So-net無料ブログ作成
検索選択
仮面ライダー2号 ブログトップ
前の3件 | 次の3件

仮面ライダー(5) ~一文字隼人と滝和也、メモリアルヒーローズ対談その2 [仮面ライダー2号]

(前回のつづき)
《サボテグロンの映像をみながら》
聞き手;
「この頃佐々木さんは、おいくつなんですか?」

佐々木氏;
「24、5かな?」

聞き手;
「初期の頃、一文字隼人って、ライダーガールズが怪人や戦闘員と戦っていても、近くにいるのに黙ってみてるでしょう。女の子の鼻っ柱を折って、懲らしめようとでもしてるんでしょうか?」

佐々木氏;
「すぐ助けないんだから、薄情っていえば薄情だよね(笑)。戦闘員が刀持ってるのにね」

聞き手;
「怪我してからじゃ、遅いのに」

佐々木氏;
「助けるって、変身することでしょ?変身するのは好きだったよ、早く帰れるから(笑)。あとは大野剣友会にお任せだった。その点治郎チャンは、ライダーの変身後も仕事をやらなくちゃいけなくて、大変だったね」

千葉氏;
「僕はそんなわけで、画面的には一番出演してる。だから、僕が仮面ライダーだって思っている人も多かったですよ」

佐々木氏;
「当時俺の同級生なんか、もう『仮面ライダー』なんか観てる年じゃないから、『お前、仮面ライダーに出てたの?もしかして、中に入ってたの?』とか聞くヤツもいて、このおって、思ったモン」

聞き手;
「千葉さんは、当時何歳なんですか?」

千葉氏;
「23歳。ちょうど『仮面ライダー』やってたとき、『2日だけ休みくれ』って事務所に無理言って、結婚式やったんですよ。毎日滝和也やってて楽しかったんだけど、新婚なんで休みが無いのは、ちょっと辛い時もあったかな。どこにも遊びに行けなかったですから(笑)」

聞き手;
「本当に奥さんとは、ライダーやる前から付き合ってたんですか?」

千葉氏;
「ぼくが19歳、奥さん17歳のとき」

佐々木氏;
「おれが一緒になったのは、20歳。籍入れたのは、22歳。デビューが23歳だから、『柔道一直線』の時は、役が高校生だから結婚してたらおかしい。高校生に奥さんがいたらマズイから、事務所にも言って無かった。それで長男は25歳の時に生まれた。

でも『仮面ライダー』の頃は、女房いるってちゃんと言ってたんだよ。誰も信じなくて、週刊誌に書かれるまで独身だと思われてた。だからウソ言って女性と付き合ったことは、無かった」

聞き手;
「ショック、一文字隼人不倫疑惑!?なんてね(笑)」

佐々木氏;
「それで本当にいたんだってことになると、さあっと潮が引くみたいに、みんないなくなっちゃって、突然モテなくなっちゃうの!」

聞き手;
「『仮面ライダー』をやりながら、他の作品にも出演していらしたんですか?」

千葉氏;
「いや、僕はもう完全にこれだけ。だから毎日、生田スタジオに通ってました」

聞き手;
「『仮面ライダー』では、滝和也に奥さんがいることになってますが、その辺のこと覚えてます?」

千葉氏;
「覚えてないなぁ」

聞き手;
「千葉さんが本郷猛編の11話で入ってきた時に、奥さんが怪人(ゲバコンドル)に襲われるという話で始まったんですけど・・・」

千葉氏;
「そうなんですか?」

聞き手;
「サイドカー付のオートバイで新婚旅行に行くところが、始まりです」

千葉氏;
「そうか、そうか!」

聞き手;
「桂ユミさんという役者さんで、すぐにいなくなっちゃう。一文字隼人編になると、奥さんがいるのがバレて女の子に相手にされなくなるんですけど、そのあと奥さんの話題に全く触れなくなるんです」

佐々木氏;
「きっと結婚したけど、滝と奥さんの性格が合わなくて離婚したんでしょ(笑)」

聞き手;
「千葉さんは、佐々木さんとの共演が始まると、ライダーガールズとの絡みが多くて、新1号になると、少年仮面ライダー隊の兄貴分になって、子供達と絡むことが多くなりますね。その辺はどんな気持ちでやってらっしゃいましたか?」

千葉氏;
「覚えてないなぁ」

聞き手;
「いつも、少年仮面ライダー隊に囲まれていたのにですか?」

佐々木氏;
「別れる時に、『隊長、また帰ってきてください』って言われてたのに、治郎チャンほんと薄情なんだから(笑)」

聞き手;
「子供も初めは三浦君だけだったんですけど、新1号偏で藤岡さんに新にバトンタッチして、少年仮面ライダー隊が組織されると、滝和也はなおさら、FBI秘密捜査官みたいじゃ無くなっていくんですよね」

千葉氏;
「そういえば、そうですね。自分の任務はどうしちゃったんだろう(笑)」

聞き手;
「ところで、一文字隼人の衣装は、佐々木さんが決められていたんですか?」

佐々木氏;
「最初の服は、石ノ森先生のデザインだった。漫画の中の一文字隼人は足が長いからいいけど、俺みたいな短足にはあのツナギは似合わないよね(笑)」

聞き手;
「その後の衣装は、どうでした?」

佐々木氏;
「衣装部で、ああでもない、こうでもないって言いだしてさ。実をいうと、衣装のほとんどは自前なんだよね」

聞き手;
「千葉さんは、赤いシャツに黒パンツっていうのが、多かったですよね」

千葉氏;
「そうでしたか?」

聞き手;
「千葉さんも、衣装は自前だったですか?」

千葉氏;
「たぶん自前だったと思います」

聞き手;
「九州の撮影では、いよいよ藤岡さんが戻ってきますよね。この時の衣装も、自前だったんですか?」

佐々木氏;
「一回、剣友会にいた池田っていうのが衣装係になった時に、衣装のことについて文句つけたら、『予算が無い』っていうだけなんだよ。それであまりにクサしてたら、しばらくして衣装を持ってきたんです。その衣装をみたら、『池田』って名前が書いてある。『何、これ?』って聞いたら、『自分のを持ってきました』っていうんだよ。それからは二度と、衣装のことは言わなかった。最終回の治郎チャン、良いコート着てたよね。あれも確か自前だよね」

千葉氏;
「そう、そう」

佐々木氏;
「だから良い衣装を着てる時は、ほとんど自前。あの時は、俺は紺のダブル。藤岡君はダスターコートみたいのを着てた」

聞き手;
「確か仮面ライダーの100話を撮影した時に、記念パーティをやったみたいですね。通算100話はV3ですから、千葉さんは参加なさらなかったんですよね」

千葉氏;
「はい、そうです」

佐々木氏;
「パーティに行ったとき、おれは12チャンネルで『ただいまヒット中』の司会をやってた。そのとき、しこたま飲んでからスタジオに行ったら、『酒臭い!』って南沙織に言われたんで、よく覚えてる(笑)」

聞き手;
「藤岡さんと、佐々木さん千葉さんの三人で飲みに行ったりしたことは無かったんですか?」

佐々木氏;
「当時は、藤岡君と飲みに行ったことは無かったな」

千葉氏;
「ボクもないですね」

聞き手;
「千葉さんは、佐々木さん藤岡さんの両方とコンビを組んでどうでした?どちらが共演しやすかったとかありますか?」

千葉氏;
「そういう考え方はしなかったですね。藤岡さんだからどうとか、佐々木さんだからこうのって無かった。スタントマンの大橋君とか、メーキャップの小山君とか、同年代のワルイのがいっぱい揃ってて、みんなが同格なんですよ。それでおやっさんの小林昭二さんがいて、なんか家族で遊んでいるような感じでした。誰が偉いとかは無くて、緊張感も無かった」

佐々木氏;
「おやっさんがいてくれたから、仕事場に入ると変に緊張するっていうのが無かったよね。他の現場、たとえば映画とかに行くと、もう先輩ばっかりじゃない!そういう時は緊張するし、芝居もできないクセに、いっぱしに背伸びして余計見せなきゃって思って、ブルっちゃったりするんだけど・・・、ライダーに関しては大野剣友会も『柔道一直線』から一緒だし、なんかサークルみたいな雰囲気だった」                         (つづく)



ここでもやはり、「おやっさん」小林昭二氏の存在の大きさがよくわかる発言があった。芸歴の先輩として、また年長者として公私に渡り偉ぶることなく芝居の世界へ入ってきた若者たちを導いてくれる、尊敬すべき人柄の俳優さんであったことがうかがい知れる。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

仮面ライダー(6) ~一文字隼人と滝和也、メモリアルヒーローズ対談その3 [仮面ライダー2号]

(前回のつづき)
佐々木氏;
「正直言って俺は当時忙しかったから、ちゃんと台本を読んだ記憶があんまり無いの。だからスタジオに行って、治郎チャンに聞いてたりした」

千葉氏;
「そうだっけ?」

佐々木氏;
「メーキャップ室なんかで説明を聞いて、『部屋のシーンだから、飛び込んでこうだな?』とか、パターンを先読みするんだ。でも時々つながらないこともある。なにせ、台本読んでないんだから(笑)前のシーンではそ―っと来てるのに、部屋に入ったシーンではバッと飛び込んでくる。

そういうつながりの悪いカットがあるもん。読んでない証拠じゃないですか(笑) 俺なんか酔っぱらってて全然ダメだったカット、たくさんある。山田監督が唾飛ばして怒ってさ。大遅刻して首絞められたり、石ぶつけられたりしたこともある。でも、こういうのは時々ですからね(笑)」

千葉氏;
「でもこういう人だからこそ、現場が緊張しないんですよ。彼はそう意味では、良いキャラクター持ってるんですよ。スタッフなんかも、『またか・・・』って感じで楽しんでる」

佐々木氏;
「でもね、演技してる時はふざけてたわけじゃないんですよ。怪人の名前呼ぶのって、大体セリフ決まってるじゃないですか、『出たな、ショッカー!〇〇怪人』って。特に後半なんてストーリー的にやること同じだし、水戸黄門だよね(笑)」

聞き手;
「千葉さんには、迷惑かかってたんですか?」

千葉氏;
「僕は剛ちゃんが台本読んでないっていうの、てっきりウソだと思ってましたよ。本当に読んでこないなんて、自分なら考えられないから。

そういった意味で、僕は真面目でしたから。いまだに夢を見ますよ。役者を辞めてもうもう20年(当時)にもなるのに、夢の中でうなされてるんですよ。本番!って声がかかった時に、全然セリフが頭に入ってなくて焦ってるんです」

聞き手;
「千葉さんは、あまりNGは出さなかった?」

千葉氏;
「出さなかったと思いますよ、そんなに・・・」

佐々木氏;
「俺も若い時は、今みたいに図々しくなかった。本番行きます!って言われて、『あ、ちょっと待って台本』っていう、スタッフに言えないプレッシャーみたいなものありましたよ。『柔道一直線』で、セリフ覚えるのに苦労したもの。今でも最初のセリフ覚えてるくらいだから、それだけ一所懸命だったってことでしょ。

最初って、ものすごく台本読み込むわけじゃないですか。テレビの場合、仕事が増えてサイクルが速くなると、覚えるところまでいかなくなる。ここはあの監督だからこうカット割るだろうな、みたいな覚え方になってくる。

スタジオドラマの場合はワンシーン・ワンカットだけど、テレビの場合はあの監督がいてこうだなって、そういう覚え方をする。だから台本読んだとしても、完全に覚えるまではしない。次の役に生まれ変わるために忘れるのも、役者の仕事だからね。

だからちょっと前までいた日光江戸村で、千回以上舞台でやった10分程度の芝居なのに、吉良のセリフがもう思い出せないからね」

聞き手;
「そんなもんですかね」

佐々木氏;
「江戸村の初日の時に、江戸村の幹部がみんな見に来て、お客さんもいっぱい入ってたの。それなのにさ、全然セリフが出てこないの。それで舞台の上から『う~ん、何でござったかな』って演出家に聞いちゃったもん。それを10分間に2回もやった。そしたら、さすがだって言われて。

でも本人は、ホントビビってるもん。そこで頭の中真っ白になって立ち往生しちゃったら、大恥だったよね。でもいまだに芝居してて、一公演中に2~3回は舞台でまっ白になりますよ。ただ稽古してるから、セリフが出てくる。他のセリフ言いながら、どうしようって考えてるわけよ。ちゃんと稽古してれば、セリフを思い出す」

聞き手;
「藤岡さんは、ちゃんと台本読んできていましたか?」

千葉氏;
「佐々木さんと違って、藤岡さんはちゃんと覚えて来てました(笑)」

佐々木氏;
「藤岡君は、真面目にものを考えるタイプたんですよ。俺なんかいい加減だから、柔道、空手、それにキックボクシングだってデビュー前にちょっとかじった程度だもん。だからカッコだけなんですよ。でも、彼は本物の武道家だし。

治郎チャンだって少林寺拳法やってて、道場開いてるなんて噂があったくらいだもん。噂になるくらいやってたわけでしょ。やった以上は極めるみたいな、役者以外にもうひとつ、何か別のものを持ってる」

千葉氏;
「でも時代劇を演じたら、僕なんかより剛チャンのほうがピタッとはまる。それぞれに持っているものが違いますから。基本的に僕には、時代劇は合わないんですよ」

聞き手;
「一度、『仮面ライダー』でも紋次郎スタイルになってますよね、72話(*)ですけど」
*正しくは77話で、股旅姿を披露する滝!

千葉氏;
「えっ、まったく覚えてません(笑)」

聞き手;
「佐々木さんにとって、千葉さんはどんな存在だったでしょうか?」

佐々木氏;
「治郎チャンは、とっても優しい男だった。あの滝和也というキャラクターが治郎チャンそのものだったと思うと、何かうれしくなってくるね」

聞き手;
「そうですね」

佐々木氏;
「ライダーに関して言うと、藤岡君の立ち回りだって俺の立ち回りだって、治郎チャンに比べたらすごくカッコ悪いですよ。治郎チャンの軽快さとスピードには、絶対勝てないんだから。

俺はあくまでこの番組の主役は、剣友会が演じた変身後の仮面ライダーだと思っているけど。そういう意味からすると、仮面ライダー2号という主役を支えていたのは、まったく滝和也だと思うんだけどね!」


★★★★★★★★★★★★
今回の件(くだり)で、佐々木氏が『いい加減』で、千葉氏と藤岡氏は『ごく普通』だということに落ち着きそうだが(笑)、『いい加減』は《良い加減》とも書くし、要はあまり神経質になってもいけないし、ちゃらんぽらんでもダメだということだと思う。

筆者の持ってるイメージでは、『いい加減』と『ちゃらんぽらん』は、まったく別である。『真面目』と正反対の位置にあるのが、『ちゃらんぽらん』。 いい加減は、その両者のちょうど真ん中あたりだと考える。『いい加減』とか『適当』とか、言葉のもつイメージは一見良くないが、残りが少なくなりつつある筆者の人生、『いい加減や適当』な人生を心がけている、今日この頃である。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

仮面ライダー(7) ~一文字隼人と滝和也、メモリアルヒーローズ対談その4 [仮面ライダー2号]

(前回のつづき)
聞き手;
「サボテグロンで佐々木さんが登場してから、話の展開が非常に明るくなる。それと女性陣も牧千恵子さんが降板する」

佐々木氏;
「きっと海外まで本郷猛を追いかけていって、くっついちゃうんだ(笑)」

聞き手;
「立花レーシングクラブって、どこにあったんでしょうか?たぶん場所的には、生田撮影所の近くですよね?」

千葉氏;
「たぶん、そうだと思いますけどね」

佐々木氏;
「俺、ほとんど覚えてない。だって中のシーンは、いつもセットだもん」

聞き手;
「ロケには、あまり行ってないんですか?」

佐々木氏;
「そう。最初は忙しかったから、遠くまで撮影に行ってない」

聞き手;
「セットといえば、ショッカーのアジトって、怪人のイメージで絵柄を変えてますよね。アジトはどれくらいの広さなんですか?」

佐々木氏;
「小屋みたいだったけど、セットはそんなに狭くはない。あ、ロケでいい事思い出した。実をいうと、サボテグロンで出ているジープみたいな車、治郎チャンのマイカー何ですよ」

千葉氏;
「よく覚えてるね。これはずいぶん撮影で使ったね」

佐々木氏;
「治郎チャンの車、ホントカッコよかったもん」

千葉氏;
「ホントは車体が白なんですよね。それをスプレーで塗っちゃってる」

佐々木氏;
「この後乗り換えたのは、確かワーゲンだったよね」

千葉氏;
「よく覚えてるね(笑)」

聞き手;
「13話『怪人サボテグロンの来襲』で、世界に魔手を広げるショッカーを見せるために、初めて海外から幹部怪人がやってくるんですが、サボテグロンとの最初の戦闘現場って、生田から近いですか?」

千葉氏;
「近いと思います。確かね、小さい貯水池みたいな?」

佐々木氏;
「このときカッコよく戦ってるけど、俺はこの頃総カツラ。だから髪の毛フサフサだもんね。今、あんなに毛が欲しいね。当時あのカツラは、12万8千円くらいだったかな。カツラ屋へ行ったら、宣伝に使わせてくれたらカツラを差し上げますしギャラも入りますって言われて、『このバカヤロウ!』って言ってやった(笑)」

聞き手;
「そうなんですか」

佐々木氏;
「当時のカツラは今みたいに精巧じゃないから、スパって脱げちゃう。だから俺、ヘルメット脱がないんだよ。帽子かぶるようになったのも、ヅラ押さえるためだもん。別に帽子が好きなんじゃないの。今帽子かぶってるのは、完全にハゲ隠しだけど・・・(笑)」

聞き手;
「一本当たりの撮影時間は、どのくらいかかったんですか?」

佐々木氏;
「だいたい週に2本撮りペースだから、これだと月6本くらいは撮る感じだった」

聞き手;
「サボテグロンでは、八木さんから、サボテンの偽物のカポックをたくさん削り出すのにすごく苦労したって聞いてます」

千葉氏;
「八木さんか、思い出した!」

佐々木氏;
「一文字隼人も、最初は恥ずかしくってね。『ショッカーの敵、そして人類の味方!』っていうセリフがどうもね」

聞き手;
「初めて変身するときは、NGとか出したんですか?」

佐々木氏;
「俺、普段からNG多いもん、セリフ覚え悪いから。初変身の時なんか、まだ変身への流れが出来てないんで、ぎこちないよね。いつもはジャケットからベルトを出してから変身なのに、この時は変身ポーズの途中で、ムンッてベルト出してる」

聞き手;
「この時期は予算が少なかった様で、ものすごくマスクが傷んでいて、2号はよく顔が歪みますよね」

佐々木氏;
「サボテグロンでの仮面ライダーは、一部オレが入ってるんだよ」

聞き手;
「平山さんに最近(当時)このことを聞かせたら、あ然としてましたね。藤岡さんの怪我の直後だったから、絶対にライダーの中に入れないでくれって現場に言ってたんだそうです」

佐々木氏;
「ふーん。(平山さんは、俺が入ってたことを)知らなかったのか」

聞き手;
「テレビ見て思ったんですけど、劇場版の『仮面ライダー対ショッカー』では、歴代の怪人が全部出てくるんです、一文字編最後の怪人ギルガラス(52話)までね。草津でロケをしたベアーコンガー(46話)は劇場版に出てこない。

それなのに劇場版も草津ロケも、同じ新1号編のショッカーアジトが使われている。だから劇場版を撮ってから、(そのセットをそのまま使って)ベアーコンガーを撮ったのではないかと・・・」

千葉氏;
「そういえばベアーコンガーの時、僕スキーが滑れなかったんですよ」

佐々木氏;
「治郎チャンのスキーの画観てると、カッコいいんですよねぇ。だってプロの吹き替え使ってるから!俺は滑れるから自分で演ったんだけど、山スキーだから格好良くもなんともないのね」

聞き手;
「千葉さんはこの撮影の後、スキーの練習したんですか?」

千葉氏;
「してない。今は滑れるけど、当時はスキーなんかするもんかって、思っていましたからね」   (つづく)


★★★★★★★★★★★★
この当時のカツラの、高価だったこと!今でもカツラは高価なのだろうが、質は当時とは比較にならぬほど良いだろう。いくらなんでも、ヒーローが自分からカツラですとは宣伝できまい、カッコ悪すぎ。怒るのも分る!(笑)


それに引き換え千葉氏の方は、立ち回りがカッコ良すぎてスキーもできるだろうと誰もが思うが、実は滑れないので吹き替えだったとは!付いてる人と付いて無い人の比較をしたような、今回のくだりだった。(笑)

最後の方で聞き手が面白い推理を聞かせるが、鋭い指摘かもしれないと同時に、撮影順と放映順は必ずしも同じではないことはよくあるということだ。

またその推理を聞かされて、千葉氏が思い出したように違う内容のことを話し出すが、聞き手がマニアックなのであって、演じ手(役者)は30数年(当時)も経ってしまっては、よほど記憶に残るような事が起こらない限りは覚えていないだろう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の3件 | 次の3件 仮面ライダー2号 ブログトップ