So-net無料ブログ作成
検索選択

超人バロム・1 (4) [バロム・1]

~バロムとは正義と友情のエネルギーをいい、ドルゲとは地球の平和を乱す悪をいう~
《第8話 毒液魔人ナマコルゲ》
原作;さいとうたかを さいとう・プロ
脚本;山崎 久
監督;田口勝彦
バロム1アクション;大野剣友会(中村文弥・岡田勝・中屋敷鉄也)


◆竜浦半島に近い村や町の人達が蒸発するという記事が、毎日のように新聞に載った。悪のエージェント・ドルゲが、竜浦半島の地下に秘密基地を建設するため、奴隷として働かせる人間を必要としていたのだ。

毒液魔人ナマコルゲは、奴隷労働させる人間を誘拐するために造ったドルゲ魔人だった。逆らう人間がいれば、魔人は頭のてっぺんから強力な毒液を出し、それを浴びた生き物は瞬く間に溶けてしまうのだった。

ミスター・ドルゲは、竜浦一帯にレジャーセンターを造るという名目で、土地買収をしようとしていた。亀山水族館・館長の加見山と地主たちに、立ち退き料として大金を見せる資産家のミスター・ドルゲ。地主の全員がドルゲに従う中で、加見山だけは拒否をする。

先祖代々の土地を手放したくないという理由と、子供たちの為に作った水族館を壊されたくないという理由からだ。だが拒否した加見山はナマコルゲに襲われ、ドルゲに操られてしまう。

朝の食卓で、九州から転任してくる新聞社の海野(うんの)という男が、我が家に下宿することになったと父から聞かされる健太郎。そこに猛たち3人が、健太郎を迎えに来た。健太郎は、3人と一緒に竜浦半島にある亀山水族館へ遠足に行く約束をしていたのだ。

ところが亀山水族館に到着してみると、『水族館は今日から廃館です』と言われてしまう。
『昨日問い合わせた時は、そんなこと言ってなかったのに・・・』

ドルゲに操られた館長の加見山が、人を寄せ付けないためにしたことだった。急なことに大勢の人達がガッカリしていると、久美江と三郎はこっそり裏口から入場してしまう。だが暗い館内で、ナマコルゲに捕らえられてしまう。

久美江の悲鳴を聞いた猛と健太郎は、裏口から侵入する。裏口から入ろうとしたとき、サングラスの男が健太郎たちの様子を見ていた。

それに気付いた猛は、ドルゲかもしれないと警戒する。館内でナマコルゲの姿を見た二人は変身しようとするが、床が抜けて猛は水槽の中に落ちてしまう。
『どうだ健太郎。猛がいないとバロム・1にはなれまい!』

そのとき、床が抜けるボタンを誰かが押した。急いで水槽の中に落ちて、水中でバロムクロスをする健太郎。バロム・1登場!アントマン達を蹴散らして、ナマコルゲを追う。水族館の中で捕まっていた久美江と三郎を助けたのは、記者の海野だった。

だが、ナマコルゲは海野から久美江と三郎を再び連れ去ると、地中に消えてしまった。竜浦の町中で、久美江と三郎を探し回る健太郎と猛。だが、町は無人だし電話が通じない。何かをしているサングラスの男がいる。健太郎と猛は怪しむが、ボップが鳴らない。

あの男はドルゲではないのだろうか?すると男が、健太郎たちに話かけてきた。男の正体は、父が話していた下宿人になる海野だった。彼は密かに、ドルゲのことを調べていたという。

三人は、海辺で見かけた加見山の後を追いかけることにした。だが加見山は、洞窟に三人を誘いこむための囮だ。洞窟の入り口で、海野はアントマンに殴られて失神してしまう。健太郎と猛が洞窟の奥まで行くと、そこには友人2人が捕らえられていた。

だが天井から檻が下がってきて、猛と健太郎は別々に閉じ込められてしまう。檻から出された二人は鎖につながれて、ナマコルゲの毒液のマトになろうとしていた。魔人の毒液を浴びたら、体が溶けてしまう。

毒液が健太郎に向かって飛び出したが、間一髪、体をよけると鎖に当たり、右手が自由になった。バロムクロスでバロム・1に変身すると、気絶していた海野と子供達を助け、ナマコルゲの後をマッハロッドで追いかける。

岩陰で待ち伏せしていたナマコルゲは、毒液をバロム・1に浴びせるが、バロム・1には通じない。ナマコルゲは乾燥に弱い。水分が無くなりかけて体が弱くなっている所を、バロム空中落としが炸裂。

魔人は大爆発して死んだ。爆発のショックで建設中の地下基地は崩壊し、奴隷として働いていた人達は岩の割れ目から逃げ出すことに成功する。久美江と三郎も海野と共に逃げ出し、全員無事であったことを喜ぶ健太郎と猛だった。 (終わり)


★★★★★★★★★★★★
今回のゲストは、記者・海野役の水木一郎氏だ。若いねぇ。ところがである。海野の声が別人なのだ。どうしてだろう?OP・ED曲を歌っているから?それともアフレコに間に合わない何かがあったのか?何故だかわからないが、声は別人だ。別の人が声を充てると、どんなにうまくアフレコをしても違和感があるものだ。

追伸)脚本の山崎 久氏は、この回監督の田口勝彦氏の脚本家としてのペンネームである。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

超人バロム・1 (5) [バロム・1]

~バロムとは正義と友情のエネルギーをいい、ドルゲとは地球の平和を乱す悪をいう~
《第1話 悪魔の使い 深海魚人オコゼルゲ》を取り上げます。
原作;さいとうたかを さいとう・プロ
脚本;伊上 勝
監督;田口勝彦
バロム1アクション;大野剣友会(中村文弥・岡田勝・中屋敷鉄也)


◆大宇宙で何千年もの長い間、ふたつの力が戦い続けていた。ひとつは平和と正義を代表するコプーといい、もう一つは悪と呪いの力であるドルゲと言った。激しい戦いは続き、悪の力であるドルゲは遂に地球に到達した。

ドルゲは地中深く潜って根城を築き潜伏していたが、あるとき地上へ向かって行動を開始した。コプーもドルゲの後を追って、地球に到達していた。行動を開始したドルゲは、ドルゲ細胞を人間に注入して自分の手先である「悪のエージェント」を作り、地球征服の先兵にしようとした。

最初の「悪のエージェント」に選ばれたのは、須崎孝一郎だ。ドルゲが須崎のもとに現れて、いうことをきかないと娘を捕らえると脅しをかける。娘・久美江を逃がした須崎だったが、須崎はドルゲに深海魚人オコゼルゲにされてしまう。

久美江は急いで家から逃げ出し、途中でケンカをしている猛と健太郎に出逢う。港南第一小学校の番長こと木戸 猛と学校一の秀才・白鳥健太郎であった。勇気ある健太郎と腕力のある猛は、二人とも正義感がある少年だ。

ドルゲの手先で戦闘員のアントマンが、須崎の娘・久美江を追って襲って来た。
『お父さんが、お父さんがバケモノに・・・』

アントマンが三人に襲いかかり、猛と健太郎も闘いに巻き込まれてしまう。
『ミス港南小学校を守るんだ!』

猛は一人でアントマン達と戦い、健太郎は久美江と一緒に逃げる。しかしアントマンの作る地割れに足を取られた健太郎は、久美江を逃がして、崖っぷちにつかまって落ちそうになっていた。猛が崖の上から右手を出して、ふたりのひじとひじが組み合った。

その様子を見ていたコプーは、正義の力をこのふたりに与えたのだ。
『バ・ローム!』

この瞬間、二人の強い友情のエネルギーが超人バロム・1を生んだ。バロム・1はアントマン達を蹴散らして、簡単に退散させてしまう。コプーは、人間の姿に戻って腕を組んだまま倒れて気を失っている、健太郎と猛の潜在意識に話しかけた。

コプーのこと、ドルゲのこと、そして正義の為に戦えと言って、姿を消した。猛と健太郎は叔父の松五郎たちに発見されると、急いで病院に担ぎ込まれた。コプーが作った「正義のエージェント」の存在を知ったドルゲは、病院に魔人オコゼルゲを送りこんで、その抹殺を図ろうとする。

須崎の姿で病院に現れたオコゼルゲは、お見舞いのフリをして猛と健太郎に会いに来た。しかしコプーからもらったボップが危険を知らせて鳴動すると、頭のキレる健太郎はこの須崎の正体を見抜き、ふたりは病院の屋上へと逃げる。

須崎の姿がオコゼルゲにみるみる変わっていき、猛と健太郎が「正義のエージェント」になる前に始末しようと追いかける。

猛たちは屋上に追い詰められ、猛は健太郎を逃がして一人で戦おうとする。だが健太郎はアントマンと戦う猛に向かって走り出し、無意識のうちに腕と腕とをクロスさせた!
『バローム クロース!』

屋上でオコゼルゲとアントマン達に囲まれた中で、超人バロム・1登場! オコゼルゲが地上までジャンプして、ジープに乗って逃げる。あとを追うバロム・1は、ボップを空高く投げ上げて叫ぶ。
『マッハロッド、ボップ!』

ボップを、バロム・1専用車であるマッハロッドに変化させて、あとを追う。セメント工場に逃げ込んだオコゼルゲは、口から炎を吐いてバロム・1に襲いかかる。パンチとキックで反撃するバロム・1。

バロム・1は、ビルの屋上からオコゼルゲを背負い投げで投げ飛ばし(バロムカット)、地上に激突するオコゼルゲ。ドルゲ細胞が死に、オコゼルゲの姿は久美江の父・須崎へと戻っていった。抱き合う父と娘。

コプーの命が、尽きようとしていた。最後にコプーは、猛と健太郎に言った。超人バロム・1になって正義の為に戦うこと、もしこの秘密を誰かに話せばふたりに災いが起こること。

だが災いの内容を話す前に命が尽きてしまい、ふたりの目の前で爆発してしまう。だが猛と健太郎は、バロム・1の秘密を守り、正義のために戦うことを誓うのだった。 (終わり)


★★★★★★★★★★★★
マッハロッドにも、ナンバープレートが付いているんだなぁ・・・。前には無いが、後ろに付いている。画質が悪いけど、数字だけ読める。79-56。大発見(笑)
木戸猛の父親役は、いい声の小林清志氏。なんと敏腕刑事役である。ルパンの時は大泥棒の片腕だったのにね。今では、ルパン一味でただ一人残るオリジナル声優だ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

超人バロム・1 (6) [バロム・1]

~バロムとは正義と友情のエネルギーをいい、ドルゲとは地球の平和を乱す悪をいう~
《第6話 怪腕魔人エビビルゲ》を取り上げます。
原作;さいとうたかを さいとう・プロ
脚本;伊上 勝  
監督;折田 至
バロム1アクション;大野剣友会(中村文弥・岡田勝・中屋敷鉄也)


◆悪のエージェント・ドルゲは、猛と健太郎の熱い友情のエネルギーがバロム・1を生むことに目をつけた。二人の友情を壊して、バロム・1を封じてしまう作戦を立てた。

木戸猛の父・倫太郎は警視庁の鬼刑事と言われる男で、いつも多忙を極めている。そんな父の仕事に久しぶりの休みが取れたので、猛は叔父の松五郎と三人で、三浦海岸で釣りを楽しんでいた。弁当を食べようとして、猛はボップが鳴っていることに気付く。

猛は周辺を警戒していたが、三人はトラックが崖から転落する事故を目撃する。木戸刑事は事故現場で崖から落ちそうなトラック運転手を助けにいくが、その男はドルゲ魔人の変身であった。

男はエビビルゲになって木戸刑事に襲いかかり気絶させると、地中深くドルゲ基地へとさらっていってしまう。公衆電話を探して119番通報をしてから事故現場へ行った猛は、崖から降りるためのロープを借りてきた松五郎から、怪我人と兄貴が消えてしまったという話をきく。

一方、もう一人のバロム・1の分身、白鳥健太郎の父は日読新聞社社会部のデスクで、子供が同級生であり、記者と刑事という仕事柄、二人は顔見知りであった。猛から連絡を受けた健太郎は、ふたりで日読新聞社へ行くが、木戸刑事が白鳥デスクを連れだした後だった。

車の中で木戸刑事に化けていたエビビルゲは正体を現して、助手席の白鳥デスクを襲って拉致してしまう。タクシーを拾って木戸刑事が運転する車のあとを追う健太郎と猛は、ボップが鳴っていることに気付く。二人の乗ったタクシーの運転手が、アントマンだったのだ。

ワナにかかった猛と健太郎。運転席のアントマンは姿を消し、走行するタクシーは運転手のいないまま、電車が近づく踏切に向かって突っ走っていく。二人はバロムクロスで変身、脱出してタクシーを無事に止めるが、白鳥デスクを乗せた車を見失ってしまう。

バロム・1の前に魔人エビビルゲが現れて、気絶している白鳥デスクと木戸刑事を人質に見せられ、バロム・1はエビビルゲの攻撃を受けるが手が出せずに敵前逃亡するしかなかった。

猛は、健太郎が弱腰で逃げたことを非難し、健太郎も猛を責めた。二人の友情の間にひびが入り、ケンカ別れの状態になってしまう。

『ルロロロロ・・・正義と友情によって生まれる超能力。今コプーの正義のエージェントの超能力は消えた。ド~ルゲ~!』

白鳥デスクの声で、木戸刑事が三浦海岸沖で救出され、ヨットハーバーにいるという電話が木戸家に入る。猛がひとりでヨットハーバーへ行ったことを猛の姉から聞かされた健太郎は、それがワナだと知っていて向かった猛を助けるために、出かけて行く。

『正義のエージェントといえども、子供は子供だ。父親のためには友情を忘れ、使命も忘れ・・・コプーは大きな間違いをしたわけだ』

白鳥デスクに化けたエビビルゲは、猛と健太郎の前で穏やかな口ぶりでそう述べると、アントマン達にふたりを捕まえるよう指令した。白鳥デスクの姿から変わって正体を現した怪人の前でバロムクロスをする猛と健太郎だが、変身出来ない。

『ビルビルビルビル(怪人の声)・・・やっと解ったか!なぜドルゲ様が一度にお前達の父を捕まえたか。それはお前達の友情とかいうエネルギーを消して、超能力を奪うためだ!』

猛と健太郎はアントマンに捕まると、エビビルゲに父親達の本当の居場所を尋ね、近くに停泊しているヨットの船室にいることを知る。隠れていた松五郎にそれを聞かせてそのヨットを出港させ、二人は隙を見てアントマンから逃げ出すと、バロムクロスでバロム・1に変身した。

さっきのバロムクロスは、ニセのポーズだったのだ。怒ったエビビルゲは、ジャンプして松五郎の乗ったヨットに乗り込んできた。大ジャンプしてバロム・1もそのヨットに乗り込むと、エビビルゲと格闘になった。アントマンが操縦するモーターボートに乗り移って逃げるエビビルゲ。

ベルトから外したボップを空高く投げ上げてマッハロッドに変化させると、それに乗り空中を飛行してモーターボートを追いかけるバロム・1。モーターボートから三浦海岸の岩場へ大ジャンプしたエビビルゲとそれを追うバロム・1は、そこで最後の攻防を展開する。

大きなハサミを振り回して、海へ突き落そうとするエビビルゲ。足場の悪い岩場を猛ダッシュして、バロムブレイクを3発かますと、3発目に大きく吹っ飛ばされたエビビルゲは大爆発して果てた。こうして白鳥デスクと木戸刑事は、ドルゲの魔手から無事に助け出されたのであった。 (終わり)


★★★★★★★★★★★★
怪腕魔人エビビルゲは可愛い顔をしている。全身を固い甲羅で覆われているため強そうに見える怪人だが、なにしろ可愛い顔なのだ。海老は怪人に向かないね!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

超人バロム・1 (7) [バロム・1]

《第21話 悪魔シリーズ/魔人クチビルゲがバロム・1を食う!》を取り上げます。

原作;さいとうたかを さいとう・プロ
脚本;滝沢真理
企画;平山 亨・佐野寿七
音楽;菊池俊輔
監督;田口勝彦
バロム1アクション;大野剣友会(中村文弥・大杉雄太郎・中屋敷鉄也)


◆松五郎たちが住む町の町内会では、夏になると町のこども会の恒例行事である肝試し大会が行なわれる。目的地に置いてあるワッペンを取ってくれば、それが証拠になる。掛け時計の鐘が午後11時の鐘をならした。

松五郎宅に集まったこども会のメンバーから、今年はコウタとチャコの兄妹が最初に行くことになった。
『さぁ、これだぞ。下っ腹に力を入れて、行ってこい!』

松五郎に促され、ふたりは懐中電灯を持ち、町に一つしかない墓地へ向かって出発した。途中で、酔っ払いが電話ボックスの前で倒れているの見た小1のチャコが驚いて叫んだ。

『あっ、人が死んでる!』
『なぁんだ、酔っ払いじゃないか・・・』

小4の兄は、妹よりも冷静だ。怖がる妹をなだめながら、墓地内のある場所に置いてあるワッペンを無事ゲットしたコウタ。帰り路、さっきの電話ボックスにさしかかろうとした時、男の叫び声を聞いた二人。

近くの竹やぶに隠れていた二人が見たものは、巨大なクチビルが男性を食べているところだった。頭から丸飲みしたくちびるの化け物は、すべて飲み込むと、カバンと服と靴を吐き捨てて、その場を去っていった。

その一部始終を見てしまったコウタは、怪物がどこへ行くのかを確かめようと、チャコを連れてあとを追って行った。クチビルの化け物、魔人クチビルゲは、ある洋館に入っていくのを見たコウタはチャコを連れて後から入っていく。

部屋の中でクチビルゲを見失うコウタ。だが、クチビルゲは、ふたりが追ってくることを知っていた。今度は二人の前に姿を現すクチビルゲ。
『よく来たな、小僧ども・・・逃がさんぞ』

一方、松五郎の家で、松五郎と一緒に健太郎と猛も二人を待っていた。だが、午前1時になっても戻って来ない二人を心配していた。
『おかしいぞ、こんなに(時間が)かかるなんて』・・・

コウタはチャコを連れて、街中を逃げていた。階段につまずいたチャコを助けようとして、ふたりはクチビルゲに捕まりそうになってしまう。
『待て!・・・私が相手だ!ドルゲ魔人』

クチビルゲは、小さなチャコを連れて逃げて行く。暗闇に紛れてアントマン達がバロムワンを襲ってくる。暗くて相手がよく見えないバロムワンは、ボップをサーチライトのように光らせて、明かりの中でアントマン達を倒す。

だが、その間にチャコとコウタは捕らわれて、クチビルゲと共に消えていた。地底では、魔人ドルゲが次の指令をクチビルゲに出していた。

『ルロロロロ・・・食欲の化身クチビルゲよ、(子供達を食べずに)よく我慢した。お前にとって一番うまいバロムワンの心臓を食うためには、ワナをしかけておびき寄せるのだ。クチビルゲよ、お前はしばらく絶食して、バロムワンの心臓を食い破る力を付けなければならない。わかったか・・・』

巨大なクチビルが、よだれを流していた。
『食いたい・・・早くバロムワンの心臓を・・・』

コウタは目覚めると、天地探偵事務所のベッドの上にいた。そこは、天地大五郎という私立探偵の自宅だった。倒れていたコウタを運んで来たという。コウタはお礼を言うと、チャコを探すために、昨夜クチビルゲが逃げ込んだ洋館へ行くと言って、外へ出て行った。

一方、松五郎と健太郎と猛は、朝から行方不明のコウタとチャコを探していたが、洋館の前を通った時に、そこでコウタを見かけるのだった。

『そこで、なにやってんだよ!』
『ここで、チャコが連れ去られたんだ・・・』

天地大五郎があとから現れ、5人は洋館の中へ入ってみることにした。洋館の中で、猛が壁掛けの絵をずらした時、ボタンを見つけた。それを押すと、松五郎が立っている辺りの床が抜けて、地下道に落ちた。

4人は順番に地下道へ入っていくと、天地探偵と猛、松五郎と健太郎、コウタに別れて、探すことにした。これはワナであった。暗闇の中、天地探偵の姿を見失った猛は、アントマンとクチビルゲに襲われてしまう。松五郎達もアントマンに襲われ、危機一髪。

猛はボップを投げて健太郎に知らせると、ふたりは空中へジャンプして、バロムクロスをした。バロムワン登場!天地探偵は、実はクチビルゲの化身であった。それを見破ったバロムワンだったが、コウタとチャコは依然クチビルゲに人質にされたままであった。

ビルの屋上にふたりはロープで縛られたまま、人質になっている。助けを呼ぶ声で二人を見つけたバロムワンは二人のいる屋上に降り立つが、そこで待っていたのは、クチビルゲのワナであった。

『降参しないと、この二人を食うぞ!』
『どこまでも卑怯なヤツ!』

ボップを捨てさせられ、飛び道具が無くなったバロムワン。クチビルゲはその鉄の爪の生えた右手で、バロムワンの左胸の心臓をつかむ。
『うう・・・』

アントマン達に手足を押さえられ、身動き出来ないバロムワンの心臓をつかみ取ろうとするクチビルゲ。
『まだ、負けるわけにはいかない・・・』

クチビルゲはバロムワンの心臓をつかみそこない、弾き飛ばされてしまう。バロムワンの胸の厚いプロテクターが、心臓を守ってくれたのだ。

チャコとコウタを助けたバロムワンは、ふたりを安全な場所に逃がすと、クチビルゲと一騎打ちをする。別のビルの屋上へ飛んだクチビルゲを追いかけ、蹴り飛ばして屋上から地上へ落下させてしまった。

バロムワンの頭部をクチビルゲが丸飲みしようとしたため、バロムワンは脱出するためにアッパーカット・パンチをお見舞いした。そして相手との距離を取って、今度は必殺のバロム爆弾パンチでとどめを刺すのであった。クチビルゲはビルから転落して、大爆発してしまう。

コウタとチャコの幼い兄妹を無事に救ったバロムワンは、マッハロッドにふたりを乗せて、松五郎のいる所まで届けたあと、去っていくのであった。 (終わり)


★★★★★★★★★★★★
コウタ役は、新マンで次郎役を演じた川口英樹氏。天地大五郎探偵役に、悪魔くんのメフィスト役を演じた吉田義夫氏がゲスト出演。

nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ