So-net無料ブログ作成
検索選択
マグマ大使 ブログトップ
前の4件 | -

マグマ大使VSスペクトルマン(1) ~ピープロの特撮はウルトラ特撮よりスゴイ! [マグマ大使]

フジテレビ系列の初期の特撮テレビドラマと言えば、マグマ大使・スペクトルマン・ライオン丸である。いずれもピープロの作品で、マグマ大使はウルトラマンより2週間早く放送が始まっているので、『国産初のカラー特撮テレビ映画』の栄誉はマグマ大使に軍配が上がる。

ピープロダクション(通称;ピープロ)を立ち上げたのは、鷺巣富雄(さぎすとみお)氏(故人)である。東宝に就職して円谷英二に師事したが、戦争がはじまり、終戦を迎えても映画界は混乱した。そのため『うしおそうじ』のベンネームで漫画家に転身したが、映画への情熱から漫画家を廃業し、1960年にピープロを設立した。

マグマ大使制作の原動力は、独立1年後に参加した大映の超大作映画『釈迦』にある。ここでピープロはアニメ特撮を担当し、実写とアニメーションの合成技術を、映像内で見事に表現した。それはマグマ大使の中で、ゴアの円盤やマグマ大使の腹から出る連発ミサイルの表現などに見事に活かされている。ここで、主人公マモル少年役の江木俊夫氏に当時の話を聞く。


◆当時の思い出について 江木氏;
「マグマ大使っていうのは村上一家という、マモル少年を中心とした家族ということでお話を頂いて、ピープロのうしおさんが、マモル少年は江木君にやってもらうということを前提で話をしました。

一番の思い出は、亡くなられた岡田真澄さんと劇中だけでなくプライベートな時間でも親子のような関係で、ホントの父親のような存在でしたね。お母さんの八代(万智子)さんは、当時子供のボクから見ても美人のおかあさんだなぁという印象でした。

一番難しかったのは、ガムのロケットに乗って下を見ながら、『アッ、あそこに怪獣がいる』とか『あそこにゴアがいる』とかの指令を出すんですね。それをどこを見て言えばいいのか解らなくて、それが困ったことでしたね。演技でそれをやってくれって言われて、当時13歳くらいだったので、言われる通りにやってました」


◆ピープロ特撮の魅力について
大月俊倫氏(プロデューサー;近年ピープロ作品をリメイクした);

「チョット思ったのは、特撮というより渡辺善夫さんの合成作画の魅力ですね。ゴアの円盤が画面の奥からグィーンと出てくる所が渡辺善夫さんの合成作画なんですが、ウルトラ特撮よりスゴイって当時思ってたし。マグマ大使のお腹から出るミサイルのズドンズドンズドンていう音が、カッコイイじゃないですか。

あれもウルトラマンのスぺシウム光線よりもスゴイって当時思っていたし。マグマのツノから出す光線も合成作画なんですが、あれもスゴイって思ってて。ウルトラマンの特撮よりもマグマ大使の特撮の方がスゴイって。チョットだけ、子供心に、悪い言葉で言えば騙されてたような気がします(笑)」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ピープロの特撮は円谷特撮と比較すると、『アニメーションで見せるという技術』が、ウルトラには無い魅力を醸し出していると思う。次回扱うスペクトルマンも、ウルトラには無い魅力がある作品である。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

マグマ大使 ドラマ(1-1) [マグマ大使]

故・手塚治虫先生の原作である『マグマ大使』は、特撮の神様、故・円谷英二氏が作った『ウルトラマン』よりも13日早くスタートした、日本初の全話カラー放送による特撮ドラマであった。

ストーリーは基本的に4話で完結する方式を取っていたが、長すぎる展開にクレームがつき、41話以降は2話完結に変わっていく。

制作決定から放映開始までの製作期間が短かったため、第1話は脚本を製作する暇がなく、そのため原作漫画をほぼそのまま使用した作りになっている。

『ウルトラマン』と違いところどころにアニメーションを取り入れているが、なかなか出来は良い。アニメーションを使うのは、ピープロ作品の特色でもある。主題歌は、あの故・山本直純氏であります。

★★★★★★★★★★★★

今回は、第一話 『私がゴアだ!』を取りあげます。

 原作:手塚治虫 
 脚本;若林藤吾  
 監督;加戸 敏

◆NPI通信社の記者である村上の家に、ある日電話がかかってくる。受話器をとったのは小学生のマモルであった。電話の主は名を名乗らず、ただ「ゴア様の使いの者」とだけ話して、次のように言った。
『明日の朝6時に起きろ。ゴア様が面白いものを見せてやる』

そして、そこで見た物を記事にするように要求すると、電話の主は電話を切った。その出来事を家に帰ってきた父に話をすると、漫画の読み過ぎだと言って耳を貸そうともしなかった。

明日は日曜日だが、ゴアの使いの者が話したように6時に起きることを決め、マモル少年は就寝した。翌朝6時。鳩時計の時報で目を覚ましたマモルはカーテンを開けて窓の外を見ると、ガラスの向こう側には原始時代の風景が広がっていた。

見たことも無い木々や花や生き物、空には怪鳥が飛んでいる。マモルは好奇心に駆られて、家を飛び出してどんどん森の奥深く入って行った。

そしてそこでマモルは、原始時代に闊歩していた大恐竜を見るのだった。口から炎を吐いてマモルに迫ってくる恐竜。悲鳴を聞いて、父が駈けつけてきた。原生林の中を必死に父に抱えられて逃げるマモル。上空から何かが近づいてくる。

コウモリの羽ような形をした黒い色の宇宙船であった。自分の力を誇示するかのように、宇宙船が発した黄色い光線は、大恐竜を一撃で倒してしまう。そして、宇宙船は地上に降下してくると、村上とマモルの目の前に突然2メートル程もある宇宙人が姿を現した。

銀色の肌に鬼の形相、パーマネントのかかった赤毛をして、両の肩には大きなツノがはえているその宇宙人は、日本語で二人に話かけてきた。

『村上君、私がゴアだ』
マモルは興味津々で買ってもらったカメラを使い、ゴアの写真を撮った。

『写真入りでこのことを記事にして、最後にゴアは地球の帝王になるだろうと書くことを忘れるな、よいな』

高笑いを残して消えたゴア。急いでマモルと一緒に家に戻ると、頭を抱えてしまう父と母。マモルだけは能天気な様子で元気だ。

今度は機械のような音が家の外でする。マモルはカメラを持って恐る恐る出ていくと、金色のロケットが噴射口を下にして立っている。だが、次の瞬間そのロケットは、「カシーン カシーン」と音がして、金色の巨人に変わったのだった。

金色の頭髪をしており、頭から先端が丸みを帯びた2本のツノが生えている。
だが、その顔は優しい。
『私の名はマグマ。天から来た人類の味方だ』

ゴアの顔を写したカメラを渡すよう、マモルに忠告するマグマ。マグマもゴアの正体を知りたがっているようだった。マモルが父の特ダネだから駄目だというと、ゴアの記事を書けば人類は大混乱するから、止めるよう忠告するマグマ。

マグマはマモルからカメラを磁石のように吸い上げると、ロケットに変身してマモルを乗せ、自分の住かである火山島基地へと向かっていくのであった。 (つづく)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

マグマ大使 ドラマ(1-2) [マグマ大使]

今回は、第2話『宇宙怪獣モグネス襲来す』を取りあげます。
 原作:手塚治虫 
 脚本;高久 進   
 監督;土屋啓之助
 提供;ロッテ

【前回までの話は・・・
数々の星々を侵略してきた宇宙の帝王を名乗るゴアは、宇宙から見ると青く美しい地球を、自分のモノにしたいと思った。新聞記者の村上一家を原始時代にタイムスリップさせ、自分の存在と偉大な力を誇示して新聞記事にするよう迫った。だが、今度はロケット人間マグマがマモルの前に出現して・・・】


◆村上家の玄関前に現れたマグマ大使を見て、驚くマモル。マグマ大使は、ゴアの写真を写したカメラを貸して欲しいとマモルに頼む。マモルからカメラを吸い取るように借りたマグマ大使は、そのままマモルを連れて火山島基地へと帰っていく。

火山の噴火口が入口になっており、入っていくとそこには、マグマ一家の秘密基地があった。マグマはカシーン、カシーンと音をたててロケットからロケット人間の姿になると、気絶しているマモルを静かに地面に置いた。

そこにはアースという仙人がいた。地球を造った偉大な人物であり、地球をゴアの侵略から守るためにマグマ大使を造ったのも、このアースであった。この基地にはもうひとり、モルというマグマの妻がいた。マグマは身長6メートルだが、モルは人間大の大きさである。

マグマもモルも、アースが造ったロケット人間だ。
背丈と同じ長さの杖を突きながら、アースが向こうからやって来た。
『坊や、驚かして悪かったのぅ。ここへ来た人間は、おまえが初めてじゃ』

アースは、マグマにカメラのフィルムを複写させてから、マモルにカメラを返した。アースが杖を空間に向けて掛け声をかけると、空間にはゴアの顔が映し出された。
『コイツがゴアか。マグマ、コイツの顔をよく覚えておけ。このゴアこそ、おまえの宿命の敵じゃ!』

宇宙のどこからかやってきた怪物ゴアと戦うためにマグマを造ったと、マモルに話すアース。
『地球の地下で、底知れぬ活動力を秘めるマグマ。その力強さをロケットに与えて、ワシはマグマとモルを造ったのじゃ』

その頃、地球を見下ろせる大気圏外にいるゴアの円盤の中では、手下の「人間モドキ」たちを集めてゴアが話をしている。人間モドキとは、真っ黒な顔をしているが、目も鼻も口も耳も付いて無いヒト形の不気味な生物だ。

筋書き通りに事が進まないことに腹を立てたゴアは、怪獣モグネスを地球に送りこむことを決める。火山島では、マグマ大使とモルがアースに頼みごとをしていた。マモルと話をしているうちにマモルが好きになり、マモルのような子供が欲しいと二人は言い出す。

『ロケットのくせに子供がほしいなんて、贅沢な奴じゃ、ハハハハ・・・』
アースは、マモルをモデルにして、子供のロケット人間を造り上げた。マモルよりも少し小柄で赤いベストを着たロケット人間。モルはこの子に、「ガム」という名を付けた。

「よろしく!マモル君」と、ガムはマモルとがっちり握手をした。マグマ大使は、マモルにロケット形の笛をプレゼントした。それを一つ吹けばガムが、二つ吹けばモルが、三つ吹けばマグマが飛んで行くと約束をする。困ったことができたら、いつでも笛を吹く様に言うマグマ。

ガムとすぐに打ち解けたマモルは、ロケットに変身したガムの背に乗って、自宅へと向かった。村上は、静岡でおきた地震の取材にいくため、東京駅で新幹線に乗車した。だが、静岡の山中からは、怪獣が出現していた。ゴアが地球征服の為に送りこんだモグネスだ。

四つ足で歩く怪獣モグネスは、全身が無数のウロコ状の皮膚で覆われていて、アリクイかセンザンコウに似た姿をしている。点検のために歩いていた新幹線の保線区員が怪獣を目撃し、近くの非常電話で新幹線指令所へ緊急電話をかけた。

だが電話を受けた指令所の所員は、酔っぱらっていると思い信用してくれない。静岡駅に近いトンネルからスピードに乗って抜けてきた新幹線がモグネスを発見し、急ブレーキをかけるが間に合わない。新幹線は、怪獣モグネスに襲われてしまう。

鋭い爪が付いた巨大な手が、新幹線を簡単に薙ぎ払い、車両は脱線転覆し大破してしまう。行方不明だったマモルが突然帰ってきて、心配していた母は怒ることも忘れてマモルを抱きしめる。

だが、すぐに新幹線の事故をテレビで知り、それが村上の乗車した列車らしいことを知って動揺するマモルの母。モグネスはその付近の村を破壊しながら、東京方面へ進路をとって向かっていた。

襲われた新幹線に乗車しているマモルの父・村上は、どうなってしまうのか? この怪獣を止めることは、できるのか? (つづく)


★★★★★★★★★★★★
ゴアの手下の人間モドキは、顔に黒いストッキングを被れば、ハイ出来上がり。犯罪者が顔を隠す時にかぶる、まさにアレだ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

マグマ大使 ドラマ(1-3) [マグマ大使]

今回は、第3話『ガム!モグネスを倒せ!』を取りあげます。
 原作:手塚治虫 
 脚本;高久 進   
 監督;土屋啓之助

【前回までの話は・・・
火山島基地でアースやマグマ、モルと出逢ったマモル少年に、困った時に秘密の笛を吹けば、マモルのもとへ飛んで行くことを約束したマグマたち。その頃ゴアは地球征服の先兵として怪獣モグネスを派遣して来た。新幹線が破壊され、人類はピンチに立たされていた・・・】


◆地球征服を狙うゴアは、その先兵として怪獣モグネスを送りこみ、村上記者が乗車していた新幹線がモグネスに襲われてしまった。

テレビ映像では、どこのチャンネルを回してもゴアの姿が映し出されていた。
『地球上の諸君。私がゴアだ。宇宙のすべての星を征服し、残るのはこの地球だけだ』

新聞紙上でゴアの記事を発表しなかったことへの報復として、手始めにモグネスに新幹線を襲わせたと話すゴア。2日間だけ猶予を与えるから、ゴアに服従することを、東京タワーに白旗を掲げて示すようにと、降伏を勧めてきたのだった。

新幹線の事故に巻き込まれた村上記者は、奇跡的に打撲程度で済んだ。事後現場を歩いているところを、NPI通信静岡支社のヘリに発見される。だがモグネスが巨大な巣穴から出現して、そのヘリをたたき落としてしまう。

夫のことが心配な村上の妻は、マモルと共に静岡の現場へ自家用車を走らせる。だが、その途中で地震が起こり、道路は渋滞してこれ以上先へは進めなくなってしまう。

マモルはマグマとの約束を思い出し、もらった笛を吹いてみた。
『ピロピロピー♬』

一回吹いてガムが飛んできた。マモルは、母の前でガムを紹介する。
『ガムはね、ロケット人間なんだ。僕をモデルに造ったから、僕に似ているだろう!地球を守る正義の味方マグマ大使の子供なんだ!』

マモルはロケットに変身したガムの背に乗り、父を探すために事故現場へと向かった。マモルは、そこでヘリの残骸とヘリの乗務員を介抱する父を発見する。そこへガムとマモルが降りて父にガムを紹介していると、巨大な巣穴からモグネスが出現した。

ガムはロケットに変身すると、マモルを乗せてモグネスにロケット弾攻撃を浴びせた。だが子供のガムが出すロケット弾は、小型でモグネスには効き目がない。モグネスの尻尾の先から出す黄色光線がガムを狙う。煙を出して地上に墜落してしまうガムとマモル。

今度はガム一人で熱線銃を食らわせるが、やはり歯が立たない。黄色光線にやられてしまい、またも墜落してしまう。火山島では、モルが出撃したいとアースに願い出る。だが、子供達は必死に悪と戦っている。

自分達の力だけで悪を倒そうとする不屈の闘志を尊重してあげることが大切だと、アースは言う。
『助けの合図があるまで、行ってはいかん!』

必死に戦ったが、もう限界だ。マモルは遂に笛を三回鳴らした。
『マグマ~! ピロピロピー♬、ピロピロピー♬、ピロピロピー♬』

三人に迫るモグネス。火山島を出撃したマグマ大使は、マモルとガムがいる現場へと向かっていった。
急げ!マグマ。 (つづく)


★★★★★★★★★★★★
手塚治虫先生の原作だけあって、教訓のようなものが織り込まれている。アース様は、マグマたちの先生でもあり、テレビの前で観ている子供達の先生でもあったんわけだね。
特撮ドラマ(ヒーロー番組)は、教育番組だ!(by宮内洋先輩)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の4件 | - マグマ大使 ブログトップ