So-net無料ブログ作成
検索選択
ライダー座談会 ブログトップ
- | 次の3件

平成ライダーシリーズを語る(2) ~昭和ライダーVS平成ライダー、世代を超えた対談 [ライダー座談会]

石ノ森章太郎氏は、かつて言っていた、『仮面ライダーは進化するヒーローだ』と。時代を超えて変わらないモノも変わるモノも、すべてを取り込むことができる世界を持っているのが、仮面ライダーの世界なのだろう。

古いものを踏襲しながら、新しいものを取り込んでいくというのが進化なら、平成ライダーたちはまさに、この道を進んでいっていると言える。これからもいろいろなテイストを持ったライダーが、石ノ森章太郎の意志を受け継ぎ、出現し続けていくだろう。

今回は、V3=風見志郎役の宮内洋氏、ファイズ=乾巧役の半田健人氏を交えた対談をお送りします。


半田氏;
「オーディションに受かって、最初にスタッフと食事会を兼ねて打ち合わせをした時に、『先代のライダーシリーズを見た方がいいんでしょうか?』って監督に聞いたんです。というのは、僕はたまたまですが、子供の頃から特撮系を一切見て来なかったものですから。

そしたら田崎監督から、『見るんだったら、全部終わってからにしてほしい』って言われたんです。その言葉から、『変な先入観なく、まったく新しいものを創りたいんだな』っていう意志は、伝わってきましたね」

司会;
「昭和のライダーが持っていた凄さや人気、色んなものを知っている人達(監督・スタッフ)が、昭和のライダーから何を受け継ぎ、何を変えていきたいのかを議論しながら創っていかれたんだろうと思いますが、役者さんは白紙のままで来てほしいと思ったんでしょうね」

半田氏;
「そうですね。どうしてボクが選ばれたのか真相はわからないんですが、その中のひとつに、仮面ライダーというものに対してひどく無頓着だった、知識が無かったということがあるんじゃないかと思うんです。

オーディションの時には、殺陣のうまい方や歴代ライダーにとても詳しい方が横にいらした中で、真っ白な色の付いて無い素材だった僕が、逆によかったのかなと思いました」

A氏;
「田崎さんや長石さんのお話にもあったように、新しいものをどんどん創っていこうということだと思うんです。昭和ライダーというものが、今振り返ると『こういうものだったなぁ』と何となく見えていると思うんです。それをただ追っかけるだけでは、単なる模倣になってしまいますよね。

平成ライダーというものはどういうものかということは、まだ見えてない、暗中模索の最中だと思います。ですから今いろいろなライダーが出てきていて、あと20~30年経ったときに、『平成ライダーとはこういうものなのか』と見えればいいことなんです。だから今は、いろいろなライダーが変幻自在に出て来ていいと思うんです」

司会;
「昭和ライダーの存在感が大きくてイメージがあるだけに、平成ライダーをどう創っていくかを、今一生懸命模索しているというところでしょうか」

A氏;
「IT(アイティー・情報技術)の発達とかいろいろなことがあって、番組を見る側の子供たちも、取り巻く環境が当時とは変わっていますよね。当時のものを見せれば、それはそれで楽しく見てくれると思いますが、今のライダーが当時と同じことをやっても、『それはちがう』と言われちゃうと思うんです」

司会;
「半田さんは役づくりについて、どうお考えでしたか?」

半田氏;
「最初僕は漠然としたイメージですが、『正義感が強くてみんなに好かれるお兄さん』じゃなきゃいけない、みたいなライダー像・ヒーロー像を描いていたんですが、設定がぶっきらぼうな性格で、セリフが『ああ』とか『それで』とかいう片言が多くて。

すごく難しいっていうのはありましたけど、視聴者に興味を持たせるように、謎めいた感じを出すように意識はしましたけどもね」

司会;
「風見志郎の登場の仕方とか、性格の設定とはずいぶん違いますね」

宮内氏;
「(ファイズの乾巧が定食屋に現れる場面を見て)風見志郎は定食屋には行きませんし(笑)、僕自身演じた作品では、ヒーローは物を食わない、武器を持たない、そういったことで僕自身そう考えてきましたから。台本に食事のシーンが書かれていたら、『食うのは勘弁してください』と。

『おれは改造人間なんだ、改造人間がサンマで飯食ってんのは、ちょっと・・・』みたいなことがあるので・・・。まして登場シーンとなると、必ず登場音が先に鳴って、必ず高い所から出てくる(皆、一斉にあ~)。定食屋に出現して、メニューを指差すことはしません(笑)。ヒーローの出方としてどうなのかな?と。考え方がちがうのかなと、思いますね」

半田氏;
「猫舌っていう設定とか女と住んでるとか、これって時代なんですかねぇ。変身の時に携帯を使うんですよね。時代が携帯電話を持っていて当たり前になってきた時期なんですね」

A氏;
「最先端のツールを使っているっていうことですよね」

司会;
「自動改札のように、パスをベルトにピッとかざすとか、子供たちに身近な最新のツールが変身の道具に取り込まれていくということもありますね。ところで宮内さんが演じていた頃のストーリーは基本的に一話完結、またがっても二話までで事件が解決していく。

一話内にアクションシーンや見せ場が必ずある。それに対して半田さんの頃になると、一つの話の中で事件が解決しても解き切れない謎が残っていて、それ以降も伏線として続いていくというケースが随分ありますよね」

半田氏;
「そうですね。全50話だったと思うんですけれども、大げさに言えば50話で一つの話、みたいな感覚はありましたね。撮影は2話持ちでやるんですけれども、一応怪人は二話ごとに倒しては行くんですけれども、それで全てが解決したかというと、そうではないと。アクションシーンはあるんですけども、往年のシリーズに比べると、分量的には少ないかもしれないですね」

司会;
「昭和のライダーは必ずアクションシーンがあるんで、殺陣にしてもバイクにしても、技術を持って無いと務まらない仕事ですよね」

宮内氏;
「いや。技術の無い俳優さんも、あえて名前は言いませんが、ライダーをやってましたよ(笑)。まぁ技術を持ってる人間がやれば、より、らしく見えると。又、そういう風に努力をしていったということですね」

司会;
「時代の差なのかなと思うのは、宮内さんの風見志郎って、昭和の男の強さ、ヒーローであるっていうことを頑なに守るっていうか・・・」

A氏;
「ヒーローが大人っぽいですよね。設定年齢はそれほど変わらないと思うんですけど、当時のヒーローって、お兄さんというかおじさんのようにものすごく存在感がある、頼れる人なんですよ。

それに比べて半田さんの平成ライダーはもっと若くて、TVを観ている子供たちにより近い感じの存在で。隣のお兄さんでいてもおかしくないイメージを出そうということで、ぶっきらぼうだったり生活感があったりと、リアリティを出していこうという方向に向かったのかもしれないですね」

司会;
「宮内さんは、平成ライダーシリーズを確認というか、ご覧になられていたんですか?」

宮内氏;
「ええ、極力時間がある限りは見てましたね。いろんな作品5本くらいでしょうか、見てました。ただ続けて観てないとストーリーが分らなくなってしまうんですね。それで(視聴者を来週まで)引っ張るということもあるんでしょうけども・・・。

ただ僕が納得いかないのは、ライダー同士が戦うというのはどうも・・・。ましてや13人で戦い合うのは、今でもよく理解できません(苦笑)」

司会;
「宮内さんがヒーローにとってこれが大事だと考えていらっしゃる部分と今の平成シリーズとの間で、ギャップみたいな所があるんでしょうね」

宮内氏;
「そうですね。でも観ながら、彼らに拍手は送っておりますけれども」


★★★☆☆☆★★★☆☆☆
仮面ライダーは、進化するヒーロー。
過去に始まったヒーローについて同じものを引き継ぐのではなく、新しく変化しながら生まれ変わりながら、あらたに生まれてくるヒーロー、それが仮面ライダーだ。仮面ライダーというキャラクターは、人を引き付けて止まない、無限に発掘できる資源のようなものだ。仮面ライダーは、永遠に不滅である。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

仮面ライダー(1) ~ふたりのおやっさん、安らかに [ライダー座談会]

仮面ライダーを語るとき欠かせない存在といえば、もちろん『おやっさん』である。初代の小林昭二氏(96年8月他界)、二代目の塚本信夫氏(96年10月他界)のおふたり。おふたりとも、ほとんど同じ時期に天国へ召されている。

語らなくても居るだけで安心できる、そんな存在だった「おやっさん」という役柄。偶然だろうか、おふたりとも円谷作品において怪獣と戦うチームの隊長を任されている。いや、これは偶然ではない。やはり存在感・安心感・リーダーの条件を備えた人物として、ピッタリなおふたりなのだ。

元東映のプロデューサーで、残念ながらこちらも他界された平山亨氏が、生前このお二人の思い出を語っておられるので、ご紹介したい。小林・塚本両氏が他界された時期、この平山氏は大きく体調を崩しており、お二人の葬儀にも参列できなかったそうだ。

三人ともほぼ同年齢、自分が先に逝ってもおかしくないのにと、平山氏はそのショックの様子を『両翼をもがれた鳥のよう』と表現している。
では、平山氏の語るおふたりの思い出をどうぞ。


小林さんと塚本さんの今度の訃報は、ほぼ同年ということもあって、頼りにしてきたおふたりが立て続けに逝ってしまわれたことが、自分の体調不調もあってひどくこたえた。

小林さん、塚本さんという『仮面ライダーのおやっさん』を語らずに仮面ライダーは語れないと、私は言ってきた。実際、歴代仮面ライダーの育ての親は、このおふたりだったのだ。

もちろん、役の上の親父さんとして若い彼らを育てる役だったが、人間として役者としての在り方についても、人生の先輩・役者の先輩として、いつのまにか薫陶を与えてくれていたのだそうだ。

藤岡君、佐々木君、宮内君をはじめとして、歴代ライダーを演じた諸君は、尊敬に値する先輩の指導を受けることができたことは、本当に幸せだったと思うのだ。

我々は、本当に貴重な人を失ってしまった。我々は企画を立てるとき、意識的にも・無意識的にも、小林さん・塚本さんのような人を頼りにして、事を進めている。

『こういう役だったらこの人に任せれば安心だ』という人がいることは、不確定要素の多い企画の仕事の大きな部分で安心できるので、その分、他の不確定部分に全力を注げるという訳だ。

ドラマの出演者の構造は、大昔の芝居から決まっているのだ。特に不思議なのは、『老け役』の存在だ。役者のスター性という面から考えれば、登場人物は全員若い美男美女にすればよいと思うかもしれない。何故かそれは一時の花とはなっても、芝居として成功した例は無い。

若い者が演じてでも、『老け役』は必ず要るのだ。語らずとも人生を感じさせる重大な役割を果たしてくれるのが、『老け役』なのだ。

こう語ってくると、仮面ライダーの中でおやっさんの果たした文芸面での重要さが判ってくるのだ。子供対象のこの番組で人生を語るなんて大それた事はしてはいけないタブーみたいなものだが、小林さん・塚本さんのように居てくれるだけでも存在感を感じさせる名優が演じてくれると、彼らの背後にこんな事件に巻き込まれてしまった大人の男の切なさが感じられるのだ。

大体、立花藤兵衛氏、谷源次郎氏の過去がただの平穏無事なサラリーマンだったら、悪の組織が起こす様々な事態にあんな風に対応していられないだろうと感じさせてくれるのが、このおふたりの名優の力であり、それが、奇怪なこの物語に大変なリアリティをもたらして、あの大成功に導いてくれたのだ。

『(新)仮面ライダー』に入るとき、私は小林さんがいないと仮面ライダーじゃないと思い込み、当然小林さんは出てくれると信じ切って企画を立てた。ところが当然OKだと思っていたマネージャーの答えは、何と『ノー』だった。まいったなぁ、何がいけないんだろう。

すでにやりたい番組があるのならそちら優先で良いから、すこしだけでもとお願いしたが、そういう理由でもないらしい。ギャラが少ないというのなら、出来るだけのことをするからと粘ってお願いしたが、ギャラの問題ではなく出ない意志は固いのだそうだ。

そうかといって、私もこんな大事な問題をノメノメ引き引き下がるわけにはいかない。こういう場合、直接交渉してはマネージャーの存在を無視することになって申し訳ないが、小林さんに会わせてくれるよう頼んだ。マネージャーも事の重大性が判るから、小林さんに取り次いでくれた。

忘れもしない渋谷の○○ホテルのロビーでの会見。『ヒラさん、忙しいのに済まない。』と、気遣いの第一声、やさしい人なんだよ。小林さんは劇団の中でも、まとめ役だったんだそうだ。俳優という人種はわがままな人が多くて、そういう人が集まると、まとまるモノもまとまらない。

それなのに数々の名作傑作を産み続けてこられた影には、小林さんのまとめ役の功績があったというものだ。プロデューサーとしても、小林さんのような人が芯にどっしりと構えてくれると安心なのだ。

『キャプテンウルトラ』の放送直前のキャンペーンで、TBSホールだったと思うが、楽屋で『ウルトラマン』の科学特捜隊の若い人達の中に小林さんがいた。先輩風を吹かせること無く若い人に説き教える姿を見て、『ああ、この人はただ役の上での隊長だけでなく、皆をまとめて番組の成功に貢献している。

名実ともに隊長のような人なんだなぁ』と、その人柄に惚れこんでしまった。『仮面ライダー』はそんな小林さんがいたからこそ、できたのだと思っている。

〇〇ホテルでの会話。小林さんは辛そうに言った。
小林;
『済まないけど、俺のわがままなんだよ。こんなにまで言って、俺を使ってくれるヒラさんに申し訳ないんだけど。また本当は役者は自分の能力を認めてくれる人に対して、断るなんてやっちゃいけない事。とんでもない不遜なことだと判っているんだけど、今度だけはわがまま言わせてよ』

平山;
『と、言われても、仮面ライダーは小林さん無しには成り立たないって、世間みんなが思っていることも判ってよ』

小林;
『弱ったなぁ。(途中省略)言わなきゃダメかなぁ』

平山;
『聞かなくちゃ、判らないもの。(途中省略)・・帰れない』

小林;
『じゃあ、言うよ。役者ってのは贅沢なもんでね、同じ役で何年もやってると仲間内から言われるような気がするのよ。あいつまだ立花藤兵衛やってるの?他の役、できないんじゃない?って。だから藤兵衛から離れて、俺にだって別の役やれるんだぞって言いたいわけさ』

これには堪えたなあ。役者として新しい役に挑戦して、前進したいというチャレンジ精神に感激してしまった。ここでわが仮面ライダーが本当にかわいいなら、プロデューサーのわがままで、立花藤兵衛をやってくれというべきだったのかもしれない。相手の心情に感激したなんて、未熟というべきか、無能というべきか・・・。

平山;
『仕方がない。あなたを諦める代わりに、あなたの代わりが出来る俳優さんを推薦してよ』

小林;
『俳優仲間の面倒見も含めて、塚本信夫さんなら俺よりいいよ』

蛇の道は蛇というが、名優は名優を知る。塚本さんは小林さんに勝るとも劣らぬ名優だ。あとになって知ったことだったが、小林さんも塚本さんも、あの大ヒット番組ウルトラシリーズの隊長だったのだ。

不思議なご縁で、名優のおふたりにお世話になることができた。何歳になっても前進を志していた小林さんは、前進を続けつつ逝った。塚本さんは新しい芝居のけいこ中に倒れて、そのまま逝かれたのだそうだ。それにしても、すばらしい方々を失ってしまった。仮面ライダーのふたりのおやっさん、安らかに。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
- | 次の3件 ライダー座談会 ブログトップ