So-net無料ブログ作成
検索選択

実相寺監督と怪獣の声の作り方(1) [実相寺監督]

音の要素は、特撮モノの場合、大変重要だ。特撮モノでは現実に見ることが出来ない世界が描かれると同時に、普段は聞くことが出来ない音響が用意されなければならない。その音が、ドラマの現実感や異次元のような場所の雰囲気を創り上げるのだから、担当者は大変である。怪獣の性格も、音によって決まるといってもいいだろう。

小森護雄氏はウルトラシリーズで音響効果を数多く担当した方であるが、このいわゆる空想SF物は普段耳にしない音を作り、且つそれがドラマとして納得のいくような流れを作るようにしないといけないから、面白い作業ではあるが、ひどく難しいと言っている。

実相寺監督は円谷プロの仕事で小森氏の作る音に出会ってから、たくさんの実相寺作品(劇場用映画からコマーシャルに至るまで)に、小森氏の音響効果技術のお世話になったそうだ。

小森氏によると、ウルトラシリーズで一番苦心したことは、怪獣の大きさや重さを音で表すことだったという。たんに重々しい、低くズッシリとくる音を探せばいいというものでは無く、やたらエコーを効かせて引き延ばした音がイイというのでもなく、怪獣の特徴に見合って、自然に発生しているような音付けにするのが、大変だったようだ。

小森氏;
「とにかく、想像の産物に音を付けて命を与えるわけですから、これという正解に対して答えを出していくのとは違い、いろんな音が考えられるので大変でしたね。まずラッシュ(編集作業の完了して無い映画フィルム)を見て、怪獣の動きなり習性を知ってから、思いつくまでが悩みの最たるものです。ハッとひらめく時もあれば、いくら考えても浮かばない時もある。

怪獣の場合、吠え声というか鳴き声から決めていくんですが、何でこんなバカなことで苦しむんだろうって、ふと思う時もありました。でも怪獣の声ひとつに夢中になれるっていうのは、幸せなんでしょうねぇ」

怪獣の声と一口に言っても、単純に一つ思いつけば終わりという訳では無い。怪獣に感情があるかどうかは別にしても、ある種の感情表現に適した変化をすべて用意しなければならない。うれしい時、悲しい時、痛い時、怒っている時などなど。それに加えて、吐息や寝息なども要求されることがある。

さらには行動する時の足音、風切り音、身体の筋肉や甲羅から発するきしみ音、うなり声なども。怪獣は、ドラマの設定上戦う習性を持っているから、その武器となる光線や吐き出す炎などにも、特別の音を考えなければならない。

小森氏;
「効果の先輩から、面白い話を聞きましたよ。やはり、怪獣の声を作らなきゃならないのに、何日かかっても、なかなか自分で納得するものが作れない。早く決めなきゃならないのに、焦ればあせるほど堂々巡りみたいになって、音が浮かばなかったそうです。思いつく限りのもので音を作っても、これで決定というものが出来ない。

家へ帰るのも毎日夜中で、絶えず怪獣の声のことばかり考えてるから、時には自分でも怪獣のようにうなったりして、奥さんも近寄らなかったらしいですよ(笑)そんな状態で、夜中に風呂に入っていたら、ついウトウトして滑りそうになったらしいです。

とっさに支えるものも無く、爪で曇りガラスを引っ掻いたら、その音がピーンと来たそうです。『これだ、これを怪獣の声にしよう!』ってひらめいて、裸のまま録音機を取りに行ったそうですよ(笑)」

実相寺監督;
「それでも、自分で納得して作った音が監督のイメージと違うからといって、キャンセルになることは無いの?」

小森氏;
「打ち合わせで方向は決めてあるから、そういうことはあまり・・・。ごくまれにありましたかね」

実相寺監督
「音って聴く人によって受け取られ方が違うから、意見が分かれたらどうするの?」

小森氏;
「音を作る自分を納得させられる音ならば、100パーセント近くクレームが付くことは無かったですね。時間切れで納得できないまま提出した音なんかは、監督はじめとして、周囲を納得させることはできませんでしたね」

実相寺監督;
「もしキャンセルが出たら、作り直すわけ?」

小森氏;
「そうです。一から作り直し。キャンセルされた音を何とか活かそうと考えても、結局は同じ。再出発の方がいいんです」

実相寺監督;
「自分の作った怪獣の声で、一番印象に残っているものを聞かせてよ」

小森氏;
「豚の声かな! 怪獣の声に、本物のブタの声を加工して使ったことがあるんですよ。『帰ってきたウルトラマン』の『タッコング大逆襲』の時だったけど、豚の声を録音するのがたいへんで。半日以上養豚場の中で、いろんなブタの声を録って。

ブタの声を収録したテープの回転を変えたり、一つの声を重ね合わせたりして、怪獣の大きさが判るような音を作っていったんです。音響効果を料理に例えると、素材も大切だけれど、調理の仕方も肝心ということです」  (つづく)


★★★★★★★★★★★★
怪獣の声は誰も聞いたことが無いのだから、それを作るというのは至難のワザだろう。作る人のセンスが問われる仕事といってもいい。事前に監督との打ち合わせがあるとはいえ、怪獣の姿・形をデザインするセンスとは違い、また別の意味で困難を極める作業であろう。今度の怪獣タッコングは、「キーガーギッ」でいきましょう、などとやるのだろうか?

バルタン星人は男性の笑い声だし、ジャミラは赤ん坊の泣き声だということは、声の雰囲気で分かる。元になる素材を生かしているからである。ゴモラとかキーラなら加工を施してあるだろうから、元の素材が全然わからない。
M78星雲の宇宙人(実際にはいないから [笑])の声だって聞いたことが無いのだから、「これでいい」と決定するまでには、大変なご苦労があったと思う。「シュワッキュ!」ご存じウルトラマンの声だ。この発声に決まるまでの道のりを、知りたいと思う。「エイッ」「トリャー」「オオー」などから始まって、最終的にたどり着いたのが、「シュワッキュ!」。 それを声優の中曽根雅夫氏が演じたわけだ。果たしてどのようにイメージしたのだろうか?円谷一監督の才能の凄さの一面を、見た思いがする。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

実相寺監督と怪獣の声の作り方(2) [実相寺監督]

(前回からつづき)
小森氏;
「素材に使った音源は、特撮ものの場合、わざとその素材感を活かしたとき以外は、何から加工したり変質させたりしたか、おそらく視聴者には分からないでしょう。まぁ喜劇かパロディなら、
巨大な怪獣からブタの鳴き声が出ても面白いでしょうけど、ウルトラシリーズでそんなことをしたら、夢をぶち壊しちゃいますからね」

小森さんによれば、あまり特殊な音を作る手の内を明かしたくはないそうだが、実際にいる動物の声を加工変質させて使うことは、結構あるそうだ。人間の声を素材にしたこともかなりあったらしいが、その際には声を筒や箱に共鳴させたものを加工したことが多かったという。動物の声と人間の声を合成させて使ったことも、あったそうだ。

小森氏;
「とにかく音は、作っている過程をおろそかにしない事が大切ですね。自分の口を長い筒にあてて、うなったり、叫んだりして、筒の中で反響して変質する音を録る作業をする時も、予期せぬ偶然や計算外の出来事をとらえる姿勢が、肝心なんです。

音は結果を計算し得ないことが多いから、いろいろ試してみることが必要ですね。今例に出した筒のことでも、長さ、口径、素材で、全部響きが違う。唇の開き方、声の震わせ方ひとつで、全然ちがうものが出てくる。

ウルトラシリーズをやっている時は、街中を歩いているときでも、耳に飛び込んでくる音には、いつも注意を払っていましたね。これから怪獣の声を作ってみようかなという人には、身の回りにあるすべてが素材に成り得るってことを言っておきたいですね。音響を志すってことについては、他に特別な勉強は何も無いです」

小森氏が明かしてくれたものとしては、楽器を使って素材となる音を作ったり、鉄工場で、さまざまな鉄くずを切断したり溶接したりしてもらい、素材音を作ったこともあったという。

小森氏;
「摩擦(まさつ)音を怪獣の声に使ったことは、多かったですよ。鉄板や石板、コンクリートなど、こするものもいろいろ変えてみるんです。監督の『恐怖の宇宙線』でしょう、先輩の人が子ガヴァドンの足音に、紙かガラスに太いマジック・インキがこすれる音を使ったのは。良い効果でしたよねぇ。『こする』というのはひょっとすると、特撮の音の基本かもしれませんね!」

テレビの特撮シリーズの場合、音響効果担当者が一番大変な時は、スケジュールが押してきた時だそうだ。

小森氏;
「特撮は撮影がたいへんだから、ダビングの時に合成が間に合わないことがあるでしょう。そのとき、音のきっかけをデルマ(*)で書いたもので音付けをしたりすると、ズレちゃったりしてね。
(*)デルマトグラフという特殊な鉛筆のこと

それから、光線を発射する場面で、実際に画面を見られずに、口で説明を聞いた感じだけで音を作ってしまうこともあったんです。ダビングも終わって、最初のプリントで完成したものを見ると、画の感じと音のイメージがピッタリしてない、なんてこともありました。この画なら、もっとちがう音を付けたのに!って文句を言ったこともありましたよ」

特撮では、とにかく画が挙がらなければというのが優先してしまうため、音の作業にしわ寄せが行ってしまうのだ。スタッフの中で割を食うのは、いつも音響関係の人達だった。

実相寺監督;
「特撮ものをやっていて、当時はバカにしていたものが、十数年経つと先端のフォルムだったりすることがある。ウルトラマンのビートル機はずんぐりしていて、当時の空想ものの中では少しバカにされていた。でもスペースシャトルが出現すると、『ああ、デザイナーには先見の明があったんだなぁ!』って、やっとわかる」

小森氏;
「音でもそうなんです。ウルトラシリーズのいろんな本部の電話の音なんかは、『頼りない囁き(ささやき)のようだ』って批判されていたんです。当時はけたたましいダイヤル式が、全盛の時代でしたからね。でも20数年たってみると、本部で鳴っていた音が時代を先取りしていたってことが判るでしょう。こんな事ひとつ取り上げてみても、ウルトラシリーズが長続きして、皆に見られている理由があると思いますね」

まったくその通りだと思う。ウルトラマンをはじめとする当時の円谷プロが作り上げたものが、30年以上たった現在でも、ひろく世代を超えて親しまれていることの一端は、すべての部門に小森さんのような職人がいたからであろう。ウルトラの人気の秘密は、スタッフたちが自分のために夢を見ることに一生懸命だったから、それが子供たちのためでもあったということなのだろう。(おわり)


★★★★★★★★★★★★
このブログを書くにあたって、引用している資料の文章で分からない用語があると読んでいてもつまらないので、できるだけ調べて注釈するようにしている。今回は『デルマ』という用語の意味がよく分からないので、調べて注釈をした。
もう少し詳しく書くと、このデルマトグラフという鉛筆は、本来は皮などに書くために使われていたらしいが、映画のフィルムに直に書き込んだりするのに適しているようなので、映画業界ではよく使われていたようである。『フィルムに直に書き込む』とは、音楽やセリフなどをダビングする際に、その出だしの場所がわかるようにフィルムに印を付けたりするのだが、この印のことを『デルマ』と言っていた。今では、ビデオやデジタル映像になってしまったので、このデルマにお目にかかることはなくなってしまったそうである。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

実相寺監督とロケ撮影・セット撮影 [実相寺監督]

『怪奇大作戦』の『恐怖の電話』の回で、電話から流れる怪音波を調べるために、無響室でテストをするシーンがあった。その無響室の撮影を、川崎市の日本コロムビア工場内にある実際の無響室をお借りして、行うことが出来た。そこの撮影はスケジュールの早いうちに組まれていたが、外すわけにはいかないので、すぐに消化した。借用するロケ場所の都合によって、撮影スケジュールは決まってくることも多い。

このときは同じ『怪奇大作戦』の『死神の子守唄』との二本持ちだったので、コロムビアのロケを済ませてから、川をへだてた蒲田へ移動して病院のシーンを撮影した。ロケ場所は大森西6丁目の東邦大学付属病院である。当時撮影させてもらった病棟や裏庭は、もう残っていない。

喜ぶべきことか悲しむべきことかは分からないが、セットでわざわざ撮影したものを、ロケと思われることもたまにある。こういう場合の監督の気持ちは、ちょっぴり複雑だ。その反対に、せっかくロケをしたのに、セットと思われるケースもある。

セットをロケと間違われた最たるものは、ウルトラセブンの『第四惑星の悪夢』の際のロボット長官の部屋である。TBS局舎の廊下で撮影したものだろうと、言われたものだ。見直してみると、確かにそう取られても無理はない。

最近ではもう面倒くさいから、TBSかと聞かれると、『あの廊下で随分苦労したんだ』といいかげんに答えることにしている。でもあのシーンは、セットなのである。撮影の仕方が悪かったのだろうと反省している。

逆の例として、『ウルトラQザ・ムービー 星の伝説』で、宇宙人の女と放送記者が竹藪で遭遇する場面があげられる。実際の竹林にエリスポット(*)を何十個も埋めて、フォッグメーカーでビームを際立たせて撮影したものだ。『おまえ、ずいぶん贅沢なセットをこしらえたなあ。相当お金もかかっただろう?』映画を観た後に、監督とデザイナーに向かってこう言った者がいた。

ふたりとも絶句、ロケの苦労報われずである。その竹林は、川崎市の王禅寺に現在でも残っている。『ウルトラQザ・ムービー 星の伝説』はオール・ロケの作品で、ステージ(舞台)を使ったのは、特撮班だけである。

最近は美術費の高騰からなかなかセットを組むことが出来ず、(せっかくお金をかけて作ったのに)セットをロケと思われると、寂しい気持ちになる。昔は現実の空間で撮影することにすごく意味を感じていたが、近ごろは、セット撮影に入れることに無上の光栄を覚えるようになった。時代の変化かもしれない。
(*)投光器。部分的に正確な照明ができる特徴をもつ

『ウルトラマン』の時は本編でセットを組むことはあまりなく、監督の撮った6話のうちでセットを組んだのは、『怪獣墓場』ロケット発射センターくらいであった。特撮のセットに大わらわで、本編の方はレギュラーセット以外は、ステージを使うことはほとんどなかった。レギュラーセットは科特隊本部、ビートル操縦席まわりが、主なものだ。

セットが増えてきたのは『ウルトラセブン』からで、『狙われた街』メトロン星人のアパート、『第四惑星の悪夢』の先に書いた長官室、『円盤がきた』星を見るのが生きがいの青年のアパートなどである。『怪奇大作戦』になると、『恐怖の電話』の親子が住む洋館など、セットが増えてくる。

京都で撮影した二本は、時代劇用に組まれていたものを利用している。また、京都府警に見立てたのは京都映画の制作部の部屋で、仏像を愛する美弥子とSRIの牧(岸田森氏)が出会ったのは、京都映画の衣装部を仏像修復所に飾り変えたものだった。

平成ウルトラシリーズでほとんどをセットで撮ったのは『ウルトラマンティガ』の「花」の回で、天候に恵まれず花見の情景を撮ることが出来ず、すべてセットで消化することにしたのだ。これが怪我の功名で、人工の桜林の雰囲気が、池谷仙克氏の手によって独特の味をかもしだしたのである。

『ウルトラマンダイナ』の第38話「怪獣戯曲」では、夢想する戯曲家の邸宅内部を、大きなしっかりしたセットで組むことが出来た。デザイナーの内田哲也氏のおかげである。(おわり)


★★★★★★★★★★★★
実相寺監督が担当した回の撮影では、セットよりもロケを多く使ったようである。今ではロケをしたくてももう出来ない、消えてしまった建物や場所はたくさんあるが、たとえ現存していても、今では許可が下りないだろうと思われるような場所もけっこうあるという。その一番良い例が、大手町の経団連会館だそうだ。当時は今ほど、警備が厳しくはなかったのかもしれない。ここ経団連会館ビルの屋上を科特隊本部屋上に想定して、アンヌ隊員とハヤタを乗せたビートル機が、地底人とテレスドンの事件を解決したあとに、パリ本部へ向けて出発するシーンを撮影したのであった。

以前に監督は夕陽を撮るのが好きだと書いたが、夕陽を撮るために一週間待つなど、時間や天候に左右されるのが、ロケの大変な所だろう。セットならスタジオ内に組めば天候には左右されないが、費用面で足が出てしまうこともあるだろうから、どちらの方法で行くかを選択するのは、思いのほか難しいことかもしれない。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ