So-net無料ブログ作成
検索選択

戦え!ぼくらのミラーマン(5) [ミラーマン]

《第10話 時計が止まった街》
監修;円谷一 
脚本;若槻文三 
特殊技術;高野宏一 
監督;鈴木俊継

◆ある日、ナミオカ市の中心部に巨大な物体が出現した。ウニのようなトゲを6本持ち触手のような腕を伸ばした鋼鉄製のその物体はビルを破壊して出現すると、緑色の光を出し始めた。その光は空間のように街を包んで、どんどん周辺へ広がっていった。

その頃、ナミオカ市の上空を通過中の旅客機グリーンバード918便が、突如消息を絶った。SGMがレーダーでそれを監視していたが、旅客機は空中で静止している状態だという。ナミオカ市へ呼びかけても応答がない。人口100万の大都市ナミオカ市は、完全に沈黙してしまっていた。

その頃SGMに、日野という人物から電話が入った。日野は元SGMメンバーだった男で、電話の内容は脅迫であった。御手洗博士に日野は言う。
『今ナミオカ市は、時間の止まる壁に包まれている。俺の理論と連中の科学力とが、あの町の重力をコントロールしているんだ。アハハハハ!』

勝ち誇ったように笑う日野。町を包んだ緑色の泡のように見える空間は、少しずつ周囲へ広がっている。SGM専用車でナミオカ市へ急行する途中警報音が鳴り、SGMと鏡京太郎は前方に止まっている車が、静止したまま動かないでいるのを目撃する。
『チーフ、時計の針が少し遅くなっています』

前方にみえる緑色の空間の影響が、車の直前に迫っていた。車を降りた京太郎は、村上チーフの制止を振り切ってその緑の空間の近くへ行ってみると、そこには日野とインベーダーがいた。

京太郎は顔見知りの日野に言う。
『インベーダーに、魂を売ったのか!』
日野は反論した。
『俺の才能を認めない御手洗を、俺は見返してやったんだ!』

その頃、巨大な宇宙船が地球を目指して飛んでくることを、SGMはキャッチしていた。インベーダーは、ナミオカ市を地球侵略基地にするつもりなのか。ナミオカ市を包んでいる緑色の壁は広がり続け、あと2時間後には東京もその範囲に入ってしまうことが計算で判った。
『先生、あの緑色の壁を突破する方法は無いんですか?』

『あの壁を突破するにも脱出するにも、光以上のスピードが必要なんだ』
御手洗博士のこの発言に、この危機を救えるのは自分しかいないことを、京太郎は悟る。ミラーマンとなって光速で突破すれば、あの中へ入れるだろう。

だが死ぬかもしれない。しかし・・・僕はやる。京太郎は決意する。するとインベーダーが京太郎を狙ってきた。逆襲してインベーダーをアジトに追い詰めると、そこに日野も潜伏していた。インベーダーは計画通りに事が進むと、用済みになった日野の首に薬を打って殺しにかかった。

京太郎が日野のもとへ駆け寄った時、すでに日野は意識がもうろうとしていた。日野は懺悔した。
『奴らの科学力で、俺は重力マシンを、造りたかった、んだ。あそこへ行けるのは、インベーダーと、光だけだ・・・』

『光・・・』
もう時間が無い。京太郎は覚悟してミラーマンに変身した。ナミオカ市を包む緑色の壁を光速で突破すると、重力マシンにミラーナイフ、スライサーVと撃つが、跳ね返されてしまう。

中から破壊するしかない。光速で重力マシンの中へ突入すると、そこには3人の、初めて見るインベーダーの実体がいた。人間や怪獣に変身して地球を狙うインベーダーの実体は、全身が黒い胴体で、頭にはヒレが付き、顔には鼻も口も無く、ゴーグルのような形の目玉無き目をもった不気味な姿であった。

三人に囲まれて攻撃を受け、窮地に陥るミラーマン。この空間に長くとどまるのは危険だ、ミラーマン。早く脱出するのだ。三人攻撃を一人ずつに分断し、ミラーナイフとスライサーV、スライサーHでとどめを刺した。

ミラーナイフを重力マシンの内側から撃ち込んでミラーマンは脱出すると、重力マシンは大爆発を起した。緑色の壁は消え、巨大宇宙船は諦めたように進行方向を変えた。ここに地球の危機は去った。  (終わり)


★★★★★★★★★★★★
今回は直接ストーリーに関わりが無いので省いたが、SGMの元隊員・日野と女性隊員・野村とのロマンスが織り込まれている。一年前にSGMを辞めて消息不明だった日野は、野村隊員と恋仲であったという設定。御手洗博士に認めてもらえなかった才能をインベーダーに認められて、悪用されることを薄々知りながらも、恋人よりも自分の夢の実現を優先した。

結果、利用されて殺害されてしまうという話だ。ウルトラセブン第29話『ひとりぼっちの地球人』を思い出す。ソガ隊員とそのフィアンセが発端となって展開する話で、城南大学の天才科学者・一之宮が、丹羽教授に化けたプロテ星人に、優秀な才能を悪用されてしまうという話に似ている。

信頼できる、良い宇宙人だと思いこんでいた(騙されていたわけだ)が、悪用されたことを知り、地球を守るために教授と共に命を絶つ一之宮と違い、悪事に利用されることは解っていながらも自分の欲望を優先した日野は、人間的には許せない人物だ。あわれなその男を想っているような野村隊員の悲しそうな横顔のアップで、番組は終わる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

戦え!ぼくらのミラーマン(6) [ミラーマン]

《第13話 笛を吹く魔女》
監修;円谷 一 
脚本;山浦弘靖 
特殊技術;高野宏一
監督;黒田義之

◆国際地球防衛会議が開かれる日の前々夜、車に乗っていた京太郎の前を、赤いマントをまとった笛を吹く女が立ちふさがった。笛を吹く謎の女は、UFOが差し向けたインベーダーだった。御手洗博士の娘の朝子の後輩・松本絢子に成りすまし、朝子が指揮する鼓笛隊に入隊していた。

国際地球防衛会議は、世界の頭脳が一同に会して、インベーダーの地球侵略の対策を練るための会議であった。その会議のセレモニーに、朝子の率いる鼓笛隊が出演することになっていた。鼓笛隊の取材をしていた京太郎は、昨夜見た謎の女に似た人物が鼓笛隊の中にいることに気付いた。

京太郎は朝子に、その人物が確かに後輩に間違いないかを尋ねた。それでも納得のいかない京太郎は、後輩の松本絢子について調査してほしいと朝子に頼むが、京太郎のことが気になる朝子は、逆に嫉妬してそれを断る。

京太郎が見た謎の女のことを話して、絢子がその女に似ていることを告げると、朝子は協力を申し出た。だがインベーダーの絢子は朝子を自宅に呼び寄せて、催眠術をかけてしまう。催眠術をかけた者達を笛の音で自由に操るインベーダーの絢子は、鼓笛隊の全隊員にすでに催眠術をかけていた。

目的は、国際会議に集まる地球の頭脳を殺害すること。セレモニーに出演した朝子の鼓笛隊が午前10時に会議場に突入して、会議室で爆弾を爆発させる計画であった。朝子の役割は、SGMから会議室の場所の図面を盗み見ることであった。会議の前夜、絢子が突然笛を吹きながら御手洗家に現れた。

寝ていた朝子が寝間着姿のまま外出しようとするところを見た京太郎は、朝子の様子がおかしいことに気付き、朝子の後をつける。すると絢子の家へ入って行くところを目撃した京太郎は、SGMへ連絡することを躊躇し、自分一人で事件を解決しようと考える。その訳は、御手洗博士にSGMへの入隊を断られたからだ。
『僕には僕の、やり方があるからな!』

笛で朝子や他の鼓笛隊員を自宅に招集し、爆弾作戦の指示をする絢子。京太郎はその場へ突入すると絢子と対峙するが、逆に笛で操られた朝子と鼓笛隊員たちに囲まれてしまう。

捕まった京太郎は、十字架の磔にされてしまう。決行の午前10時まで、あと少ししかない。京太郎は自分に言い聞かせる。
『最後の最後まで、頑張るんだ』

謎の女絢子は巨大化すると、ロボット怪獣ノアに変身した。間一髪、磔柱からの脱出に成功した京太郎は、ミラーマンへ変身する。鼓笛隊の演奏の終了まで、あと少ししかない。それが終わった時、朝子が先頭を切って会議場爆破を決行してしまう。時間が無い。焦るミラーマン。スライサーVを放つが、跳ね返されてしまう。

逆にノアは、ミラーマンのジャンプを空中でストップさせる光線を出した。身動きできないミラーマンは、ミサイル攻撃を受けて気を失う。ノアがストップ光線を解除すると、地面に叩きつけられるミラーマン。間もなく10時だ。時間が無い。最後の必殺シルバークロスがノアの胴体に炸裂すると、大爆発を起して粉々になるロボット怪獣ノア。

10時を過ぎて、朝子たちは会場へ乱入、警備員たちを振り切って目的の会議室へと近づいていた。しかしSGMは機転を利かせて、会議室を他の場所へ変更していた。SGMのメンバーに取り押さえられる朝子。朝子の耳から受信機が落ちると気を失う朝子。インベーダーの爆弾計画は失敗に終わった。

御手洗博士がSGM入隊のことで京太郎に話をしようとすると、そのことはまだ早いことが解ったと、自分の至らなさ・未熟さを自覚する京太郎だった。  (終わり)


★★★★★★★★★★★★
今回の物語には、二つのストーリーがある。ひとつはインベーダーの女による、鼓笛隊員を使った国際会議襲撃計画、もう一つは鏡京太郎のSGM入隊の件である。京太郎は御手洗博士に知力・体力・行動力は合格だが、精神力が不合格だと指摘される。

己一人で苦境を乗り切る力と、チャンスにあっても独走せず仲間と一致協力すること。御手洗博士は、京太郎がこの点でSGM隊員のレベルに劣ると指摘する。博士の真意は、どこにあるのか?超人としての力を過信しているということなのか。どうも、そのようだ。

ドラマでも自分一人で行動してしまっている。朝子の後をつけてインベーダーのアジトへ行ったあの時、SGMへ連絡していれば、犯人を一網打尽にできたかもしれない。最初から謎の女の存在が解っていながら、何の手も打てない国際会議。

朝子の行動について、京太郎がもっとSGMと連絡を密にしていれば、鼓笛隊を廃するなどの手は打てたはずだ。京太郎の個人行動が会議場突入を許してしまったことは、否めない。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

戦え!ぼくらのミラーマン(7) [ミラーマン]

《第14話 キングザイガーを倒せ!》
監修;円谷 一 
脚本;山浦弘靖 
特殊技術;高野宏一 
監督;黒田義之

◆ある夜、鏡京太郎が寝ていると、父の形見のペンダントから、父の声が聞こえてくる。
『インベーダーが、恐るべき宇宙最強の怪獣キングザイガーを、地球に送りこもうとしている。だが地球人と協力して戦えば、倒すチャンスは必ずある。それを忘れるな』

京太郎の父は、2次元人ミラーマンだ。インベーダーの罠にハマって命を落とした父の
警告を、京太郎は軽く受け流した。翌朝、御手洗博士にそのことを報告した京太郎。
『先生、必ず勝ってみせます』

それは根拠のない自信だった。今までの自分の戦いぶりから来るおごりであった。

その頃SGMでは、那須嶽に隕石らしい物体が落下したことをキャッチしていた。また、那須嶽にある気象観測所との交信が朝から途絶えていた。SGMはさっそく現地調査に向かったが、京太郎は御手洗博士に無断で、村上チーフと藤本に同行した。

京太郎の部屋に置き手紙があった。御手洗朝子がそれを見つけて、父に見せる。御手洗博士は、京太郎から「父からの警告」の話を受けたときの血気にはやる姿に不安を持っていたが、それが当たってしまった。
『困ったやつだ』

那須嶽の観測所の中は荒らされ、村上チーフら三人は大量の血痕を見つける。噴火口の方から、咆哮(ほうこう)が聞こえてくる。三人は火口付近に近づいてみると、怪獣が動いていた。観測所まで戻ろうとすると、インベーダー達が行く手をさえぎった。

京太郎は父の警告を無視して、ひとりでこの怪獣を倒そうと焦っていた。ひとり火口へ降りて、自分が持ってきたカメラのレンズに向かい、ミラーアクションを起こす。
『ミラー・スパーク!』

噴火口のすぐ横で、キングザイガーとミラーマンが対峙している。キングザイガーの口から出す白色光線をよけると、ミラーマンはミラーナイフを投げて応戦する。ミラーナイフを受けてよろめき、そのまま倒れ込むキングザイガー。動かなくなったことでスキをみせたミラーマンの背後から、白色光線を浴びせるキングザイガー。

形勢逆転されたミラーマンは得意の光線技を連発するが、すべて跳ね返されてしまう。必殺技シルバークロスですらも効かない。キングザイガーが恐るべき宇宙怪獣であることに、京太郎は今ようやく気が付いた。が、すでに遅すぎた。

京太郎の心に恐怖が襲いかかる。キングザイガーと組みあった次の瞬間、口から出した緑色の液体をミラーマンは両目に浴びてしまう。
『め、目が・・・目がみえない』

一方村上チーフと藤本は、インベーダー達に襲われながらも、観測所近くのヘリコプター着地点まで逃げ戻ってきていた。しかしヘリは目前で爆破されてしまい、二人は彼らに囲まれてしまう。

多勢に無勢、不利な状況ではあったが、インベーダー達を蹴散らし、村上チーフはなんとか観測所へたどり着き、そこの無線を使ってSGM本部と連絡を取ることができた。藤本は京太郎を探しに、再び火口付近まで下りて行った。

火口近くでうずくまっている京太郎を、藤本はロープを輪にして引き揚げる。京太郎は観測所で応急処置を受けたが、失明の危険が迫っていた。御手洗博士の尽力により、キングザイガーの狙いをほぼ解明していた。那須嶽を通る火山帯は、日本のすべての火山に通じている。

那須嶽を噴火させて日本の火山を刺激し、あちこちで地震や火山活動を誘発させる目的らしい。京太郎は、自分の行いを後悔していた。ミラーマンとしてのおごりが、地球人と協力せよという父の忠告を無視したことが、視力を失うことになって自業自得だと思った。

突然、インベーダーが観測所を襲撃してきた。チーフや藤本が他でインベーダーと闘っている時、京太郎の背後から迫るインベーダーがいた。その男がナイフで襲いかかろうとした時に、足元のイスを蹴ったことで相手の位置が判った京太郎は、とっさに銃をその方向へ発射した。
『そうだ。音を聞き分ければ相手の動きが判る』

京太郎は鏡の破片を探すと、覚悟を決めてミラーマンに変身した。火口に置いてきたカメラのレンズからミラーマンが飛び出してきた。必死にキングザイガーの足音を聞き分けようとするミラーマンだったが、キングザイガーもその作戦に気が付いたのか、火口壁に破壊光線を当てて岩を崩し、足音を誤魔化そうとした。

そのとき、火口の淵からこの戦いを見ていた村上チーフと藤本は、援護射撃をキングザイガーの頭に発射、その音でキングザイガーのいる場所が判ったミラーマンは、瞬時にディフェンスミラーを張って相手の破壊光線を跳ね返してしまう。

跳ね返ってきた自分の光線を浴びてひるんだキングザイガーに、必殺技シルバークロスでミラーマンはとどめを刺した。数日後、京太郎の目はみんなの顔が見えるまでに回復したが、ひとり御手洗博士だけは晴れない顔であった。   (終わり)


★★★★★★★★★★★★
今回は、ものすごく濃い内容である。目を離す暇がなく、余分なシーンもほとんどない。ミラーマンの心の成長の話であると同時に、超人だけでは勝てない、チームワークの大切さを教える話でもある。ドラマが始まって8分後には、もう怪獣キングザイガーが出現している。

知力も体力もあり、超人の必殺技(シルバークロス)であっても、元気な時のキングザイガーには効力がない。
ミラーマン・京太郎の血気にはやる無謀さが、逆に自分を窮地に追い込むことになった今話。御手洗博士や父の教えを聞かず、このようなことになるのは、ミラーマンであることのおごりがそうさせる。

どんな事にも、上には上がいるものなのだ。最後のシーンで、シーン的には「京太郎の両目の回復おめでとう」なのだが、御手洗博士の表情だけは、『無事に生還できたからよかったようなものの、このバカ者が!』とでも言っているかのように、筆者には思えた。この後のミラーマン・京太郎の戦いぶりがどう変化するか、楽しみである。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

戦え!ぼくらのミラーマン(8) [ミラーマン]

《第18話 生きかえった恐竜アロザ》
監修;円谷 一
脚本;安藤豊弘
特殊技術;高野宏一 
監督;鈴木俊継

◆ある夜、謎の恐竜が東京湾埋め立て地に出現、SGMは直ちに出動した。恐竜に対し、航空防衛隊の戦闘機がミサイル攻撃を仕掛けるが、口から赤い光線を吐き出して、戦闘機は撃墜されてしまった。京太郎も現場へ出掛けると、車のヘッドライトを使ってミラーマンに変身した。

だが優勢に闘いを進めていたのは、恐竜アロザの方だった。ミラーマンの光線技が効かない。目を狙って投げたミラーナイフを吸収して、すぐに破壊光線に変えてアロザの目か発射した。その強力な破壊光線は、ディフェンスミラーを突き破り、ミラーマンの身体に直に当たってしまう。

自分の力の無さに大きなショックを受けたミラーマンは、敗退して逃げ出してしまう。恐竜アロザは悠々と東京湾の海底へと、沈んで行った。翌朝、国立博物館に展示されていた古代恐竜の骨格模型が、何者かの手によって盗まれていたことが判った。

盗まれた恐竜の骨格は、SGMによって肉付け想像図が作成されて、東京湾に現れた恐竜と比較した結果、とてもよく似ていることが確認された。インベーダーが宇宙生物を使って恐竜の骨格を蘇らせたものと、御手洗博士は推測した。

一方、京太郎は恐竜アロザに敗れたことがとてもショックで、自信を喪失していた。そして父の形見のペンダントに問いかけてみる。
『どうしたらいいんですか、お父さん』

だが父の形見は、何も答えてはくれなかった。某県の石黒崎にある防衛隊の「地下宇宙情報センター」に謎の移動物体が近づいていたが、突然消えた。どうやら、「地下宇宙情報センター」を破壊しようとしているらしいことを、SGMでは当りをつけていた。

話を聞いていた京太郎。自信を無くして旅に出ることにした京太郎の足は、自然と石黒崎へ向かっていた。石黒崎の海を見ている京太郎は、ここの猟師の老人とその孫タカシに出会っていた。闘いでアロザに敗れ、敵に立ち向かう勇気を失っている京太郎。老人は言う。
『猟師のことしかわからんが、この子にはどんな困難にも負けない、強い子になってもらいたいんじゃ』

SGMでは、恐竜とミラーマンが戦っていた現場付近で採取した、強力な光を発するガラスの破片を分析して、その結果が出ていた。これは「高物質ガラス」と言って光を圧縮して固体にしたもので、あの恐竜が圧縮された光エネルギーをレーザー光線に変えて、口から吐き出しているに違いないと、御手洗博士は推測する。

ミラーマンと闘った時に、目玉の一部がはがれ落ちたものだろうと思われた。夕暮れの石黒崎の海岸に、アロザが出現した。だが京太郎は、まだ自信を取り戻せずにいた。そのとき、あの老人がモリを持って恐竜に向かう姿を、京太郎は見つけた。

海を荒らした恐竜にモリでとどめを刺すんだと、きかない老人を京太郎は必死に止めた。だが、アロザの破壊光線で壊された岩の破片が直撃し、老人は大怪我を負ってしまう。その勇気ある行動をみた京太郎は、再び恐竜アロザに向かう勇気を取り戻し、ミラーマンに変身した。

夜の海の中で戦うミラーマンとアロザ。ミラーマンは、アロザの破壊光線を警戒しながら戦っていた。アロザの破壊光線の連射を左右それぞれの手が作る扇形のディフェンスミラーで防ぎながら、相手の目にミラーナイフを投げて視界をさえぎり、そのスキをついてシルバークロスを放った。

見事にアロザを仕留めることに成功したミラーマン。どんな時でも勇気を失ってはいけないことを、京太郎はあの老人に教えられたのだった。  (終わり)


★★★★★★★★★★★★
今回の恐竜アロザも、番組が始まって冒頭から破壊活動をしている、早々のお出ましである。強さを誇示するかのような現れ方である。ミラーマンの出現も開始から3分しか経ってない。アロザに、最強の必殺技シルバークロスが通用しなかったわけではないのに、なぜだか尻尾を巻いて逃げてしまうミラーマン。恐らくディフェンスミラーを破られて相手の破壊光線をモロに受けたことで、怖気(おじけ)づいてしまったことが敗因のように思える。

SGMの高物質ガラスの分析は、ミラーマンの戦闘にはなんら役に立っていない。恐竜アロザが、恐竜のくせにどうして破壊光線を吐くことができるのかという疑問には、答えた形ではあるが。

京太郎は父の形見のペンダントに語りかけるが、父は何も答えてくれなかった。前回のように、『人間と力を合わせよ』のような語り掛けは無かった。つまり今回は、京太郎ひとりで解決できたということである。この意味する所は大きい。ミラーマンは精神面に置いてひ弱なイメージがあるが、それを一つひとつクリアしていくようになっていくのだろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ