So-net無料ブログ作成
検索選択
ウルトラセブン ブログトップ
- | 次の3件

ウルトラセブン(2) ~ウルトラセブンを作った男たち [ウルトラセブン]

(前回からのつづき)
今回も引き続き森次晃嗣氏、満田穗監督、高野宏一特技監督(故人)の三人の座談会をお送りします。


森次氏;
「最終回の火山の爆発、あれはすごかったね!あれ、火薬全部使っちゃったの?」

高野監督;
「全部ってわけじゃないけど、派手にいこうっていうんでね」

森次氏;
「ダンとアンヌのとこさ、あれはロケでやろうって言ったんだよね」

満田監督;
「あれはね最初からセットで、銀紙バックであの数カットだけを撮ろうと思ってたの。その前後は夜間ロケで。だからよく言われるのは、ロケでよくあんな処理ができたな、合成ですか?って。合成でも何でもない、パネルに銀紙貼って後ろから叩いて前からライトを当ててるだけ(笑)。

少し望遠ぽいレンズで撮ってもらって、(ふたりの)バックがボケるようにしてるだけなんだよね。ホントに一番お金かかってないんだよね。良い合成ですね、なんて言われるけど(笑)」

森次氏;
「あれ場所はどこだったんですか?」

満田監督;
「ロケはね、操車場かな。JR(ジェイアール)の稲城長沼の貨物の駅があったような気がするの。その近辺だったと思う。資材とか土管なんかもあったりしたね。で、アンヌに白状する場面は、美セン(現・東宝ビルト)で撮ったわけ。銀紙はそこね」

森次氏;
「作戦室さ、あれ可笑しかったよね。監督によってね、決まってないんだよね・・・」

満田監督;
「初期の頃、監督によって解釈が様々で、換気扇かなって思ったら、別の監督はスピーカーに使ってて、そこから宇宙人の声が聞こえてくるんだよね、『地球人に告ぐ!』なんてね(笑)。ええ~って。俺は換気扇のつもりで撮ってたのにって(笑)。

入口の自動ドアの両開きが、最初は助監督ふたりでやってたんだよね、『あけろ!閉めろ!』って。ふたりだから合わなくて、自動ドアの中心がズレるんだもの(笑)。スピードも違ったりとかね(笑) 。そのうち美術が、ひとりで開けられるように直したけど」

森次氏;
「あの、みっちゃん(満田監督)が『フォースゲートオープン、フォースゲートオープン』って言ってる基地の(笑)、あれスゴイよね!」

満田監督;
「あれはクランクイン前で、全体撮影に入る前に、先に撮っちゃうんだよね。二子山がスライドして、中からホーク1号が出てくるシーンとかね」

森次氏;
「ホーク1号が分離するよね。あれは最初からあったわけ?」

満田監督;
「そう、3つに分離するっていうのは、企画の段階からあった」

高野監督;
「今と違ってさ、昔はたいへんだった。3つともバラバラに吊ってあってさ、こっちを引っ張ると上に滑車があってさ、すうーっと上がるようになってて」

森次氏;
「あれ、うまくいってるよねぇ、特撮!分離して、また元のさやに納まるみたいにね、あれ全部ピアノ線でしょ?考えられないよねぇ(笑)」

高野監督;
「ホーク2号あったでしょ、滝から出てくるヤツ」

満田監督;
「えーとね、ホーク3号!」

高野監督;
「そうそう、ホーク3号だ。あれの時だってさ、最初、水でやってダメだろ。当然ダメだよナ。砂でやってダメ、かんすい(中華そばを作る時に小麦粉に混ぜるもの)とかメリケン粉落として粉だらけになったりとか、いろいろやってみた。

それで、寒水砕石(かんすいさいせき)っていうのがあって、それをもっと細かくして落としてやってるの。だからよく見てると、滝の下をくぐる時にガクッと下がるでしょ。あれがリアルだっていうわけ。考えてみれば、そうだよな(笑)」

森次氏;
「そうだよね!」

高野監督;
「まぁ確かに、スタッフがウルトラマンから続いてきていたから気心も知れてたし、こういう物の撮り方をよくわかってたからね。セブンが最初だったら、ああはいかなかっただろうね。もっとギクシャクしてただろうね。(ウルトラマンで)39本ずーっとやってきてるから、お互いに呼吸が合うっていうのは当然あるよね」

満田監督;
「ポインター号のウィングは車検では外して、あと移動する時は外して後ろのシートに乗っけて。で、撮影所でまた付けて撮影してた。あれね、用賀(世田谷区)の辺りの自動車を廃棄する工場があってね、廃棄寸前のやつを買ってきたの。

成田(亨)さんがデザインしたっていうか、周りに部品を付けるんだけど、角ばった感じの方が曲線よりも安いんで、ゴツゴツした感じの部品を外にくっつけたわけ。もう捨てられる車だったから・・・」

森次氏;
「だからロケ行ったらエンストしてね、みんなで坂を押してるんだもの(笑)。だらしがないよね」

満田監督;
「下りはエンジン無しのニュートラルで下りて来るし。それで音楽だけは、カッコイイの入れてるからね(笑)」

高野監督;
「ウルトラマンでは胸の通信機だけだったから、それで今度は絵を入れてみようということでね、ビデオシーバーはね」

満田監督;
「ウルトラセブンは1967年からスタートしたけど、それの25年後の話だからね、電話はダイヤル式でジージーってやってたけど(笑)、ビデオシーバーは時代の先取りをしてたね」



【おまけとして、光学撮影の第一人者、中野稔氏の話をどうぞ】

「当時は光学撮影と言って、オプチカル・マシンを使う合成撮影技術のことで、例えば基地の地下駐車場にポインター号がたくさん止まっているというシーンで、実際には1台しかないポインター号を、場所を変えて何通りも撮影して、合成した時には数台が並んで止まっているように見せたり(ゴドラ星人の回)、

病院でセブンが小さくなって人間の体内に入っていくというシーンでは、台本段階で撮影アングルをしっかり打ち合わせして、人間の芝居の方も、小さくなって飛んでいくセブンを見せるためのカット割りになっている(ダリーの回)とか、

あと面白い合成シーンエピソードとしては、セブンが小さくなってフルハシ隊員のバズーカ砲(エレクトロHガン)の中から撃ち出されるシーン(クレージーゴンの回)で、飛んでくるカットだけリテイク(録り直し)してるので、バックの景色が前後で比べるとまったく違うんですが、撃ち出されるセブンのインパクトの強さのおかげで、誰も気づかないなんてこともありましたね(笑)。

セブン暗殺計画では、十字架にセブンが閉じ込められるシーンでは、セブンは実写だから奥行あるけど十字架は平面だから奥行が無い。そこで構図的にパーツを付けて奥行きをだすというような工夫をしました。当時は脚本で書かれてあるシーンのことを監督が事前に相談しに来てくれたので、現場に入る前にいろいろアイデアを考えておいて監督にフィードバックするという時間が、非常に大事でしたね」


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ウルトラセブンの魅力のひとつは、緻密なデザインと特撮技術で見せるウルトラ警備隊の超兵器発進シーンである。筆者はウルトラ警備隊の歌(カラオケ)が大好きで、2コーラスですぐに終わってしまうのがまことに惜しい。これがバックにかかってウルトラホークが発進・活躍するシーンは、何回観てもワクワクする。スタッフがウルトラマンで出来なかったことをウルトラセブンでやり、さらに新しいことにも挑戦したりと、円谷スタッフみんなのファイトが結集したものがウルトラセブンであり、結果としてこのシリーズの集大成的なものとなった。当時子供だった僕らにとって、この作品に出会えたことは幸せだったと思う。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ウルトラセブン(3) ~まだあったよ!ダンとアンヌの話 [ウルトラセブン]

昭和42(1967)年10月1日(日)から放送を開始した『ウルトラセブン』。 キリヤマ隊長(1998年12月没)とソガ隊員(2007年5月没)は、すでに宇宙の星となってしまいとても残念ではあるが、ダンとアンヌはいまだ健在!それにアマギ、フルハシ両隊員もお元気でウルトラな活動をしている。今回はダン(森次晃司氏)とアンヌ(ひし美ゆり子氏)の話が新たに見つかったので、お送りします。


【ダン隊員(森次晃司氏)の話】

聞き手;
「セブンのスタッフはどんな思いで作っていましたか?」

森次氏;
「子供番組という作り方をしていないのよ。ドラマを作ってる、特撮ドラマを。みんなそうでしたよ。僕らもそう。僕らも子供番組をやっているという感覚では無かったな」

聞き手;
「セブンで、特に好きな回は?」

森次氏;
「第一話はとっても好きだし、最終回も好きなの。何故かというとね、僕は北海道から上京してきて、結構風来坊的なところがあったから。良い登場の仕方だな、ナップザックなんか持って、オレが北海道から出てきた時と同じような神経かなぁと思って。

結構好きだったですよ、ジーパン履いて黄色いジャンパー着て。お前は誰だって聞かれて、『モロボシ・ダン』とでもしておこうか、なんてとこがちょっとオレ的かなと思って」

聞き手;
「モロボシ・ダンという役は、難しかった?」

森次氏;
「ボク人間じゃないから。宇宙人の役なんか、やったことある?無いでしょう!俺、それが初めだからね。考えましたよ、えっ、人間じゃないのか?宇宙人の役なんだっ!。そんな演じた俳優、いますか?いないと思いますよ(笑)宇宙人の役ですよ?」

聞き手;
「最初の段階では、宇宙人ぽい動きをするとかの演技をしましたか?」

森次氏;
「いや、まったくないですね。宇宙人の動きとかは、考えたことは無いです。だって、おかしいでしょ(と言って、身体をプルプル震わせる仕草をして)、こんな芝居したら (笑)」

聞き手;
「当時の撮影スケジュールは?」

森次氏;
「作戦室関係のシーン(スタジオセット)は週に1回で2本持ちで、土曜日なら土曜日。あとはぜ~んぶロケ。休みは無いですよ。休みはあったためしが無いね。僕はここ藤沢に住んでたから、たいへんですよ。帰ってきて寝て、またすぐ起きて行くわけですから。

毎朝江ノ電の始発に乗って、小田急の始発に乗って行ってたんだもの。だから今だったら、たいへんヨ。死ぬ。それにね、40度近く熱出しても行ってたもん、みんなに迷惑かけるだろうと思って。熱冷まし飲んで。モウロウとした中で、弾着に驚いたこともあったね」

「あの~、ダンと役的にお別れできてないからね。24歳でやった役を、今67歳(当時)にしていまだに演じているわけでしょ。俺自身が、『モロボシ・ダン』ていう部分があるのよ。ここまでやってきたんだから、死ぬまでやりたいよね。死ぬまでやりたい、変身を」



つづいて、アンヌ隊員(ひし美ゆり子氏)の話

聞き手;
「セブンに出演するきっかけは?」

ひし美氏;
「東宝の先輩女優が映画に出るんで、衣装合わせして隊員服まで作ったのに急きょ降板しちゃったので、私が呼ばれて、『明日、円谷特技プロへ行ってくれ』って電話が入ったんですね。で、『どこですか?』って聞いたら、『すぐそこのモミジ屋っていうおそばやさんを入るとすぐだよ』って言われて。それで次の日に訪ねて行ったんです。

そしたら今度は、『これに着替えてください』って言われたのがグレーの(先輩女優が着るはずだった)隊員服だったんですけど、小さくてピチピチで・・・、とても恥ずかしかったですね、あんまりピチッとしてて(笑)。その時にいろいろ写真を撮られて。ポインターの前とかで、写真を撮って。写真というと、ほとんどそれしかないんですよ(笑)」

聞き手;
「隊員服を自分で改良したそうですが?」

ひし美氏;
「撮影に入ってから、脇の下の黒い蛇腹を立てる部分に入っていた太いゴムを、キツイからハサミで切っちゃったんです(笑)」

聞き手;
「当時のひし美さんは、どんな女優でしたか?」

ひし美氏;
「あんまりセリフも覚えてなかったし、撮影より、終わってお疲れって言って、みんなで飲みに行く方がいつも頭にあった(笑)。だから、アンヌは私にとって、ライバルというよりも手の届かぬ人。同じ女性として素晴らしいし、頭が良くて優しくて、オールマイティじゃないですか。

優しいとこは私にもありますけども・・・、やっぱり、遊び好きなアンヌでしたね!(笑)」



ダンもアンヌも、今は役者業の傍ら、お店の経営もされていることは、有名な話である。ダンは神奈川県鵠沼でライブカフェ『ジョリーシャポー』というお店を、アンヌは東京都調布市でアジア料理の店『アジアンタイペイ』を、それぞれ経営している。筆者は4年程前に、弟と一緒に『ジョリーシャポー』へ行ってきた。

ところがダン本人は舞台のため名古屋へ行っていて不在だった。真に残念だったが、セブンワールドは堪能出来た。ハヤシライスを食べたり、Tシャツやウルトラアイなどいろいろお土産を購入したら、奥様がサイン色紙をサービスに付けて下さった。大事な宝物である。

今度訪問する時は、ダン隊員がいることを確認の上、行こうと思う。またアンヌ隊員のアジアンタイペイにも、是非行ってみたい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
- | 次の3件 ウルトラセブン ブログトップ