So-net無料ブログ作成
ミラーマン・ドラマ ブログトップ
前の2件 | -

戦え!ぼくらのミラーマン(1) [ミラーマン・ドラマ]

円谷プロが1971年12月から放送した新ヒーロー、『ミラーマン』。 そのデザインは人間と2次元世界人との混血児らしく、スマートでカッコイイの一言に尽きる。しかしその世界観は、過去のウルトラシリーズと比べると、著しく暗い感じがする。

暗いというよりも、ドラマの恐怖感の度合いが増したという言い方が、適当かもしれない。ウルトラシリーズとの差別化のための方針ではあるが、かなり冷たさのようなものを感じる。

そもそも本作の企画は、退職した金城哲夫氏が円谷プロへの置き土産として執筆した原案を基に、田口成光氏や満田かずほ氏が手を加えて、本格的な番組企画書としてまとめたのが発端であるという。筆者は小学館の学年雑誌の連載で、ミラーマンを読んでいた記憶がある。

ただし雑誌のミラーマンは、実写版とはデザインにおいて大きく異なっていた。ちょうど、近年上映された映画『ウルトラマンゼロ ザ・ムービー』に出ていた『ミラーナイト』に、近い感じだった気がする。顔のつくりがゴーグルをしたような目に鼻と口ではなく、四角形を何枚かつないで構成したような顔面であったように思う。

いま『ミラーマン』をふたたびCS放送で見ることが出来るので、2次元から来たヒーローのドラマについて、大人の目からみた感想など書いてみたいと思う。

◆◆◆◆◆◆第7話《打倒!人体侵略作戦》◆◆◆◆◆◆

物語は、男が湖でモーターボートを操縦している場面から始まる。突如UFOがボートの上空に現れて、男の母親と恋人の見ている前で、男に怪光線を照射する。男はボートの操縦を誤り湖岸に激突して頭を打つが、何でも無いと言い張る。

男は『秘密兵器ソルガン』を開発中の研究員、岡山であった。大倉博士が中心になって開発中のソルガンが、インベーダーにとって脅威となるのであった。

今回のゲスト出演者に、菱見百合子(現・ひし美ゆり子)氏がいる。岡山の恋人・冴子を演じている。ウルトラセブン終了から4年程経っているだろうか、美しい大人の女性という感じがする。

あの事故以来、人が変わってしまったことを鏡京太郎に相談する恋人・冴子。京太郎も友人・岡山の異様な行動を何度か目撃して、御手洗博士に相談する。そして岡山の身体をインベーダーが乗っ取っていること、ソルガン研究阻止が目的であることに、思いいたる。

御手洗博士は『岡山君は生きている、身体を乗っ取られているだけだ』という。岡山とインベーダーの頭部レントゲン写真を比較する御手洗博士。岡山の頭のレントゲン写真に異常はない。

インベーダーの頭の中は、脳みその代わりに星マークが4つあるだけだからだ(笑)。 『★4つですぅ!』 星マーク4つだけしかない頭で地球侵略を考えつくインベーダーを、ほめたいと思う(笑)

岡山が段々と険しい顔つきに変貌していき、ついに大倉博士を手にかけようする。SGMのメンバーと京太郎は襲い掛かる岡山を必死に制止するが、インベーダーはついに、岡山に怪光線を浴びせてゴールドサタンへと変身させた。ゴールドサタンのお顔が、どこぞのこけし人形みたいでマヌケだ。変貌した岡山の顔の方が、よほどこわい。

京太郎は、ミラーマンに変身しながら考えていた。御手洗博士の言う『岡山君は生きている、身体を乗っ取られているだけだ』という言葉を。どのようにして彼を救えばよいのかを。とどめの一撃を撃とうとした時、岡山の母の声がした。ミラーマンは、岡山の身体に衝撃を与えずにゴールドサタンを倒せる技(ミラーハレーション)を繰り出した。

様子をうかがっていたUFOが、急いで逃げていく。すかさずミラーアイビームを浴びせて、一撃で破壊した。やがて岡山は元の姿に戻り、母と冴子のふたりに支えられて、穏やかな顔が目を覚ました。

ところで、今回のテーマは愛だ。恋人・冴子が岡山を思う愛、それに岡山の母がわが子を思う愛である。わが子が変貌してしまっても、なんとか元に治そうと必死に努力する母の愛の力。恋人と母の愛が岡山を救ったのだと、京太郎は思った。  (終)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

戦え!ぼくらのミラーマン(2) [ミラーマン・ドラマ]

 第8話《鋼鉄竜アイアンの大逆襲》
監修;円谷一 
脚本;山浦弘靖 
特殊技術;高野宏一 
監督;満田かずほ


ミラーマンを取り上げる第2回目は、京太郎の出自をめぐる心の葛藤をインベーダーに突かれてしまう話である。ミラーマンである鏡京太郎は、母が地球人、父が2次元人である。京太郎は母・鏡ゆうこの夢を見てうなされているところを、起こしにきた御手洗朝子に見られてしまう。

事情を知らない朝子に、その幼さを揶揄されて御手洗博士の前で笑われてしまう京太郎。それでも京太郎は、母のことが気がかりでならない。御手洗博士の前で、『普通の人間では無くミラーマンとして自分を生んだ母を、憎んでいる』と言い切る京太郎。

そういいながらも、インベーダーに追われる母の身の上を心底から心配していることを知り、地球を守る超人である前に一人の青年である京太郎に、御手洗博士は何も言えない。インベーダーはそんな京太郎の心の隙間を突いて、ミラーマンをワナに掛けようと謀る。

誰でも母や父を憎む時期が、一度はある。反抗期というヤツがそれだ。それが思春期の中にはあって、それを通り越して大人になるのだ。自分一人で大きくなったわけでは無いことを、その時期を通り越して知るのである。そしてそれを知った時、両親に感謝するようになる。

鋼鉄竜アイアンに宇宙ミサイル基地を攻撃させようと画策するインベーダーは、邪魔なミラーマンを光の届かない地下室へ閉じ込めておく作戦を企てる。京太郎の部屋の写し鏡の中に、母・ゆうこの幻影を見せるインベーダー。

母の面影を使ったこの作戦に、京太郎はまんまとおびき出されて、廃屋の地下室に突き落とされてしまう。インベーダーの声は、納谷悟朗氏。あの独特の声は、ショッカー首領の声でお馴染みだ。ワナに落ちた京太郎をあざ笑うその声は、ベストマッチ!である。

京太郎は自分の心の弱さのために、まんまとワナにかかってしまった自分を恥じた。『先生、すみません』 だが、悔いてももう遅い。『処刑だ!』突然現れてナイフで襲い掛ってくるサングラスの男。どうにか退けたものの、光の届かない暗い地下室の中では、ミラーマンになれない。

サングラスの男が落としていったナイフが1本、落ちていた。女々しく泣いていた京太郎の後悔の涙が、ナイフに1滴落ちてキラリと光った。
『俺の涙が・・・』

その瞬間、京太郎はミラーマンに変身! 航空自衛隊の爆撃もアイアンには通用しない。そのとき、ミラーマンが出現。アイアンの怪光線の攻撃をディフェンスミラーで退け、ミラーナイフでとどめを刺した。

ナレーションが語る。地球を侵略者から守るという大事な使命が終わるまでは、京太郎に母はいない。このナレーションは、何かを超えた、吹っ切れたということを意味しているのだろう。御手洗朝子は、京太郎に言う。
『私の母はこの世にもういない。でもあなたのお母さんは、まだ探せる。だから幸せね』

朝子の方が、よほど大人だ。だが、京太郎の言い分も分かる。超人ミラーマンとして生まれるより普通の人間として生まれて、恋もしたい、遊びたいと言う京太郎。新マンが、郷秀樹=ウルトラマンの成長ドラマであったように、ミラーマンも京太郎の人間としての成長ドラマであるのかもしれない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の2件 | - ミラーマン・ドラマ ブログトップ