So-net無料ブログ作成
キカイダー対談 ブログトップ
前の4件 | 次の4件

キカイダーの音楽・渡辺宙明先生の世界 ~キカイダーには『宙明節(チュウメイブシ)』の原典が詰まっている [キカイダー対談]

70年代から特撮番組やアニメ番組で数々のヒット主題歌を作ってきた作曲家といえば、『渡辺宙明』先生と『菊池俊輔』先生のおふたりである。

渡辺宙明先生の代表作と言えば『マジンガーZ』だと思うが、人造人間キカイダーやキカイダー01でも、聞いていて歌っていて心地よさを感じるのは、先生の力量がいかんなく発揮されているからだと思う。

ささきいさお氏の回で話していたように、子供番組だから子供向けにという考え方を止めて、一つの作品として作ろうという考え方が良かったのだろう。

筆者も含めて当時子供として見ていたそれらの番組の主題歌を、大人になってカラオケで歌ってもおかしくないのは、まさに子供向けに出来ていないからであろう!ちなみに筆者は、『新造人間キャシャーン(菊池俊輔先生作曲)』や『マジンガーZ』がお気に入りで、酔った勢いで歌うこともあるぜっーと!

では、宙明先生のインタビューをどうぞ。


★★★★★★★★★★★★
司会;
「人造人間キカイダーは、マジンガーZと双璧をなす渡辺さんの代表作ですが、どういった経緯でお話があったんですか?」

渡辺先生;
「東映さんとはそれ以前からお付き合いがありまして、『キカイダー』の少し前にも、『五番目の刑事(69年)』という刑事ドラマをやらせていただいたんです。そのあとに東映の某部長さんから『SFドラマがあるんだけど、やってみないか』とお声をかけていただいたんです。」

司会;
「そのSFドラマが『キカイダー』だったと・・・」

先生;
「そうなんです。SFドラマと聞いてもっと違ったものを想像していたんですが、企画書を見せて貰ったら、“変身ヒーローもの“で、私が抱いていたイメージとは違っていたので驚いてしまって(微笑)。でもそれなら、『他に無いようなテイストの曲を作ってやろう』という意欲がすぐに湧いてきましたね。

それで行きつけのレコード店でヒーローもののレコードをいくつか買ってきて、聴いてみたんです。マーチ調のものなどがありました。当時の主流はそんな感じでしたが、じゃあ自分は、ロック調でやってみようと考えました。

それ以前に私がやった『忍者部隊月光(65年)』では、プロデューサーが音楽好きでしたから、ベンチャーズのようなエレキバンドのテイストを採り入れたりしていました。その時に少し研究していたので、土台はもう出来ていたのかもしれません。

確か『花笠お竜(70年)』でもロック風の音使いをしていたので、『キカイダー』の作曲で特に苦労したということは、ありませんでしたね」

司会;
「実際に作曲するに当たって配慮された点を、お聞かせください」

先生;
「そこまでの活動の中で構築されてきた自分の音楽の理想像とか、日本人向きの音楽の理想像というのがありまして、そのあたりを意識しながら作曲にあたりました。あとはアクションものですから、パンチの効いた音楽にしようと。

それから作曲をして行くうちに段々と哀愁を帯びた感じが入って来ましてね。打ち合わせで石ノ森先生と何度かお会いして話をしているうちに、先生のカラー(イメージ)が私の中にも入ってきて、無意識のうちにそういう曲調になってしまったんじゃないかと思っています(微笑)」

司会;
「主題歌については、いかがでしょう?」

先生;
「主題歌はメイジャーだと明るすぎるのでマイナー系にして。私の場合、主題歌はほとんどマイナーです。マイナーペンタトニックという手法がありまして、これを使ってやろうと考えました。これはロックや日本民謡でよく使われる手法です。

『ゴーゴーキカイダー』や『Zのテーマ』をはじめとする主題歌で私はよく使っていまして、いわゆるファンの皆さんが言っている“宙明節”の源泉といえるかもしれないですね」

司会;
「実際の収録はどのように行われましたか?」

先生;
「最初に私が作ったメロディをピアノの弾き語りで、東映、石森プロ、日本コロムビア、テレビ朝日(当時NET)、旭通信社のプロデューサーさんや担当諸氏に聞いてもらい、それから編曲、収録という流れでした。

キカイダーは、歌はコロムビアさんの本社スタジオで録っているんですが、バックのオーケストラは旧スタジオで収録しました」

司会;
「ジロー、サブロー、イチロー、ギルといったメインキャラクターが楽器を奏するということで、それぞれモチーフの楽器を用いたテーマ音楽があったのが特徴的でしたが」

先生;
「そうですね、あれは面白い設定でしたね。音楽的につながりが出来ましたから。ジローのキターはクラシックのギタリストに来て頂いて、別の日に演奏してもらったものです。これはエレキギターによる別バージョンもありまして、ハンペン(服部半平)がジローを真似てギターをつま弾きながら登場した(第20話)際に、使われていました」

司会;
「サブローの口笛は、生音ですよね?」

先生;
「そうです。ただBGM録音で奏者を呼んだ覚えが無いので、おそらく挿入歌『サブローのテーマ』を収録した時に、別録りしたんでしょう」

司会;
「特に聴いていて目立つのが曲のテンポなんですが、子供番組とは思えないのですが」

先生;
「あまり子供番組ということを意識してやっていませんでしたからね。追跡とか捜査をイメージした感じの曲だとブルージー(ブルース風)な音使いで仕上げていて、それがチェイスシーンのようなアクションがらみのものだとロック調になって、テンポもグッと早めています」

司会;
「ハカイダーとの対決テーマとか、刑事ドラマ調のアダルトな感じのメロディもおおいですね」

先生;
「マジンガーZを手掛けた後なので、その影響が出ているというかマンガチックなイメージもありますね。私は『マジンガーZ』で音使いが少し変わって、音に厚みを持たせる手法が解ってきたんです。だからそれ以前と以降ではまるで違うんです」

司会;
「続いてキカイダー01についてお聞かせください」

先生;
「1回目がイチローの変身、イチローのトランペットや主題歌・挿入歌アレンジが主で、その後ビジンダーの登場に合わせてビジンダーのハープの音楽を録り足しています。キカイダーの2回目録音の時に不足分を録ってあったので、ストックは十分あったんです」

司会;
「ボーカルを担当された方には、どんな印象をお持ちですか?」

先生;
「秀夕木(ヒデ夕樹)さんが上手かったですね。イナズマンFやスパイダーマンでも歌ってもらいましたが、できればもっと歌って頂きたかったですね。亡くなられてしまったのが、非常に残念です。子門真人さんが独特の美声と唱法で、印象的です。

哀愁漂う曲にピタリとはまるんですよ、『キカイダー子守唄』など気に入っています。水木一郎さんにはマジンガーZ以来、数多くの私の曲を歌ってもらっています。ファンの方に人気の高い『ハカイダーの歌』も、力強さとシャープなイメージが共存していていい感じでした」

司会;
「振り返ってみて、キカイダー、キカイダー01という作品をどうお思いですか?」

先生;
「『キカイダー』と『キカイダー01』には、今後も使っていきたい音使いがあります。ファンのみなさんがおっしゃっている“宙明節” “宙明サウンド”の本質、原典が詰まっていると思うんです」


★★★★★★★★★★★★
渡辺宙明先生は、60年代半ばの映画『夕陽のガンマン』や『荒野の用心棒』の作曲家、エンニオ・モリコーネの影響を受けているという。影響を受けた音楽は、まず頭の中に叩き込んでおいて自分なりにこなしてから、それを自分のものとして出していくという手法で作るそうだ。

そうして出来上がったのが、マカロニウエスタン調の曲、『ぼくらのキカイダー』や『サブローのテーマ』などの哀愁漂う秀逸なメロディである。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

キカイダー、キカイダー01を企画した男 ~少女からの反応というのが意外にありまして [キカイダー対談]

『人造人間キカイダー』『キカイダー01』の企画・プロデュースをした、テレビ朝日(当時NET)のプロデューサー・宮崎慎一氏の話を紹介する。東映京都撮影所に入社されて、制作助手として勤務。その後NETへ出向して局のプロデューサーとなる。

数々のヒット番組を手がけた敏腕プロデューサーである。『狼少年ケン(63年)』『ジャイアントロボ(67年)』『河童の三平妖怪大作戦(68年)『ミクロイドS(73年)』『バビル二世(73年)』『アクマイザー3(75年)』など。大人向けテレビドラマでは、『鬼平犯科帳』や『遠山の金さん捕物帳』など。代表作を挙げたら枚挙に暇がない。
ではどうぞ。

聞き手;
「石ノ森先生との出会いから伺います」

宮崎氏;
「とにかく絵が上手いなと思いましたね。こちらからお願いしたものにプラスアルファを加えて創ってくれることに、いつも驚かされました。

この注文は普通に考えれば仕上げてくれる人はいないだろう、でも石ノ森先生なら一週間位悩めば応えてくれそうだと思ってお願いしたら、翌日に『出来たから、取りに来て』という電話を貰った時には、本当に驚きました。

先生と初めてお会いしたのは、東映動画(現・東映アニメーション)で制作した『サイボーグ009』の最初のテレビシリーズじゃなかったかな。その後が『人造人間キカイダー』です。

『仮面ライダー(71年)』から『秘密戦隊ゴレンジャー(75年)』までのヒーローものの流れの中で、少し変えてみようと思ったのが、『キカイダー』だったんです。手塚治虫先生の『鉄腕アトム』が、明るく伸び伸びとしている。

『キカイダー』は、人間でもあり機械でもあるし、人間でもない機械でもないという。そういう何か疎外された者のような感じが、作品の中に出てくるといいなぁと思いました。石ノ森先生もその辺の所をある意味不気味に、機械が透けて見えるものを描いて下さいましたから。

で、平山さん(元東映プロデューサー)が、フランケンシュタインのイメージだと思いついたんですよ。フランケンシュタイン的な、人間でなく化け物でもない、それでカッコいいものだったらスポンサーもつくんじゃないかと」

聞き手;
「番組タイトルで、ご苦労されたと聞いておりますが」

宮崎氏;
「そうなんです。平山さんが70くらいタイトルを考えてきたんだけども、全部蹴飛ばされて。最後にやけくそになって、最初に出した案で『奇怪』をカタカナに置き換えて、『キカイダー』として出したら、その案が通ったという、いい加減な話でね(笑)。

石ノ森先生が天才なんです。世間よりも考えが、1年半から2年先に行ってるんです。『あ、これはやれそうだ』と思ったものよりも、企画が一度流れて1年半から2年して浮上したものの方が当たるんですよ。

『石ノ森先生、先生の発想は2年ぐらい先駆けてるんですよ』って言ったら、『そうかな、じゃあ、あんまりスポンサーに売り込まないで、しばらくしまっておいてよ』なんて言われましたね(笑)。『仮面ライダー』もそうでしょう?

放送スタートから1年くらい経ってから、人気が爆発してる。あれも平山(亨)さんが、一所懸命切り拓いていったんですよ」

聞き手;
「裏番組に『8時だよ!全員集合』という強敵がいたわけですが、そのあたりについて」

宮崎氏;
「『キカイダー』の時も、『デビルマン』とカップリングするような形で、『全員集合』にぶつかってますね。僕はね、何故かみんながお手上げでやらないという枠を任されてしまう所がよくあったんですよ(苦笑)。

それでも善戦してこられたのは、特撮番組は平山さんの力がありましたし、アニメーションは横山賢二、高畑順三郎ら、東映動画の優秀なスタッフの力がありましたから、そのお蔭でしたね」

聞き手;
「その8時台に子供番組の枠を、と考えらえたきっかけは?」

宮崎氏;
「テレビ朝日は、昔はゴールデンタイムが弱かったんです。夜9時台で放送した『奥様は魔女(66年)』が当たってリサーチしたら、子供も観てるんですね。夜9時台で子供が観てるなら、8時台でも行けるんじゃないかなと。それで試みたのが『魔法使いサリー』だったわけです。その流れがあって、『キカイダー』があったんです」

聞き手;
「それでも純粋な子供番組を持ってくるのは、冒険だったのでは?」

宮崎氏;
「はっきり言ってしまうと、何をやっても他局に負けてしまうんで、ダメで元々だという部分もあったんです。だからいろいろやれたし、逆にやり易かった。ちゃんと見通しがあって、算段を持って勝負したわけでは無いんですよ(苦笑)」

聞き手;
「そのせいか、『キカイダー』や『キューティハニー』などは少し高い年齢層向けに作品が創られていたように思いますが」

宮崎氏;
「そうですね。それと子供雑誌の編集者さんから言われたことなんですが、『子供だと思って、編集するな。大人のつもりで創れ!』と。相手が大人のつもりで創らなければダメなんだと。

ホントはもっと大人向きに(高い年齢をみて)創っても良かったかなと今になって思うんです。でもあれがその当時の我々の限界だったと思いますね」

聞き手;
「そこにハカイダーというアンチヒーローの登場もあったわけですが」

宮崎氏;
「ハカイダーが受け入れられたのは、やっぱり子供を馬鹿にしてはいけないということなんでしょうね。ああいったキャラクターを出せたのは、スポンサー側の態勢もあったんです。ひととおり人形(商品)が売れてしまうと、スポンサー側は次のキャラクターを欲してくる。

じゃあ、こうしましょうと新しいキャラクターを出す。こちらにとってはあまりうれしくない時もあるんですが、ある意味では次への可能性につながっていくんです」

聞き手;
「『キカイダー』の視聴者からの反応はいかがだったのでしょうか?

宮崎氏;
「賛否両論でした。ああいう、一種グロテスクなデザインだったわけですから。ただ少年だけでなく少女からの反応というのが意外にありまして。視聴者の幅が拡がってきているんだなと思いました。

こういったヒーローものに女の子の視聴者がいるんだということが分って来まして、後年やった『秘密戦隊ゴレンジャー』で女の子もメンバーに加えようということになって、モモレンジャーが出来たんです」


★★★★★★★★★★★★
宮崎プロデューサーと故・平山亨氏とは東映時代の同期生で、同じ寮で飯を食った仲だそうだ。その後、平山氏は東映テレビ部のプロデューサーになり、宮崎氏は移籍してテレビ朝日のプロデューサーにと道は別れてもお互いをよく知っているので、宮崎氏に言わせると、『ツーと言わなくてもカー』なのだそうだ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

光明寺マサル役の神谷まさひろ氏が語る人造人間キカイダー(1) [キカイダー対談]

『人造人間キカイダー』は、人造人間ジローがミツコ・マサルの姉弟と共に、行方不明の父・光明寺信彦博士を探しながら、プロフェッサーギルの悪のロボットと戦う話である。マサルを演じた神谷まさひろ氏は、当時12歳。デビューして3年目であった。

所属の劇団から示された3本のうちのどれかを次の仕事として選ぶように言われて、さんざん迷った挙句に選んだのが『キカイダー』だったという。
では、インタビューをどうぞ。


聞き手;
「光明寺マサル役について、どのような印象を持たれましたか?」

神谷氏;
「特に先入観とか無くて。何も分からないですから、監督のおっしゃるとおりに演ってました。第一話の監督が北村さんという鬼監督で、容赦ないですし、現在なら役者に演らせ無いようなことも平気で演らせる。でなければ吊り橋に子供をつるさないですよ、普通。

事前には『ちゃんと人形でやるから』って言ってて、現場に行ったら本当に吊るされて。母親なんか、顔面蒼白でしたよ(笑)しかも装備というのも、みんなが着けていたベルトを寄せ集めて、体中に巻き付けて吊るしてたんです」

聞き手;
「なかなか無茶な撮影でしたね」

神谷氏;
「まぁ、そう演るもんだと思ってたからやってましたけど。サイドカーも、地面のほんの少し上に薄い板があるだけですから。シートベルトもないし、結構怖かったですよ。で、子供でしょう?

普通に座ると姿が見えなくなっちゃうんで、台を乗せてその上に座らされて。ちょこんと座ってるだけですから、いつ放り出されてもおかしくないですもんねぇ」

聞き手;
「共演者の方で、強く印象に残ってる方は?」

神谷氏;
「みんな印象に残ってますが、常にいっしょにいましたから、水の江じゅんさんが印象に強いですね。確か、『大鉄人17(77年)』の第一回の放送が終わった直後に、うちに電話がかかってきて『見たよ~』って。

それで何年かぶりに会話しました。その後は、現場で会うことはありませんでしたからね。年賀状のやり取りは、してましたけど」

聞き手;
「伴大介さんは、どうですか?」

神谷氏;
「一年間ご一緒してましたから、一緒にいて当たり前というような感覚でしたね。撮影が終わってから、『ああ、もう終わってしまったんだ』という淋しさのほうが大きく感じましたね」

聞き手;
「うえだ峻さん(服部半平役)は、いかがですか?」

神谷氏;
「それはもう、印象深いですよ。うえださんのベストキャラクターのひとつですよね、ハンペンは。子供番組に出てくるああいった三名目キャラの定番を作りましたよね。飛び出さず、でも作品には欠かせない存在。

それまでは『仮面ライダー』の滝和也のような、主人公のサポートをきっちり果たすようなキャラクターがほとんどでしたから。そう、マサルが毒にやられて気が触れてしまうという話(第17話)があって。

僕はどうしても、その毒で気が触れるというのが出来なくて、どうしていいのか分からなかった。無気力に笑うというのが、分からなかった。窓を見て突然笑い出すという難しい芝居ですからね。

それにプラスアルファを求められて、困ってしまって。そこで『マー坊、これはね・・・』って言って、横で手取り足取りワンカットずつ演って見せてくれたのがうえださんで、それが一番印象に残っています」

聞き手;
「あの見事な演技は、うえださん譲りだったんですね?」

神谷氏;
「そうです。だから僕の中では第17話が、ストーリー以外では一番印象深いです。そこでハンペン=うえださんへの信頼関係が出来た気がしますね」

聞き手;
「それでマサルとハンペンのやり取りが、絶妙になっていったんですね」

神谷氏;
「内面的にはすごくありましたね。今でも感謝しています。何しろ地方ロケが多い番組でしたから、共演者の方やスタッフの方とも、必要以上に仲良くなってしまいましたね」

聞き手;
「地方ロケ、多いですよね?」

神谷氏;
「多かったですよ~。こっち(東京)で撮ってるときは日が沈んだら撮影は終わりますけど、むこう(ロケ)に行くと『暗くなってきたからホテルの中で』とか、撮影が夜まで続きますからね、キリがない。で、オフの時はサイン会とかショーとか、営業で出ることになっちゃう(苦笑)」

聞き手;
「そういったイベントは、東京ではどうなっていたんですか?」

神谷氏;
「確か、豊島園にはよく本隊が出演してましたね。出演者からサイドマシン・小道具まで、みんな本物で。僕なんかプライベートで遊びに行ってても、見つかるとショーに引っ張り出されるのが定番になってました。事前の打ち合わせとか全く無しでショーに放り込まれる(笑)だから、その後は人が寄ってきちゃって遊べないんですよ」

聞き手;
「ロケでも人が大勢集まったんじゃないですか?」

神谷氏;
「当時のテレビの力っていうのは、凄いですよね。見物に来る人も多くて、どうかするとロケバスから出られないくらい大変で。トレーラーにサイドマシン、サイドカー、後半は白いカラスも積んでロケバスが何台も来たら、やっぱり目立つでしょう。

伴さんもいますし、スタントマンの方達もスーツを着て出番待ちをしてるわけですから、どうやったって目立ちますよ(笑)それ目がけて、自転車でみんな追っかけてきますから、大変でしたね」
(つづく)


★★★★★★★★★★★★
現在、神谷まさひろ氏は50代。ステージショーの演出に目覚めて、若手俳優たち共に新たなステージパフォーマンスを生み出そうと尽力されているそうだ。演じる側から、演出する側へ移ってのご活躍。

子役ながら演じたことの経験を活かして、若いパフォーマーたちに表現の仕方や演出が、よく伝わるような教え方が出来るのではないだろうか。当時、ハンペンが教えてくれたように・・・。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

光明寺マサル役の神谷まさひろ氏が語る人造人間キカイダー(2) [キカイダー対談]

(前回からつづき)
聞き手;
「番組後半では、ストーリー上、ハカイダー=サブローとの絡みも多くなったようですが?」

神谷氏;
「カッコイイですよね、サブロー!後半は、ジロー=キカイダーよりも絡みが多いですからね。デスホイッスルのくだりは、本当によく覚えています。

ドラマ的にもジローへの信頼を取り戻すまで何本も引っ張ってったり、ハカイダーの登場なんて実際の登場の何週も前から予告に出したりして、いよいよ登場!、いよいよ登場!って言って、一向に出てこない。ひと月くらい、引っ張ってましたよね(笑)」

聞き手;
「ビデオで観直していても気持ちをあおられますから、本放送ではかなりつらかったかもしれないですね?」

神谷氏;
「ですよね。また真山譲次さんがカッコよくて。実際にはサブローの登場シーンっていうのはあまり長くないのに、印象がすごく強い。ご本人がまた、サブローそのままというクールな方で。だから『カッコイイなぁ』という憧れがありましたね。

実際、サブローとのやりとりは芝居じゃ無かった気もしますね(照れ笑)デカいナナハン転がして、ナイフで戦ってカッコイイじゃないですか、やっぱり!」

聞き手;
「ゲストの方で印象に残っている方は・・?」

神谷氏;
「斎藤浩子ちゃんかな・・・確か2回出てた」

聞き手;
「斎藤浩子さんは、初恋のお相手とも聞き及んでいるのですが」

神谷氏;
「初恋(笑)と言えば、そうなるかもしれませんね。3~4歳上のお姉さんだったんですけれども、カメラが回ってる時の方が恥ずかしくて。みんなが見てるな~と思うと、どうしても(照れ笑)」

聞き手;
「『人造人間キカイダー』の後は、どのように活動されていたのでしょうか?」

神谷氏;
「学校もありますから。1年レギュラー番組やったら、その後1年間は学業に専念というか、単発ものや夏・冬休みに集中して動くようにしていて。ですから、『キカイダー』の後は1年学業集中、で、その翌年に『電人ザボーガー(74年)』と昼の帯ドラマ。

また1年置いて『大鉄人17(77年)』になります。あの頃はありがたいことに、監督や現場が待っていてくれましたから。『いつでもいいから、空いたら来てくれ』とね。こちらにも選択の余地があったことは、本当にありがたかったなと思うんです」

聞き手;
「『キカイダー』や『大鉄人17』をビデオやCS放送で再び観る機会が生まれています。ある種のレトロブームの様相を肌で感じられたことはありますか?」

神谷氏;
「ありますね。自分の周りでも観直したとか、番組を初めて観て僕の出演に気付いた人とかもいますから。ビデオもそうですが、音楽盤も復刻されています。聴き直してみて、何がカッコイイって水木一郎さんの歌。『ハカイダーの歌』、『サブローのテーマ』が一番。今聴いても、全然古さを感じさせない」

聞き手;
「『人造人間キカイダー』のマサル役は、今どのような存在になっていますか?」

神谷氏;
「石ノ森先生の作品に何本も出ることができたのは、たいへん幸運だったと思っています。作品に出られたこと、キャラクターを演じれれたことは僕の誇りであり、役者である自分に取って隠し玉にもなっていると思うんです。プラスになってもマイナスにはならないですから」


★★★★★★★★★★★★
筆者にとっては、『ウルトラマン』のホシノ少年みたいな感じで記憶に残っているのが、このマサル少年だ。のちに『電人ザボーガー(74年)』や『大鉄人17(77年)』などに出演しているのを観て、「あの時の・・・」と記憶が蘇る。

『大鉄人17』以降、「特捜最前線(76年)」などで準レギュラーを務めたあとは、しばらく芝居の世界から遠ざかっていたようだ。音楽の世界などいろいろと経験して、気が付けば元の芝居の世界に戻ってきていたという。

他の世界を覗くことで、本当に好きなことが見えてくるということだろう。自主制作映画などがあれば出演させてもらったりして、自分を主張できる芝居というものを楽しむ。そしてとことん芝居を楽しんだら、今度はそれを演出するという楽しみに目覚めたとご本人はおっしゃっている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の4件 | 次の4件 キカイダー対談 ブログトップ