So-net無料ブログ作成
検索選択
ライオン丸 ブログトップ

快傑ライオン丸 ~時代劇変身ヒーローの草分け [ライオン丸]

ピープロ特撮の魅力は、あとあと心に残るという魅力だ。それは『リアル・アニメーション』と呼ばれる技法にあるのかもしれない。マグマ大使のゴアの円盤とかマグマの腹からでるミサイルなどの、アニメーションながら迫力のある映像である。

円谷プロの光線技を描く技術(光学撮影)は、確かにすばらしいしカッコイイと思う。しかし、リアル・アニメーション技法が、子供心には『ええっ?』と思いながらも大きなインパクトを残していることは、間違いないと思う。

ピープロはスペクトルマンの後番組として、『ライオンマン』という企画案を放送局に持ち込んだが、これでは今までとあまり代わり映えしないということで、時代劇にしたらどうかという案がその会議の場で出たという。

これは面白そうだということになり、主人公を『ライオン丸』にして企画は進んでいった。ここに時代劇変身ヒーローの草分け的存在、『快傑ライオン丸』が産声をあげた。『快傑ライオン丸』の主役に抜擢されて本格的デビューを果たし、続く『風雲ライオン丸』でも主演を務めた潮哲也氏にインタビュー。


アナウンサー;
「当時の苦労話を、お願いします」

潮氏;
「ボクはオーディションで決まりまして、撮影に入るまでに五日しか無かったんですよ。時代劇ははじめてなもんですから、五日の間に立ち回りとウマと、全部覚えといてって言われまして。『ええっ!五日で・・・』そうは言っても、やらなきゃショウガナイもんですから。

で、その五日の間にやったんですよ。立ち回りも、公園で4~5時間かけてやって。あと朝は、乗馬をやって。ところが4日目、撮影の前の日に落馬したんですよ(笑)。そこで思いっきり腰を打ちましてね。いやぁ、こりゃ参ったなぁと思いましてね。

次の日が撮影初日だったんですけども、大立ち回りのシーンだったんですよ、最初から・・・。これできるかなぁと思って。現場行ってやりましたけど。最後の決めの所で、2メートル位の崖から飛び降りて、それから立ち回りするんですが、着地するときに腰にガクッと来てね。

どうしても腰が痛くて立てなくてね。何度もNG出して、何とか誤魔化しながら撮ったっていうのを覚えてますけどね(笑)」


★★★★★★★★★★★★
キカイダーに強力なライバルのハカイダーがいるように、ライオン丸には、タイガージョーというライバルがいた。人間体の時の名は『虎錠之助』。

このタイガージョーが、とてもカッコイイ。獅子丸の敵・ゴースンから生を受けながら、最後はゴースンを倒す側に回り命を落とすという、ハカイダーと同じような最後をたどる。

なお筆者の記憶には全く無かったのだが、虎錠之助役の俳優が撮影中に不慮の事故死を遂げたことを、この稿を書くにあたり知った。人気のあるキャラだっただけに、大変残念に思う。

nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
ライオン丸 ブログトップ