So-net無料ブログ作成
検索選択

超人バロム・1 (3) [バロム・1]

~バロムとは正義と友情のエネルギーをいい、ドルゲとは地球の平和を乱す悪をいう~
《第5話 発狂魔人ミイラルゲ》
原作;さいとうたかを さいとう・プロ
脚本;伊上 勝
監督;田口勝彦
バロム1擬闘;大野剣友会(中村文弥・岡田勝・中屋敷鉄也)


◆原因不明の転落死が10件、立て続けに起きていた。ドルゲはバロム・1を倒すために、屈強な悪のエージェントを創ろうと、強い意志を持つ人間を探していた。目を付けた人間を高層ビルの屋上に追い詰めて、そこから飛び降りる人間をドルゲ魔人・ミイラルゲにするつもりだ。

だが、なかなか屈強な人間を探せないドルゲは、有名な大富豪ミスタードルゲの名前で新聞広告を出して人を集め、面接試験をして合格した者をミイラルゲにすることにした。
『求む 身体健全な独身青年』

この広告を見て、多くの人間が面接試験会場へと押しかけた。木戸猛の叔父である木戸松五郎も、面接会場へ足を運ぶひとりであった。列の一番最後に並んで順番を待つ松五郎は、自分の前の男で面接が打ち切られたことに腹を立てる。

『あと一人なんだから、面接してくださいよ』
『ここまで来るのに、電車賃が180円もかかるんだよ』

どうしても受け付けてくれず、あきらめて帰ろうとする松五郎の目の前で、自分の直前に並んでいた男が屋上から飛び降りようとするところを目撃する。後ろから飛びついて止めようとする松五郎だったが、それを振り切ってビルから転落する男。

しかも地面に激突した男がそのあと地面が割れて地中深く吸い込まれていく様子を、松五郎は目撃してしまう。急いで面接会場へ戻ると、今の話を車椅子に乗ったミスタードルゲに話す松五郎。するとその車椅子を押していた男は、なんと松五郎の目前で飛び降りた男であった。

『私のボディガードに、何か用ですかな?』
ドルゲは、死を恐れぬ勇気を持ち、やれと言われれば何でもやる強い意志を持つこの男にドルゲ細胞を注入し、悪の病原菌を持つミイラルゲを創った。

不審に思いながら帰宅しようとする途中で、松五郎は猛と会う。以前から猛にドルゲのことを聞いていた松五郎は、今あったことを猛に話すと、猛は疑いを抱いて松五郎と一緒に車椅子を押す男の後をつけることにした。

猛は一緒にいた姉の紀子に健太郎を呼んでくるように伝言すると、廃屋までその男を追っていった。一方、健太郎は紀子からの連絡を受けて猛の後を追うが、猛たちを探すことができずにいた。

廃屋におびき出された猛と松五郎の前で、男はミイラルゲに変身して襲ってきた。
『コプーの正義のエージェントは、ひとりの時に消す!』

ボップの力で猛の居場所を突き止めた健太郎だが、そのとき猛はミイラルゲの左目から飛び出してくるヘビに絡まれて、身動きできないでいた。健太郎が猛とバロムクロスをしようとする間を与えまいと、ミイラルゲは健太郎にもヘビを飛ばして、首に巻きつけてしまう。

ふたりともヘビに首を絞められて苦しい状態だが、お互いに地面を転がって寄っていくと、横になった状態でバロムクロスに成功する。バロム・1登場。

『バッローム!悪のエージェント・ミイラルゲ、絶対に許さん!』
『望むところだバロム・1、悪のエージェントが勝つか、正義のエージェントか!』

廃屋で両者が激突、アントマンが横からバロム・1を狙うが、パンチが炸裂したアントマンは粉々に砕かれてしまう。ミイラルゲの左目からヘビが飛び出すと、バロム・1の首に巻きついて離れない。

やっと首から引き離して空へ投げると、そのヘビは飛散していった。
『貴様がドルゲの病原菌を町にバラまいたのだ、バロム・1!』

ミイラルゲはそういうと、地中深く消えていった。その頃、町では原因不明の伝染病が流行しだした。変身を解いた猛と健太郎は、町で謎の伝染病が流行っていると聞いて、ミイラルゲを倒せば超能力が無くなり、伝染病は治まるに違いないと意見が一致した。

そんなとき、松五郎に急用があるからと、鉄道の跨線橋上に猛は呼び出される。
『お前がバロム・1になったら、俺はここから飛び降りる!』

バロム・1の秘密を口にした松五郎は、いきなりミイラルゲに変身して猛を突き落そうとしたが、あとをつけてきた健太郎と間一髪、空中でバロムクロスして、バロム・1に変身した。ジープで逃げるミイラルゲ、それをマッハロッドで追うバロム・1。

決戦の場所は滝が流れる山奥。滝の上でアントマン達を蹴散らして、ミイラルゲと対峙するバロム・1。バロム・1の必殺・空中落としが炸裂し、ミイラルゲは爆死した。ドルゲによってミイラルゲにされた男は人間に戻り、謎の伝染病に感染した人達も、ミイラルゲの死と共に症状は回復したのだった。  (終わり)


★★★★★★★★★★★★
ヒーローは、人間体の時に倒してしまえば悪役としては一番楽だ。バロム・1を抹殺する目的で創った悪のエージェント、ミイラルゲ。ドルゲにとっては、バロム・1を倒すことが最優先事項になっているようだ。ミイラルゲのセリフが、それを物語っている。

『コプーの正義のエージェントは、ひとりの時に消す!』ふたりで変身するバロム・1では、どちらか一人の時に倒してしまうのが一番いい。だがドルゲ魔人は、如何せん詰めが甘いのである。

今回のもうひとりの主役と言ってもいいのが、松五郎を演じる砂川啓介氏である。旧ドラえもんの声を演じていた大山のぶよ氏の旦那さんだ。体操のお兄さんでもあった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

超人バロム・1 (4) [バロム・1]

~バロムとは正義と友情のエネルギーをいい、ドルゲとは地球の平和を乱す悪をいう~
《第8話 毒液魔人ナマコルゲ》
原作;さいとうたかを さいとう・プロ
脚本;山崎 久
監督;田口勝彦
バロム1アクション;大野剣友会(中村文弥・岡田勝・中屋敷鉄也)


◆竜浦半島に近い村や町の人達が蒸発するという記事が、毎日のように新聞に載った。悪のエージェント・ドルゲが、竜浦半島の地下に秘密基地を建設するため、奴隷として働かせる人間を必要としていたのだ。

毒液魔人ナマコルゲは、奴隷労働させる人間を誘拐するために造ったドルゲ魔人だった。逆らう人間がいれば、魔人は頭のてっぺんから強力な毒液を出し、それを浴びた生き物は瞬く間に溶けてしまうのだった。

ミスター・ドルゲは、竜浦一帯にレジャーセンターを造るという名目で、土地買収をしようとしていた。亀山水族館・館長の加見山と地主たちに、立ち退き料として大金を見せる資産家のミスター・ドルゲ。地主の全員がドルゲに従う中で、加見山だけは拒否をする。

先祖代々の土地を手放したくないという理由と、子供たちの為に作った水族館を壊されたくないという理由からだ。だが拒否した加見山はナマコルゲに襲われ、ドルゲに操られてしまう。

朝の食卓で、九州から転任してくる新聞社の海野(うんの)という男が、我が家に下宿することになったと父から聞かされる健太郎。そこに猛たち3人が、健太郎を迎えに来た。健太郎は、3人と一緒に竜浦半島にある亀山水族館へ遠足に行く約束をしていたのだ。

ところが亀山水族館に到着してみると、『水族館は今日から廃館です』と言われてしまう。
『昨日問い合わせた時は、そんなこと言ってなかったのに・・・』

ドルゲに操られた館長の加見山が、人を寄せ付けないためにしたことだった。急なことに大勢の人達がガッカリしていると、久美江と三郎はこっそり裏口から入場してしまう。だが暗い館内で、ナマコルゲに捕らえられてしまう。

久美江の悲鳴を聞いた猛と健太郎は、裏口から侵入する。裏口から入ろうとしたとき、サングラスの男が健太郎たちの様子を見ていた。

それに気付いた猛は、ドルゲかもしれないと警戒する。館内でナマコルゲの姿を見た二人は変身しようとするが、床が抜けて猛は水槽の中に落ちてしまう。
『どうだ健太郎。猛がいないとバロム・1にはなれまい!』

そのとき、床が抜けるボタンを誰かが押した。急いで水槽の中に落ちて、水中でバロムクロスをする健太郎。バロム・1登場!アントマン達を蹴散らして、ナマコルゲを追う。水族館の中で捕まっていた久美江と三郎を助けたのは、記者の海野だった。

だが、ナマコルゲは海野から久美江と三郎を再び連れ去ると、地中に消えてしまった。竜浦の町中で、久美江と三郎を探し回る健太郎と猛。だが、町は無人だし電話が通じない。何かをしているサングラスの男がいる。健太郎と猛は怪しむが、ボップが鳴らない。

あの男はドルゲではないのだろうか?すると男が、健太郎たちに話かけてきた。男の正体は、父が話していた下宿人になる海野だった。彼は密かに、ドルゲのことを調べていたという。

三人は、海辺で見かけた加見山の後を追いかけることにした。だが加見山は、洞窟に三人を誘いこむための囮だ。洞窟の入り口で、海野はアントマンに殴られて失神してしまう。健太郎と猛が洞窟の奥まで行くと、そこには友人2人が捕らえられていた。

だが天井から檻が下がってきて、猛と健太郎は別々に閉じ込められてしまう。檻から出された二人は鎖につながれて、ナマコルゲの毒液のマトになろうとしていた。魔人の毒液を浴びたら、体が溶けてしまう。

毒液が健太郎に向かって飛び出したが、間一髪、体をよけると鎖に当たり、右手が自由になった。バロムクロスでバロム・1に変身すると、気絶していた海野と子供達を助け、ナマコルゲの後をマッハロッドで追いかける。

岩陰で待ち伏せしていたナマコルゲは、毒液をバロム・1に浴びせるが、バロム・1には通じない。ナマコルゲは乾燥に弱い。水分が無くなりかけて体が弱くなっている所を、バロム空中落としが炸裂。

魔人は大爆発して死んだ。爆発のショックで建設中の地下基地は崩壊し、奴隷として働いていた人達は岩の割れ目から逃げ出すことに成功する。久美江と三郎も海野と共に逃げ出し、全員無事であったことを喜ぶ健太郎と猛だった。 (終わり)


★★★★★★★★★★★★
今回のゲストは、記者・海野役の水木一郎氏だ。若いねぇ。ところがである。海野の声が別人なのだ。どうしてだろう?OP・ED曲を歌っているから?それともアフレコに間に合わない何かがあったのか?何故だかわからないが、声は別人だ。別の人が声を充てると、どんなにうまくアフレコをしても違和感があるものだ。

追伸)脚本の山崎 久氏は、この回監督の田口勝彦氏の脚本家としてのペンネームである。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

超人バロム・1 (5) [バロム・1]

~バロムとは正義と友情のエネルギーをいい、ドルゲとは地球の平和を乱す悪をいう~
《第1話 悪魔の使い 深海魚人オコゼルゲ》を取り上げます。
原作;さいとうたかを さいとう・プロ
脚本;伊上 勝
監督;田口勝彦
バロム1アクション;大野剣友会(中村文弥・岡田勝・中屋敷鉄也)


◆大宇宙で何千年もの長い間、ふたつの力が戦い続けていた。ひとつは平和と正義を代表するコプーといい、もう一つは悪と呪いの力であるドルゲと言った。激しい戦いは続き、悪の力であるドルゲは遂に地球に到達した。

ドルゲは地中深く潜って根城を築き潜伏していたが、あるとき地上へ向かって行動を開始した。コプーもドルゲの後を追って、地球に到達していた。行動を開始したドルゲは、ドルゲ細胞を人間に注入して自分の手先である「悪のエージェント」を作り、地球征服の先兵にしようとした。

最初の「悪のエージェント」に選ばれたのは、須崎孝一郎だ。ドルゲが須崎のもとに現れて、いうことをきかないと娘を捕らえると脅しをかける。娘・久美江を逃がした須崎だったが、須崎はドルゲに深海魚人オコゼルゲにされてしまう。

久美江は急いで家から逃げ出し、途中でケンカをしている猛と健太郎に出逢う。港南第一小学校の番長こと木戸 猛と学校一の秀才・白鳥健太郎であった。勇気ある健太郎と腕力のある猛は、二人とも正義感がある少年だ。

ドルゲの手先で戦闘員のアントマンが、須崎の娘・久美江を追って襲って来た。
『お父さんが、お父さんがバケモノに・・・』

アントマンが三人に襲いかかり、猛と健太郎も闘いに巻き込まれてしまう。
『ミス港南小学校を守るんだ!』

猛は一人でアントマン達と戦い、健太郎は久美江と一緒に逃げる。しかしアントマンの作る地割れに足を取られた健太郎は、久美江を逃がして、崖っぷちにつかまって落ちそうになっていた。猛が崖の上から右手を出して、ふたりのひじとひじが組み合った。

その様子を見ていたコプーは、正義の力をこのふたりに与えたのだ。
『バ・ローム!』

この瞬間、二人の強い友情のエネルギーが超人バロム・1を生んだ。バロム・1はアントマン達を蹴散らして、簡単に退散させてしまう。コプーは、人間の姿に戻って腕を組んだまま倒れて気を失っている、健太郎と猛の潜在意識に話しかけた。

コプーのこと、ドルゲのこと、そして正義の為に戦えと言って、姿を消した。猛と健太郎は叔父の松五郎たちに発見されると、急いで病院に担ぎ込まれた。コプーが作った「正義のエージェント」の存在を知ったドルゲは、病院に魔人オコゼルゲを送りこんで、その抹殺を図ろうとする。

須崎の姿で病院に現れたオコゼルゲは、お見舞いのフリをして猛と健太郎に会いに来た。しかしコプーからもらったボップが危険を知らせて鳴動すると、頭のキレる健太郎はこの須崎の正体を見抜き、ふたりは病院の屋上へと逃げる。

須崎の姿がオコゼルゲにみるみる変わっていき、猛と健太郎が「正義のエージェント」になる前に始末しようと追いかける。

猛たちは屋上に追い詰められ、猛は健太郎を逃がして一人で戦おうとする。だが健太郎はアントマンと戦う猛に向かって走り出し、無意識のうちに腕と腕とをクロスさせた!
『バローム クロース!』

屋上でオコゼルゲとアントマン達に囲まれた中で、超人バロム・1登場! オコゼルゲが地上までジャンプして、ジープに乗って逃げる。あとを追うバロム・1は、ボップを空高く投げ上げて叫ぶ。
『マッハロッド、ボップ!』

ボップを、バロム・1専用車であるマッハロッドに変化させて、あとを追う。セメント工場に逃げ込んだオコゼルゲは、口から炎を吐いてバロム・1に襲いかかる。パンチとキックで反撃するバロム・1。

バロム・1は、ビルの屋上からオコゼルゲを背負い投げで投げ飛ばし(バロムカット)、地上に激突するオコゼルゲ。ドルゲ細胞が死に、オコゼルゲの姿は久美江の父・須崎へと戻っていった。抱き合う父と娘。

コプーの命が、尽きようとしていた。最後にコプーは、猛と健太郎に言った。超人バロム・1になって正義の為に戦うこと、もしこの秘密を誰かに話せばふたりに災いが起こること。

だが災いの内容を話す前に命が尽きてしまい、ふたりの目の前で爆発してしまう。だが猛と健太郎は、バロム・1の秘密を守り、正義のために戦うことを誓うのだった。 (終わり)


★★★★★★★★★★★★
マッハロッドにも、ナンバープレートが付いているんだなぁ・・・。前には無いが、後ろに付いている。画質が悪いけど、数字だけ読める。79-56。大発見(笑)
木戸猛の父親役は、いい声の小林清志氏。なんと敏腕刑事役である。ルパンの時は大泥棒の片腕だったのにね。今では、ルパン一味でただ一人残るオリジナル声優だ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ