So-net無料ブログ作成
検索選択
キカイダー対談 ブログトップ
前の3件 | 次の3件

人造人間キカイダー ~二枚目のハカイダーに戸惑いを感じた! [キカイダー対談]

ハカイダー。このキャラクターはやがてひとり歩きして、ハカイダー自身が主人公として一つのドラマが作られるほど(『牙狼』の雨宮慶太監督によって映像化)に、魅力ある存在になっていった。ハカイダーの魅力が一番顕著なのは、ゼロワンの時よりもキカイダーの時であろう。

プロフェッサー・ギルが作り上げた人造人間なのにギルの言うことをきかなくなり、自分の使命であるキカイダー破壊を邪魔する者は、ギルのロボットであっても容赦しない。やがてプロフェッサーギル・ハカイダー・キカイダーの三つ巴の戦いに発展していく。

ハカイダーの能力はキカイダーを凌いでおり、そして何よりも光明寺博士の脳が頭部にあるため、キカイダーは安易に破壊できないという強みもある。子供番組にしては、内容が複雑な様相を呈しているのである。
今回はハカイダーの声を担当した、声優の飯塚昭三氏にインタビュー。

★★★★★★★★★★★★
飯塚氏;
「いやいや、このキカイダーっていう番組には『えっ?』ていう感じがあるんだよね。大体、怪獣その他のキャラクターをボクはゴッツン・ゴッツンやってきたわけでしょう、のどを痛めながら(苦笑)。で、いつもその妖怪・怪獣の姿・形に合わせて、しゃべるわけ。

グシャッとした奴なら、『グギャア~』っていう感じで。で、この話を頂いてハカイダーの絵を見たら、えらい二枚目や。『エッ?』って思っちゃったの。『この感じはどうやって出そうかなぁ』って、一瞬戸惑いがあったよ。

よし、俺はこのまま自分の声を作ろうとしないで、ちょっと七三に構えた形で、悪を認識しながらやればできるかなぁって思って取り組んだわけよね。この悪のイメージっていうのは、どっちかっていうと、二の線じゃない?二の線っていうのは、つまり仇役っていうのはね、声のトーンがちがうんだよ。

二枚目って言うのは、やっぱり声が高い。だけど仇役っていうか悪は、どっちかっていうと、個性的なニュアンスのある声質だとかしゃべり方だとかが要求されるでしょう?そういうところでやってきたわけだからね。

このハカイダーは二枚目だけど、高い声で気取ったしゃべり方は似合わないし、結局居直って、悪の気持ちを心の中に入れながら、二の線で行けばいいかなって。で、ある種の落ち着きというのかな?それが出たんだけれども」

「役に入るときには必ず、『こいつはどんな歩き方するんだろう?』とか『どういう振り返り方するんだろう?』『どんな飯食ってんだろう』って、考えるわけだよね。で、その動きと生活の中で、声を探るんですよ。

でもハカイダーの役の時には、そういうのとはまた違う、自分がまぁ町を歩いて振り向くのをちょっとカッコつけてやろうかな、っていう感じでやったんだよね。それが良かったか悪かったか・・・」

「次のギルハカイダーが出てきたときは、オッと思ったもん。フィルム観てイヤ~な気持ちしたんだよ、最初。それまでの自分のハカイダーへの思いみたいのが、ちょっと崩れだしたのね。それで平たく言えば、なんかこう捨て鉢な感じでやっちゃえ~てな感じにあのキャラクターを見たの。

これは『ボクのやってきたハカイダーではないな』と。それまでのハカイダーには共感あるけれども、次の奴には共感してないんだよ。それでなんか時代劇風になったっていうかさ。俺もショック受けたよ、あの変化にはね」

アナウンサー;
当時の伴大介さん、池田駿介さんの印象はいかがでしたか?」

飯塚氏;
「伴君は新人という感じではなかったよね。非常に生真面目っていうか、余計なことはおしゃべりしないで、自分の役割に一所懸命になってて。池田君はさ、チョット遠慮がちっていうかさ、控えめな形で演じてたみたいよ。役者らしい感じじゃなくて、会社の課長、部長になっていく感じの人、礼儀正しくてすごくこう清潔な感じにみえたけどね」  (終わり)


★★★★★★★★★★★★
飯塚昭三氏はあらゆる悪のキャラクターの声をやっておられて、悪のイメージしか筆者には無い。あのつぶれたような低い声は、インパクトがあって忘れられない。だがどんなお顔だろうかとプロフィールを見てみると、これが・・・(笑)。いや失礼!ホントに良いオジサンです。いつまでもご活躍を期待しています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

キカイダーの音楽・渡辺宙明先生の世界 ~キカイダーには『宙明節(チュウメイブシ)』の原典が詰まっている [キカイダー対談]

70年代から特撮番組やアニメ番組で数々のヒット主題歌を作ってきた作曲家といえば、『渡辺宙明』先生と『菊池俊輔』先生のおふたりである。

渡辺宙明先生の代表作と言えば『マジンガーZ』だと思うが、人造人間キカイダーやキカイダー01でも、聞いていて歌っていて心地よさを感じるのは、先生の力量がいかんなく発揮されているからだと思う。

ささきいさお氏の回で話していたように、子供番組だから子供向けにという考え方を止めて、一つの作品として作ろうという考え方が良かったのだろう。

筆者も含めて当時子供として見ていたそれらの番組の主題歌を、大人になってカラオケで歌ってもおかしくないのは、まさに子供向けに出来ていないからであろう!ちなみに筆者は、『新造人間キャシャーン(菊池俊輔先生作曲)』や『マジンガーZ』がお気に入りで、酔った勢いで歌うこともあるぜっーと!

では、宙明先生のインタビューをどうぞ。


★★★★★★★★★★★★
司会;
「人造人間キカイダーは、マジンガーZと双璧をなす渡辺さんの代表作ですが、どういった経緯でお話があったんですか?」

渡辺先生;
「東映さんとはそれ以前からお付き合いがありまして、『キカイダー』の少し前にも、『五番目の刑事(69年)』という刑事ドラマをやらせていただいたんです。そのあとに東映の某部長さんから『SFドラマがあるんだけど、やってみないか』とお声をかけていただいたんです。」

司会;
「そのSFドラマが『キカイダー』だったと・・・」

先生;
「そうなんです。SFドラマと聞いてもっと違ったものを想像していたんですが、企画書を見せて貰ったら、“変身ヒーローもの“で、私が抱いていたイメージとは違っていたので驚いてしまって(微笑)。でもそれなら、『他に無いようなテイストの曲を作ってやろう』という意欲がすぐに湧いてきましたね。

それで行きつけのレコード店でヒーローもののレコードをいくつか買ってきて、聴いてみたんです。マーチ調のものなどがありました。当時の主流はそんな感じでしたが、じゃあ自分は、ロック調でやってみようと考えました。

それ以前に私がやった『忍者部隊月光(65年)』では、プロデューサーが音楽好きでしたから、ベンチャーズのようなエレキバンドのテイストを採り入れたりしていました。その時に少し研究していたので、土台はもう出来ていたのかもしれません。

確か『花笠お竜(70年)』でもロック風の音使いをしていたので、『キカイダー』の作曲で特に苦労したということは、ありませんでしたね」

司会;
「実際に作曲するに当たって配慮された点を、お聞かせください」

先生;
「そこまでの活動の中で構築されてきた自分の音楽の理想像とか、日本人向きの音楽の理想像というのがありまして、そのあたりを意識しながら作曲にあたりました。あとはアクションものですから、パンチの効いた音楽にしようと。

それから作曲をして行くうちに段々と哀愁を帯びた感じが入って来ましてね。打ち合わせで石ノ森先生と何度かお会いして話をしているうちに、先生のカラー(イメージ)が私の中にも入ってきて、無意識のうちにそういう曲調になってしまったんじゃないかと思っています(微笑)」

司会;
「主題歌については、いかがでしょう?」

先生;
「主題歌はメイジャーだと明るすぎるのでマイナー系にして。私の場合、主題歌はほとんどマイナーです。マイナーペンタトニックという手法がありまして、これを使ってやろうと考えました。これはロックや日本民謡でよく使われる手法です。

『ゴーゴーキカイダー』や『Zのテーマ』をはじめとする主題歌で私はよく使っていまして、いわゆるファンの皆さんが言っている“宙明節”の源泉といえるかもしれないですね」

司会;
「実際の収録はどのように行われましたか?」

先生;
「最初に私が作ったメロディをピアノの弾き語りで、東映、石森プロ、日本コロムビア、テレビ朝日(当時NET)、旭通信社のプロデューサーさんや担当諸氏に聞いてもらい、それから編曲、収録という流れでした。

キカイダーは、歌はコロムビアさんの本社スタジオで録っているんですが、バックのオーケストラは旧スタジオで収録しました」

司会;
「ジロー、サブロー、イチロー、ギルといったメインキャラクターが楽器を奏するということで、それぞれモチーフの楽器を用いたテーマ音楽があったのが特徴的でしたが」

先生;
「そうですね、あれは面白い設定でしたね。音楽的につながりが出来ましたから。ジローのキターはクラシックのギタリストに来て頂いて、別の日に演奏してもらったものです。これはエレキギターによる別バージョンもありまして、ハンペン(服部半平)がジローを真似てギターをつま弾きながら登場した(第20話)際に、使われていました」

司会;
「サブローの口笛は、生音ですよね?」

先生;
「そうです。ただBGM録音で奏者を呼んだ覚えが無いので、おそらく挿入歌『サブローのテーマ』を収録した時に、別録りしたんでしょう」

司会;
「特に聴いていて目立つのが曲のテンポなんですが、子供番組とは思えないのですが」

先生;
「あまり子供番組ということを意識してやっていませんでしたからね。追跡とか捜査をイメージした感じの曲だとブルージー(ブルース風)な音使いで仕上げていて、それがチェイスシーンのようなアクションがらみのものだとロック調になって、テンポもグッと早めています」

司会;
「ハカイダーとの対決テーマとか、刑事ドラマ調のアダルトな感じのメロディもおおいですね」

先生;
「マジンガーZを手掛けた後なので、その影響が出ているというかマンガチックなイメージもありますね。私は『マジンガーZ』で音使いが少し変わって、音に厚みを持たせる手法が解ってきたんです。だからそれ以前と以降ではまるで違うんです」

司会;
「続いてキカイダー01についてお聞かせください」

先生;
「1回目がイチローの変身、イチローのトランペットや主題歌・挿入歌アレンジが主で、その後ビジンダーの登場に合わせてビジンダーのハープの音楽を録り足しています。キカイダーの2回目録音の時に不足分を録ってあったので、ストックは十分あったんです」

司会;
「ボーカルを担当された方には、どんな印象をお持ちですか?」

先生;
「秀夕木(ヒデ夕樹)さんが上手かったですね。イナズマンFやスパイダーマンでも歌ってもらいましたが、できればもっと歌って頂きたかったですね。亡くなられてしまったのが、非常に残念です。子門真人さんが独特の美声と唱法で、印象的です。

哀愁漂う曲にピタリとはまるんですよ、『キカイダー子守唄』など気に入っています。水木一郎さんにはマジンガーZ以来、数多くの私の曲を歌ってもらっています。ファンの方に人気の高い『ハカイダーの歌』も、力強さとシャープなイメージが共存していていい感じでした」

司会;
「振り返ってみて、キカイダー、キカイダー01という作品をどうお思いですか?」

先生;
「『キカイダー』と『キカイダー01』には、今後も使っていきたい音使いがあります。ファンのみなさんがおっしゃっている“宙明節” “宙明サウンド”の本質、原典が詰まっていると思うんです」


★★★★★★★★★★★★
渡辺宙明先生は、60年代半ばの映画『夕陽のガンマン』や『荒野の用心棒』の作曲家、エンニオ・モリコーネの影響を受けているという。影響を受けた音楽は、まず頭の中に叩き込んでおいて自分なりにこなしてから、それを自分のものとして出していくという手法で作るそうだ。

そうして出来上がったのが、マカロニウエスタン調の曲、『ぼくらのキカイダー』や『サブローのテーマ』などの哀愁漂う秀逸なメロディである。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

キカイダー、キカイダー01を企画した男 ~少女からの反応というのが意外にありまして [キカイダー対談]

『人造人間キカイダー』『キカイダー01』の企画・プロデュースをした、テレビ朝日(当時NET)のプロデューサー・宮崎慎一氏の話を紹介する。東映京都撮影所に入社されて、制作助手として勤務。その後NETへ出向して局のプロデューサーとなる。

数々のヒット番組を手がけた敏腕プロデューサーである。『狼少年ケン(63年)』『ジャイアントロボ(67年)』『河童の三平妖怪大作戦(68年)『ミクロイドS(73年)』『バビル二世(73年)』『アクマイザー3(75年)』など。大人向けテレビドラマでは、『鬼平犯科帳』や『遠山の金さん捕物帳』など。代表作を挙げたら枚挙に暇がない。
ではどうぞ。

聞き手;
「石ノ森先生との出会いから伺います」

宮崎氏;
「とにかく絵が上手いなと思いましたね。こちらからお願いしたものにプラスアルファを加えて創ってくれることに、いつも驚かされました。

この注文は普通に考えれば仕上げてくれる人はいないだろう、でも石ノ森先生なら一週間位悩めば応えてくれそうだと思ってお願いしたら、翌日に『出来たから、取りに来て』という電話を貰った時には、本当に驚きました。

先生と初めてお会いしたのは、東映動画(現・東映アニメーション)で制作した『サイボーグ009』の最初のテレビシリーズじゃなかったかな。その後が『人造人間キカイダー』です。

『仮面ライダー(71年)』から『秘密戦隊ゴレンジャー(75年)』までのヒーローものの流れの中で、少し変えてみようと思ったのが、『キカイダー』だったんです。手塚治虫先生の『鉄腕アトム』が、明るく伸び伸びとしている。

『キカイダー』は、人間でもあり機械でもあるし、人間でもない機械でもないという。そういう何か疎外された者のような感じが、作品の中に出てくるといいなぁと思いました。石ノ森先生もその辺の所をある意味不気味に、機械が透けて見えるものを描いて下さいましたから。

で、平山さん(元東映プロデューサー)が、フランケンシュタインのイメージだと思いついたんですよ。フランケンシュタイン的な、人間でなく化け物でもない、それでカッコいいものだったらスポンサーもつくんじゃないかと」

聞き手;
「番組タイトルで、ご苦労されたと聞いておりますが」

宮崎氏;
「そうなんです。平山さんが70くらいタイトルを考えてきたんだけども、全部蹴飛ばされて。最後にやけくそになって、最初に出した案で『奇怪』をカタカナに置き換えて、『キカイダー』として出したら、その案が通ったという、いい加減な話でね(笑)。

石ノ森先生が天才なんです。世間よりも考えが、1年半から2年先に行ってるんです。『あ、これはやれそうだ』と思ったものよりも、企画が一度流れて1年半から2年して浮上したものの方が当たるんですよ。

『石ノ森先生、先生の発想は2年ぐらい先駆けてるんですよ』って言ったら、『そうかな、じゃあ、あんまりスポンサーに売り込まないで、しばらくしまっておいてよ』なんて言われましたね(笑)。『仮面ライダー』もそうでしょう?

放送スタートから1年くらい経ってから、人気が爆発してる。あれも平山(亨)さんが、一所懸命切り拓いていったんですよ」

聞き手;
「裏番組に『8時だよ!全員集合』という強敵がいたわけですが、そのあたりについて」

宮崎氏;
「『キカイダー』の時も、『デビルマン』とカップリングするような形で、『全員集合』にぶつかってますね。僕はね、何故かみんながお手上げでやらないという枠を任されてしまう所がよくあったんですよ(苦笑)。

それでも善戦してこられたのは、特撮番組は平山さんの力がありましたし、アニメーションは横山賢二、高畑順三郎ら、東映動画の優秀なスタッフの力がありましたから、そのお蔭でしたね」

聞き手;
「その8時台に子供番組の枠を、と考えらえたきっかけは?」

宮崎氏;
「テレビ朝日は、昔はゴールデンタイムが弱かったんです。夜9時台で放送した『奥様は魔女(66年)』が当たってリサーチしたら、子供も観てるんですね。夜9時台で子供が観てるなら、8時台でも行けるんじゃないかなと。それで試みたのが『魔法使いサリー』だったわけです。その流れがあって、『キカイダー』があったんです」

聞き手;
「それでも純粋な子供番組を持ってくるのは、冒険だったのでは?」

宮崎氏;
「はっきり言ってしまうと、何をやっても他局に負けてしまうんで、ダメで元々だという部分もあったんです。だからいろいろやれたし、逆にやり易かった。ちゃんと見通しがあって、算段を持って勝負したわけでは無いんですよ(苦笑)」

聞き手;
「そのせいか、『キカイダー』や『キューティハニー』などは少し高い年齢層向けに作品が創られていたように思いますが」

宮崎氏;
「そうですね。それと子供雑誌の編集者さんから言われたことなんですが、『子供だと思って、編集するな。大人のつもりで創れ!』と。相手が大人のつもりで創らなければダメなんだと。

ホントはもっと大人向きに(高い年齢をみて)創っても良かったかなと今になって思うんです。でもあれがその当時の我々の限界だったと思いますね」

聞き手;
「そこにハカイダーというアンチヒーローの登場もあったわけですが」

宮崎氏;
「ハカイダーが受け入れられたのは、やっぱり子供を馬鹿にしてはいけないということなんでしょうね。ああいったキャラクターを出せたのは、スポンサー側の態勢もあったんです。ひととおり人形(商品)が売れてしまうと、スポンサー側は次のキャラクターを欲してくる。

じゃあ、こうしましょうと新しいキャラクターを出す。こちらにとってはあまりうれしくない時もあるんですが、ある意味では次への可能性につながっていくんです」

聞き手;
「『キカイダー』の視聴者からの反応はいかがだったのでしょうか?

宮崎氏;
「賛否両論でした。ああいう、一種グロテスクなデザインだったわけですから。ただ少年だけでなく少女からの反応というのが意外にありまして。視聴者の幅が拡がってきているんだなと思いました。

こういったヒーローものに女の子の視聴者がいるんだということが分って来まして、後年やった『秘密戦隊ゴレンジャー』で女の子もメンバーに加えようということになって、モモレンジャーが出来たんです」


★★★★★★★★★★★★
宮崎プロデューサーと故・平山亨氏とは東映時代の同期生で、同じ寮で飯を食った仲だそうだ。その後、平山氏は東映テレビ部のプロデューサーになり、宮崎氏は移籍してテレビ朝日のプロデューサーにと道は別れてもお互いをよく知っているので、宮崎氏に言わせると、『ツーと言わなくてもカー』なのだそうだ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の3件 | 次の3件 キカイダー対談 ブログトップ