんじゃないかと。セブンではそういうものを作品にしていったということはあると思うんですよね。

だからウルトラマンとはまた違っているんですよ。どちらかといえばウルトラマンの方が、非常にエンターテインメントになっているような気がしますね。



◆中野稔(視覚効果・光学撮影)◆
大学在学中に円谷英二氏に弟子入りしようと円谷邸を訪ねあっさり受け入れられたが、卒業まではアルバイトで東宝の映画現場に出入りしながら、円谷英二に師事する。『監修 円谷英二』と入る作品には、恥ずかしいものは絶対に残せないという思いが強い。

そういう思いでウルトラセブンでは、合成を施すカットはウルQ・マン以上に撮影現場に立ち会って、緻密で完成度の高い映像作りを目指したという。

【インタビュー】
ウルトラセブンはね、僕が印象にあるのは金城(哲夫)に初めて台本を見せられた時は、ウルトラアイっていう題名だったんで、メガネを印象付けると。それで合成やっていてもね、いわゆる待ちカットって言って、光線が出るために光線を出す前方を開けておくっていうのがあまり好きじゃないから、

そうすると高野さん(特撮監督・高野宏一)大変だったと思うんだけど、やはりアップを撮っておいて、それからパッと引いたときに光線が出るみたいなことをずいぶんやってもらって。始めっから引いておいて光線が出ますよっていう構図は、イヤだったからね。ウルトラアイの目の部分に火花が出たい。

そうすると高野さんがネズミ花火をクギにひっかけてね、撮影してもらったものをリフレイン(繰り返すこと)して使うとか、そんな工夫でね。だけどはじめは良いんだけど、連続もので続いて出てくるとなるとね、どうもまどろっこしくなっちゃうんでね。

あとは監督によっては、メガネをかけたウルトラセブンが出なくても、子供の中にはその印象が残るほど強かったから、そういう使い方をして。実際には見えなくても、子供たちはそれを頭の中で見てくれたからね。そういう印象がある変身シーンができたのは、ボクは幸せだったと思う。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ウルトラセブンを創った男たち・後編 [ウルトラセブン]

ボクはね、人間じゃないんだよ。M78星雲から来たウルトラセブンなんだ! びっくりしただろう?」
「ううん。人間だろうと、宇宙人だろうと、ダンはダンに変わりないじゃないの。たとえウルトラセブンでも・・・」
それまでに描いてきたダンとアンヌの淡い恋心が相手を思いやる心として描かれ、それが最終回で見事に花開いて、しっかりした人間ドラマになっている。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
高野宏一(特技監督・故人)
インタビュー;
「ウルトラマンでやらなかったこと、それから出てこなかったことをまたセブンでやるわけだから、やっぱり作ってる方も楽しいわけですよ。ね、次から次へと新しいアイデアが出てくるわけだから、皆さんね。こんなことやったらどう?あんなことやったらどうって。

こんなことやってみたいんだけどって言われれば、できるんならやってみろよってやらせてみて。それが生かせれば、それいただきみたいなもんで。ある程度やってみて出来なければ、じゃあ次にしようとかね。そういう風にしてスタッフ全体で作ってくってことが、特撮映画ではものすごく大切だしね」



満田 穧(監督)
インタビュー;
「これで終わりだと思ったからね、本当に。あの頃のイメージだと、怪獣ものとかヒーローものっていうシリーズは、もうテレビに登場しないなっていう風に感じられたんで。本当の意味で、俺たちの仕事の中でも最終回だろうなと思ったから。

で、すでにその時には片方のチームでは、怪奇大作戦という次なる放送に向けてスタートしてたし。怪奇大作戦っていうのは、ヒーローもいなければ怪獣もいないというシリーズなんで。自分たちにとっての最終回でもあったわけ」



市川森一(脚本家)
「なれ合いにはお互い、決してなってなかったですね。ウルトラセブンはいろんなセクションがありますね。本編グループ、特撮グループ、現場グループとこっちの企画シナリオグループ。でね、それは作品の上では交わるんですけれど、プライベートな所ではね、実はあんまり交わってなかったんですね。

これはみんな共通して言うことですけれど、ウルトラセブンの共通の恋人はひし美ゆり子さん・アンヌ隊員なんですね。みんなアンヌを慕ってる。で、ボクもアンヌで書きたくて仕様がないんだけど、それはもう、金城哲夫とか上原正三が取ってしまって、ボクにはソガ隊員とかフルハシ隊員しか来ない(笑)

ひし美ゆり子さんでは無いんですよね、アンヌ隊員に恋をしているんですよね。で、僕がウルトラセブンをやってる間は、ひし美ゆり子に実際に会うことは一度も無かったですね。ウルトラセブンもあんまり赤字が出ると、上原正三あたりが、『市川さん、今度悪いけどね、宇宙人作るお金がどうも無いらしいんで、宇宙人無しでセブン一本書いてくれないかな』って。

セブンは誰と戦えばいいんだみたいな(笑)それでもね、ある種の使命感で四苦八苦考えているうちに、じゃあ、セブンの予備のぬいぐるみが一つあると。じゃ、あれ使おうみたいなことで。偽ウルトラセブンと本物のウルトラセブンが戦ってみたいなね。あれも宇宙人も怪獣も出せないっていうんでね。そういうハンディを逆にプラス思考して、楽しんで創っていくというね」

「僕はその後いろんなドラマを書き続けていくときに、ウルトラセブンの後遺症というのはね、その後深い時間帯を書くようになってからでも随分残りましたね。ひとつはね、ハッピーエンドが書けないライターになってしまったってことですね。ウルトラセブンっていうのはね、一本だってハッピーエンドは無いんですよ、ホントは。誰かが苦悩する、誰かが挫折する、そういう青春ドラマなんですよね、最終回に至るまで」


★★★★★★★★★★★★
各証言からもわかる通り、制作費が赤字だった関係や当時のテレビ環境が怪獣ものの衰退を見せ始めてきており、円谷プロのスタッフがウルトラシリーズの集大成作品として総力を結集したものが、ウルトラセブンであった。

すぐれた作品に仕上がった背景には、監督の自由にスタッフにやらせてみる大らかさや、自由闊達にライター達に書かせた円谷プロ企画部・金城哲夫以下の懐の深さがあったればこそであろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ウルトラセブン(1) ~ウルトラセブンを作った男たち [ウルトラセブン]

円谷作品の初期三部作といえば、ウルトラQ、ウルトラマンそしてウルトラセブンである。いずれも円谷英二監修というお墨付きだったこと、また金城哲夫氏をはじめとするシナリオライター達が、過去に無いシリーズを作るという難作業であるのにしっかりと構成された脚本を書き上げて、いずれも素晴らしい作品であった。

中でも前作、前々作を土台にして、よりよい作品を作ろうとスタッフが頑張っただけあって、ウルトラセブンは集大成的な作品となった。今回はモロボシダン役森次晃嗣氏、満田穗監督、高野宏一特技監督(故人)の三人の座談会をお送りします。


森次氏;
「ウルトラセブンは、ウルトラマンが終わってから企画があったわけですか?」

満田監督;
「続ウルトラマンでも良かったわけだけど、模様替えしようってことになって。(ウルトラマンを)40パーセント超えてる時に止めてるわけだから、このまま終わらせるのはもったいないということで・・・。結果としてウルトラセブンになったわけだけど」

森次氏;
「最初からウルトラアイをかけるということで、企画にあったんですか?」

満田監督;
「企画の段階であった。最初はね、『ウルトラセブン』っていう名前じゃ無かったわけ。『ウルトラアイ』だったの。メガネをかけて、目元から変身していくっていうことで、企画室の連中が『ウルトラアイ』っていうタイトルを考えて、ヒーローの名前も『ウルトラアイ』にしてた」

森次氏;
「あ、それで(頭を指して)ここがアイスラッガーっていうんだね!なんでアイスラッガーなのかなって思ってた(笑)」

満田監督;
「普通ならね、セブンキックとか・・・」

森次氏;
「(アイスラッガーを投げる真似をして)セブンラッガーとかね、言うはずなんだよね(笑)、それなのに・・・」

満田監督;
「なんか、そこだけ残っちゃった・・・(笑)」

森次氏;
「アイを残して、アイスラッガーになっちゃったんだ~」

満田監督;
「それで祖師谷の円谷プロの2階でね、説明会があって。企画室からウルトラセブンの内容の説明があって、その時は『モロボシダンのサクセスドラマ』だったわけ。ポインター号のドライバーに採用されて、コツコツ上がって行って、正隊員になるまでの話だったわけ。これを縦線にしましょうということだったの。

そしたら、主人公の森次晃嗣さんが免許持って無いっていうわけ(笑)。それで『クランクインまでに取ります』なんて言ってたけど(笑)・・・」

森次氏;
「間に合う訳ないよね~、始まったら毎日(撮影)だからね(笑)」

高野監督;
「変身シーンは当時大変だったんだよ。森次ちゃんの顔にマスクを少しずつずらして付けていく作業は、何回もやらなきゃならないから大変だったみたいよ」

森次氏;
「あのシーンはサンゴー(35ミリ)で撮ってるんだよね」

高野監督;
「合成に関してはすべて35ミリで撮らなきゃダメだって。オプチカル(オプチカルプリンター)は16ミリ無いもん」

森次氏;
「『零下140度の対決』っていうタイトルではほとんど雪の中の撮影で、これが全部セットなんだけど」

満田監督;
「撮影に入る前にシナリオの段階から、『ウルトラセブンは寒さに弱いんだ』っていうことをやろうよって希望がシナリオライターからあったもんですから、それも面白くていいねっていうことで。雪の話なんだよっていうことでロケ地を探すことになって、まだ初春だったんだけど、その年に限ってどこへ行っても雪がなくて。

仕様がないんで、ステージの中に雪山を組みましょうということになって。それで発泡スチロールの雪、食塩の雪、検査に落ちたベビーパウダーの雪、そんなのを集めて雪山のセットを作って芝居をしてもらったわけです」

森次氏;
「(凍り付く警備隊基地の廊下を見て)寒い感じが出てますよね。あ、これ金城さん(金城哲夫氏)ですね、金城さんこの回に出てたんだ!」(寒さの為に凍死する隊員役で出演)

高野監督;
「アイスラッガーってさ、最初はビス止めしてあったのよ、(頭部に)作り付けじゃなくて。それでさ、それ飛ばしたら面白かんべってことで投げさせたんだよ。で、投げるところまでは本物で、そのあとはアニメーションで描いてあんの。あんまり光線技ばっかりじゃつまんないからさ、何かないかなって(笑)」

森次氏;
「あれ高野さんが考えたの?(頭から)はずれるから。あと刀みたいな使い方もしたりしたもんね。時代劇っぽいよね(笑)」

満田監督;
「光線はね、当時お金がかかるから制約受けてたんだよね。10カットまでとか」

森次氏;
「光線は、焼き付けて・・」

高野監督;
「あれはアニメーション。言ってみれば、手書きなんだよね。オーバーにいえば、1コマ1コマ」

森次氏;
「ああ、大変なんだ」
「カプセル怪獣は、誰が考えたんですか?」

満田監督;
「あれは企画の段階からあった。ウルトラセブンってものが宇宙からの侵略をテーマにしていたから、怪獣の出番が少ないだろうと考えたわけ。怪獣がいないのも寂しいから、じゃあ、モロボシダンに怪獣を持たせて活躍させればいいじゃないかと、考えたらしいんだよね」

高野監督;
「最初に出たのは、何だっけ?」

森次氏;
「ミクラス。そうそう、エレキングとやるヤツ。カプセルはいくつあるの?」

満田監督;
「結局ね、三匹出てるわけですよ。ところがカプセルはもうひとつあるっていうわけね、ベルトのケースにもう1個あるわけ。あのもう1個は何だ?ってわけね(笑)」

森次氏;
「あれ、よく聞かれるのよ。あれ4つ入ってるって。1個使ってないんだね(笑)」
(つづく)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ウルトラセブンには光学撮影が欠かせない。光線技や変身シーンなど、中野稔氏が担当している。いろいろとアイデアを出して素晴らしい映像を作って下さった。以前書いたと思うが、中野氏と光学撮影スタッフ無くしてはウルトラセブンの魅力は半減してしまう。

筆者の好きなSFXはこれ、バドー星人の回。
鏡の中へ手を入れて、鏡の中へ入っていくセブン、それを後から追うアンヌ。セブンが鏡に入っていく後を、アンヌのうしろ姿と正面姿が同時に現れて、いかにもセブンだけ鏡の中に入ったように見せるカット。秀逸!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の3件 | - ウルトラセブン ブログトップ