So-net無料ブログ作成
検索選択

マグマ大使 ドラマ(1-4) [マグマ大使]

今回は、第4話『危機一髪 東京!』を取りあげます。
 原作:手塚治虫 
 脚本;高久 進   
 監督;土屋啓之助

【前回までの話は・・・
マモルはマグマからもらった笛を1回吹いてガムを呼ぶと、怪獣モグネスに向かっていった。ロケット弾や熱線砲を撃つが、子供であるガムの武器ではモグネスに通用しない。ピンチにたったマモルは、笛を三回吹いてマグマを呼んだ・・・】


◆襲い来るモグネスの前にマグマ大使が立ちはだかり、間一髪マモル達は助かった。モグネスは口から赤い液体を吐いてマグマに浴びせようとするが、軽やかな身のこなしで避けるマグマ。マグマが避けた後の台地が、爆発して燃え上がってしまう。

もし赤い液体が体にかかっていたら、マグマ大使は大爆発していただろう。赤い液体の正体は、液体水爆だ。マグマの腹部が開いて、放った一発のロケット弾でモグネスは怖気づき、地中深くもぐっていく。だが、マグマは後を追わずに逃がしてしまう。

逃がした理由をマモルとガムが尋ねると、マグマは答えた。
『もし、今あの怪物をやっつけて体の中にある水爆が爆発したら・・・。私にはその結果の方が恐ろしい』

相手と戦う時には、まず良いことか悪いことかをよく考え、次にその結果がどうなるかを考えたうえで行動しなければいけないと、マグマは二人に諭すのだった。そういうことも考えずに行動することは、決して強いことでも勇気があることでもないと話すマグマ。

金色の巨人は傷ついたガムを背に乗せ、火山島基地へ帰って行った。モグネス退治の秘策を、アースから授けてもらうためである。その頃、地球の大気圏外に円盤を静止していたゴアは、地球人が東京タワーに白旗を上げることを信じていた。

だが、肝心のモグネスは行方不明になってしまっている。手下の人間モドキにモグネスを探索させるが、電子頭脳を破壊されたモグネスは、地中深くもぐったまま反応が無い。

ゴアはモグネスに水爆を埋めて、手元のボタンでいつでも爆発させられるようにしておいたのだ。白旗が上がらなかった時、東京はどうなるか?ゴアは余裕の高笑いをしていた。新聞社の水野デスクにマグマ大使の存在を訴えるマモルと村上。

ゴアの存在はテレビで観てデスクも知っている。この数日間に起こった出来事を考えれば信じてみたいデスクだったが、証拠がなければ信じることはできないという。

マモルはロケット人間のガムを呼ぶという。マモルは笛を1回吹いてみた。だが、ガムはやっては来なかった。モグネスとの戦いで全身傷ついたガムは、アースに修理されていて出撃できないのだ。それを知らないマモルは、笛を投げ捨ててしまう・・・。

『ガムのうそつき!』
父の村上は、そんなマモルを叱る。

『ガム君の悪口を言うのは良くないと思うな。ガム君には、どうしても来られない事情があるのかもしれん。ガム君を信じてあげなくちゃ。パパのいうこと解るだろ?』

信じあうことの大切さを説く父。信じあえば戦争も無くなる、世界が平和になる。そしてゴアにも勝つことができると、マモルに話す父。笛を拾ってガムに謝るマモル。

自衛隊の防衛力を総動員して、ゴアと決戦することを告げるテレビ。その頃、火山島基地ではアースがゴアの魂胆を読んでいた。モグネスには自爆装置が付いていて、ゴアの円盤からいつでもスイッチが押せることをアースは読んでいた。

モグネスを退治するには、爆破する以外にない。アースは小型電子頭脳を作って持ってくるとマグマの前にかざし、モグネスを倒すためにやるべき秘策を授けた。

第一に、水爆が爆発しても人間に被害が及ばない北極海までモグネスを運ぶこと。
第二に、この動きをゴアに悟られぬよう、今の深度のままモグネスを誘導すること。

第三に、小型電子頭脳はマグマのエネルギーで動くから、北極海までマグマのエネルギーが持つかどうかはやってみなければわからない。

この三つの難関を克服できれば、モグネスを危険の無い場所で仕留めることができようと、アースは言う。マグマは夜を待って、地下深く潜むモグネスを見つけると、小型電子頭脳でモグネスを北極海へと誘導していく。

小型電子頭脳から発信した電波が、地下深く潜んだままのモグネスをジリジリと動かしていく。モグネスは電波に誘われて、とうとうアラスカまでやって来た。あともう少しだ。明日の夜明けまでに、北極海に着くことができるのかマグマ。

遂に、ゴアの切った期限である2日後の夜明けが来た。ゴアが円盤で東京タワーに近づいてみると、白旗は立って無いではないか!

ゴアは怒り狂うと、円盤を安全圏まで上昇させて水爆の爆破ボタンを押した。北極海で大爆発が起こり、どうして東京で爆発しないのかゴアは疑問に思った。怒りに任せて東京を焼き払うために、ふたたび東京へと降りてきたゴアの円盤。

ガムとマモルが立ちはだかるが相手にならず、マモルはマグマを呼んだ。遂に、マグマ大使とゴアの対面の時が来た。ロケットの姿からマグマ大使に変化したまま空中に浮いて、対峙するマグマ。

『お前がゴアか!私はマグマ大使だ。私はお前と戦うためにこの地球に生まれたロケット人間だ!』
 (つづく)



第5話『怪獣バドラ誕生す』
 原作:手塚治虫 
 脚本;山浦弘靖   
 監督;中尾 守

◆ゴアとマグマ大使の対面が、遂に実現した。
『ゴア、おまえは地球から出ていけ!この地球は絶対にお前の自由にはさせない!』

ゴアは円盤から降りて、波しぶきが岩を砕く岩場でマグマ大使と対峙した。
『マグマ大使、残念だが今日の所は俺の負けだ。しかし、地球侵略の野望が消えたわけではない。貴様という好敵手を迎えて、一層強くなったといっていい。ハハハハ・・・』

姿を消したゴアは、円盤と共に去っていった。ゴアを逃がしたとはいえ、東京は救われたのだ。人類がマグマ大使という力強い味方を得たことは、ゴアとの戦いに明るい希望を見いだした。

ゴアはマグマ大使の弱点を見つけようと、円盤に備えられた分析装置をフル活動させるが、それを以てしても、マグマ大使の内部構造や動力装置について回答を得ることはできなかった。そこでゴアは、マグマ大使の能力を探るため怪獣バドラを送りこんだ・・・。


★★★★★★★★★★★★
マグマ大使が優しい顔に見えるわけが、なんとなくわかった。着ぐるみのマグマの顔は、黒目の面積が大きいのだ。人形のマグマは黒目が小さいので、普通の顔に見える。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

マグマ大使 ドラマ(2-1) [マグマ大使]

今回は、第17話『ガレオン 地球を攻撃せよ!』を取りあげます。 

 原作:手塚治虫 
 音楽;山本直純
 脚本;西田一夫
 特殊造型;開米栄三・照井 栄   
 監督;土屋啓之助
 特技監督;小嶋伸介
 
◆地球征服を狙うゴアの次の作戦は・・・。赤いスポーツカーで海岸線の有料道路を飛ばす若い男女。ところが、運転していた男性に異変が起こった。息が苦しいと言い出す若い男性は近くの料金所を出ると、スピードを落として何とか車を止める。

だが、男の顔色はまるで青い染料で染めたかのように真っ青であった。顔だけではない。手、身体、全身が青い色に染まったような色をしている。急いで救急車を呼ぼうとした助手席の女性も、男性と同様、全身真っ青になって気絶してしまうのだった。

NPI通信社にもこの一報が届き、その取材をデスクに任される村上。患者が運ばれた病院を探し出して取材に訪れた先で、村上はマモルに会う。スポーツカーの若い男女の女性の方が、マモルの友人・キョウイチの姉であった。

キョウイチの姉の病室で取材をすると、原因不明のこの病気は、青い血の病気「青血病」と名付けられ、血液中の赤血球が何かの原因で青くなりその機能を失うという症状だった。しかも致死率は100パーセント。だが村上は、この奇病を早くから治療開始した「モッズ病院」の存在を知る。

中には回復した例もあるという情報がもたらされ、早速モッズ病院へ連絡を取る村上。取材の結果、青血病の患者はみんな同じ有料道路を通っていたことを突き止めた村上はそのことをデスクに報告すると、同僚の女性記者リズを連れて、問題の有料道路の取材へと出発する。

キョウイチの姉は、恋人の男性と共にモッズ病院へ転院されていった。この奇病にかかった他の患者たちも皆、モッズ病院の情報を得て転院されていった。しかし、モッズ病院では、あごひげをたくわえた怪しげな院長が、他の病院から転院されてきた患者たちを特殊な機械にかけていた。

すると、患者の皮膚の色は元の肌色へと戻り、意識が回復するのだった。だが、その顔には全く精気が無い。意識を回復した患者に、院長は話しかける。
『お前はたった今から、人間モドキだ。ゴア様の言う通りに動く人間モドキだ』

マモルはキョウイチの姉が転院していったモッズ病院へ行くが、そこでドアの隙間から「お前も今日から人間モドキだ」という声を聞いてしまう。廊下でキョウイチとその姉に出会ったマモルは、モッズ病院で見聞きしたことをキョウイチに話すが、信じてもらえない。

逆にキョウイチは、マモルの誤解を解くため姉の目の前で、姉が人間モドキになったことをマモルが見ていたと話す。すると、姉はいきなり二人に襲いかかってくるのだった。キョウイチは、マモルの言ったことが真実だったので驚くと同時に、マモルに謝りながら必死に逃げた。

だが逃げる二人は資材置き場に追い込まれ、人間モドキになった姉と、全身が黒い姿の人間モドキたちに囲まれてしまう。危機一髪のマモルは、笛を1回吹いてガムを呼ぶ。
『ピロピロピー♬』

マモルのもとへ急行して、ロケットのまま垂直尾翼から破壊光線を出して、人間モドキたちをやっつけるガム。光線を受けた人間モドキたちは、次々にゼリー状に溶けてしまった。マモルは父の新聞社へ行き、自分の見聞きしたことをすべて話した。

・青血病の患者は、すべて人間モドキになってしまっていること。
・これはゴアの仕業であること。
・モッズ病院はゴアの息がかかっていること。

新聞社の木田記者が警官隊と共にモッズ病院へ突入したが、院長と看護婦は警官隊の目の前で宇宙船に乗って逃げてしまう。一方、デスクとマモルは青血病の発生源を調査するため、奇病の発生源とされる有料道路へと向かった。

すると、森の中から怪獣ガレオンが出現して、有料道路を通る車に青色の怪光線を吐きかけていた。全身が針のような皮膚で覆われて四つ足で歩く怪獣ガレオン。青い光線を浴びた人達は、たちまち顔や手が青色に変色して青血病に侵されていった。 (つづく)


★★★★★★★★★★★★
ガムは優等生で、マモルはガムにいろいろ教わりながら、人としてたくましくなっていく。そしてガムに教わったことを、同じような場面で今度は友人に説教するのであった・・・(笑)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

マグマ大使 ドラマ(2-2) [マグマ大使]

今回は、第18話『生き人形の怪』を取りあげます。

 原作:手塚治虫 
 音楽;山本直純
 脚本;西田一夫
 特殊造型;開米栄三・照井 栄   
 監督;土屋啓之助
 特技監督;小嶋伸介

【前回までの話は・・・
突如日本に発生した青血病の原因を探るために、NPI通信社の村上と女性記者リズは患者が持っていた有料道路の半券を手掛かりに、取材に出かけて行った。一方、マモルの働きで青血病はゴアの仕業らしいことを突き止めたが、青血病が発生した有料道路の取材へ父が行ったことを知り、父を止めるために現場へと向かうマモルだった・・・】


◆モッズ病院に警官隊と共に突入した木田記者は、一足先に宇宙船に乗って逃げていく院長と看護婦を見上げていた。これで青血病を治せる医者はいなくなった。一方、マモルは父の車を探そうと、ガムを呼んだ。

ロケットに変身したガムの背に乗り、上空から父の車を探し出したが、その先には怪獣ガレオンがいる。急ぎ父の車の前にガムを着陸させ危急を知らせたため、父とリズは助かった。

ガレオンの吐く光線が人間に当たると赤血球を破壊して青くし、赤血球の働きを無くしてしまうのだ。青血病の原因は、ガレオンなのであった。ガレオンは青い光線を吐くために青い花をたくさん食べ、青い色素を吸収しなくてはならない。

ガレオンは森の中にある青い花を、ひたすら探して食べまくっていた。村上はガレオンが青血病の原因だとにらむと、自分をおとりにしてガレオンの行動を見定めようとした。だが、ガムがその役を演ると勝って出た。ガムはロケット人間だから、青血病にはかからないのだ。

ガレオンの前にガムが出ていくと、ガレオンは口から青い光線を吐いた。だが、少ししか出なかった。食べた青い花の量が少ないのだ。ガムを叩きつぶそうとするガレオン。ガムはロケットに変身して、熱線砲を放った。ガレオンはそれを嫌がり、山中へ逃げて行った。

村上は、ガレオンの吐く青い光線の写真を撮り、これが青血病の手がかりだと思った。ガレオンが山へ逃げていくと、今度はいきなり怪獣ドロックスが出現した。大気圏外にいるゴアが、ドロックスに出撃命令を出したのだ。

サイのようなツノを頭部から背中にかけてたくさん生やしているドロックスは、2足歩行の怪獣だ。ガムはロケット弾を撃つが、身体にめり込んで溶けてしまった。ドロックスの身体の中からは、物を溶かす液体が分泌するのだ。

ロケット弾で溶けだした体液が地面に落ちて、道路やガードレールが溶けてしまった。ガムはドロックスの吐く白熱光線で、撃墜されてしまった。

マモルは、マグマ大使を呼んだ。
『ピロピロピー♬ ピロピロピー♬ ピロピロピー♬』

金色のロケットが飛んできて、それは地上に降りてマグマ大使になった。マグマは腹部から中和剤を注入する管を撃ち込んで、ドロックスの溶解液の効き目を無くしてしまう。すかさず腹部からロケッド弾を撃つと、弱ったドロックスはどこかへと逃げ去っていった。

マグマは、ガムとドロックスとの戦いを、火山島基地でアースやモルと共に観ていた。
ドロックスを追い払うための手段を事前に用意できたのは、そのためだった。

ある場所でマネキン人形が、多数捨てられていた。だが、作業員が発見したそのマネキンには心臓があって、ドクドク音をたてて動いていた。警察に通報が入り、その通報は警察から村上達に伝わった。

現場へ向かった村上達はそれを見て驚くが、マモルの話から判断すると、青血病になった人間を人間モドキにした後の残った(精神以外の)ヒトの部分ではないかと思われた。処分に困り、不用マネキン人形として焼却してしまおうとするつもりだったようだ。

どこかにキョウイチの姉も、この人形のように捨てられている可能性があった。警察は全ての焼却炉の焼却を止めて、調査するよう緊急手配した。火山島基地では、マグマが今までのことを報告し、アースに青血病対策を授かっていた。

バランゴ島にしか生息しないバランゴというキノコを食べれば、元通りになるという。
『バランゴは、ガレオンをも倒すことができるのじゃ。バランゴは電流に弱い。採るのは人間でなくては駄目じゃ』

ロケット人間には電流が流れているから駄目だと話すアース。ガムはこの情報を一刻も早くマモルに知らせるために、出かけて行った。ガムから聞いたバランゴというキノコを手に入れるため、村上とマモルは南太平洋の孤島バランゴ島へ向かう旅客機の中にいた。 (つづく)


★★★★★★★★★★★★
ウルトラセブンの超兵器R1号で前野博士役の田村奈己さんが、モッズ病院で働く、ゴアの手下の看護婦役で登場。アイシャドーを多めに塗って、ワル役を演じていらっしゃいます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

マグマ大使 ドラマ(2-3) [マグマ大使]

今回は、第19話『バランゴ作戦』を取りあげます。
 原作:手塚治虫 
 音楽;山本直純
 脚本;山浦弘靖
 特殊造型;開米栄三・照井 栄   
 監督;土屋啓之助
 特技監督;小嶋伸介

【前回までの話は・・・
町中に溢れる青血病の患者。救急車がひっきりなしに走っていく。その様子を上空から見ていたゴアは得意げに笑う。青血病を治すことが出来るのはこの俺様だけだと。そして潔く降伏せよと・・・】


◆村上とマモルは、NPI通信社がチャーターした飛行機でバランゴ島へと向かっていた。機内ではマモルがスチュワーデスからドリンクサービスを受けたが、それを飲んだマモルは急にぐっすりと寝込んでしまう。この機の乗務員は、全員ゴアの手先の人間モドキにすり替わっていたのだ。

マモルを眠らせて、ガムやマグマを呼ばせないようにしたゴア。村上は操縦を試みるが上手くいかない。もう燃料が無くなる。村上は死を覚悟したが、ふとマモルの胸に下がった笛を1回吹いてみた。ガムが飛んで来てくれた。

ガムの指示どおり村上は操縦かんを握り、ガムのロケット推進力で飛行機を無事に着陸させることに成功する。現地に着いたら、植物学者の荒木博士に会ってバランゴの採取をすることになっていた。だが、荒木博士は数年前に死亡していた。

代わりに出迎えてくれたのは、娘のマリア荒木だった。マリア、博士の助手のザンバ、それに村上達3人は、ザンバの道案内でバランゴの生えている場所へと向かう。だが、橋を壊したり崖崩れを起こしたりして行く手を邪魔する、サングラスの男と人間モドキ達。

それらを回避しながら、道なき道を進んでいく村上一行。ガムとマモルは、ちょっとした言葉のやり取りで口喧嘩を始めてしまう。

『人間なんて不便だな、ボクなんかひとっ飛びさ』
『じゃあ、先に行けばいいじゃん』

その都度、マリアが仲介して仲直りするものの、二人の仲は険悪のままバランゴのある場所へと進んでいく。川にはワニがいる。その対岸に人間モドキ達がいて、5人に向かい発砲してくる。だがワニに気付かずに川に入った人間モドキ達にワニが襲いかかった。

その隙に迂回して、遠回りすることにした一行。少しずつ進んでいく村上一行の前に、マグマ大使が突然やって来る。ガレオンが暴れ出し青血病患者対策本部の人手が足りないために、村上を迎えに来たという。後をマモル達に任せて、東京へ帰る村上。

残った4人は、遂にバランゴの生える洞窟の前まで来た。ところが、マモルとガムはまたしても小さなことでケンカをしてしまい、遂にガムはロケットになってその場を去ってしまう。

『青血病が何だ!人間がどうなったって、ボクの知ったことじゃないぞ!』
『あんなヤツ、ほっておけよ!』

ところが、バランゴの生える洞窟の奥から、人間大のドロックスが現れたのだ。バランゴを踏みつけて暴れるドロックス。洞窟の入口に居座り、ドロックスはバランゴを採らせないつもりだ。ケンカ別れをしてしまい、ガムを呼ぶことをためらうマモル。

目の前のバランゴを採ることができないマモルたちは、一体どうするつもりなのか? (つづく)


★★★★★★★★★★★★
ガレオンはモグネスの改造した怪獣だ。目のあたりにモグネスの名残りがあるが、あとはすっかり別怪獣になっている。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ