So-net無料ブログ作成
検索選択
帰ってきたウルトラ・座談会 ブログトップ
前の4件 | 次の4件

帰ってきたウルトラマン(9) ~座談会;振り返ってみたウルトラマン/ムルチとメイツ星人の巻 [帰ってきたウルトラ・座談会]

ウルトラマンのスーツアクター・きくち英一氏が、司会の某映画監督とふたりでビデオを見て、当時の記憶を思い出しながら各話のエピソードを語るシリーズ。第五弾は巨大魚怪獣ムルチとメイツ星人が登場する第33話『怪獣使いと少年』です。

◆河原で、毎日穴掘りをしているひとりの少年がいた。何が目的なのか、雨の日も風の日も休まずに穴を掘っている。いつしかその少年が宇宙人であるという噂が立ち、街の人々は恐れるようになった。ついにある日、町中の人々が彼を排除するために集団で襲い掛かろうとすると、彼の保護者を名乗る老人が廃屋の中から現れた。が実は・・・

脚本;上原正三
監督;東條昭平
特殊技術;大木淳


★★★★★★★★★★★★

司会;
「これは上原正三脚本、東條昭平監督作品の問題作です。ウルトラマンのコンセプトを超えている」

《ボロボロの学ランを着た学生が登場》
きくち氏;
「こんな学生、この時代にはいないよね」

司会;
「東條さんの思い入れのようです。時代考証より、イメージ優先だったんでしょうね」

《みんなで少年を肩まで土に埋めて、頭から泥水をかけるシーン》
司会;
「どんな感じで見てました?当時」

きくち氏;
「割と普通にね。ドラマをみるよりは、ウルトラマンが出てからの3分間が俺の命って感じが強いから、それで頭がいっぱい。それに現場にいたわけではないし」

《とばっちりを恐れて、商店街の誰も物を売ってくれない。肩を落として帰る少年に、パン屋の娘だけが普通に振る舞ってくれる》
司会;
「ここは小田急線の祖師谷商店街。このシーンが名作と言われる所以なんです。ここが人間に希望を持たせてくれる。この娘さんに憧れたヤツが多かったんですよ」

《少年を殺そうと、商店街の人間や警官などが迫ってくるシーン》
きくち氏;
「みんな、スゴイ恰好してる。まるで終戦直後だね」

司会;
「この作品には強迫観念のある集団の心理的弱さや怖さが、描かれていますね。いくらウルトラマンが怪獣を倒すのが使命とは言っても、守るべき人間がこれではどうしようもないでしょう・・・」

《人々の愚行に怒った郷秀樹は、『勝手なことをいうな』と、怒りを露わにするシーン》
司会;
「MATの隊長が、急に托鉢僧となって登場。この回だけ、郷秀樹がウルトラマンであることを知っているかのような、なかなかシュールな演出だ」

《隊長の言葉に考えを変えて、ウルトラマンに変身しムルチに立ち向かうシーン》
きくち氏;
「この回はまだ誰もやったことの無いことをやろうと思って、1カット長回しに挑戦したんです。雨の中でね、スタジオのギリギリの所まで利用してね。ウルトラマンにもセブンにも無かったアクションを1カットで撮ろうと持ちかけたら、監督もスタッフもノッてくれてね。

スタジオ一杯にレールを敷いて、横移動。爆発するので、(ウルトラマン・ムルチの)スーツをふたりとも着ないで何度もテストを繰り返して、雨を降らしていよいよ本番。一発でOKでした。終わった瞬間、スタッフから拍手が出ましてね。早く帰れるから(笑)」



****つづいて、監督の東條昭平氏の監督秘話をどうぞ****
『怪獣使いと少年』では、僕の初監督作品ということもあって、上原正三さんが民族問題やその他いろんなことを考えて脚本を書いていたんですが、実はそのほかにも、『地球には四季がある、でも宇宙には四季が無い』っていうテーマもあるんです。

宇宙には四季が無いはずなので、宇宙人が地球に来るとしたら、夏は良いかもしれないけど、秋がくればその変化についていけずに身体が朽ち果ててしまうと思うんです。だからあの子は、早くおじさんを助けなきゃダメなんですよ。

実は初号のフィルムは、もっと過激な内容でした。TBSが商品として受け取ることができないということで、リテイクしたんです。道を歩く少年に、みんなで石をぶつけるというシーンがあったのをカットしました。

それから最後に警官がおじさんを撃つシーンがありますが、あれは街の人が竹やりでもって刺すはずだったんです。それが通らなかったのは、TBSの橋本プロデューサーが、子供番組である以上は血を見せてはいけないということだそうです。

それから、少年とパン屋の娘の交流のシーンを新たに付け加えました。結果的には、あれが唯一の救いになりましたね。隊長の根上淳さんが托鉢僧姿なのも、脚本には無くて、現場の判断でやったことです。

帰ってきたウルトラマンでは、僕は助監督として多く現場にいましたが、あの頃は助監督でも、監督の言われるままではなく、いろいろと工夫しながらやってたんです。だからこそ面白かった。朝いくら早くても、夜いくら遅くてもよかった。

夜おそくなって電車に乗ったら、寝過ごして遠くまで行ってしまって、翌朝折り返してそのまま会社へ行ったこともありました。そんな滅茶苦茶な生活しててもとにかく面白かったから、懸命にやってたんですよ。


★★★★★★★★★★★★
帰ってきたウルトラマンをよくご存じの方なら、『11月の傑作群』という言葉を知っていると思う。いわゆる、71年11月中に放送された4作品のことを指す。それぞれが特別な評価を受けている作品とでもいえばいいだろう。その中でもこの『怪獣使いと少年』は、映像表現で人気があると同時に、色々と物議を醸しだす作品となった。

穴を掘る少年に向かって、執拗に陰湿なイジメのたぐいの事をするシーンがある。ホントによく放送できたものだと思う。『(イジメのような)やってはいけないこと』を映像にするには工夫がいるし、観るものに不快な思いをさせないようにしてほしいものだ。表現の自由とは、何をしてもいい事ではないのだから。難しいものだと思う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

帰ってきたウルトラマン(10) ~座談会;振り返ってみたウルトラマン/プリズ魔の巻 [帰ってきたウルトラ・座談会]

ウルトラマンのスーツアクター・きくち英一氏が、司会の某映画監督とふたりでビデオを見て、当時の記憶を思い出しながら各話のエピソードを語るシリーズ。第六弾はあの名優・岸田森さんの脚本による第35話『残酷!光怪獣プリズ魔』です。

◆世界各地で、灯台や船舶が次々に消失するという怪事件が起こる。世界地図を見ていて、この現象が日本に向かっていることに気付いた坂田と郷は、南へと向かう。やがて日本へ上陸した光怪獣プリズ魔は、彼らの目の前で灯台を光に変えて吸収してしまった・・・。

脚本;朱川審(岸田森)
監督;山際永三
特殊技術;佐川和夫

★★★★★★★★★★★★

きくち氏;
「プリズ魔ね、これ人間は入ってない。遠矢は後ろから押しただけで、いつもと同じギャラを貰ってた(笑)」

司会;
「後楽園球場でのロケですね。プリズ魔って、戦いようのない怪獣ですよね」

きくち氏;
「これは、全面プラスチックでできていました」

司会;
「この回は何と、脚本が岸田森さん。お話されたことは、あるんですか?」

きくち氏;
「直接は無いです。新幹線で一度お見かけしたことがあります」

《オーロラと共に、プリズ魔登場》
きくち氏;
「これは遠矢が腰までの長靴を履いて、水の中に入って押しているんですね、ただひたすら。
僕らは、『遠矢、見えるよ見えるよ』なんて言って、笑ってた。下からピアノ線で引けばよかったんだけど」

司会;
「このシリーズでは、プリズ魔が最強じゃないかな。光のエネルギーを武器とするウルトラマンにとって、光を吸収する怪獣はまさに最強でしょう。姿もベムスターなどと違って顔や手足が無く、物質そのもののイメージで捉えどころのない雰囲気が、最終回のゼットンよりも強そうです。ウルトラマンも勝つには勝ったが、随分痛めつけられた」

《プリズ魔の異空間で、不思議な動きをするウルトラマン》
司会;
「あはは、きくちさんこれ何やってるんですか?」

きくち氏;
「踊ってる。バレエやってる」

司会;
「どういうリクエストだったんですか?」

きくち氏;
「何しろ踊ってくれって。動きの激しいやつ
を」

司会;
「どのくらいカメラまわしたんですか?」

きくち氏;
「けっこう回したなぁ、ほら、こう寝て、足上げて」

司会;
「これ、どんな気持ちで踊ってるんですか?白鳥の湖かな?」

きくち氏;
「気持ちもなにも、とにかく踊ってくれってことだったんです」

《ウルトラマン、怪獣の中に飛び込む》
司会;
「この最後の戦いスゴイですよね。このキラキラしたのはセロファン?」

きくち氏;
「いや、雲母を体中にちりばめるんです」

司会;
「プリズ魔の体中で、スペシウム光線を発射する。きれいな画ですね」

きくち氏;
「岸田森さんは、やはり天才だと思いますね。この回の発想はすごい」


★★★★★★★★★★★★
岸田森氏は、82年に43歳の若さで他界している。演技にはストイックでどんな小さな役柄も手を抜くことはなく、『ワンシーンで映画を変えてしまうような役者になりたい』と常に語っていたといい、そういう演技が出来る俳優であったという。

『怪奇大作戦』(TBS)が円谷プロとの初仕事となる。この作品への出演が自身の芝居の一大転機になったと語り、以後「僕は円谷育ち」と公言している。円谷プロでは『プリズ魔』の他に実名で、《ファイヤーマン》第12話『地球はロボットの墓場』の脚本も手がけている。

『帰ってきたウルトラマン』の光怪獣プリズ魔のような目や口や手足が無い怪獣は、暗黒星雲の怪獣バキューモンを除けば、ブルトン(初代ウルトラマン)やバルンガ(ウルトラQ)などが思いつく。本体に目や口が無くてもそれ自身に意志があれば、それは立派な怪獣であるといえよう。

目や口が無いだけに不気味であり、声も出さない場合はなおさらである。(プリズ魔は、ラララーと女性の声を出していた)バリケーンではないが、自然界の台風も、ひょっとしたら目や手足のない生き物(怪獣)なのかもしれない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

帰ってきたウルトラマン(12) ~座談会;振り返ってみたウルトラマン/キングザウルス三世の巻 [帰ってきたウルトラ・座談会]

ウルトラマンのスーツアクター・きくち英一氏が、司会の某映画監督とふたりでビデオを見て、当時の記憶を思い出しながら各話のエピソードを語るシリーズ。第七弾は、長い角でバリアーを張ってウルトラマンを苦しめたキングザウルス三世が登場する第4話『必殺!流星キック』です。

◆必殺技スペシウム光線が効かない、恐るべき怪獣が出現した。しかも怪獣の食糧はウランで、原子力発電所を狙っている。あのバリアーを飛び越えねばヤツには勝てないと悟った郷秀樹は、キック力を付けるために特訓を開始した・・・

脚本;上原正三
監督;筧正典
特殊技術;高野宏一

★★★★★★★★★★★★

きくち氏;
「このキングザウルス三世は、ホントに怪獣らしい怪獣だね」

聞き手;
「この怪獣は、うしろ足を上げて入っているでしょ?」

きくち氏;
「人間が四つんばいになるとどうしても手よりも足の方が長いから、後ろ足を折ってしまう。そうすると、怪獣にみえないんですよね」

聞き手;
「後ろ足をあげて入っているから、このキングザウルス三世はホントに怪獣らしい怪獣に見える。画期的です。でも、中の人は辛いんじゃないですか?初代マンにもセブンにも、こんな怪獣は出ていませんね」

きくち氏;
「遠矢は辛かったとおもうよ」

《怪獣の角でウルトラマンが足を刺される》
きくち氏;
「これでやられるんだな。団(次郎)ちゃんも足を怪我するって演出だったでしょ」

聞き手;
「痛そうなんですよね、これが。本当に痛いんですか?」

きくち氏;
「ホントに痛かった。刺さってね」

聞き手;
「ホントに辛そうだ」

きくち氏;
「ウルトラマンが倒れてから、怪獣の足が顔を踏みつけているでしょう。これがまた、痛いんです」

聞き手;
「胸はどうなんです?」

きくち氏;
「胸はゴムが入っているから、痛くないんです」

聞き手;
「本当に当たって痛いというところも、使っているんですね。そりゃあ、リアリティがある。ところで、この回で初めてトランポリンのアクションをやってますが」

きくち氏;
「東映では既に使ってましたが、ウルトラマンでやったのは僕が最初です。時代の要請でしょう」

《ウルトラマンがキングザウルス三世にキックする場面、カメラは上のほうから撮っている》
聞き手;y
「これは斬新なカットですね」

きくち氏;
「スタジオの天井近く、かなり高い部分までイントレ(カメラ位置を高くするための折り畳み可能な台)を組んで、そこから飛び降りて撮りましたね。この回はウルトラマンのアクションシーンが多いので、燃えてやった回です」

聞き手;
「初代ウルトラマンのファイトにも勝る出来だと思います」


◆◆◆怪獣役者;遠矢孝信氏の証言◆◆◆

キングザウルス三世は後ろ足を上げて入る怪獣だが、そんなにつらくはなかったです。でも足の裏を見せちゃダメなので、足裏を見せずに歩く工夫はしました。この怪獣は頭をピアノ線で吊っていたし、アクションはずいぶん工夫した怪獣です。


★★★★★★★★★★★★
四足怪獣のステゴンはキングザウルス三世と同様、前足と後足が同じ長さの怪獣である。だがキングザウルス三世と違って前足が後ろ足と同じくらい長いので、おそらく手に下駄を履かせているはずときくち氏は言っている

。怪獣役者の遠矢氏はステゴンを演じた記憶があまり定かでないということだが、四つ足のバランスからみて、下駄の様なものを手に履いているのでしょうと説明している。この回だけ使用した新マンの必殺技で、『シネラマショット』と呼ばれる光線技がある。

ウルトラセブンのワイドショットと同じく腕をL字に組んで発射する白色光線。キングザウルス三世のバリアーの前に、歯が立たなかった。新マンの描き方というのは、当時流行のスポ根に関連していると思われる。初代マンはゼットンと対戦するまで無敵であったが、新マンはこのキングザウルス三世との対戦で早くも敗戦を味わう。

初代マンは無敵超人だったが、新マンはまだ成長途中の超人といえるかもしれない。最初の戦いで敗戦を経験し、苦しみの中から新しい技(この回では流星キック)を生み出して、次の対戦では敵を倒す。新マンの話とは、人間と同じように悩み苦しんで、そこから活路を見出そうとする、ウルトラマンの成長物語だったのだ。

《おまけ》
ウルトラマンが戦い終わって、空へ飛んでいくシーンに使うイントレ。これは初代マンの時からの伝統だけど、確か飯島敏宏さん(監督)が考えたんだと思います。イントレを使うようになったわけは、初代ウルトラマンに入っていた古谷(敏)がスーツを着たままではうまく飛び上がれなかったので、みんなで持ち上げようということになったためなんです。(故・高野宏一氏談)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

帰ってきたウルトラマン(17) ~座談会;振り返ってみたウルトラマン/ナックル星人&ブラックキングの巻 [帰ってきたウルトラ・座談会]

ウルトラマンのスーツアクター・きくち英一氏が、聞き手の某映画監督とふたりでビデオを見て、当時の記憶を思い出しながら各話のエピソードを語るシリーズ。第八弾は、悪賢いナックル星人と用心棒怪獣ブラックキングが登場する『第37話 ウルトラマン夕陽に死す』 『第38話 ウルトラの星光る時』の二本立てでお送りします。

◆地球侵略を狙うナックル星人はウルトラマンを亡き者にするため、抹殺計画を企てる。まずシーゴラスとベムスターを使って能力を探り、次に精神面で動揺させるために坂田兄妹を容赦なく殺害した。深い悲しみと怒りに平常心を失った郷秀樹=ウルトラマンはもう怖くない。ナックル星人は用心棒怪獣ブラックキングを、ウルトラマンにぶつけてきた。

脚本;上原正三
監督;冨田義治
特殊技術;大木淳


★★★★★★★★★★★★

聞き手;
「いよいよこのシリーズ最大のクライマックスです。僕はこの前後編で、実質ウルトラシリーズは終わったと思ってます」

《アキと坂田、ナックル星人の車にひかれる》
きくち氏;
「殺される?死んじゃうんだ!」

聞き手;
「うわー。これで郷の怒り爆発ですよ。しかしこんな子供番組は、前代未聞です。この後の変身の仕方が良いんです。ビルから飛び降りるんですね。郷秀樹はピンチになるとウルトラマンに変身できることを知っているから、自らをピンチの状態に追い込んだんですね。

変身出来なくて死んでもいいというくらい、郷の心は荒れ狂っていたんですね。そんなくらいだから、戦いも思うようにいかない。だから勝てないんです。ここで変身した後、きくちさんは良い芝居演ってますね」

きくち氏;
「この回は特に力が入りましたね。ナックル星人が、遠矢です。この時は遠矢と話して、人間のアクションのヤシの実割り(プロレスの技)とかやってるでしょう。ブラックキングに入っているのは有川君って言って、JFAの若手でしたね」

聞き手;
「特撮監督は、大木さんですね」

きくち氏;
「大木さんは、夕陽のシーンを巧く撮りますね。この夕陽は画になりますねぇ」

聞き手;
「徹底的にやってますね。ふつうここまでのピンチになると新マンは消えちゃうんですが
、今回は消えない」

きくち氏;
「僕がやられて、宇宙船に鎖でつながれて空を行くこのラストシーン、画がきれいでいいですねぇ」

◆◆◆怪獣役者;遠矢孝信氏の証言◆◆◆
怪獣にばかり入っていると、飽きてくるんですよ。怪獣はその役者の資質というより、とにかく動くという体力勝負のところがある。でも宇宙人、このナックル星人は自分の身体のラインがそのまま出てるから、燃えましたね。この素振りは、東映の任侠映画のチンピラがいいもんをいたぶる、あの感じでやってます(笑)



***引き続き、『第38話 ウルトラの星光る時』をお送りします。***

◆ナックル星人の卑劣な作戦の前に、ついにウルトラマンは力尽きて倒れてしまう。ナックル星で処刑するため、宇宙船に鎖でつながれて運ばれるウルトラマン。ナックル星で逆さ磔にされたまま、処刑の時は刻一刻と迫る。

その時、初代マンとセブンが新マン救出に現れた!二人の力をもらって、新マンは復活する。さあ、友情のウルトラパワーで、ナックル星人とブラックキングを倒せ、ウルトラマン!

《逆さ吊りされた新マンを、初代マンとセブンが助ける》
聞き手;
「いよいよ最高の見せ場です。(逆さ吊りにされたウルトラマンの中に)きくちさん、中に入ってるんですか?」

きくち氏;
「本当に逆さづりにされてるんですよ。頭に血がのぼって、きつかったですねぇ」

聞き手;
「それは辛いでしょうね。この初代マンとセブンには、誰が入ってるんですか?」

きくち氏;
「セブンはベムスターの回でもやった望月君。初代マンは斎藤君」

聞き手;
「初代マンの飛行ポーズが、昔と変わってるんですが」

きくち氏;
「これね、帰ってきたウルトラマンの飛び人形を改造して初代マンにしたの。だから手が開いてる。前と違うって言われてもね、当時はそこまで見てるとは思わなかったですよ」

聞き手;
「宇宙を飛ぶ三人のウルトラ戦士。無敵の状況です。こんなに夢を与えたシーンは、無いですね。これで初代マンとセブンの出番は終わり。これくらいがちょうどいいんですよ。これ以上でるとね・・・」

《ウルトラマンとブラックキングの戦い、ブラックキングの崩した岩が隊長に当たる》
きくち氏;
「何気ないシーンですが、本編と特撮の打ち合わせをよくやってないと出来ないシーンです」

《ウルトラマンのカラータイマーが赤になるが、ナレーション『だがウルトラマンは負けない。初代マンとセブンの友情が心の支えになっているのだ』と言った瞬間強くなる》
聞き手;
「いい!良いテーマだ。人間の心の持ち方次第だっていう。しかし、ワンカットでやってるんですね」

きくち氏;
「ここね、結構長回しで、俺が殴っても遠矢が全然反応しない。ちょっとしてから、吹っ飛んだね(笑) たぶん、くたびれていたんだろうね」

◆◆◆怪獣役者;遠矢孝信氏の証言◆◆◆
本気で殴れって監督に言われて、最初は疑問感じながらやってたんですが、ナックル星人の時、今回は人間アクションでいこうってことにしたんです。人間の形してるからホントに殴らないとアクションが少しずれる。のぞき穴をモロに殴られて、『うっ、この野郎!』なんて思ったこともあります。でも、先輩だから、あとで呑ましてもらって、それで後腐れ無しです(笑)


★★★★★★★★★★★★
昨日の記事を読んだ方は覚えていると思うが、怪獣造形は、新マンから開米プロが引き受けている。それまで高山良作氏が受け持っていたすべてを、引き継いだわけだ。このナックル星人とブラックキングも、よく出来た造形だと思う。(ブラックキングは熊谷健氏、ナックル星人は作者不明)

熊谷健氏は映画界の人であったが、1963年に円谷プロに入社。『帰ってきたウルトラマン』ではプロデューサー補として活躍された。中盤からは池谷仙克氏の後を受けて、怪獣デザインを担当した。熊谷氏によると、人気怪獣とは、

①二本足怪獣で、おもちゃにしたときに格闘させて遊びやすい 
②ドラマチックな登場や死に方をしている 
③角やムチなど特徴ある武器を持っている 

この3条件を備えていることだという。なるほど、シーゴラスやベムスター、ゼットンやバルタン星人は、いずれもこの3条件を満たしているように思える。その意味では、ブラックキングは条件②を満たしてないため、人気が今ひとつであるようだ。筆者の好きなエレキングはこの3条件を満たしていると思うが、どうだろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の4件 | 次の4件 帰ってきたウルトラ・座談会 ブログトップ