So-net無料ブログ作成
ロボット刑事 ブログトップ
前の4件 | 次の4件

ロボット刑事(5) [ロボット刑事]

「第9話 電気椅子スパイ!!」

葉山博士と、その研究グループが開発した新型超音速ジェット旅客機あすか号の設計図を守るよう、警視庁特別科学捜査室に特命が下った。あすか号の設計図が5億円の価値があることを知ったバドーは、産業スパイのオダとその手下に設計図を盗ませて、半分の2億5千万円を手に入れようと画策していた。

そのためにバドーは殺人ロボット・コシカケマンをオダのもとへ送りこんで、オダと犯罪契約書を結ぶのだった。
葉山博士が昨年から注文していたという椅子を運ぶふりをして、家具業者に化けたオダと手下のふたりは、まんまとコシカケマンを研究所へ運ぶことに成功する。

警官;『ずいぶん変わった椅子だな』
業者;『何しろ、葉山博士のご注文の椅子ですからね』

見た目は赤い椅子にみえるコシカケマン。まんまと研究所へ忍び込んだコシカケマンは、夜になるのを待って金庫の中の設計図を盗もうと、じっとしている。バドーの声が指令を出す。
『コシカケマン、活動を開始せよ!』

夜の研究所内を警備員が巡回にやってきた。金庫のある部屋を見回りに来た警備員が、一服しようとそこにある赤い椅子に座った途端、椅子から手が出て警備員を羽交い絞めにした状態で電流を流した。瞬時にして黒焦げになる警備員。

そのあと金庫を開けて中にある設計図の写真を撮ると、アジトに戻ってきて、待っていた産業スパイたちの目の前で設計図のコピーを腹部から吐き出した。

その頃葉山博士の息子の良一は、学校の宿題でケイをモデルにして粘土細工を作ろうとしていた。ボディガードのために葉山博士の自宅に来た芝刑事、新條刑事とケイ。良一はケイに頼み込む。
『宿題のモデルになって欲しいんだ』

博士が制止するも、了承するケイ。粘土を練って、早速ケイの像を作る良一。その日夜遅く、暗がりに中で良一の粘土細工・刑事ケイを半分に切り、中にマイクロフィルムを隠す姿があった。翌日、研究所が襲われていることが判り、現場へ急行する芝刑事たち。

ケイが赤外線スコープで現場を眺めると、椅子が動いた後が見られる。昨日の椅子が無いのは何故だ。ケイは疑問を抱く。
『またかよケイ、お前勘ぐりすぎだよ!』

椅子が人を殺すわけがないと、頭から話を聞かない芝刑事。金庫の中を確かめる葉山博士は、設計図を改めるも、動かされた跡があることを知る。その頃、盗んだ設計図が偽物だったことを知らせる電話が、オダのもとへ入る。初めての失敗を知ったバドーは、再度コシカケマンに命令を下した。

設計図が偽物なら、本物はどこにあるのか。芝刑事にも本物の設計図の在りかは教えない葉山博士。良一の護衛にケイを付けて、学校の行き返りはジョーカーで送迎することになった。

バドーは策を練った。学校帰りに、良一の担任の女性教師をコシカケマンが襲う。連れ去られる女性教師。ケイがコシカケマンを追いかけて女性教師を奪い返している間に、ジョーカーの中で待っていた良一は、まんまとオダたちに連れ去られてしまう。

芝刑事の自宅にかくまわれている葉山博士に、電話が入る。良一を取り返したければ、ひとりでやって来いというバドーからの電話だ。不自由な片足を引きずりながら、ひとりで指定された場所へ出かける葉山博士。
『良一は、命より大切です』

万策尽きたか、手をこまねいてみているしかないのか。悔しがる芝刑事と新條刑事。その時、ケイが葉山のポケットの中へ小さなものを忍ばせた。ジョーカーで追うケイと新條。アジトに連れて来られて、コシカケマンに座った葉山博士に電流が流される。苦しがる葉山。

オダ;『さあ、設計図はどこにあるんだ?』
葉山;『良一・・・ロボット・・・』

執拗に電流を流すコシカケマン。ギリギリまで我慢してしゃべらない葉山博士。ケイは、コウモリのように電波を出して、葉山のポケットから跳ね返ってくる電波をレーダーで捉えて敵のアジトを知ると、新條と共に乗り込んだ。

オダと手下を新條が逮捕すると、コシカケマンを外へ追いかけるケイ。
『まて!ゴー!』

赤い目の戦闘モードに入ったケイは、暗闇の中で戦闘する。コシカケマンに後ろから取り押さえられたまま、回転しながら地底に沈んでいくケイ。これを自力回転して地上へ這い出すと、空中へ放り投げた。頭から地上に突っ込んだコシカケマンに、胸の破壊銃が火を噴いた。

コシカケマンは大爆発して果てた。アジトから葉山博士と良一を助けだした芝と新條だったが、博士は衰弱がひどい。オダと手下を連行していく途中、新たなる敵ハリサスマンが突如現れて、良一はふたたびバドーに拉致されてしまった。

ケイはすぐに後を追うが、良一に手が届いたところでハリサスマンが振り返ると、鋭くとがった毒針がケイの両目に突き刺さる。ケイは目をやられて見えず、修理のためマザーロボットを呼ぶ。   (つづく)


★★★★★★★★★★★★
コシカケマンは、見ようによっては大型の電動肩もみ機椅子にも見えるが(笑) ちょっとキングジョーにも似てるかな?電流を流して警備員が黒焦げになるというシーンで、白い煙が出て焼けてる様子はわかるとして、警備員の顔を黒く塗って焦げているように見せているのが秀逸だ(笑)(シャネルズかと思った!)

芝刑事が、相変わらず殺人ロボットのことを信じないのはなぜか?何度も目の前でそれを見ているはずなのにね。良一の担任の先生がきれいな人だ。筆者好みだぁー!ケイが破壊銃を撃つ直前に、ベルトのケイの文字が明るく光る。破壊銃とどんな関係があるのか?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ロボット刑事(6) [ロボット刑事]

「第10話 バドーの皆殺し作戦!!」

(前回から続き)
葉山博士の開発した新型超音速ジェット旅客機あすか号の設計図とその家族を守るケイたちは、死闘の末にバドーのスパイロボット・コシカケマンを倒すが、新手のハリサスマンが現れて息子の葉山良一はさらわれ、ケイもハリサスマンの毒針で目をやられてしまった。

視覚回路の交換には24時間かかるため、待っていられないケイは一時的な回復修理をマザーロボットに願い出る。しかし、それはいつ見えなくなるか分らないという、時間との勝負でもあった。

オダとその手下の男は逮捕していたため、芝刑事と新條刑事は手下の男をまず取り調べ、その結果、黒幕は別にいることが判った。しかしその黒幕の名前をしゃべる直前、ハリサスマンに取調室内で殺害されてしまう。

もう一人の手がかりのオダを取り調べていたが、手下の男がバドーに殺害されたことを知り、口を割ろうとはしなかった。

一方、葉山博士はコシカケマンに電流を流されたショックによる一時的な記憶喪失症と診断され、警察病院に入院していた。オダの手下の男が口にしていた「社長に頼まれて」という言葉だけでは、主犯を絞ることはできない。オダは取り調べではいっさい口を割らず、留置場で頑張るばかり。

刺客ロボット・ハリサスマンがオダのいる留置場に現れて、主犯の男が直接バドーと契約したためオダは用無しだと告げると、口封じのために殺害してしまう。

アジトでは、顔を見られぬよう仮面をつけた黒幕が、葉山良一に設計図の隠し場所を問いただすが、良一は答えようとしない。実は良一も隠し場所を知らないので、答えようがなかったのだ。

バドーは入院中の葉山博士をハリサスマンに誘拐させて、良一の目の前で痛めつけて設計図の隠し場所を吐かせようと画策する。だがケイは、博士の寝間着に入れておいた反射板の電波を追って、博士の居場所を特定することに成功した。

仮面を付けた黒幕は、良一に設計図の隠し場所を言わせるため、葉山博士にもう一度電流を流した。しかしそのショックで、葉山博士は正気を取り戻す。今度は良一を攻めて、正気の葉山博士に設計図の隠し場所を言わせようとする、仮面の黒幕とハリサスマン。

だが間一髪、ケイたちがアジトへ乗り込み、無事に博士と良一を救いだすことに成功する。新條刑事は逃げた仮面の黒幕を追いかけるが、ビルの谷間に逃げられてしまう。だが良一は黒幕の仮面を蹴飛ばして、その男の顔を見ていた。

警察へ帰って、良一に仮面の社長の素顔を前科のある社長の写真の中から探させるが、見つからなかった。
芝;『すると社長って男は、前科が無いということになるな・・・』

バドーのアジトでは、黒幕の社長がバドーへ哀願していた。
黒幕;『バドー、あの小僧に顔を見られた。小僧を殺してくれ!』

バドーは契約者の安全を守るため、ハリサスマンに葉山良一を殺害するよう命令した。学校の登校時を狙って、ハリサスマンが良一を狙ってきた。間一髪、ケイの緊急ランプが危険を知らせると、正体を見破るケイ。

ケイとハリサスマンとの戦いのさなか、良一は走り去る黒い車の運転手の顔が、黒幕の社長であることを確認する。
良一;『ケイさん、あの車に社長が!』

ケイはハリサスマンを弾き飛ばすと、良一をジョーカーに乗せて、黒い車を追跡した。車のナンバーから、黒幕の正体は、日の出商事という超一流会社の黒沼社長であることが判明する。任意出頭で黒沼社長を連行しようとしたところ、わずかな隙をついてハリサスマンに殺害されてしまった。

ケイはすぐに後を追うと、赤い目の戦闘モードに変わって背広を脱ぎ捨てた。
『ゴー!!』

ハリサスマンは、なかなか強い。戦闘のさなか、ハリサスマンの投げた爆弾が爆発し、そのショックで応急処置の視覚回路が切れてしまった。
ケイ;『目がみえない!』

ハリを使って串刺しを狙うハリサスマン。必死によけるケイ。ハリサスマンは両耳からモリのように発射されたハリで、再びケイの両目をつらぬいた。釘づけにされたケイであったが、それはケイにとってはチャンスだった。この目に刺さったハリの先には、ハリサスマンがいる。

ケイは迷うことなく、必殺の破壊銃を見舞う。大爆発して粉々になるハリサスマンであった。良一の小学校の教室。芝、新條の両刑事と良一の担任の先生に、設計図の隠し場所を公開する葉山博士がいた。良一が工作の宿題で作った「粘土細工のロボット刑事」の中に、それは隠してあったのだ。

その隣では、児童たちがケイをぐるっと囲み、モデルにして粘土細工を作っていた。あちらこちらからケイに声がかかる。
児童;『ロボット刑事、こっち向いて!』

子供達の声がかかる方向にあちこち向くケイは、汗もかいてないのにハンカチで顔を拭っていた(笑) 
 (おわり)


★★★★★★★★★★★★
芝刑事役の高品 格氏といえば、刑事そのものというイメージがある。残念なことに、1994年3月に心不全のため死去。満75歳没。

特撮番組に出演した回を拾ってみると、
・ウルトラマンA
  第12話「サボテン地獄の赤い花」
・快傑ライオン丸
  第37話「狙われた男 怪人トドカズラ」
・ファイヤーマン
  第25話「帰る星なき宇宙人」
・恐怖劇場アンバランス
  第13話「蜘蛛の女」

など。ロボット刑事は1973年の作品であり、有名な大都会(石原プロ / NTV /丸山米三刑事)シリーズは、1976年から始まる。従って、3年前の「ロボット刑事」の芝大蔵役を見て、刑事にピッタリの高品氏を見初めて(笑)、大都会シリーズに呼んだということかもしれませんね!

改めまして、心よりご冥福をお祈りいたします。合掌

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ロボット刑事(7) [ロボット刑事]

原作;石ノ森章太郎
脚本;中山昌一
企画;平山亨・斉藤侑・別所孝治(フジTV)
監督;内田一作
今回は、第8話 『雷が殺した?!』を取りあげます。

●学生の秋月一郎が、帰宅途中に雷に打たれて死亡するという事件が起きた。亡くなった秋月一郎は、秋月財閥の御曹司であった。秋月家には3人の兄弟がいるのだが、これで秋月家を継ぐ者は二郎か三郎のどちらかになってしまった。

秋月家では一昨日は父親、昨年は母親が他界し、長男の一郎が今回の事故で死んでしまった今、近親者は伯母の美恵子がひとりいるだけであった。

新條刑事は、ジョーカーに乗ってケイとパトロール中に謎のロボットを見かけた。職務質問をする間もなく、雷のような強烈な電撃に打たれ、新條刑事もケイもシビレて失神してしまうのだった。

警視庁の特別科学捜査室に戻ってきた新條とケイは、昨夜、ロボットを見て気を失った場所の近所で雷に打たれて死んだ学生がいたことを、ベテランの芝刑事から聞く。

それが秋月財閥の御曹司だと聞かされたとき、あの謎のロボットに殺されたのではないかと直感するケイと新條刑事。
『冗談も休み休み言え!そんな話を誰が信じると思うんだ!』

御曹司の死とロボットを結び付ける証拠は何もなく、ロボットに殺害されたなんて話はとても信じられないと、頭から否定する老刑事の芝大造。

新條刑事とケイは秋月一郎の事故現場へ行き、ケイの目から発する赤外線スコープを使って、付近一帯を調べ上げた。すると思った通り、ヒトの物ではない足跡を発見した。その足型と、新條らが出会ったロボットの足型とを比較して、二つが同一のものであることを突き止めた。

だが、足型が同じというだけでは証拠としてはまだ弱い。そこで新條とケイは、芝刑事に内緒で調査することにした。

秋月二郎と三郎は、ボーリング場で遊んでいた。弟思いの二郎が三郎を慰めるために、ボーリング場へ弟を誘ったのだった。それを知った謎のロボットはボーリング場を襲い、出口で待ち構えて、出てくる秋月二郎と三郎を襲撃した。

間一髪、ケイと新條が間に合い、カミナリマンの襲撃をかわすことができた。ケイはカミナリマンを追いかけ、マンション工事現場に追い詰めたが、カミナリマンの必殺サンダー・ビームを浴びて、体内の回路がショートして動けなくなってしまう。

ケイは足を引き吊りながら何とか海岸へたどり着き、故障した身体を修理してもらうために、そこからマザーロボットを呼んだ。
『マザー!教えてください。カミナリマンに勝つ方法を!』

すると、巨体を現わしたマザーロボット。その額からオレンジ色の光線が静かに出てケイの身体を包むと、光線と共にマザーの中へと回収されていくケイ。

カミナリマンの襲撃から何とか逃れた秋月二郎と三郎を守るため、新條刑事は二人の護衛に付くことになった。現場でケイは行方知れずとなり、今もって何の連絡も無い。新條自身、ケイの居所に心当たりがなかった。そしてこんな大事な時に、身内である伯母の美恵子はどこへ行ったのか、姿が見えなかった。

その頃、伯母の美恵子は暗い洞穴の中で、一人で祈祷をおこなっていたのである。
『竜神様、竜神様。この度は願いをお聞き届け下さり、ありがとうございました・・・』

一心に祈る美恵子の耳に、突然どこからか声が聞こえてくる。
『残る二人の子供も、殺したいというのだね・・・』

バドーの声だ。バドー犯罪組織と契約を結べば願いは叶えられると、バドーは悪魔のささやきを美恵子にした。契約条件は、手に入った秋月家の財産の半分をバドーがもらうことだ。美恵子の思いを知り、秋月一郎を殺害したのはカミナリマンだった。

財産の半分が欲しいバドーは、カミナリマンを使って残りの二人も殺害するからと、契約書にサインするよう美恵子に迫る。美恵子は財産欲しさに、契約書にサインをしてしまうのであった。

秋月家に一緒に住む美恵子は、その夜、窓を開けてカミナリマンを誘い込んだ。美恵子の悲鳴を聞いて駆けつける新條刑事。その間に二郎と三郎の寝室へ出現したカミナリマンは、二郎に襲いかかる。窓から逃げた二郎だったが、外で羽交い絞めにされてカミナリマンの電撃を受けてしまう。

病院に運ばれた秋月二郎は大ヤケドを負い、重体であった。また狙われる恐れがある二郎を、新條刑事が護衛することになった。まだ小学生低学年の三郎は、家で伯母の美恵子と二人になってしまうのが不安でたまらない。

そんな時、行方知れずだったケイが現れる。
『三郎君。私が来たんだ、もう心配いらないよ!』

秋月宅を警備する警官隊。だが、正面の警官二人を襲ったカミナリマンを、伯母の美恵子が窓から誘い入れる。三郎の寝室へ静かに近づいていくカミナリマン。だが、ケイがその前に立ち塞がる。

カミナリマンはケイがいたことを恵美子の裏切りだと思い、廊下で会った恵美子を襲い、逃走した。ケイは最後の戦いをカミナリマンに仕掛ける。

背中にある雷神太鼓が回転して、カミナリマンの左手先からサンダー・ビームがケイに発射された。だが、ケイはマザーによって修理された際に対抗策を得ていた。逆流コイルがケイの身体を電流から守ってくれていた。ケイとカミナリマンとの一進一退の戦いは続く。

ケイのドロップキックが炸裂し、カミナリマンがひるんだ隙に、ケイの右胸にセットされた破壊銃が火を噴いた。大爆発して吹き飛ぶカミナリマン。

ケイと三郎は、一緒にボートを漕ぎながら楽しそうに話をしていた。あんなに大変な目に遭った三郎が楽しそうに話すのを見ていると、ケイは苦しかった戦いや自分がロボットであることを忘れるほど、嬉しい気持ちになるのだった。 (終わり)


★★★★★★★★★★★★
ロボットなのに、人間以上に人間的な感情を持っているのが、ロボット刑事ケイだ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ロボット刑事(8) [ロボット刑事]

今回は、第11話『バドー基地の秘密!』を取りあげます。
原作;石ノ森章太郎
脚本;伊上 勝
企画;平山亨・斉藤侑・別所孝治(フジTV)
監督;奥中惇夫

◆AB産業の重役である大岡は、社長の座を狙ってバドーと殺人契約を結ぶ。バドー殺人ロボット・ロッカーマンによって、現社長と重役たちは契約通り殺害されてしまう。

かねてから大岡をマークしていた新條刑事とケイは、大岡とバドーの関係をつかむため、大岡がバドーの指示通りに通信塔の下に置いていったアタッシュケースを見張る。やがてバドー工作員がそれを回収しに来ると、二人はジョーカー号でそのあとを尾行した。

だが、ロッカーマンは運び人の工作員があとをつけられていることを知ると、古いビルにおびき寄せるワナをしかけた。ケイの気転でロッカーマンのワナを逃れた新條刑事は、密かにバイクで逃げようとする工作員を見つけ、ロープを投げて丸めた先端をバイクの荷台に引っ掻けた。

だが、工作員はそのまま走り去り、ロープをつかんだまま放さない新條は、バイクに引きずられて大怪我を負ってしまう。バドー工作員は新條を振り切ったが、バイクが転倒して自分も大怪我を負い、たまたま近くで遊んでいたイサム少年にアタッシュケースを預けて自爆してしまう。

自爆間際の短い時間を使い、工作員はイサム少年に「このマークを描いておけば、取りに来る者が現れる」と言い残して、ドクロのような形のバドーマークを教えた。

ケイによって病院に運ばれた新條刑事は、しかし重体であった。、バドー工作員が、新條刑事発見現場からそう遠くへは行っていないものと踏んだケイは、赤外線スコープで探してみた。すると、近くの森の中で、工作員の消滅跡と子供の足跡を発見する。

少年が自宅の壁に描いていた妙なマークを見て、ケイは少年の家の張り込みをする。その晩遅く、マークを描いたイサム少年の寝床にロッカーマンが現れ、問いかけた。
『小僧、バドーマークをどうして描いた?』
『た、頼まれたんです。カバンを渡してくれって・・・』

イサム少年は、アタッシュケースをロッカーマンに差し出した。ロッカーマンは秘密を知ったイサムを生かしておくわけもなく、自分の腹部をロッカーのように開けると、その中へ無理やりイサムを押し込もうとした。この中へ入ったら最後、髪の毛一本残さずに跡形も無く処分されてしまうのだ。

イサムが悲鳴をあげると、外で見張っていたケイがイサムの部屋へ飛び込み、ロッカーマンと格闘になった。
『安心してください。警察です!』

悲鳴を聞いて部屋へ入ってきたイサムの両親へそう言うと、イサム少年を両親のもとへ渡した。ロッカーマンは車で逃げていき、ジョーカーでそれを追うケイ。ジョーカーが吊り橋を走行中に吊り橋は爆破されてしまうが、ジェット噴射で空を飛んであとを追い続けるケイ。そして、ある洞窟の前にたどり着いた。

ここがバドーの秘密基地なのだろうか。洞窟に入り、地下へ降りて行くケイ。真っ暗な洞窟の中を、赤外線スコープで入口のボタンを見つけて中へ入ると、そこは地下工場になっていた。

ケイが後をつけているとは知らずに、ロッカーマンは金庫へアタッシュケースをしまった。大金庫の部屋から出てきたロッカーマンに、ケイは飛びかかった。ロッカーマンは、自分の腹部のロッカーにケイを引きずり込んで、跡形も無く処分しようとした。

それをこらえたケイに、どこからか男の声が響く。
『よく来たな、ロボット刑事ケイ。私がバドーの首領だ』

大金庫の壁に突然、七色の複雑な模様が丸く浮かび上がり、それは生き物のように左回りに回転している。男の声は、その円盤から聞こえてくるのだ。
『我々は君を待っていたのだ!』

大金庫の分厚い扉が閉まり、閉じ込められたケイはバドーのワナにハマッていた。金庫室に並んでいる札束は、すべて偽物だった。
『君のマザーに、用があるのだ!』

バドーはケイを人質にして、マザーを取引に応じさせるつもりなのだ。ケイを助けたいマザーは、バドーの条件をのむだろうと読んだわけだ。

『マザーには、指一本触れさせはしないぞ!』
右胸の破壊銃で大金庫の扉を破壊したケイに、ロッカーマンが襲いかかった。だが、ケイはロッカーマンを逆さにして杭打ちのように地面に叩きつけ、破壊銃でとどめを刺した。

ロッカーマンを破壊されたバドー首領は、次の刺客スプリングマンを送りこんだ。全身がバネのように働くスプリングマンは、ケイに背負い投げで飛ばされても、壁にぶつかって強烈な勢いで戻ってきた。この室内では、四方八方の壁を自在に使い、投げ飛ばしても跳ね返ってくるスプリングマン。

腕がスプリングのように長く伸びて、パンチを繰り出してくるスプリングマン。攻撃するひまもなく、劣勢のケイ。バドー基地へ潜入したつもりが、逆にワナに堕ちてしまったケイ。バドーがマザーを狙う目的は、一体何か?
(つづく)


★★★★★★★★★★★★
「ロボット刑事」は石ノ森章太郎氏の原作であるが、デザインといくつかのアイデアの提供以外は、実質的な原作者は東映のスタッフたちである。本作を企画した平山亨氏によると、「あえて変身しないヒーローをつくってみた」とのこと。

企画書には「変身ブームの次はロボットブーム」と記されており、前年(1972年)に放送を開始したロボットアニメ『マジンガーZ』を意識したものと思われる。初期の案では、Kが合体する巨大ロボット・ファーザーの登場も予定されていた。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の4件 | 次の4件 ロボット刑事 ブログトップ