So-net無料ブログ作成
検索選択
ロボット刑事 ブログトップ
前の3件 | -

ロボット刑事(1) [ロボット刑事]

石ノ森章太郎氏原作の特撮ドラマ。アメリカ映画「ロボコップ」の出現から遡ること15年も前にすでに活躍していた、科学捜査で悪を倒すロボット刑事を見よ!

「第1話 バドーの殺人セールスマン」

刑務所からひとり出所してきた男がいた。男の名は黒田。5年前の十億円強奪事件の主犯としてひとりで罪を被り、今出所してきたところだった。犯行時の仲間ふたりは迎えに来ない。バドーの殺人セールスマンが、この黒田に声をかける。

『黒田さん、仲間の岡崎と伊達は、今頃悠々と暮らしているよ』
『話が違うぜ、金は三等分だ! お前は誰だ』

『我々はバドー。金の隠し場所を聞き出してからやつらを殺す。そして、金はバドーと二等分でどうだ!』
『おもしれぇ。バドーの殺人契約、交わすぜ』

ちょうどその頃、張り込みをしている刑事が二人いた。芝刑事と若手の新條刑事だ。岡崎をマークしていたのだ。岡崎の部屋の電話が鳴る。黒田が岡崎に脅しをかけたのだ。

『岡崎、12時までに金の隠し場所を言わないと命は無いぞ』
『黒田、そんな脅しに乗ると思っているのか』
拳銃を持って、高笑いする岡崎。

『12時なったぞ。黒田との殺人契約書に基づき、お前を殺す!』
バドーの殺人ロボット、ワッカマンが身体をバラバラにして、通風孔から岡崎の部屋へ侵入した。
『ワーッ』 叫び声を聞いて、急いで室内へ入る芝と新城。

新城;『密室殺人です。おやじさん!』
 芝;『鑑識を呼んで、手がかりを探そう』

ケイ;『それは無駄です』
外から声をかける男が一人。

新條;『怪しいヤツ。それにやけにゴツイ身体だぜ』
背を向けている男の身体を、新城刑事が調べる。警察手帳を見つけて仲間であることが分かると、

 芝;『悪かったな、まぁ入れよ』
黄色いハンチング帽を被って赤い背広を着た男が、こちらをふり向いた。
新條;『な、なんだよその面は?悪い冗談だぜ!』

ケイ;『お面ではありません。これが素顔です。私はロボットです。名前はケイ。芝刑事に協力するよう、長官から言われてきました』
 芝;『お前、鑑識を呼んでも無駄だと言ったな!』

ケイ;『この部屋には、足跡はおろか指紋ひとつ残っていません。私の目の赤外線分光装置が、そう教えてくれます』
ロボット刑事ケイは通風孔に犯人の痕跡を見つけると、そのあとを追った。

車で逃げる犯人を、ケイ専用の車「ジョーカー」で追う。犯人がロボットであることは分かったが、身体をバラバラにして逃げるワッカマン。翌日、長官から直々に「警視庁 特別科学捜査室長」の辞令を受ける芝刑事。ふてくされた顔で辞令を受け取る芝刑事であった。芝刑事を慕って、新條刑事も特別科学捜査室付きに願い出ていた。

特別科学捜査室は、薄暗い倉庫のような部屋だ。そこに戻ってきた芝と新城とケイ。そこに入ってきたのは、地獄耳平。彼は芝刑事に情報をもたらす情報屋だ。今回地獄耳平がもたらした情報は、「黒田が、伊達に電話をした」という情報だった。急いで伊達の居場所を探す新條とケイ。

伊達はヨットに乗って海上へ出ていた。海の上なら安全だろうと考えたのだ。猟銃に弾を込めて船底で息を殺してじっとしていると、予告通り身体をバラバラにしてワッカマンが侵入してきた。ケイは海にダイブして伊達の乗ったヨットに泳ぎ着くが、すでにワッカマンが伊達に襲いかかろうとしていた。

『金の隠し場所を言え!さもないと命が無いぞ』
間一髪、ロボット刑事ケイはワッカマンの前に立ちはだかった。

『ゴーッ!』赤い背広を右手で振り回しながら、脱ぎ捨てるケイ。目の色が黄色から赤色へ変わり、戦闘モードになる。ヨット上で、ロボット刑事と殺人ロボットの戦いが始まろうとしていた。
(つづく)

★★★★★★★★★★★★
第一話では、ストーリーとは直接関係ない所で、千葉真一氏が新條敬太郎役で出演。新條強刑事の兄で、今は刑事を辞めて弁護士をしているが、刑事の腕は弟よりもまだまだ上だという所を見せつける役である。つまり、新條兄弟は実の兄弟で出演しているわけだ。

ふたりが顔を会わせて、『なんだ、兄貴か!』というセリフもある。芝大造刑事は、刑事そのもののような高品格氏。ロボット刑事が大大大嫌いという役どころだ。最後に巨大ロボット・マザーが現れて何が起こるのか?という問いかけで第一話が終わる。ロボット刑事の声を、ふたりで演じている。

仲村秀生氏と中島律氏である。どう演じ分けているのか、筆者には分からない。演じ分ける理由があるのだろうか?第二話を見れば、判るか?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ロボット刑事(2) [ロボット刑事]

「第2話 目撃者はゼロ」

(前回からのつづき)
5年前の10億円強奪犯のひとり伊達の身柄を保護するため、ワッカマンとヨット上で戦うロボット刑事・ケイ。壊してもすぐに再生するワッカマン。身体のどこかに復元装置があるにちがいないと、ケイは戦いながら考えた。

ワッカマンの左胸にその装置があることを突き止めたケイは、今度分解して合体する瞬間を狙って、相手の左胸に必殺のマシンガンを撃ち込んだ。ワッカマンは大爆発を起して海中へ没した。

赤い戦闘モードから通常モードの黄色い目の色へ戻って、伊達を保護するために船室へ入ろうとするケイだったが、ほんの一瞬のスキを突いて、新手のロボット・テナガマンに伊達は襲われてしまった。

息を引き取る間際に伊達が言った、10億円の隠し場所を示す暗号を解読したケイだったが、バドーもその暗号をすでに解読し、黒田と共に10億円を手にしていた。しかし金を手に入れた黒田はバドーの集金人を前にして裏切り、半分の5億円を渡そうとしない。その瞬間から黒田は契約違反で、バドーに狙われる羽目になった。

バドーの集金人・テナガマンが黒田を襲うところを芝・新條両刑事は目撃するが、相手がロボットでは拳銃も歯が立たない。そこにケイが現れてテナガマンと対峙するが、テナガマンの音波砲のために背後の岩石を崩されてケイは埋もれてしまう。

このドサクサに紛れて、黒田は芝刑事たちの前から姿を消してしまう。地獄耳平の情報で黒田のアジトに潜入した新條刑事だったが、テナガマンに襲われて現金10億円は持ち去られてしまう。

テナガマンの使命は、契約を一方的に破棄した黒田から現金10億円を奪い、同時に黒田を抹殺することだった。現金奪取に成功したテナガマンは、ヘリコプターを呼んでバドー大金庫へ現金を移送しようとする。テナガマンに殺されずにすんだ黒田だったが、後から現れた新條敬太郎が捕まえて新條刑事に引き渡された。

テナガマンは現金をヘリコプターに積み替えたあと、ケイとの戦いで自動車に激突して爆発。現金を移送しようとしたバドーヘリは、ケイが飛びついて取り付けた時限爆弾で爆発し、現金10億円は灰になってしまう。

これで怪ロボットが絡んだ密室殺人事件は一件落着、主犯の黒田は留置場の中でおとなしくしていた。芝・新條両刑事が安心しているその隙をついて、バドーは次の怪ロボットを留置場へ送りこみ、契約違反の裏切り者・黒田の息の根を止めたのだった。    (おわり) 


★★★★★★★★★★★★
今回も新條敬太郎役で、千葉真一氏がちょっとだけ顔を出している。芝刑事の下にいた元刑事である。ロボット刑事ケイは、普段は黄色の目の色だが、怒る(戦闘モード)と赤に、悲しいと青に変わる。巨大ロボット・マザーが冒頭にでてくるものの、第二話内ではどんな役どころかは明かされない。

巨大なロボットというだけで、だれが何の目的で造ったのか、まだ分らない。ロボット刑事との関係が強いことは、確かである。いつもケイを目の仇のようにしてカリカリ怒ってばかりいる芝刑事。ケイがかわいそうに見えてくる。その間に時々入ってうまくクッションの役割になっている、芝の二人の娘たち。

これからケイと娘たちの交流が見られそうだ。ケイの声を、二人の声優がどう使い分けているのか、今回も分からずじまいだった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ロボット刑事(3) [ロボット刑事]

探せ 捕えろ ロボット刑事ケイ!
「第3話 時計発狂事件」

学校の創立記念日で休みの日の朝、タケシの父・三宅が、バドーの犯罪ロボット・ジリキマンに、タケシの目の前で命を狙われた。ジリキマンの怪光線を浴びた三宅は、意識不明の重体に陥る。その現場を見てしまったタケシもジリキマンに追われていたが、ジョーカーでやってきたケイに救われる。

ジリキマンはミサイルを発射して、ケイがひるんだすきに姿を消した。この事件は「団地ロボット事件」として芝と新條の両刑事が追っていたが、一週間が経っても進展が無かった。

真夜中、ダイヤモンド時計店の店主・大浦が狙われ殺されてしまった。緊急連絡を受けた新城とケイが現場でジリキマンと接触するが、闇にまぎれて逃げられてしまった。だがケイは、今度はジリキマンに密かに発信機を取り付けておいた。

ジリキマンがケイから半径1キロ以内に近づくと、ケイのレーダーに反応するのだ。三宅と大浦の二人が襲われたこの事件の真相は何か?三浦はオリエント時計工場の警備員、そして大浦も元警備員であった。ふたりは以前、オリエント時計工場に侵入した産業スパイを捕まえて、警察に引き渡した経緯があった。

某国から依頼されてオリエント時計の新製品データを盗もうとしたのは、アズマ情報社の門井社長だった。門井は自分の部下を潜入させたが捕まってしまったため、密かに毒殺したのだ。そこでオリエント時計工場を破壊すれば某国から1億ドルが支払われることをバドーはつかみ、門井に協力することで半額はバドーに支払われる殺人契約を、門井と結んでいた。

その情報を芝刑事と新條刑事はつかみ、門井社長を任意同行した。アズマ情報社の事務所にケイと警察が踏み込み、金庫の中からバドーと門井の交わした「殺人契約書」を発見する。その頃、ジリキマンはオリエント時計工場に侵入し、破壊するための行動を開始していた。

ふたりの警備員をなぎ倒し、ジリキマンの手から出る磁力が、オリエント時計工場の大時計を破壊した。そこに、ジョーカーに乗ったケイが到着した。空を飛ぶジョーカーは、あっという間に工場へ到着、ジリキマンの前にロボット刑事・ケイが立ちはだかった。

戦闘モードに入るとケイの目は黄色から赤色へ変化する。『ゴー!』赤い背広を脱ぎ捨てるケイ。夜の闇の中、ケイとジリキマンの死闘が始まる。磁力ミサイルを放って、ケイを襲うジリキマン。それをかわして、ケイのキックとパンチがジリキマンに炸裂する。

ジリキマンの磁力でケイは引き寄せられるが、周りのスクラップも一緒に引き寄せられて、ジリキマンに吸い付いてしまった。間一髪、その磁力から逃れたケイは、右胸を開けて、必殺の破壊銃でジリキマンにとどめを刺した。

タケシの父も元気になり、今日は芝刑事の娘たちとタケシ一家が、遊園地で楽しい時間を過ごしている。それを見守る芝と新城の両刑事。『あれ、ケイは?』 その頃ケイは、マザーロボットを呼んでいた・・・。

「ロボットは機械だと人はいう。だがケイは違う。ケイは、人間の感情を持っている。ケイは思いやりもある。ケイに恥じないだけの人間が、どれだけいるだろうか」(最後のナレーションより) (終わり)


★★★★★★★★★★★★
バドーの犯罪ロボットの出現と、警視庁がロボット刑事を導入した時期が同じなのは、偶然なのか?ロボットが相手では、人間の刑事だけでは歯が立つまい。ロボット刑事の導入がうまくいったら、ケイ2号、3号と量産されていくのか?人間刑事の未来は、どうなるのか?

まぁ、さすがに刑事がロボットにとって代わることはないだろうが、危険な仕事を人に代わって行うロボットの導入は、始まっている。危険な作業が減ることは、人間にとって良い事ではあるが。

「人が考えることは、現実化する」というのは本当である。飛行機、高速列車、自動車、ロケットなど、人間は移動手段をより速く、より快適にすることを考え、実現してきた。ロボットもその一つである。

人の出来ないことや危険なことをロボットにさせるのはいいことだが、映画ターミネーターのように、人間がロボットにすべて取って代わられて、人間の存亡に関わるようなことにだけはならぬようにしなければいけない。楽になりすぎることや便利になりすぎることは、堕落につながるとおもう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の3件 | - ロボット刑事 ブログトップ