So-net無料ブログ作成
検索選択
帰ってきたウルトラマン ブログトップ
前の3件 | 次の3件

帰ってきたウルトラマン(8) ~ウルトラマンという永遠のヒーローを演じられて誇りに思ってます [帰ってきたウルトラマン]

帰ってきたウルトラマンの主役、郷秀樹役の団次郎(現・団時朗)氏のインタビューをお届けする。何度も言う通り、ウルトラマンがまた始まるという記事を見て、子供心にどんなにか胸躍らせたことか。

当時は夕方から放送していた『ウルトラファイト』を見て、ウルトラマン番組の無い淋しさをなんとか満足させていたのだろうと思う。新マンには、宇宙人よりも怪獣の登場が多い。やはり子供的には、宇宙人よりも怪獣のほうが好きなのかもしれない。

視聴率的に今ひとつ良くなかったウルトラセブンの原因は、怪獣の出現が少なかったという分析もあるほどだ。原点に立ち返るという新マンの構想は、第1話を見てもよくわかる。怪獣が3匹も出現するという大サービスは、監督以下、スタッフの力の入れようがわかるというものである。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
司会;
「帰ってきたウルトラマンに出演することになったのは?」

団氏;
「一番最初は『変身もののシリーズが始まるらしいが、その中の隊員役でもやってみるか?』程度の話だったと思うんですよ。その後、事務所サイドで話が進んでいったのではないでしょうか。気が付いたら、郷秀樹=ウルトラマン役に決まっていたという感じです」

司会;
「以前の作品はご覧になっていましたか?」

団氏;
「多少は見てました。実写版の変身ものって好きだし、興味をもっていましたから、やりがいはあるなと思いました。変身ものでもアニメは苦手なんです」

司会;
「実際に撮影が始まって、いかがでしたか?」

団氏;
「役が決まってからはドタバタと撮影が始まっちゃいましたから、深く考えてる時間は無かったですね。撮影が始まってみると、スタッフの真剣さ、一所懸命さに感動しました。何日も徹夜しながら手作りで番組を作ってるんですからね。僕達役者よりもスタッフの方が、何十倍も苦労してたと思いますよ。

エネルギーに満ち満ちた作品でしたね。改めて歴史のある番組の主役に選ばれたんだなという実感も、湧いてきました」

司会;
「ウルトラマンのイメージは?」

団氏;
「僕のやったウルトラマンは、人間味のあるヒーローでしたよね。他のヒーロー達と違い、自分の意志だけでは変身できないという大きな基本テーマがありましたから。まぁ、途中からはウルトラマンも精神的に成長したのか、割と簡単に変身できるようになりましたけど。

ともかく、子供たちに『努力しよう、あきらめずに限界まで頑張ろう、そうしたら何かが生まれるかもしれないぞ』と発信しようとしていたんですよね。それを伝えるために、郷秀樹は爆破の中を走り回ったり、危険なところに突っ込んでいったりと、いわゆる自殺行為に近い行為をこなした上で変身しなきゃいけない・・・」

司会;
「郷秀樹は危険を省みずという感じですから、撮影も結構大変でしたか?」

団氏;
「弾着玉を使える砂地とか、生田撮影所の奥の方とか、ほとんど人のいないところで撮影してましたね。当時は家が遠かったので、家と現場との往復で一日が終わってましたね。

爆破シーンでは、弾着玉がなかなか爆発しないなんてこともよくありましたよ。『おかしいなぁ、もう爆発してもいい頃なのに』なんて思いながら走ったりして」

司会;
「怖くなかったですか?」

団氏;
「やっぱり、怖かったですよ。至近距離で爆発するので危ないですから、リハーサルで何度も手順を確認してから本番を撮るんですけどね」

司会;
「全部ご自分で演じられていたんですか?」

団氏;
「僕らが実際に演じるのは、計算された弾着玉の間を走り抜けるくらいで、危険なシーンはスタントマンさんがやってました。あと苦労話ではありませんが、オンエアが始まるまでの2~3か月間は隊員の制服姿でロケ撮影したり、食事休憩に外出したりすると、物珍しそうな目で見られたりして、ちょっと恥ずかしかったですね」

司会;
「隊員服の着心地などは、どうですか?」

団氏;
「皆さんの夢を壊すことになるかもしれませんが、あの隊員服はデザイン重視で、実際にはそれほど機能的じゃないんですよ。それに夏は暑いし、冬は寒いんですよ。だから休憩中は、夏は上着を脱いでTシャツだし、冬は上着の上に何か羽織ってましたね」

司会;
「撮影中の思い出など、ありましたら・・・」

団氏;
「雪山に行った回に、遭難しそうになったなんてことがありましたね。蔵王のほうだったか、突然吹雪いてきちゃったんですよ。隊員たちは若いし体力もあるので、まだ良かったんですけど、筧(かけい)監督なんて、もうボロボロって感じでしたよ。

山好きのコーディネーターがアシストして撮影してたんですが、プロ中のプロってわけじゃないですからね。機材もたくさんあって、スタッフもある程度散らばって撮影するわけですから、吹雪いたりすると混乱しちゃうんですね。何事もなく全員戻ってこられたからよかったですけど。

冨田監督のシーモンス・シーゴラスの回に、何度もリテイク(撮り直し)になって苦労した覚えがありますね。芝居が云々ということではなく、背景のスケールがイメージと異なっていたみたいで。

後からその背景に怪獣を合成するわけじゃないですか。その時の砂煙の上がり方とかが引っかかっていらしたみたいなんですが・・・」

司会;
「印象に残った作品や怪獣は・・・」

団氏;
「一番最初の作品、タッコングの回がやはり印象に残ってます。というのは、こういう作品はアフレコをしますよね。通常は人間だけが出ている本編部分だけを見ながらするんですが、第1~2話は、合成済みのものを観ながらアフレコしたんですよ。

こんな感じに仕上がるんだということを、出演者にもわかるようにとのスタッフのご好意だったんじゃないかと思います。それで『スゴイ特撮だなぁ』って驚いた覚えがあります。それとタッコングは斬新なデザインが印象的でしたね。

アフレコは、その後は本編部分だけを観ながらだけになりました。他には、ツインテールが頭と身体が逆になってるのが面白かったし、岸田(森)さんの書いた脚本が印象的ですね」

司会;
「光怪獣プリズマですね」

団氏;
「シュールなところがあって、いろんな問題提起をされた作品でしたよね。ヤメタランスは面白い名前だなぁと思ったし、ゼットンはかなりの強敵でしたし・・・。中でも従来のパターンに当てはまらない作品で、東條昭平さんが撮った『怪獣使いと少年』は、不思議な作品でしたよね。

隊員が僕以外ひとりも登場しなくて、隊長が托鉢僧だったり・・・。ああいう作風、結構好きですよ。そういえば当時、みんなの間で、『この回俺たち出てないけど、ギャラはどうなるんだろ?』なんて話も(笑)。

沢村(忠)さんとキックボクシングをしたのもいい思い出だし、最終回の『ウルトラ五つの誓い』も心に残る作品になりました。それから川口秀樹少年は、すごく良い子でしたね。大人に混じって子供一人だったからたいへんだったろうけど、のみ込みの早い子だなぁという印象が残ってます」

司会;
「共演の皆さんやスタッフの方々とのお付き合いなどは・・・」

団氏;
「プライベートでは、西田健さんですね。仕事ではあまりご一緒しないんですが、電話したり飲みに行ったりはしますよ。彼とは、撮影当時から仲良くしてもらってます」

司会;
「団さんにとって、帰ってきたウルトラマンとは?」

団氏;
「当時は演じることで精一杯で、あっという間に時間が過ぎていきました。私は自分の演じた作品は見ない様にしているんです。それは細かい部分が気になってしまうたちなものですから。

でも、『帰ってきたウルトラマン、見てました』なんて言われると、やっぱりすごくうれしいですよ。本当にありがたい作品であり、思い出に残った作品ですね。日本が誇る永遠のヒーロー・ウルトラマンを演じられて、私も誇りに思っています」


〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
今では、ウルトラマンジャックの名がちびっこ達の間では、浸透しているのだろうか。どうしても、おじさんは新マンの方がしっくりいくなぁ~。

ちなみに、ジャックはアメリカではとてもポピュラーな名前だそうである。日本で言えば太郎! そう、ウルトラマンTはウルトラマンJになるはずだったらしい。だが、ハイジャック事件が起きて、ジャックつながりで没になったとか、ホント?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

帰ってきたウルトラマン(11) ~第二次ウルトラブームにおけるウルトラ兄弟 [帰ってきたウルトラマン]

『帰ってきたウルトラマン』最終回の翌週から、新番組『ウルトラマンA』が始まる。この新シリーズから、『ゾフィ』を長兄として過去に地球で活躍したウルトラマン達がみな兄弟であるという『ウルトラ兄弟』が基本設定される。地球で活躍した順に、初代マン、セブン、そして新マンが四番目。

エースが五番目の(この時点で)末っ子となり、エースに地球防衛の使命が託される。いわゆる『ウルトラ五兄弟』である。筆者は『ウルトラマンA』まで毎週欠かさずに見ていたと記憶している。それはエースまでの怪獣なら、姿をみれば名前がすぐ出るという反射行動?が出るからほぼ間違いない。

タロウになるとそれが怪しくなり、レオになるとレッドギラス・ブラックギラスの兄弟怪獣他いくつかしか分からない。新マンでセブンが助けに来てくれた(ゲスト出演)ように、エースではそれがもっと多くなるであろうことは第一話ですでに表現されていたのである。

新マンの時はピンチを救うための登場だったが、エースになると敵が《ウルトラ兄弟もろともエース抹殺を企てる》という新しい展開が待っていて、過去のウルトラマン達が抹殺のターゲットとしてゲスト出演するという、異常な光景を見ることになる(第13・14話)。

ウルトラ兄弟はヤプールに騙されてゴルゴダ星におびき出され、かつてない大ピンチを迎える。M78星雲人の弱点を突かれて冷凍ガスを浴びせられ、ゾフィから新マンまでの四兄弟は自分のエネルギーをエースにチャージしてエースを助け、地球へ向かわせた。

エネルギーを消耗して動けない四兄弟は、ゴルゴダ星で磔(はりつけ)にされてしまう。エネルギーが消耗して後が無くなった四兄弟はエースに各自のエネルギーを託し、それを受けてエースは必殺技・スペースQでみごとに敵を粉砕する。

エース第26・27話では、ヒッポリト星人がエースの引き渡しを要求し、筒状のケースに閉じ込められたエースは謎のガスによって人形にされてしまう。ウルトラサインを見て助けに来た四兄弟も、同じワナにかかり人形にされてしまう。

このピンチに地球に初見参した『ウルトラの父』がエースを復活させ、エースはヒッポリトを撃破。しかしウルトラの父は高齢のため?か、命を落してしまう。

親や兄姉なら、先に生まれている分だけ弟妹よりも力や知恵があるのは普通であるが、ウルトラ兄弟に関しては、主人公の弟が最後に目立つためのストーリー展開にしたいためか、兄たちはあまり活躍の場が無い。

セブンが新マンに《これを使え》とウルトラブレスレットを与えたように、兄たちが弟を叱咤激励するような場面は、エース以降はほぼ見られない。これは兄たちが戦ってきたのが怪獣であって『超獣』ではないから、兄たちも手におえないからかもしれないが。

『ウルトラマンレオ』では、展開が少々違っている。まずレオはM78星雲人ではない。しし座L77星人で、マグマ星人に故郷を滅ぼされて、地球に逃げてきたわけである。ウルトラマンに似てはいるが、宇宙警備隊(ウルトラ兄弟)の一員という設定ではない。

だから第一話でウルトラセブンと兄弟怪獣との戦闘にレオが助けに入ったときも、モロボシダンはおおとりゲンを知らなかった。その後大怪我でセブンは変身出来なくなり、M78星雲との連絡も付けられなくなってしまった。

そんなセブンにM78星雲から新マンが助けに来る。第34話で郷秀樹の姿でおおとりゲンの前に姿を現すのだが、敵に口を封じられてマスクをしてるため話が出来ない。おおとりゲンと郷秀樹はお互いを知らないため、郷がダンと会うまでにはもう少し時間がかかる。

ウルトラマンレオにおいてウルトラ兄弟が出演する時は、レオを助けるためではなく変身できないモロボシダンを助けるためという変則的事情が、そこにある。

のちにレオがウルトラ兄弟の一員となるために、レオ兄弟とウルトラ兄弟が一度戦うことになる。レオの弟アストラに化けたババルウ星人が、ウルトラの星のウルトラキーを盗み出す。そのためウルトラの星は軌道をはずれ、地球と衝突する軌道をとる。

ウルトラ兄弟と、レオ・偽アストラが対峙する。ウルトラ兄弟は、偽アストラをかばうレオを光線技で倒してしまう。そこに『ウルトラマンキング』が登場し、偽アストラの正体を見破る。本物のアストラも発見され、レオ兄弟はババルウ星人を倒してウルトラの星と地球との衝突は回避された。

『ウルトラマンキング』の申し出により、『レオ兄弟』はここに『ウルトラ兄弟』の一員として認められるのである。L77星人という新ヒーローがM78星雲人という旧ヒーローと戦い合うというこの展開は、良いのか悪いのか。

かつて『仮面ライダー龍騎』の制作発表記事で、石ノ森先生の奥様の発言;『ライダー同士が戦い合うことは、私はどうも・・・』と書かれていた。ライダー同士、ウルトラマン同士が戦うという、正義の使者同士が相争うというこの展開。複雑化したヒーロー設定がもたらした弊害といえるだろう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

帰ってきたウルトラマン(13) ~ウルトラ対談、きくち英一VS団時朗その1 [帰ってきたウルトラマン]

今回は、『帰ってきたウルトラマン』の変身前と変身後のふたりのウルトラマンが対談するスペシウムな、ではなくてスペシアルな企画をご案内。題して、『帰ってきたウルトラマンを創り上げたふたりの男たち』。

団時朗氏のエピソードの後に、どうぞ。
当時は団次郎→現・団時朗

1970年に本格的に俳優活動を始め、翌年『帰ってきたウルトラマン』で主人公・郷秀樹を演じて人気が出る。90年代に雑誌の対談で「帰ってきたウルトラマン」には決まった名称がないことに触れ、「ウルトラマンジャック」と言う名称が付いたことを知り、「後からつけられてもピンとこない」と語っている。

「子供の頃のヒーローと言えば?」という問いに、黒部進(=初代ウルトラマン)と答えている。「ウルトラマンジャック」のライバルを尋ねられ、『仮面ライダー』と即座に答えている。

★★★★★★★★★★★★

団氏;
「いやいや、どうもお久しぶりです」

きくち氏;
「こちらこそ。ちょっと太ったんじゃない?(まずは和やかに、再会をよろこぶ)

聞き手;
「よろしくお願いします。団さんも、今は無き円谷一さんから話があったんですよね?その頃は、資生堂のMG5の宣伝をやっておられましたよね、草刈正雄さんとかも」

団氏;
「そうですね、その頃はまだやってましたね」

聞き手;
「それで、一さんが団さんでいこうと?」

団氏;
「でもその辺のことは、僕はよく知らないんですよ」

きくち氏;
「ボクもね、円谷一さんから電話を貰った。でもその時は、中岡(慎太郎)さんを紹介した。そのあとで主役が変わって、体格が合わないからと」

団氏;
「そうですか。私の場合はその頃いたプロダクションが、言ってみれば素人の集まりみたいだったんで、誰かドラマに強い人を入れようってことで、入ってきた女の人が取ってきた仕事だったと思う。最初は隊員のうちの一人をやるってことだと、その人から聞いてました」

きくち氏;
「最初は池田駿介さんがやるってことだったんでは?」

団氏;
「そうだと思いますよ、たぶん。ボクに決まったのはかなり後半の、具体的になった時だったと思います」

聞き手;
「決まった時の心境は、どんな感じでした?子供番組ということで・・・」

団氏;
「子供番組ってことに対しては、もちろん何もなかった。むしろ普通のドラマよりも、逆に時間がかかるんじゃないかと。その当時はまだ、子供番組は丁寧に撮ってましたからね」

聞き手;
「やっぱり、朝7時から夜中までって感じだったんですか?」

団氏;
「そこまではね、予算も無かったろうし。結局外で撮るわけだから、日が暮れるまでとかね。きくちさんはスタジオにこもりっきりだから、そりゃ大変だったと思いますけど」

きくち氏;
「最初は一班体制だったから、本編が終わってから特撮の方へ行くって感じだった」

団氏;
「これはね、オールアフレコだった。最初の1、2話は特撮部分もちゃんと合成したフィルムでやってたんだけど、それじゃあ時間がかかってしょうがないんで、3話から無くなった。でも、最初は合成にビックリしました。何にもない所に向かってやってるのに、うまく出来てるんですから」

聞き手;
「これは一さんが言われてるんですけど、かなり気合が入っていたと。団さんもきくちさんも子供のアイドルだから、たとえば酔っぱらっておかしなことをしちゃあいけないとか、言われてたんですか?」

団氏;「
「それはたぶんね、初代ウルトラマンとかセブンの時代じゃないですか?私等はね、何も無かったですよ。それに僕らはもっと若かったし、そんな悪いことをする奴とか、いなかった」

きくち氏;
「いくつだったの?」

団氏;
「22だったと思いますね。せいぜいね、住んでる所が近かったら、一緒に車で帰ってそのあたりでお茶飲むくらい。その程度」

聞き手;
「団さんときくちさんが、当時会われたのは?」

きくち氏;
「最初はね、第一話の時だったんだけど、怪獣が出て団チャンがマンホールに降りるところで演技が遅かったら、吹き替えやってくれって監督に頼まれた。でも結構団チャン速くて、後ろでボケッと見てるだけだった」

聞き手;
「その時が初対面になるのでしょうか?」

団氏;
「そうかもしれませんね。クランクイン前のイベントっぽいものなんて、今ほど無かった。ただざっと入って、やってる間に終わっちゃったって感じですよね」

聞き手;
「この前、団さんは京本さんとの対談で、『ただ走ってるだけみたいなものでした』って言われてましたけど・・・」

団氏;
「そう、みんなそうだった。根上さんまで、走ってた。根上さんは楽しい人でしたよ、待ち時間がね。いろいろ戦争の頃の話とか、してくれてね」

聞き手;
「最初は加藤隊長で、塚本さん。うまくスムーズに交替できたんですか?」

団氏;
「あれも結局、塚本さんが旅に行かなくちゃいけないってことでしょ?」

聞き手;
「舞台か何かで?」

団氏;
「そう。でもそれが延びたから、交替というんじゃなかったはず。その辺の話は詳しくは知らない。交替、早いですよね。唐突といえば、唐突だった」

聞き手;
「当時おふたりは、いろいろ話をされてたんですか?」

きくち氏;
「会うことは、あまりなかったね」

団氏;
「そう。たまに美セン(現・東宝ビルト)にちょこっと見に行ったりとか。とにかく特撮現場は僕たち以上に忙しいしさ、もうフル回転だもの。僕らはたまにちょっと休んだりできるけど」

聞き手;
「本編の方でも、弾着が怖かったと聞いてますけど」

団氏;
「そりゃあ、怖かったですよ。やってるのが、じいさんだった(笑)」

聞き手;
「きくちさんも、現場で爆発して、死にそうになって怒ったって話がありますけど」

きくち氏;
「画的には、迫力があるんだけど・・・」

団氏;
「迫力はありますけど、コワイ。最初はね、怪獣にもよるんだけど、粉だけだったりするんですよ。それが画的につまらないとわかると、違う回で怪獣が火吹き系だとちょっとガソリンが入るわけですよ。最初はちょっとだけ入ってる。そのうちだんだん(ガソリンの入れ物が)大きくなっていく(笑)こわい」

聞き手;
「怪我とかは?」

団氏;
「擦り傷とか打ち身とかはね。予期しない時にね。上から物が降ってくる、これは良きできるんですが、陰に逃げ込もうとして下に石油缶がおいてあって、そのカドがズボっとすねに入ったとかね」

きくち氏;
『造成地でジープに乗って訓練してるシーンで、スタントの人が飛び降りて・・・』

団氏;
「あの時は、鎖骨を複雑骨折。だって走ってる車から飛び降りて、回転して・・・グシャッて変な音がして。とにかく日没までに終わらせなくてはということで、あまり安全に気をつけないでやってましたね。

それでも僕たち顔出しは、怪我すると休まなきゃいけないんで比較的大事にされてたんでしょうけど、スタントの人なんかは、『そりゃ無理だ』って言ってるのに、『なんとかやればできる』なんて言われてね、やらしちゃう」
(つづく)


★★★★★★★★★★★★
迫力満点のシーンというものは、今ならどんな危険な場面もCG(コンピュータ・グラフィックス)を使って再現できる。だが、この当時はそんな技術はまだ無かったから、スタントマンが命を張って危険な行動を代役するわけだが・・・。

スタントマンとて、怪我をしては意味が無い。危険なシーンを、危険度を最少にして再現させるのが、監督の腕の見せ所ではあるまいか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の3件 | 次の3件 帰ってきたウルトラマン ブログトップ