So-net無料ブログ作成

実相寺監督と怪獣の声の作り方(2) [実相寺監督]

(前回からつづき)
小森氏;
「素材に使った音源は、特撮ものの場合、わざとその素材感を活かしたとき以外は、何から加工したり変質させたりしたか、おそらく視聴者には分からないでしょう。まぁ喜劇かパロディなら、
巨大な怪獣からブタの鳴き声が出ても面白いでしょうけど、ウルトラシリーズでそんなことをしたら、夢をぶち壊しちゃいますからね」

小森さんによれば、あまり特殊な音を作る手の内を明かしたくはないそうだが、実際にいる動物の声を加工変質させて使うことは、結構あるそうだ。人間の声を素材にしたこともかなりあったらしいが、その際には声を筒や箱に共鳴させたものを加工したことが多かったという。動物の声と人間の声を合成させて使ったことも、あったそうだ。

小森氏;
「とにかく音は、作っている過程をおろそかにしない事が大切ですね。自分の口を長い筒にあてて、うなったり、叫んだりして、筒の中で反響して変質する音を録る作業をする時も、予期せぬ偶然や計算外の出来事をとらえる姿勢が、肝心なんです。

音は結果を計算し得ないことが多いから、いろいろ試してみることが必要ですね。今例に出した筒のことでも、長さ、口径、素材で、全部響きが違う。唇の開き方、声の震わせ方ひとつで、全然ちがうものが出てくる。

ウルトラシリーズをやっている時は、街中を歩いているときでも、耳に飛び込んでくる音には、いつも注意を払っていましたね。これから怪獣の声を作ってみようかなという人には、身の回りにあるすべてが素材に成り得るってことを言っておきたいですね。音響を志すってことについては、他に特別な勉強は何も無いです」

小森氏が明かしてくれたものとしては、楽器を使って素材となる音を作ったり、鉄工場で、さまざまな鉄くずを切断したり溶接したりしてもらい、素材音を作ったこともあったという。

小森氏;
「摩擦(まさつ)音を怪獣の声に使ったことは、多かったですよ。鉄板や石板、コンクリートなど、こするものもいろいろ変えてみるんです。監督の『恐怖の宇宙線』でしょう、先輩の人が子ガヴァドンの足音に、紙かガラスに太いマジック・インキがこすれる音を使ったのは。良い効果でしたよねぇ。『こする』というのはひょっとすると、特撮の音の基本かもしれませんね!」

テレビの特撮シリーズの場合、音響効果担当者が一番大変な時は、スケジュールが押してきた時だそうだ。

小森氏;
「特撮は撮影がたいへんだから、ダビングの時に合成が間に合わないことがあるでしょう。そのとき、音のきっかけをデルマ(*)で書いたもので音付けをしたりすると、ズレちゃったりしてね。
(*)デルマトグラフという特殊な鉛筆のこと

それから、光線を発射する場面で、実際に画面を見られずに、口で説明を聞いた感じだけで音を作ってしまうこともあったんです。ダビングも終わって、最初のプリントで完成したものを見ると、画の感じと音のイメージがピッタリしてない、なんてこともありました。この画なら、もっとちがう音を付けたのに!って文句を言ったこともありましたよ」

特撮では、とにかく画が挙がらなければというのが優先してしまうため、音の作業にしわ寄せが行ってしまうのだ。スタッフの中で割を食うのは、いつも音響関係の人達だった。

実相寺監督;
「特撮ものをやっていて、当時はバカにしていたものが、十数年経つと先端のフォルムだったりすることがある。ウルトラマンのビートル機はずんぐりしていて、当時の空想ものの中では少しバカにされていた。でもスペースシャトルが出現すると、『ああ、デザイナーには先見の明があったんだなぁ!』って、やっとわかる」

小森氏;
「音でもそうなんです。ウルトラシリーズのいろんな本部の電話の音なんかは、『頼りない囁き(ささやき)のようだ』って批判されていたんです。当時はけたたましいダイヤル式が、全盛の時代でしたからね。でも20数年たってみると、本部で鳴っていた音が時代を先取りしていたってことが判るでしょう。こんな事ひとつ取り上げてみても、ウルトラシリーズが長続きして、皆に見られている理由があると思いますね」

まったくその通りだと思う。ウルトラマンをはじめとする当時の円谷プロが作り上げたものが、30年以上たった現在でも、ひろく世代を超えて親しまれていることの一端は、すべての部門に小森さんのような職人がいたからであろう。ウルトラの人気の秘密は、スタッフたちが自分のために夢を見ることに一生懸命だったから、それが子供たちのためでもあったということなのだろう。(おわり)


★★★★★★★★★★★★
このブログを書くにあたって、引用している資料の文章で分からない用語があると読んでいてもつまらないので、できるだけ調べて注釈するようにしている。今回は『デルマ』という用語の意味がよく分からないので、調べて注釈をした。
もう少し詳しく書くと、このデルマトグラフという鉛筆は、本来は皮などに書くために使われていたらしいが、映画のフィルムに直に書き込んだりするのに適しているようなので、映画業界ではよく使われていたようである。『フィルムに直に書き込む』とは、音楽やセリフなどをダビングする際に、その出だしの場所がわかるようにフィルムに印を付けたりするのだが、この印のことを『デルマ』と言っていた。今では、ビデオやデジタル映像になってしまったので、このデルマにお目にかかることはなくなってしまったそうである。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

実相寺監督とロケ撮影・セット撮影 [実相寺監督]

『怪奇大作戦』の『恐怖の電話』の回で、電話から流れる怪音波を調べるために、無響室でテストをするシーンがあった。その無響室の撮影を、川崎市の日本コロムビア工場内にある実際の無響室をお借りして、行うことが出来た。そこの撮影はスケジュールの早いうちに組まれていたが、外すわけにはいかないので、すぐに消化した。借用するロケ場所の都合によって、撮影スケジュールは決まってくることも多い。

このときは同じ『怪奇大作戦』の『死神の子守唄』との二本持ちだったので、コロムビアのロケを済ませてから、川をへだてた蒲田へ移動して病院のシーンを撮影した。ロケ場所は大森西6丁目の東邦大学付属病院である。当時撮影させてもらった病棟や裏庭は、もう残っていない。

喜ぶべきことか悲しむべきことかは分からないが、セットでわざわざ撮影したものを、ロケと思われることもたまにある。こういう場合の監督の気持ちは、ちょっぴり複雑だ。その反対に、せっかくロケをしたのに、セットと思われるケースもある。

セットをロケと間違われた最たるものは、ウルトラセブンの『第四惑星の悪夢』の際のロボット長官の部屋である。TBS局舎の廊下で撮影したものだろうと、言われたものだ。見直してみると、確かにそう取られても無理はない。

最近ではもう面倒くさいから、TBSかと聞かれると、『あの廊下で随分苦労したんだ』といいかげんに答えることにしている。でもあのシーンは、セットなのである。撮影の仕方が悪かったのだろうと反省している。

逆の例として、『ウルトラQザ・ムービー 星の伝説』で、宇宙人の女と放送記者が竹藪で遭遇する場面があげられる。実際の竹林にエリスポット(*)を何十個も埋めて、フォッグメーカーでビームを際立たせて撮影したものだ。『おまえ、ずいぶん贅沢なセットをこしらえたなあ。相当お金もかかっただろう?』映画を観た後に、監督とデザイナーに向かってこう言った者がいた。

ふたりとも絶句、ロケの苦労報われずである。その竹林は、川崎市の王禅寺に現在でも残っている。『ウルトラQザ・ムービー 星の伝説』はオール・ロケの作品で、ステージ(舞台)を使ったのは、特撮班だけである。

最近は美術費の高騰からなかなかセットを組むことが出来ず、(せっかくお金をかけて作ったのに)セットをロケと思われると、寂しい気持ちになる。昔は現実の空間で撮影することにすごく意味を感じていたが、近ごろは、セット撮影に入れることに無上の光栄を覚えるようになった。時代の変化かもしれない。
(*)投光器。部分的に正確な照明ができる特徴をもつ

『ウルトラマン』の時は本編でセットを組むことはあまりなく、監督の撮った6話のうちでセットを組んだのは、『怪獣墓場』ロケット発射センターくらいであった。特撮のセットに大わらわで、本編の方はレギュラーセット以外は、ステージを使うことはほとんどなかった。レギュラーセットは科特隊本部、ビートル操縦席まわりが、主なものだ。

セットが増えてきたのは『ウルトラセブン』からで、『狙われた街』メトロン星人のアパート、『第四惑星の悪夢』の先に書いた長官室、『円盤がきた』星を見るのが生きがいの青年のアパートなどである。『怪奇大作戦』になると、『恐怖の電話』の親子が住む洋館など、セットが増えてくる。

京都で撮影した二本は、時代劇用に組まれていたものを利用している。また、京都府警に見立てたのは京都映画の制作部の部屋で、仏像を愛する美弥子とSRIの牧(岸田森氏)が出会ったのは、京都映画の衣装部を仏像修復所に飾り変えたものだった。

平成ウルトラシリーズでほとんどをセットで撮ったのは『ウルトラマンティガ』の「花」の回で、天候に恵まれず花見の情景を撮ることが出来ず、すべてセットで消化することにしたのだ。これが怪我の功名で、人工の桜林の雰囲気が、池谷仙克氏の手によって独特の味をかもしだしたのである。

『ウルトラマンダイナ』の第38話「怪獣戯曲」では、夢想する戯曲家の邸宅内部を、大きなしっかりしたセットで組むことが出来た。デザイナーの内田哲也氏のおかげである。(おわり)


★★★★★★★★★★★★
実相寺監督が担当した回の撮影では、セットよりもロケを多く使ったようである。今ではロケをしたくてももう出来ない、消えてしまった建物や場所はたくさんあるが、たとえ現存していても、今では許可が下りないだろうと思われるような場所もけっこうあるという。その一番良い例が、大手町の経団連会館だそうだ。当時は今ほど、警備が厳しくはなかったのかもしれない。ここ経団連会館ビルの屋上を科特隊本部屋上に想定して、アンヌ隊員とハヤタを乗せたビートル機が、地底人とテレスドンの事件を解決したあとに、パリ本部へ向けて出発するシーンを撮影したのであった。

以前に監督は夕陽を撮るのが好きだと書いたが、夕陽を撮るために一週間待つなど、時間や天候に左右されるのが、ロケの大変な所だろう。セットならスタジオ内に組めば天候には左右されないが、費用面で足が出てしまうこともあるだろうから、どちらの方法で行くかを選択するのは、思いのほか難しいことかもしれない。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

実相寺監督とロケハン [実相寺監督]

ロケハンは肝心だ。ひとつの作品の撮影場所を決める作業だから、おろそかには出来ない。でも実際の撮影とは違い、イメージの中で映像が具体化しはじめる楽しさがある。円谷プロのような本編と特撮の二つの班でことを行う場合、通常のドラマとは条件が違ってくる。両者の協議で、適切な場所を決めなければならないからだ。

もちろん、特撮班にもロケやロケハンはある。例えばビートル機の離陸・垂直上昇などを、高い橋の上から吊って撮影することもあるからだ。シナリオに設定された場所で効果的な所を探すのに、例えば特撮班の方でもセットが組みやすく、本編の方でも良い画面が狙えるといった場所を見つけるのは、楽しいがけっこう手間のかかる作業なのである。

両班がまとまってロケハンに出かけるケースもあるが、スケジュールの都合で、バラバラに行く方が多かった。主に本編班で場所を決めてから、特撮班へ連絡し説明するというやり方である。
逆に特撮班の方でセットのイメージが先に出来ていて、その切り返しとなる本編の方がセットの感じに近い所を探すということも、数は多くはないがある。

『ウルトラマン』のように毎週新作を提供しなければならない場合、特撮班の方はどうしても本編班とは違って、造形や工作、諸準備や撮影自体にも手間と苦労が多いから、ロケハンにまで手が回らなくなってくるのである。シリーズが決まると、必ず特撮からクランク・インして時間を稼ごうとするのだが、どんどんストックが食いつぶされていく。

『ウルトラセブン』の折なんか、高野宏一さんを中心に、ずいぶん多種多様なストック・ショットが撮影されたが、それでもシナリオの要求をまかなうのは到底無理なことだった。ストック・ショットとは、どんな回にも共通して使えるカットのことだ。主として、科特隊や警備隊の飛行機関係の発進や旋回・着陸などを、いろいろな場合を想定して撮影しておくものだ。

もちろんヒーローの変身パターンや、ヒーローの飛行や旋回なんかも、幾通りも撮っておくわけである。想定された基地本部の情景などもある。しかし、シナリオはスタートする際はそんなに何話もできていないから、話の内容によっては使えるカットがどんどん変わってきてしまう。だから、特撮班は大変なのである。危険なことと紙一重のこともある。

ロケハンをした本編監督がある特定の場所を気に入り、そこで全部を通したいとダダをこねても、その雰囲気のミニチュア再現にひどく手間がかかったり、時間を要したりするものでは、毎週放映するテレビシリーズでは無理なことが多かった。

仕方なく特撮班が妥協して、その雰囲気に近いセットを心がけても、かえって承知の無理がたたり、出来の悪いものになってしまう場合があった。本編監督は特撮に向いた場所をロケハンするのだったと、あとで泣きをみる結果に反省することもあった。その辺の呼吸というのが、二班編成でやる場合の難しさであり、楽しさでもあった。

円谷英二監督がゴジラのロケハンをしていた時、銀座松屋のデパートの屋上で警備員たちに怪しまれたというのは有名な逸話だが、確かにむくつけき(恐ろしげな)男たちが屋上から東京を眺め、
『あそこを壊そう』
『いや、こっちの方から議事堂にかけてがいいんじゃないか』
『それよりあっちだ。日本橋方面に火の手を上げたほうがいい』
などという会話を耳にしたら、警備員じゃ無くても驚くだろう。

特撮ものでロケハンする時は、いつもこの話が頭に浮かび、妙に声をひそめたものである。過激派と思われたら、ややこしいからだ。『あのビルの上から、怪獣が顔を出すんだ』 『あのビルとビルの間の線で、切った方がいいよ』などと合成カットを探る会話も、他人から見れば珍妙な風景だろう。

ロケハンの時に携行するのは、アングルファインダー、磁石、地図、スケッチブック、それにデジタルカメラといったもので、最近ではビデオカメラを持っていくことが多い。ロケハンの映像・画像は、あくまでも資料・メモの類だと思った方がよい。個性的な意思が働いた画像は、想像力を妨げることになるからである。ラフで参考程度の画像の方が、演出する上での想像力をより広げてくれるだろう。


★★★★★★★★★★★★
ドラマを撮影することにおいて大切なもののひとつは、ロケハンであろう。ロケハンとはロケーション・ハンティングのことで、ロケのための撮影場所を探すことである。シナリオに沿って撮影場所を探すことになるだろうが、どんな場所で撮影するかで、その作品の雰囲気や出来に大いに関わる大切な作業だと思う。以前満田監督が話していたが、ウルトラQのロケハンを金城哲夫氏と一緒に行くと、金城氏の頭の中にはイメージが出来上がっているらしく、『ここから見上げると、怪獣がこんな角度で見える』などと、歩きながら話をしてくれたそうだ。

満田監督にしてみれば、昼間の明るい時間帯にいくのだから、そんな雰囲気には全然ならないのだが、さすが数々のウルトラストーリーを書き上げた金城氏だけあって、想像力はかなりたくましいものがあったようである。見たことも無いものを画にするという作業は、並大抵のことではない。ひとりのすばらしい才能が、作品を通して僕らに夢と希望を与えてくれたのである。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

実相寺監督と怪獣もの大歓迎 [実相寺監督]

怪獣につぶされたり宇宙人が出てきたりということで、場所が借りにくいだろうと思われるかもしれないが、喜んでもらえる場合の方が多かったという記憶がある。円谷プロの当時の制作担当者から、『大阪城も壊しにかかったんだから、うちの城でも怪獣を出してくれ』という要望が来てますよとの、うれしい悲鳴を聞いたことがある。

どこの地方だったか忘れてしまったが、その破壊願望は何かのシリーズで叶えてあげられたのだろうか?けっこう怪獣ものというのは、歓迎されるジャンルなのである。もちろん、壊してくれるなと言われて、断られた話も耳にしているが。

あとになって、あそこを壊しておくのだった、別の地方の願望に応えていればよかったと思うこともあった。テレスドンなんか、赤坂ではなく浅草寺の怪獣供養に始まって、上野不忍池あたりに地底王国を設定すればよかったなどと、悔やんだこともある。

実際に巨大な奴が出現するわけでは無いので、ロケ地に当たった場所の人達も、空想をたのしんでくれることが多かった。怪獣出現で逃げ惑うシーンの撮影など、近所の人総出で喜々としてやってもらったこともある。

怪獣ジャミラ出現の回でロケをしたときのこと。もともと人間だったジャミラが漂着した宇宙の星で異形となり、故郷地球に復讐に来る話であった。ジャミラは奥多摩に墜落し、辺りの山林に隠れ、国際会議が開かれる代々木へ復讐に来るというコースを想定していた。

その道筋として、新宿西口なら申し分なかろうと、ロケ場所を決めたのである。国際競技場には、当時まだ新しかった東京オリンピックのなごりである代々木公園のプールを、外観だけ借用した。ジャミラ襲撃の直前、会議場へ接近する異形を科特隊の連中が追いかけるシーンを、淀橋浄水場跡地で撮影することにした。

特に合成はなく、本編班だけの分野で、ジャミラが元々人間であり大国のエゴの犠牲者だったことから、なかなか他の怪獣のように攻撃に入れない、隊員たちの悩みを描いたシーンだった。何の建物の跡だったかは知らないが、いかにも画面作りにふさわしい煉瓦の構造物の残骸がたくさんあり、結構面白いシーンが撮影出来て満足だった。

でも、この一連のシーン、つまり新宿西口でロケをした分は全部捨ててしまった。最終編集の際に尺に収まらなかったからである。カットしたシーンは、シナリオでいえば、ウルトラマンが変身をした直後である。ウルトラマンが放水で、火炎と乾燥の異形に対決する所に挿入される、特撮との切り返しである。

本編のカット割りは、こうである。
・イデ、ウルトラマンを複雑な目で見ている
・アラシ、ウルトラマンの出現を喜ぶ
・闘いの光景から、眼を離すイデ
・廃墟にたたずむイデ
・歩くアキコ
・遠くの風に乗って闘いの音が聞こえる。イデ、ヘルメットを取る
・茫然としているイデ
・イデ「たとえキャップの命令でも、俺アイツとは戦えないよ」

尺というのは、定められた仕上がり時間のことで、『ウルトラマン』の場合は共通するタイトル部分を除いて、中身が大体23分くらいだった。おおむね、本編が18分、残りが特撮という比率である。もちろん話の内容によって各回違うのだが、本編七割という感じを目安にしていた。

回せるフィルムの許容量は定尺のおおよそ二倍半。この決められた分量を守るのが、けっこう大変だった。また定尺に合わせて編集を決めるのも苦労だった。何故なら、特撮ものの場合は二つの班(本編班・特撮班)に分かれて撮影をし、それぞれに思い込んだ見せ場があってぶつかり合うから、その調整が非常に大変だったのである。

ジャミラの回はとりわけ許容量をオーバーして、尺詰めに苦心をした。使わなかった部分をどうするかといえば、全部ゴミ箱入りだったのである。そんな無駄なことをと言われそうだが、二次使用ということもなく、別の目的がはっきりしていない限り、当時は捨てていたのであった。

それらをもし保管していたなら数十年後には大きな商売になっただろうが、その保管のためには膨大なスペースが必要だっただろう。これも現在なら事情は違う。DVDやBDといった大容量記録媒体があるので、ラッシュはいくらでも残せるし、放映分と販売分を別立てにすることもできる。

販売特典として、それらのカット分は役だっただろう。当時は家庭用ビデオ到来の前夜という時代だったから、残すということ自体に思い至らなかったのである。


★★★★★★★★★★★★
前回このコーナーで、ドラマ撮影に大事なものはロケハンだという話をした。ロケーション・ハンティング、撮影場所探しのことである。故・円谷英二監督が『ゴジラ』を撮るにあたりロケハンをしていた時の有名な逸話を紹介した。『怪獣が』という主語を言わずに『あそこを壊せ』だの『こちらから火の手を上げろ』と言うから、テロリストと間違われそうだということだったが、こと怪獣に壊されることについては、意外にも歓迎ムードが多いらしいのだ。

考えてみると、怪獣が壊すという撮影場所はフィルムに永久に残るわけだし、もし壊された場所が再開発などでまったく違う様相になっても、当時を偲ぶ材料としては最高の作品ではないか。まぁ撮影当時、『ウルトラマン』が半世紀もの長い間愛され続ける存在になろうとは、夢にも思わなかったかもしれないが。だが満田監督が言うように、作品をきちんと作っておいたことが今日の大成功を修めた要因であることは、間違いのない事実であろう。壊される名所の精巧なミニチュアを造ってくれたスタッフに、観る側を代表して感謝するばかりである。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ