So-net無料ブログ作成
検索選択
宮内洋 ブログトップ
前の3件 | -

仮面ライダーV3~今だから言える27番目の秘密!(前編) [宮内洋]

V3やアオレンジャーなど、数々の石ノ森ヒーローを演じた宮内洋氏は、丹波哲郎氏の弟子として芸能界の門をたたく。デビュー作はキイハンター。アクションの神様と言われた千葉真一氏に師事した。当時撮影現場で見ていて思ったことは、とにかく映像に映ると千葉真一はカッコイイ。

現場ではそれほど感じないのに、映像で見るとカッコイイのは何故かと思っていたという。千葉真一の教えは『カメラレンズの後ろから見るという視点を意識して、アクションをしなさい』ということだった。撮影カメラと自分との位置関係が良いと、殴る・蹴るのアクションがカッコよく見えるというのだ。この教えが、ライダーV3の撮影で大いに生かされたという。


★★★宮内洋インタビュー★★★

アナウンサー;
「改めてお聞きしたいんですが、あれはブイスリァ~ですよね?

宮内氏;
「最初はブイスリィ~だったんですが、気持ちの面と、それから途中からですが、ブイスリィの部分にエコーがかかるようになって、リィという発音にエコーがかかるよりも、アーにかかる方がきれいに聞こえるんですよ。それで自然と、『ブイスリァ~』になっちゃったんですよね(笑)

アナウンサー;
「敵にやられたときのメイクなんかも、かなり研究されたんじゃないですか?」

宮内氏;
「ずいぶん局の方から怒られましたね、ヒーローは顔を汚してはいけないと。言われたんですけど、それに反発して、女の子がつけまつ毛を付ける時に使うノリを目の下に付けて目を半分くらい潰しましてね。

殴られて腫れたような感じに見せたり、口の中に含みワタというのを入れて腫れたように見せたり、結局やられやられて、やられていかないと変身につながらないんです。宮内が言っている『やられの美学』というのが、ここで出てくるんですけどね」

アナウンサー;
「V3に変身した後も風見志郎の人格でライダーは演じなくてはならないですが、その辺はスーツアクターの方と打ち合わせは、綿密にすり合わせが必要だったんですよね」

宮内氏;
「スーツアクターは大野剣友会の中屋敷鉄也さんだったんですが、暇さえあれば台本を持ってきまして、彼がV3のセリフを言うんです。

V3の言うセリフを全部覚えて、この間(ま)でいいんでしょうかとか、こういう動きでいいんでしょうかという風に、あとで僕が動きに合わせてアフレコ(後から映像にV3の声を当てること)しやすいように全部綿密に打ち合わせに来てくれました。

そういうことがとてもうれしくて、撮影が終わるまでスーツアクターの人達と一緒に現場にいましたね。そういうものが以心伝心で全部伝わって、作品の中にも出てくると思います」

アナウンサー;
「そういった努力が、風見志郎がV3になった後もスムーズにみられることにつながるんですね。あと、当時はCGが無いから、アクションは全部実際にやらないといけなかったんですね」

宮内氏;
「スタントマンは、ビルの3階からでも平気で飛び降りましたからね。3階建てのビルにジャンプするシーンは、実際に飛び降りたフィルムを逆回転させて、下から『トォーッ!』って。そこにセリフがかぶる場合は逆回転を考えて、例えば『おのれ!』は、『れのお!』って言ってからアクションするんです。そういった苦労がありましたね・・・」 (つづく)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

仮面ライダーV3~今だから言える27番目の秘密!(中編) [宮内洋]

赤い 赤い 赤い仮面のV3
ダブルタイフーン 命のベルト
力と技の風車が回る・・・


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
(前回からのつづき)
宮内氏;
「ボクの初めてのカットは、第1話でハサミジャガーの変身である教会の牧師さんに向かってセリフを言ったあと、ナナハンバイクで走り去るというカットなんです。撮影前『テスト、用意スタート』って言ったあと、バイクをブゥーンってやったら、ドーンと倒してしまいましてね。

ガソリンタンクはへこむわ、ミラーは壊れるわ、ステップの部分は折れるわで・・・。スタッフから『おいおい今度の主役、大丈夫かよ!』って声が聞こえてきまして。『なにっ』ってことで、現場から現場を移動する間を僕はそのバイクに乗ってロケバスの後を追いかけながら移動しましてね。

バイクを自分の身体の一部にしてしまったと。本当は事故の可能性があるんでいけないことなんですが、監督さんに許可を取ってそうしました」

アナウンサー;
「番組後半になってくると、バイク上で変身することもなさってますね」

宮内氏;
「バイクに乗りながらの変身ポーズは、実際に走っていて本人がやっているのが分るように、最初は顔をアップに撮っておいてもらって、変身するときにカメラを引いてもらうと車輪まで全部映るというふうにね。カーブの所で斜めになりながら、ななめ変身とか。そんなこともやりましたね」

アナウンサー;
「体当たりで命張ってやっていらっしゃるなってことが、よくわかりますよね。だから迫力があるので見ちゃうんですね。これは脚本を読んでるんじゃない、ホントに戦ってるって思えちゃうんですよね」

アナウンサー;
「風見志郎は、やっぱりヒーローなんですよね。宮内さんは、ファンの前では常に風見志郎でいようとしたと伺ってますが・・・」

宮内氏;
「風見志郎というよりも、つねにヒーローでいようということですね。子供の目というものは絶対に欺けないし、いつも真剣になって見ているんですね。ボクが一番豪語しているのは『ヒーロー番組は、教育番組である』ということを前面に出しているんです。

真剣にテレビを見ている子供たちに絶対ウソはつけないし、常にそういった部分でヒーローであろうとしたし、正義とは何ぞやということを解ってほしいよということで、番組作りに取り組んできましたね」   (つづく)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

仮面ライダーV3~今だから言える27番目の秘密!(後編) [宮内洋]

仮面ライダーの原作者・石ノ森章太郎氏はメディアによる対象年齢の違いということを意識していたという。テレビは小さい子供たちも見るからその子たちが楽しめるように、漫画を読むというのはもう少し上の年代の子だから、その子たちにはよりメッセージ性のあるものを、という考えがあったそうだ。

仮面ライダーの漫画版とテレビ版では内容が全く違うのは、そのためであるという。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
(前回からのつづき)
アナウンサー;
「最終話近くで、デストロンが打ち上げたプルトンロケットをライダーマンが操縦して自爆し東京を救うシーンで、V3は仮面ライダー4号の称号を贈るわけですが、宮内さんはあのシーンをより効果的に撮るために、時間帯を待って撮ったそうですが・・・」

宮内;
「最終話の1つ前の回で、V3の姿で『仮面ライダー4号の名を送るぞ!』って言ってるんですけど、それは明るい陽のあるデイシーンの撮影なんですね。それで最終話で『結城はどうしたっ?』ておやっさんに訊かれて、『おやっさん、おれは結城に、仮面ライダー4号の名を送った』というセリフをいうんですが、

これはどうしても明るいうちじゃ無くって、全体的に夕景といいましょうか、そういった背景で言いたいセリフなんで、このシーンだけはその時に撮ってくださいってお願いしました」

アナウンサー;
「ライダーマンというのは途中から出てきたキャラクターなんですが、ライダーが二人になって、演じる上で何か気をつけた所とか意識されたような所はありますか?」

宮内氏;
「最初は敵でした。それが味方になったわけですが、それまで敵同士の時はロケ弁(撮影現場で出る弁当)は一緒に食べなかったです。普通の日常会話もしません。朝の挨拶『おはようございます』と、終わったら『お疲れ様』、それ以外の余計な会話は一切無かったですね。

それで結城(ライダーマン)と友情が結ばれてから、向かい合って一緒にロケ弁当食べましたけど(笑)。やはり目とか演技に何かが出てしまうんですね。だから敵対している関係の時にはなるべく近づかない様に、そこまで入れ込んでいましたね」

アナウンサー;
「それはどちらかが言い出したというんではなく、自然とそうなったと・・・」

宮内氏;
「ボクがそういう風にしていたら彼も来なかったのか、彼もそう考えていたのか、その辺はわかりませんが。お互いにそんな感じにしてましたね」

アナウンサー;
「石ノ森ヒーローを演じてみて、俳優としての演技の幅は広がったでしょうか?」

宮内氏;
「4年間で4本やったわけですね。一番初めにやった風見志郎と二番にやった新命明(アオレンジャー)の違いをどう出すのか。新命明と早川健(ズバット)の違いをどう出すのか。早川健と番場壮吉(ジャッカー電撃隊・ビッグワン)、立て続けにずっと来て、そのキャラクターを全部変えなくちゃいけない。

自分の頭の中で考えたことは、まず年齢の差を作りました。それと敵に対する向い方。風見志郎は、とにかく真っ直ぐに向っていく青年。風見志郎は相手と戦う時は腰を低く構えているし、新命明は少し腰が上がってくる、

早川健はギターを持ったまま『どこからでも掛って来いよオイ』って感じ、ビッグワンになるとキザに『おいでどこからでもっ』ていう風に、年齢と雰囲気を変えていかないとだめだなと。

ゴレンジャーをやるときに石ノ森先生の事務所に行きまして、アカレンジャーとアオレンジャーはどういう使い分けをするのかという質問をしまして。ヒントをいただきましたのは、アカレンジャーは宮本武蔵だと。アオレンジャーは佐々木小次郎だと。

一応隊長はアカレンジャーだけれども、地位の差を作らずケンカしない程度にすれば、うまくいくんじゃないかと。今までヒーローはひとりだったですが、ゴレンジャーは5人ですから。歌舞伎の白波五人男から発想されたそうですが、地位の差を作らずに武蔵・小次郎のような関係でやれば、すんなりいけるんじゃないかと。

先生からそれを聞いて受けたのがアオレンジャー役ですし、風見志郎との違いは腰の位置と目線の違いを考えて演じました」

宮内氏;
「V3は仮面ライダー1号2号のバッタのキャラクターに対して、極端に色が違います。初めてご覧になった皆さんは、ビックリなさったと思いますが。のちに先生に伺いましたら、幼稚園の先生方にお話を伺ったら、子供たちが一番早く無くなるクレヨンの色、アカとグリーンとシロだそうです」

アナウンサー;
「あっ、V3を描くから・・・」

宮内氏;
V3を描くからじゃ無いですよ。そういった色が早く無くなるから、それを使ってV3をデザインしたんですよ。だから1号2号ライダーとは、まったく色が違うんだよと(先生が仰ってました)。偉大な方ですね」
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の3件 | - 宮内洋 ブログトップ