So-net無料ブログ作成
検索選択
レインボーマン・ドラマ ブログトップ
前の4件 | 次の4件

インドの山奥で修業した男!レインボーマン(5) ~キャッツアイ作戦編~ [レインボーマン・ドラマ]

《第5話 死ね死ね団の陰謀》

原作;川内康範
脚本;伊東恒久
特殊技術;有川貞昌
監督;山田 健

謎の秘密組織にロコを捕らえられてしまい、助けようとしたヤマトタケシだったが、レインボーマンとしてのエネルギーが無くなり、初めての「ヨガの眠り」につこうとしていた。

「ヨガの眠り」は、レインボーマンの活動エネルギーを得るために必要な5時間の休息時間だ。タケシはこの間、仮死状態となって完全な無防備になってしまう。レインボーマンの唯一にして最大の弱点であった。

ロコの姉サクラは、動けないタケシのこの様子を見て、自宅まで必至にタケシを運んできた。サクラの自宅に着いたタケシは、ベッドの上で座禅を組んだまま、真っ白な石のように硬直していた。

一方、ミスターKはロコを拷問にかけて、タケシの居場所を吐かせようとしていたが、口を割らないロコに、諦めたと見せかけて自宅の場所を聞きだし、そこを捜索するように部下へ命令を出した。

不気味なマスク姿の一団がサクラの家へ侵入するが、白い石像と化したタケシをみてもそれと気づかず、部下たちはミスターKに捜索失敗の報告をするのだった。やがて5時間の魔の時が過ぎ、タケシは元の状態へと戻っていく。

呼吸や脈拍が平常に戻ったことに、安堵するサクラ。眠りから覚めたタケシは、捕えられているロコを救出するため、サクラから聞いた怪しい館のある場所に向かうために変身する。
『あのくたらさんみゃくさんぼだい レインボー・ダッシュ7!』

死ね死ね団のアジトへ潜入することに成功したが、警報装置に引っ掛かり侵入がバレて、逆にマスクの男たちのボーガンに狙われて窮地に陥るタケシ。

また、バイクでタケシの後を追ってきたサクラは捕らえられ、ロコとともに捕虜となってしまう。ミスターKが叫ぶ。
『若造!この二人の命を助けたければ、すぐに出てこい!』

タケシは再びレインボーマンに変身すると、ダッシュ5に化身してレインボーフラッシュを死ね死ね団の連中に浴びせ、退散させることに成功する。だが、部下のひとりがロコにボーガンの矢が狙いを定めているのを見たサクラは、弟をかばって命を落としてしまう。

サクラからロコを託されたタケシは、深い悲しみを胸に抱きながら、何の罪もないサクラの死に、人の命の尊さを改めて知る。そしてミスターKと死ね死ね団への怒りは闘志となって、タケシの心を激しく燃やすのであった。   (つづく)


★★★★★★★★★★★★
サクラとロコの姉弟が活躍するマカオ編。

タケシが「ヨガの眠り」に入ってサクラの家で硬直している時に、死ね死ね団が迫ってくるシーンで、サクラはとっさにタケシに布きれを巻いてお地蔵様を拝むふりをするのだが、どう見ても突っ込みドコであり、BGMはヘッポコな音楽が流れるのである。このシーンはお遊びですよ、という合図であるかのように・・・(笑)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

インドの山奥で修業した男!レインボーマン(6) ~キャッツアイ作戦編~ [レインボーマン・ドラマ]

《第6話 魔の5時間がきた!》

原作;川内康範
脚本;伊東恒久  
特殊技術;有川貞昌
監督;長野 卓

ヤマトタケシは、自分がマカオに来たばかりに、サクラやロコを死ね死ね団の陰謀に巻きこんでしまったことを、心の底から謝っていた。サクラの仇を撃ち、みなし児になってしまったロコを守ることを心に誓う、タケシだった。

サクラのお墓の前でそのことを誓っていた所に、死ね死ね団戦闘員が襲撃してきた。急ぎレインボーマンに変身したタケシは、ダッシュ4に化身すると、木霊叩きの術や松葉手裏剣の術を使って、奴らを痛めつけて撃退させた。

死ね死ね団との戦闘で怪我をしたタケシは、身体を休めるためにロコの秘密の隠れ家へ行くが、そこで「ヨガの眠り」がまた襲ってくる。ロコはタケシの様子を見て街まで医者を呼びに行くが、死ね死ね団の為にニセ医者を送りこまれてしまう。

隠れ家でヤマトタケシを見たニセ医者と看護婦は、白く硬直したタケシをみて、狂人製造薬「キャッツアイ」を飲ませようとする。しかし硬直して口が開かず、注射針も歯が立たないため、仕方なく拳銃で撃ち殺そうとする。

いくら硬直した身体をしていても、タケシの身体は石や鉄になったわけではない。拳銃を撃ち込まれては一巻の終りだ。しかし水を汲みに行って戻ってきたロコが、二人がニセ医者であることに気付き、水を入れた缶を拳銃に投げ当て、タケシは難を逃れる。

ロコは「ヨガの眠り」についたまま硬直しているタケシを台車に乗せて逃げだすが、死ね死ね団の応援部隊がやって来て、ついに捕まってしまう。

死ね死ね団のアジトへ連れてこられたタケシとロコ。ミスターKは、目の前で真っ白な体で死んだように眠るタケシを見て、レインボーマンの秘密を解明するために解剖の指示を出す。

「ヨガの眠り」が解けるまであと30分。電気ノコギリで、まず手足を切断する指示をだすミスターK。だが足を使ってコンセントからコードを抜き、解剖の邪魔をするロコ。邪魔するロコを先に始末しようと、壁にはりつけにして、手投げナイフで心臓を狙われるロコ。

だが、ロコがあの手この手で時間を引き伸ばしたおかげで、魔の5時間はついに過ぎた。今度こそ最期かと、タケシの名を叫ぶロコの声に反応し、目を覚ますタケシ。すぐに状況を把握すると、レインボーマンに変身してロコを助けだした。

ミスターKはこの場から幹部たちを連れて逃げ出し、この秘密基地を爆破して、潜水艦で日本へ向かって出発するつもりだ。

一方、マスクの戦闘員たちを蹴散らしながら、ミスターKを探すレインボーマンとロコ。だが時限爆弾が爆発して、基地内部に火の手が回ってきた。早く脱出しないと危ない!   (つづく)


★★★★★★★★★★★★
死ね死ね団のマカオ基地は、レインボーマンのために爆破せざるを得なくなったミスターK。数百人の部下を残したまま、潜水艦で日本へ向かう途上で、幹部のダイアナが基地に残してきた部下たちが可哀想だというと、秘密を知りすぎたあの若造(=タケシ)と共にわれわれの証拠が消えるなら、

部下の命など安いものだと冷徹な所を見せる。日本人皆殺しという大目標のためには、大した事ではないと言い切るミスターKだった。なおこの回から、死ね死ね団戦闘員たちの服装が、あの緑色の制服にお面マークのペンダントを首から下げた姿がお目見えする。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

インドの山奥で修業した男!レインボーマン(7) ~キャッツアイ作戦編~ [レインボーマン・ドラマ]

《第7話 キャッツアイ作戦上陸す》

原作;川内康範
脚本;伊東恒久
特殊技術;有川貞昌
監督;長野 卓

レインボーマンを殺すべく、部下を巻き添えにしてマカオの秘密基地を爆破したミスターKは、日本人皆殺し作戦を実行に移すべく、死ね死ね団一味とともに潜水艦で一路日本へ向かっていた。

一方、レインボーマンとロコは基地大爆発の直前に脱出し、ロコの姉の墓の前にいた。姉を失い、みなし児になってしまったロコを家族として迎えようと日本へ誘ったタケシだったが、死んだ姉ひとり残しては行けないと涙ながらに断るロコだった。

連絡先を書いて、何かあれば日本にいる自分を頼るようにとロコに話をすると、タケシはダッシュ・7になって日本へと戻ってきた。日本へ着いてどんぐり園に行こうと街中を歩いていたタケシは、狂った様子の男に突然襲われる。

男はそのあと、走ってきた車に自分から飛び込んで死んでしまう。タケシの足元には、「ケイ」と書かれたスナックのマッチが落ちていた。

タケシの恋人淑江とその父・レスキの正造が経営する「どんぐり園」では、借金返済日が来ても返済できず、「どんぐり園」を手放す意志を固めた淑江と正造だった。

そこにタケシが現れ、マカオの賭け試合で手にした1万ドルをそっくり借金返済に充てたため、どんぐり園は手放さずに済んだのだった。妹の足の手術費に充てるようにと断った淑江だが、子供たちの為にどんぐり園は残さないといけないと、タケシの心は決まっていた。

今まで何の連絡もせずに家を空けていたタケシを、母・たみはなじった。レインボーマンとしての自分の活動を話すことができないタケシは、マカオへ行きレスリングの試合に勝って手にした1万ドルでどんぐり園を救った話をして、母の不信を解くのだった。

そして、ちょうど学校から帰ってその話を聞いてしまった妹・みゆきに、謝るタケシだった。ミスターKは日本に上陸するとすぐ、キャッツアイ作戦を実行に移すべく男隊員・女隊員にノルマを課して、日本人殺害を命令した。飲んだ人間は狂人になってしまう薬・キャッツアイ。

これを日本人に飲ませて日本国の壊滅を図るキャッツアイ作戦が、遂に始まった。タケシが狂人に襲われた時に拾ったマッチこそ、キャッツアイ作戦が行われている店のマッチだったのである。

タケシは妹の手術費を稼ぐために、先輩・堀田の店でしばらく働かせてもらおうと思った。堀田の経営するガソリンスタンドに行き、そこでタケシは謎の大量自殺事件の新聞記事を目にする。

とっさに自分が遭遇した狂人のことを思い出し、拾ったマッチの絵柄が記事の写真と同じであることを確認する。掘田に死ね死ね団の企みを話している最中に車が入ってくるが、偶然にもその車にはミスターKが乗っていた。

ミスターKは店から出てくるタケシの姿を見つけると、ガソリンを入れずにすぐに車を出させた。
『あの若造、生きてやがったのか。』

幹部のダイアナに、タケシ殺害命令をだすミスターK。店が閉まった後の夜の街を家路へ向かうタケシに、死ね死ね団の魔の手が迫ろうとしていた。  (つづく)


★★★★★★★★★★★★
今回はダッシュ・7しか出てこない回だった。マカオ編が終わり、レインボーマンVS死ね死ね団の死闘は、日本に舞台を移して行われることになる。どんぐり園を救うために、タケシがマカオの賭け試合で勝った1万ドルの札束を出すシーンで、『1万ドルって、いくらだ?』と聞いた男に、

淑江が『308万円よ』と答える。当時1ドル=308円と円の価値はとんでもない程安かった。この頃の日本国の円は、まだまだ世界経済に通用しない弱小通貨だったことがよくわかる。今の日本は、当時と比べて3倍もの価値ある国へと成長していた!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

インドの山奥で修業した男!レインボーマン(8) ~キャッツアイ作戦編~ [レインボーマン・ドラマ]

《第8話 ひとりぼっちの戦い》

原作;川内康範
脚本;伊東恒久
特殊技術;有川貞昌
監督;山田 健

夜になり家へ帰る途中で、タケシは死ね死ね団に囲まれてしまう。タケシはとっさにレインボーマンに変身すると、ナイフで襲ってくる戦闘員たちと格闘になった。

なかなかタケシにとどめをさせないとみると、女性幹部のダイアナは、レインボーマンの目を狙って目つぶし弾・アイパンチを撃った。

目をやられて思うように戦えないレインボーマンはダッシュ・6に化身すると、疾風土煙火の術(しっぷうどえんかのじゅつ)で地中深く潜り、この窮地を脱出することに成功する。

堀田の店に行き目を洗っていたタケシは、堀田に死ね死ね団の陰謀を話すが信じてくれない。タケシひとりだけが知っている死ね死ね団の陰謀。証拠が無い限り誰に話そうとも信用されないことは、タケシにも解っていた。

目をやられて顔が腫れあがった姿で帰ってきたタケシをみて、母・たみや妹・みゆきは今までに見せたことの無かったタケシのこの行動を心配する。

死ね死ね団はキャッツアイ作戦を実行するために、何でもやった。死ね死ね団のお面を被ったまま『目標1万店!おめん屋』という看板を出して屋台のおでん屋をやり、酒の中にキャッツアイ薬を入れて屋台に来る客に飲ませていた。

「たった一夜のうちに62名もの自殺者が出た」と、翌朝の新聞は書き立てた。ある日、どんぐり園で事件が起こる。淑江と子供たちが、サラリーマン姿の狂人に襲われたのだ。首を絞められて危ない所をタケシに助けられた淑江。

タケシに背負い投げされて動かなくなった男は、しばらくすると両目がネコの目のように光り、やがて死んだ。今までのことを淑江に話すが、信じてもらえない。タケシは心がくじけそうになってしまう。

公園で人々は楽しそうに、平和なひと時を過ごしている。だが自分の肩にこの人達の運命がかかっていると思うと、その重さに押しつぶされそうになり、タケシは落ち込んだ。その時である。虹色の球が彼方より飛んで来て、ダイバダッタが現れた。

『その苦しみには耐えねばならぬ。だが、みんながお前を必要としている。勇気を出して、己の信じる道をつらぬくのじゃ!』

いま死ね死ね団の陰謀を知っているのは、俺ひとりなんだ。「負けるものか!」とタケシは心を強く持った。
『ありがとう、お師匠。もう少しで俺はくじけるところだった』

公園でキャッツアイ入りの飲料水を配布しているダイアナは、タケシを見つけると女団員にワナを張らせた。工事現場に誘導されたタケシは逃げ場の無い地下室に誘い込まれ、上から鉄骨柱数十本を投げ落とされてしまう。  (つづく)


★★★★★★★★★★★★
子供にとっては、派手な超人が頻繁に出てくる方が面白いにきまっている。大人になってレインボーマンを見てみると、脚本がしっかりしており、むやみに超人を出すことをしないドラマ内容は、子供には今ひとつ面白くないといえそうだ。

最初の頃は光線技も出さず、素手で戦うレインボーマンには、視聴率は苦戦しただろう。だが、子供に媚びないドラマ作りをした川内康範先生は、結果的に良いドラマを創り上げたといえるのではないだろうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の4件 | 次の4件 レインボーマン・ドラマ ブログトップ