So-net無料ブログ作成
検索選択
帰ってきたウルトラ・座談会 ブログトップ
前の3件 | 次の3件

帰ってきたウルトラマン(7) ~座談会;振り返ってみたウルトラマン/タッコングの巻 [帰ってきたウルトラ・座談会]

ウルトラマンのスーツアクター・きくち英一氏が、司会の某映画監督とふたりでビデオを見て、当時の記憶を思い出しながら各話のエピソードを語るシリーズ。第四弾はツインテールと同様に数ある怪獣の中でもシルエットが珍しいタッコングのエピソード、第2話『タッゴング大逆襲』です。

◆MATに入隊した郷秀樹は、ウルトラマンの超能力を過信して勝手な行動をとり、怪獣を逃がしてしまう。坂田自動車工場にさえも居場所がなくなった郷は、やがて自分が全力を尽くした時に初めてウルトラマンになれることを悟る。再び石油コンビナートにタッコングが現れると、郷は全力で立ち向かっていった・・・

脚本;上原正三
監督;本多猪四郎
特殊技術;高野宏一


★★★★★★★★★★★★

司会;
「第二話のセットも派手で、劇場映画並みのスケールですね」

きくち氏;
「これは東宝の広い第一ステージ一杯に港を作って、やりました。第一話と第二話は同時に撮ってますんで、ぼくはウルトラマンと、ザザーンにも入ってたんですが、特撮の合間にすごいことがありましてね。

タッコングに入っている遠矢とプールに入って出番待ちをしていたら、照明のコードがプールの中に垂れていて電気が流れてたんです。もちろんふたりとも感電して、シビレちゃったんですよ。でもスタッフには、ぼくらがふざけて踊りを踊ってるように見えたらしいんです」

司会;
「それは、面白い(笑)」

きくち氏;
「『何ふざけてんだよ』って言って、助けてくれない。スーツの中から『助けてくれーッ』て必死に叫んで、やっと出してもらって。もう少し遅れてたら、ふたりともあの世行きでしたね」

司会;
「命がけの撮影だったんですね」

きくち氏;
「そうなんです」

司会;
「スペシウム光線の出し方が、少し変わりましたよね」

きくち氏:;
「初代はすこし猫背でしゃがんでたのを、ぼくは手の構えを大きくして、背筋を伸ばしたんです」

司会;
「正直、ボクはこっちの方がカッコいいと思ってましたよ(笑)」

きくち氏;
「ありがとうございます(笑)」

司会;
「ウルトラマンが最後に飛んで帰っていく所は、どうやって撮ってるんですか?」

きくち氏;
「これがイヤでね。小さな板の上にぼくが乗って、6人で下から押し上げるんですが、タイミングがなかなか合わないんで難しいんですよ。何度落っこちたかなぁ。周りにトタン板の山がある所でやってましたから、一歩間違えば大怪我という状況だったんです」

司会;
「さっきのは、ちょっと左に傾きましたね(笑)。ただジャンプするのとは違うんですねぇ」

きくち氏;
「そうなんです。もう初代ウルトラマンの頃からずっとやってましたから、円谷プロだけの伝統ですよね。一度、上からロープでぶら下がって降りてくるのを逆回しで撮ったんですが、1回やったきりで不採用でした。あまりよくなかったんでしょうね。ウルトラマンの飛行シーンは、伝統芸能の世界なんです」


◆◆◆怪獣役者;遠矢孝信氏の証言◆◆◆

タッコングは姿が丸いんで、水が入ると重いんですよ。水から出てくると伸び切っちゃって、背中の部分にボクの頭の形が出ちゃうんです。形もだんだん変わってくるし、この怪獣は他の怪獣に比べて、安定が悪かったです。


★★★★★★★★★★★★
タッコングとかツインテールとか、新マンにはこれは素晴らしい(珍しい)形をしているなぁと思う怪獣がいる。池谷仙克(いけやのりよし)氏の作品だ。ウルトラセブンの途中で円谷プロを去った成田亨氏のあとを継いだ男、成田亨の後継者である。

ダリーから池谷氏が描いてるが、ダリーも宇宙細菌という今までに無かった怪獣であり、秀作だと思う。池谷氏は四足怪獣について、人間が入ると後足が前足より長くなるという点に考慮して、デザインに工夫を凝らしている。ちょっとしたことだが、こういった点が円谷作品を優れた物にしているのだろう。


帰ってきたウルトラマン(9) ~座談会;振り返ってみたウルトラマン/ムルチとメイツ星人の巻 [帰ってきたウルトラ・座談会]

ウルトラマンのスーツアクター・きくち英一氏が、司会の某映画監督とふたりでビデオを見て、当時の記憶を思い出しながら各話のエピソードを語るシリーズ。第五弾は巨大魚怪獣ムルチとメイツ星人が登場する第33話『怪獣使いと少年』です。

◆河原で、毎日穴掘りをしているひとりの少年がいた。何が目的なのか、雨の日も風の日も休まずに穴を掘っている。いつしかその少年が宇宙人であるという噂が立ち、街の人々は恐れるようになった。ついにある日、町中の人々が彼を排除するために集団で襲い掛かろうとすると、彼の保護者を名乗る老人が廃屋の中から現れた。が実は・・・

脚本;上原正三
監督;東條昭平
特殊技術;大木淳


★★★★★★★★★★★★

司会;
「これは上原正三脚本、東條昭平監督作品の問題作です。ウルトラマンのコンセプトを超えている」

《ボロボロの学ランを着た学生が登場》
きくち氏;
「こんな学生、この時代にはいないよね」

司会;
「東條さんの思い入れのようです。時代考証より、イメージ優先だったんでしょうね」

《みんなで少年を肩まで土に埋めて、頭から泥水をかけるシーン》
司会;
「どんな感じで見てました?当時」

きくち氏;
「割と普通にね。ドラマをみるよりは、ウルトラマンが出てからの3分間が俺の命って感じが強いから、それで頭がいっぱい。それに現場にいたわけではないし」

《とばっちりを恐れて、商店街の誰も物を売ってくれない。肩を落として帰る少年に、パン屋の娘だけが普通に振る舞ってくれる》
司会;
「ここは小田急線の祖師谷商店街。このシーンが名作と言われる所以なんです。ここが人間に希望を持たせてくれる。この娘さんに憧れたヤツが多かったんですよ」

《少年を殺そうと、商店街の人間や警官などが迫ってくるシーン》
きくち氏;
「みんな、スゴイ恰好してる。まるで終戦直後だね」

司会;
「この作品には強迫観念のある集団の心理的弱さや怖さが、描かれていますね。いくらウルトラマンが怪獣を倒すのが使命とは言っても、守るべき人間がこれではどうしようもないでしょう・・・」

《人々の愚行に怒った郷秀樹は、『勝手なことをいうな』と、怒りを露わにするシーン》
司会;
「MATの隊長が、急に托鉢僧となって登場。この回だけ、郷秀樹がウルトラマンであることを知っているかのような、なかなかシュールな演出だ」

《隊長の言葉に考えを変えて、ウルトラマンに変身しムルチに立ち向かうシーン》
きくち氏;
「この回はまだ誰もやったことの無いことをやろうと思って、1カット長回しに挑戦したんです。雨の中でね、スタジオのギリギリの所まで利用してね。ウルトラマンにもセブンにも無かったアクションを1カットで撮ろうと持ちかけたら、監督もスタッフもノッてくれてね。

スタジオ一杯にレールを敷いて、横移動。爆発するので、(ウルトラマン・ムルチの)スーツをふたりとも着ないで何度もテストを繰り返して、雨を降らしていよいよ本番。一発でOKでした。終わった瞬間、スタッフから拍手が出ましてね。早く帰れるから(笑)」



****つづいて、監督の東條昭平氏の監督秘話をどうぞ****
『怪獣使いと少年』では、僕の初監督作品ということもあって、上原正三さんが民族問題やその他いろんなことを考えて脚本を書いていたんですが、実はそのほかにも、『地球には四季がある、でも宇宙には四季が無い』っていうテーマもあるんです。

宇宙には四季が無いはずなので、宇宙人が地球に来るとしたら、夏は良いかもしれないけど、秋がくればその変化についていけずに身体が朽ち果ててしまうと思うんです。だからあの子は、早くおじさんを助けなきゃダメなんですよ。

実は初号のフィルムは、もっと過激な内容でした。TBSが商品として受け取ることができないということで、リテイクしたんです。道を歩く少年に、みんなで石をぶつけるというシーンがあったのをカットしました。

それから最後に警官がおじさんを撃つシーンがありますが、あれは街の人が竹やりでもって刺すはずだったんです。それが通らなかったのは、TBSの橋本プロデューサーが、子供番組である以上は血を見せてはいけないということだそうです。

それから、少年とパン屋の娘の交流のシーンを新たに付け加えました。結果的には、あれが唯一の救いになりましたね。隊長の根上淳さんが托鉢僧姿なのも、脚本には無くて、現場の判断でやったことです。

帰ってきたウルトラマンでは、僕は助監督として多く現場にいましたが、あの頃は助監督でも、監督の言われるままではなく、いろいろと工夫しながらやってたんです。だからこそ面白かった。朝いくら早くても、夜いくら遅くてもよかった。

夜おそくなって電車に乗ったら、寝過ごして遠くまで行ってしまって、翌朝折り返してそのまま会社へ行ったこともありました。そんな滅茶苦茶な生活しててもとにかく面白かったから、懸命にやってたんですよ。


★★★★★★★★★★★★
帰ってきたウルトラマンをよくご存じの方なら、『11月の傑作群』という言葉を知っていると思う。いわゆる、71年11月中に放送された4作品のことを指す。それぞれが特別な評価を受けている作品とでもいえばいいだろう。その中でもこの『怪獣使いと少年』は、映像表現で人気があると同時に、色々と物議を醸しだす作品となった。

穴を掘る少年に向かって、執拗に陰湿なイジメのたぐいの事をするシーンがある。ホントによく放送できたものだと思う。『(イジメのような)やってはいけないこと』を映像にするには工夫がいるし、観るものに不快な思いをさせないようにしてほしいものだ。表現の自由とは、何をしてもいい事ではないのだから。難しいものだと思う。

帰ってきたウルトラマン(10) ~座談会;振り返ってみたウルトラマン/プリズ魔の巻 [帰ってきたウルトラ・座談会]

ウルトラマンのスーツアクター・きくち英一氏が、司会の某映画監督とふたりでビデオを見て、当時の記憶を思い出しながら各話のエピソードを語るシリーズ。第六弾はあの名優・岸田森さんの脚本による第35話『残酷!光怪獣プリズ魔』です。

◆世界各地で、灯台や船舶が次々に消失するという怪事件が起こる。世界地図を見ていて、この現象が日本に向かっていることに気付いた坂田と郷は、南へと向かう。やがて日本へ上陸した光怪獣プリズ魔は、彼らの目の前で灯台を光に変えて吸収してしまった・・・。

脚本;朱川審(岸田森)
監督;山際永三
特殊技術;佐川和夫

★★★★★★★★★★★★

きくち氏;
「プリズ魔ね、これ人間は入ってない。遠矢は後ろから押しただけで、いつもと同じギャラを貰ってた(笑)」

司会;
「後楽園球場でのロケですね。プリズ魔って、戦いようのない怪獣ですよね」

きくち氏;
「これは、全面プラスチックでできていました」

司会;
「この回は何と、脚本が岸田森さん。お話されたことは、あるんですか?」

きくち氏;
「直接は無いです。新幹線で一度お見かけしたことがあります」

《オーロラと共に、プリズ魔登場》
きくち氏;
「これは遠矢が腰までの長靴を履いて、水の中に入って押しているんですね、ただひたすら。
僕らは、『遠矢、見えるよ見えるよ』なんて言って、笑ってた。下からピアノ線で引けばよかったんだけど」

司会;
「このシリーズでは、プリズ魔が最強じゃないかな。光のエネルギーを武器とするウルトラマンにとって、光を吸収する怪獣はまさに最強でしょう。姿もベムスターなどと違って顔や手足が無く、物質そのもののイメージで捉えどころのない雰囲気が、最終回のゼットンよりも強そうです。ウルトラマンも勝つには勝ったが、随分痛めつけられた」

《プリズ魔の異空間で、不思議な動きをするウルトラマン》
司会;
「あはは、きくちさんこれ何やってるんですか?」

きくち氏;
「踊ってる。バレエやってる」

司会;
「どういうリクエストだったんですか?」

きくち氏;
「何しろ踊ってくれって。動きの激しいやつ
を」

司会;
「どのくらいカメラまわしたんですか?」

きくち氏;
「けっこう回したなぁ、ほら、こう寝て、足上げて」

司会;
「これ、どんな気持ちで踊ってるんですか?白鳥の湖かな?」

きくち氏;
「気持ちもなにも、とにかく踊ってくれってことだったんです」

《ウルトラマン、怪獣の中に飛び込む》
司会;
「この最後の戦いスゴイですよね。このキラキラしたのはセロファン?」

きくち氏;
「いや、雲母を体中にちりばめるんです」

司会;
「プリズ魔の体中で、スペシウム光線を発射する。きれいな画ですね」

きくち氏;
「岸田森さんは、やはり天才だと思いますね。この回の発想はすごい」


★★★★★★★★★★★★
岸田森氏は、82年に43歳の若さで他界している。演技にはストイックでどんな小さな役柄も手を抜くことはなく、『ワンシーンで映画を変えてしまうような役者になりたい』と常に語っていたといい、そういう演技が出来る俳優であったという。

『怪奇大作戦』(TBS)が円谷プロとの初仕事となる。この作品への出演が自身の芝居の一大転機になったと語り、以後「僕は円谷育ち」と公言している。円谷プロでは『プリズ魔』の他に実名で、《ファイヤーマン》第12話『地球はロボットの墓場』の脚本も手がけている。

『帰ってきたウルトラマン』の光怪獣プリズ魔のような目や口や手足が無い怪獣は、暗黒星雲の怪獣バキューモンを除けば、ブルトン(初代ウルトラマン)やバルンガ(ウルトラQ)などが思いつく。本体に目や口が無くてもそれ自身に意志があれば、それは立派な怪獣であるといえよう。

目や口が無いだけに不気味であり、声も出さない場合はなおさらである。(プリズ魔は、ラララーと女性の声を出していた)バリケーンではないが、自然界の台風も、ひょっとしたら目や手足のない生き物(怪獣)なのかもしれない。
前の3件 | 次の3件 帰ってきたウルトラ・座談会 ブログトップ