So-net無料ブログ作成
怪獣論・怪獣学 ブログトップ
前の2件 | -

ウルトラアイはダンの身体の一部か? [怪獣論・怪獣学]

ある人から借りた本に、「ウルトラアイがダンの身体の一部かどうかは、不明」と書いてあった。そういわれると、この点は今まで考えても見なかった事柄である。人間の姿から元の姿(つまりセブン)にもどる時に使うウルトラアイ。今回はこの問題について、考察してみたい。


ウルトラマンが対ゴモラ戦においてベータカプセルを紛失し、人間の子供に拾われるという失態を演じたことがある。このことでウルトラマンが戦闘能力を大きく失う(体力が消耗するとか、光線技が使えない等)ような事態には至っていないことから、ベータカプセルは単に変身するためのグッズ(携行品)に過ぎず、ウルトラマンの身体の一部ではないことを思わせる。

ウルトラセブンでは、ウルトラアイを戦いの最中に紛失したことは一度も無い。それはウルトラアイが携行品(グッズ)ではなく、変身後は身体の一部分になって取り外せなくなるからだと推測できる。


ウルトラセブンの目の周りの色は銀色(シルバー)であるが、ウルトラアイは赤い色をしている。装着前と装着後の部分の色が違うのは、どうしたことか。ウルトラアイは単なる変身グッズであるとする見方も出来る。だがその場合、赤いウルトラアイを何処にしまっておくのか?ウルトラマンでさえ、戦いの最中に一度は紛失したのだ。

セブンも激しい戦闘シーンのさなか、紛失してもおかしくはない。この点で考察①とやや矛盾する。それともウルトラアイを装着した瞬間に変色(赤色→銀色)して、身体の一部になってしまったのか。この説ならば考察①の延長線上にあるので、矛盾しない。


ウルトラセブンは、侵略者に何度かウルトラアイを奪われている。第2話でピット星人に奪われてしまった時に、「ウルトラアイは僕の命だ」とつぶやいている(…確か)。このことから、命は当然身体の一部分なので、ダンは命を隊員服の胸ポケットに入れて持ち歩いているということになる。


ウルトラセブンはダンの姿のままでは、透視力やウルトラ聴力しか使えない。鉄を曲げたり大きくジャンプしたり、光線技を出すことは出来ない。


以上のことから、ウルトラセブンにとってウルトラアイは、腕力や跳躍力、光線発射力などの超能力を封じ込めておく身体の一部分であると推測できる。ダンのままでは超能力がほとんど発揮できないことから、ウルトラアイは単なる変身道具などではなく、「命」そのものである。ダンは命をポケットに入れて、持ち歩いているのだ(笑)。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

声の主は誰だ? [怪獣論・怪獣学]

M78星雲人はウルトラマンの姿では地球にとどまることができないため、人間の身体を借りるわけだが、その場合・・・

①生きている人間に乗り移ることはできないので、死んだ身体に乗り移る
②M78星雲人自身が人間に化ける

のどちらかの方法を取っている。宇宙の忍者と言われるバルタン星人が生きているアラシ隊員に乗り移って、彼の脳髄を使って地球の言葉(日本語)で会話をするという神業をやっているが、残念ながらM78星雲人にはこの超能力においては、バルタンに劣るわけだ。

初代マンには(姿形を他者に変える)変身能力は無いようなので、ハヤタ隊員の死んだ身体を借りて地球にとどまることにした。同様に新マン・エース・タロウも、みな死んだ地球人の身体を借りて地球にとどまる準備をしたわけである。

これに対し、セブンとレオは②のタイプ。自身が地球人に変身することで、人間に紛れて地球にとどまった。だから話す声も変身前と後では同じだ。セブン=ダン(森次晃嗣氏)の声、レオ=ゲン(真夏竜氏)の声。

さて①のケースでは、変身前と後で同じ声であってはおかしい(ウルトラマンがハヤタの声のまねでもすれば、話は別だが(笑))。初代ウルトラマンの声を担当したのはハヤタ役の黒部進氏ではなく、中曽根雅夫という声優であった(但し第一話のアフレコ収録時には間に合わず、代わりに編集技師の近藤久氏が行った)。

同様に新マンは谷津勲氏(声優・故人)、エースは納谷悟朗氏(あの銭形警部でおなじみ・故人)である。タロウだけがこのルールに外れており、変身後の台詞や掛け声も東光太郎役の篠田三郎氏が担当している。

なぜか?よくよく調べてみると、主人公・東光太郎は瀕死の重傷を負っていて死んではおらず、ウルトラの母の力でタロウと合体したという設定になっている。そのため②に近いので、タロウ=光太郎という等式が成立するわけであった!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の2件 | - 怪獣論・怪獣学 ブログトップ