So-net無料ブログ作成
検索選択
帰ってきたウルトラ・座談会 ブログトップ
前の3件 | -

帰ってきたウルトラマン(4) ~座談会;振り返ってみたウルトラマン /ベムスターの巻 [帰ってきたウルトラ・座談会]

ウルトラマンのスーツアクター・きくち英一氏が、司会の某映画監督とふたりでビデオを見て、当時の記憶を思い出しながら各話のエピソードを語るシリーズ。第一弾はウルトラ怪獣の中でも人気が高い宇宙怪獣ベムスターが登場する、『第18話 ウルトラセブン参上』です。

◆MATステーションを丸ごと呑み込んでしまった宇宙怪獣ベムスター。親友・梶隊長のかたきを取るため加藤隊長以下MATは全力で戦うが敗れ、ウルトラマンのスペシウム光線さえも歯が立たない。失意のウルトラマンの前にウルトラセブンが現れて・・・

脚本;市川森一
監督;鍛冶昇
特殊技術;佐川和夫


★★★★★★★★★★★★

司会;
「ウルトラマンもシリーズ20本近くになると、スタッフも段々わかってくるでしょうね」

きくち氏;
「ウルトラマンの背中のチャックを開ける係で助監督のS君ってのがいまして、この頃には指に『チャックだこ』ができてましたね(笑)。ホントですよ、ぺんだこみたいにチャックだこが出来るんです」

司会;
「さすが、プロ。しかしこのベムスターはめちゃくちゃ強い、宇宙怪獣だから」

きくち氏;
「そう、スペシウム光線なんか吸い込んでしまうもん」

司会;
「この回はウルトラマンの全話数の中でも、比較的重い冒頭部分の様な感じがしますね。そういえば、この回がオンエアされるという日に飛行機墜落事故が起きて、特番で放送が一週間延びちゃって。やっと見られた時の感激は、大きかったな」

きくち氏;
「よく覚えてますねぇ(笑)」

司会;
「やっとオンエアされたこの回のオープニングの時に、団次郎さんの声で『先週はすまなかった。今日はウルトラセブンも出ます!』って言ったんですよ。感動したなぁ」


《太陽の引力圏に引きずり込まれる新マンの前にウルトラセブンが現れて》
司会;
「ここからが最高ですよね。あのセブンに入ってる方もJFAの方ですか?」(JFA ;ジャパン・ファイティング・アクターズ)

きくち氏;
「ええ、望月君。甘いマスクのヤツだったけど、すぐ辞めちゃったんです」

司会;
「こんないい役やったのに、勿体ない(笑)」

きくち氏;
「18歳くらいだった。背は高くはなく、細かったですね」


《ウルトラマン、ベムスターに敗れながらも帰ってきて加藤隊長のマットアローを救う》
司会;
「このセリフが最高なんですよ。隊長が言うんです。『ウルトラマンが帰ってきた』俳優生活最高のセリフですよね(笑)」

きくち氏;
「これからが親友の敵討ちですよね」

司会;
「いいセリフですよ、ここから『帰ってきたウルトラマン』は始まったと言っていいと思う。ここで始めて初代ウルトラマンを超えてね、最高のカタルシス(快感を感じること)です」

きくち;
「涙がでてくるね」

司会;
「この回は熱いものがある」

きくち氏;
「うん、泣けてくる」

司会;
「ウルトラブレスレットは、金属でできているようですが」

きくち氏;
「母体は真鍮(しんちゅう)です。今でも大切に持ってますよ」

司会;
「この世にひとつしかないんですから、宝物ですね」

きくち氏;
「こうやって改めて見ると、いろいろあるんですねぇ。放送時にはわからなかったことが」


★★★★★★★★★★★★
いわゆる『ウルトラ兄弟』を作るきっかけとなった回であり、これ以降、ウルトラマン同士がゲスト出演しながら増えていき、ファミリーやら幻の戦士(ウルトラマンキング)など、様々なタイプのウルトラマンが生まれる。このドル箱のようなウルトラ家族を持っていて、どうして円谷プロは潰れたプロ(支援を受けるよう)になってしまったのか・・・。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

帰ってきたウルトラマン(5) ~座談会;振り返ってみたウルトラマン/グドン&ツインテールの巻 [帰ってきたウルトラ・座談会]

ウルトラマンのスーツアクター・きくち英一氏が、司会の某映画監督とふたりでビデオを見て、当時の記憶を思い出しながら各話のエピソードを語るシリーズ。第二弾は素晴らしいプロポーションを持つ怪獣グドンと、数ある怪獣の中でも二つと同じシルエットは無い、怪獣ツインテールが登場する第5話『二大怪獣東京を襲撃第6話決戦!怪獣対MAT』です。

◆ビルの工事現場で見つかった岩石。「怪獣の卵かもしれない」郷の超能力がそうささやくが、MAT岸田隊員の判断で捨て置かれた。やがてその工事現場付近から怪獣グドンが出現。グドンを逃がしてしまった後に怪獣ツインテールも出現し、首都東京は二大怪獣に蹂躙されてしまう・・・

脚本;上原正三
監督;冨田義治
特殊技術;高野宏一


★★★★★★★★★★★★

司会;
「ツインテールは、名獣ですね」

きくち氏;
「これはMくんという日大芸術学部で僕の後輩の学生が入ってるんです。このツインテールは、カットによって人間が前と後ろ逆に入ったりして、撮影したんです」

司会;
「そうすることにより、まったく人間が入っているとは思いない効果を生んだんですね。すごいアイデアです」

きくち氏;
「我ながらこの殺陣は傑作だね。一番好きな怪獣です」

《独特の夕陽をバックに》
司会;
「あの太陽は、10キロワットのライトなんですね?」

きくち氏;
「そう。これカッコイイね。本編より特撮の方があとの撮影ですから、本編撮影の時が夕景だったんでしょうね。それとも夕陽狙いにしなのかな?とにかくいいカットです。劇場用(東宝・昭和46年夏公開)にもなりましたしね。この時の映画のポスター、大事にとってありますよ」

司会;
「この回で、ウルトラマンが側転してますね」

きくち氏;
「とにかく、自分の出来ること持っているものは全部出していこうという心構えで、やっていましたから」

司会;
「プロレスの影響なんか、ありましたか?」

きくち氏;
「力道山の頃から。街頭テレビなんかで、結構見てました」

司会;
「この回でグドンに、ブレーンバスターを使ってます」

きくち氏;
「この頃は馬場さん、猪木さんの全盛期。プロレス中継は欠かさず見て、研究したものでした。確かこの時だったと思いますが、肝っ玉母さん(故・京塚昌子氏)とTBSの番組宣伝用ポスター撮りで会ったんです。『暑いでしょ、私も中に入ったら痩せられるかしら』って言われました。

でも肝っ玉母さんが痩せたら、細っ玉母さんになっちゃうって言おうとして、やっぱり止めました。その頃京塚さんは、大スターだったですからね」

司会;
「このウルトラマンと京塚さんの写真が、やっぱりスゴイですよね。ウルトラマンのスーツも出来たてで」

きくち氏;
「駅のあちこちに、このポスターが貼ってありましたからね。それだけTBSが力を入れてくれてたんですねぇ」


★★★★★★★★★★★★
『肝っ玉母さん』はこの頃のTBSの人気番組で、筆者のうちでも毎週見ていた記憶がある。この『ウルトラマンと肝っ玉母さんの写真』が欲しいばかりに、テレビガイドのような雑誌を買ってもらい、ワクワクして見た記憶がある。

ウルトラセブンが終了してブームは収まっていたかもしれないが、子供たちの中ではフツフツと沸いていたと思う。『帰ってきたウルトラマン』は、筆者も他の子供たちにとっても、待ち焦がれていたヒーローだったことは確かだと思う。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

帰ってきたウルトラマン(6) ~座談会;振り返ってみたウルトラマン/アーストロンの巻 [帰ってきたウルトラ・座談会]

ウルトラマンのスーツアクター・きくち英一氏が、司会の某映画監督とふたりでビデオを見て、当時の記憶を思い出しながら各話のエピソードを語るシリーズ。第三弾は恐竜型怪獣の代表格アーストロン他3匹の怪獣が暴れまくる第1話『 怪獣総進撃』です。

◆異常気象により、怪獣たちが一斉に目を覚ました。東京湾ではタッコングとザザーンが戦っていたが、その争いに巻き込まれたカーレーサー志望の郷秀樹は、子供の命と引き替えに自分の命を落としてしまう。その様子を見ていたウルトラマンは、郷秀樹に自分の命を預けて地球に留まることを決心する。ウルトラマンの超能力でいち早く怪獣出現を知った郷秀樹は、すぐに行動を起こした・・・

脚本;上原正三
監督;本多猪四郎
特殊技術;高野宏一


★★★★★★★★★★★★

司会;
「(テーマ曲が流れて)やっぱりいいですよね~。ウルトラマン『菊池英一』というテロップ。当時ボクが子供でも、ここできくちさんがウルトラマンをやってると解ったんです。憧れました。第一話のクオリティの高さは、さすが本多猪四郎監督、今見てもカッコイイ」

きくち氏;
「ビックリしました。今見返しても手前みそながら、迫力ありますね」

司会;
「スタッフの、『ウルトラマン』や『ウルトラセブン』を超えようという意欲が画面に出てます」

《郷秀樹の死体とウルトラマンが一体化する》
きくち氏;
「郷秀樹との合体シーンか。この合体で前に倒れる時に、どうしても手をついてしまうんですよ。監督の注文は、手を脇に付けたまま前に倒れろってことだったけど、うまくいかなかった。この時のウルトラマンの声をやらせてくれと頼んだんですが、だめだったなー」

司会;
「どうしてですかねー、*国分さんっていう声優さんがやられてましたが。きくちさんは、中でしゃべってましたか?」
*国分さん→筆者の調査では、ウルトラマンの声を担当したのは「谷津勲」氏である

きくち氏;
「ええ、しゃべってました。やっぱり役者ですからね」

司会;
「このアーストロン以降、怪獣はほとんどきくちさんの大学の後輩の遠矢孝信さんが演じてらしたんですね?」

きくち氏;
「このアーストロンとの格闘は、全部撮り直ししたんですよね。ウルトラマンのデザインが変更になって。全く同じ殺陣で、もう一回やったわけです」

司会;
「正直、ムッとしましたか?」

きくち氏;
「そりゃあ、しましたよ(笑)」

司会;
「それだけ、いつも気合が入った殺陣をしてるってことですよね。しかしこのアーストロンって、実にいいデザインしてますよね」

きくち氏;
「本当、そうですね」


◆◆◆怪獣役者;遠矢孝信氏の証言◆◆◆

アーストロンには最初うちの若いヤツが入っていて、それを本多猪四郎監督さんが見ていらしたんです。それでどうも動きがよくないってことになった。それでボクはタッコングとスケジュールがダブらないんで、アーストロンも演じることになったんです。

そしたら、こりゃスゴイって誉められましたよ。その時は動きなんて何にもわからないんですけど、やたら動いたことが評価されたんでしょう。ボクは出来上がった怪獣を、見たイメージで動きを考えるんです。それを高野・佐川両特技監督は認めてくれてたんです。だからかなりひょうきんな怪獣もあった。飛び上がったり、あぐらをかいたりとかね。


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
第一話はお祭り騒ぎのように、怪獣が三体も出てくる。ザザーンはすぐに倒されてしまうが、子供にとってはたくさんの怪獣を見られるだけで、うれしいものだ。アーストロンとゴーストロンは兄弟か?というような質問があったように思う。

演じていた方が同じだということが分っただけでも、筆者はうれしい。ところで、筆者は2匹は親戚同士だと思う。理由は肌つやが全然違うから・・かな(笑)。2匹の関係、皆さんはどう思われますか?
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の3件 | - 帰ってきたウルトラ・座談会 ブログトップ