So-net無料ブログ作成
検索選択
ウルトラセブン・ドラマ ブログトップ
前の3件 | 次の3件

ウルトラセブン(7)改 ~足跡の間隔は平均1メートルです。その点から推測して、相手の身長は約2メートル位だと思われます。 [ウルトラセブン・ドラマ]

今回は、第22話『人間牧場』を取り上げます。
監修;円谷英二
脚本;山浦弘靖
監督;鈴木俊継
特殊技術;大木 淳

【アンヌの親友るり子の腕に付いていた胞子は、ブラコ星人の食糧であった!このままでは地球上の女性すべてが、ブラコ星人の食糧にされてしまう・・・】


◆今夜はアンヌの親友、るり子の誕生パーティが開かれていた。大勢の友人達が集まって、るり子をお祝いしていた。すると、外で愛犬ジョンが激しく吠える声がする。近所の猫でも見つけたのよと、気に留めないるり子。今度は鳴き声がおかしい。アンヌとるり子は、手分けしてジョンを探すことにした。

暗い中、大量の血が流れているのを発見したるり子は次の瞬間、大きな目玉の宇宙人に襲われてしまう。るり子の叫び声を聞きつけて、急いで声のする方へ向かうアンヌ。海岸に落ちているブローチを見つけるアンヌ。
『るり子のだわ!』

基地へ連絡を入れ、応援を要請するアンヌ。ポインター号で伊豆の入田浜へ向かう隊員たち。アンヌは円盤のようなものを見たと証言し、現地調査をした一行は、犬が怪力で絞殺されていること、砂浜から海に向かって続く妙な形の足跡を発見する。

それは歩幅から推測して、身長2メートルはある巨大生物の物であると思われた。ポインター号をホバークラフトのように浮かせて海上捜索を行ったが、異常は発見できなかった。翌朝、行方不明のるり子が浜辺で発見された。

様子がおかしいるり子を防衛軍基地に収容すると、右腕に謎の付着物を発見、切り取って培養を急ぐ。病症が不明で原因も解らないが、体内の染色体が急激に減少しているという。謎の付着物の培養を急いで、その結果で対策を講じるよりほかにないと言う北村博士。

メディカルセンターで休んでいるるり子がうめき声をあげると、全身が緑色に変色してしまっていた。るり子の異常を報告しようとしたアンヌを、メディカルセンターへ侵入してきたブラコ星人が襲う。叫び声を聞きつけてメディカルセンターへ入ったダンは、とっさにブラコ星人と素手で戦う。

が、怪力のブラコ星人はダンの首を絞めようとしていた。一瞬早く、キリヤマ隊長のレーザーガンが、ブラコ星人のとどめを刺した。しかし意識を失って倒れているアンヌも、るり子同様、全身が緑色に変色してしまっていた。

すぐにブラコ星人の死体を解剖した結果、るり子に付着していた赤い胞子が、ブラコ星人の食糧であることが判った。しかもその胞子を増やすのに、女性の身体は都合が良いのだ。女性の身体は、ブラコ星人の食糧である胞子を増やすための絶好の牧場というわけだ。
『このままでは、地球上のすべての女性が、人間牧場にされる恐れがある』

るり子とアンヌを至急隔離して、他の女性に空気伝染するのを防ぐ措置が取られた。ダンが隔離室で、北村博士に聞く。
『あの二人が助かる方法は無いのですか?』

『放射線アルファー73、これを患者の体に当ててれば、恐らく・・・』

『どこにあります?どうすればいいんです?』

土星の鉱石にしか含まれない、放射線アルファー73。ホーク2号で飛ぼうとするダン。決断するキリヤマ隊長だったが・・・。
『ホーク2号でどんなに急いでも、3日はかかります。患者の生命は、あと15時間もつかどうかです』

北村博士の言葉に、うつむくダンとキリヤマ。パトロール中のホーク1号から、円盤群と遭遇し交戦中との緊急連絡が入る。ホーク3号で緊急出動したダン。急がないと、時間が無い。セブンに変身するために無茶な戦闘を仕掛けるダンは、円盤群に突っ込んでいく。
『ダン、気でも狂ったのか!』

円盤群の攻撃を受け、大爆発するホーク3号の中から、ウルトラセブンが飛び立った。土星へ向かうセブンを、円盤群が交戦して邪魔をする。網状の光線で包囲されてしまったセブンを、ホーク1号がきりもみしながらレーザー光線を放って、セブンを包囲していた網状光線を破壊した。

ホーク1号に敬礼したセブンは、そのまま土星へ向けてスピードを上げた。セブンが取ってきた土星の鉱石を使って、放射線アルファー73をるり子とアンヌに放射する防衛軍の北村博士たち。ふたりとも身体が回復し、意識が戻って笑顔を見せる。

ホーク3号墜落現場にダンを探しにいったソガとアマギが戻ってきたが、ダンが見つからないことを報告する。心配な表情をしながらも、隊員たちを励ますキリヤマ隊長。
『ダンのことだ、きっとどこかで生きているさ・・・』

その頃、別室でゆったり余裕を見せながら土星の絵を描いているモロボシ・ダンの姿があった。   (終わり)


★★★★★★★★★★★★
冒頭、るり子の叫び声を聞いたアンヌが海に向かって撃つ照明弾は、白いブーツから取り出すのだが、台本では胸ポケットから万年筆を取り出し、キャップを抜いてボタンを押すと照明弾が打ち出されると書かれている。

るり子行方不明の知らせを受けて警備隊員が駆けつけ、ホバークラフトのようにポインター号で海上捜索をする時に運転しているのはフルハシだが、台本ではダンが運転している。

誘拐されたるり子がブラコ星人の円盤内に連れて来られて、意識不明のまま座った状態でいる場面。台本では実験室のベッドに寝かされた状態で機械を使ってるり子のデータを取り、そのデータの結果をみた星人は、機械を操作してるり子の腕に黄色い液体を注射する様子が書かれている。

最も違う点。台本では、ダンがホーク3号で無茶をしてセブンに変身した後、警備隊本部に現れて隔離されたアンヌとるり子が入ったカプセルを脇に抱えると、そのまま土星へ行こうとする場面がある。ブラコ円盤群が出すカプセルのように包まれる光線に捕まり、行く手を阻まれているところをホーク1号が3つに分かれて攻撃し、セブンを助けてそのまま土星へ行かせる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ウルトラセブン(8)  ~セブンは身長50メートルの巨人にも、豆粒ほどにも、ちいさくなれる [ウルトラセブン・ドラマ]

今回は、第39話『セブン暗殺計画(前篇)』を取り上げます。
監修;円谷英二  
脚本;藤川桂介
監督;飯島敏宏  
特殊技術;高野宏一

◆警報が鳴ってフルハシやアマギが出動しても何も異常がないのに、ダンが出動したときにだけ、怪獣アロンに襲われることが何度か続いた。ガッツ星人は、地球を侵略するには地球人の心の拠り所を無くしてしまえば、簡単に降伏すると考え、それには地球人の目の前で、ウルトラセブンを処刑してしまえばよいと考えた。

怪獣アロンはウルトラセブンの超能力を探るための囮(おとり)であり、セブンはまんまとこのワナにはまって能力を探られ分析されてしまう。第三地区に警報が出て、ダンとアンヌが出動した。ポインター号で第三地区へ向かったところ無人の自動車に囲まれて、身動きが取れない状態に追い込まれてしまう。

ガッツ星人が現れて、ダンに挑戦してきた。アンヌがいるため変身出来ないダンは、カプセル怪獣ウィンダムを使ってガッツ星人と闘わせるが、電子頭脳を破壊されてしまう。ガッツ星人は巨大化してダンをセブンに変身させようと誘うが、本部に連絡を取って迎えに来たホーク1号により、ダンとアンヌはその場からの脱出に成功する。

ウルトラ警備隊では、ガッツ星人の目的をつかみかねていた。一方で、泉ヶ丘の上空に未確認飛行物体があることをレーダーがとらえていたが、肉眼では確認できない。ホーク3号で出動したアマギとアンヌの目の前にガッツ星人の宇宙船が姿を現し、ホーク3号は撃墜されてしまう。

ポインター号で泉ヶ丘に向かったソガとダンだったが、ソガはガッツ星人の捕獲円盤に襲われて捕らえられてしまう。本部にソガの救出を依頼したダンは、ポインター号で移動中に鉄橋を爆破され、セブンに変身せざるを得なくなる。

泉ヶ丘の崖の上で、ガッツ星人とセブンの戦いが始まった。アイスラッガーやエメリューム光線などの超兵器を使ってガッツ星人と闘うセブンだったが、怪獣アロンを使って徹底的に分析されたセブンの能力は、もはやガッツ星人には通用しなかった。

光線技によってエネルギーが消耗し、セブンの額のビームランプが点滅をはじめた。もう立っていることができないほど疲労しているセブン。エネルギーが足りず反撃できないセブンは、ついにガッツ星人によって十字架にかけられてしまう。

泉ヶ丘に急行したキリヤマ隊長たちは傷ついたソガを発見するが、ダンを見つけることは出来なかった。
『ダーン!ダーン!』

フルハシの声が、泉ヶ丘にこだまする。防衛軍はミサイルや高射砲でガッツ星人の宇宙船を攻撃するが、強力なバリアーに阻まれて宇宙船は無傷であり、逆に防衛軍側に犠牲が出てしまう。
『このまま戦闘を続ければ、君達は全滅するだけだ。地球防衛の切り札ウルトラセブンは、我々の手中にあるのだ!』

夕方の泉ヶ丘で必死にダンを探すアンヌの目前に、磔にされたウルトラセブンが出現する。ガッツ星人は「夜明けとともにセブンを処刑する」と通告してきた。明朝の日の出は5時21分と判明した。セブンの処刑まで、あと12時間足らずしかない。

そのときまでにセブンを救出できなければ、処刑されたセブンを見た人類は反撃する力を無くして、ガッツ星人の奴隷となってしまうにちがいない。どうしたら、セブンを助けることができるのか?
『何しろ、相手は宇宙人だからな・・・』

そんなとき、宇宙ステーションの回路を使っておかしな発信音がキャッチされた。直ちに録音して分析するよう指示するキリヤマ隊長。新たな侵略の前触れか、それとも・・・。明日は人類破滅の夜明けになってしまうのだろうか。  (つづく)


★★★★★★★★★★★★
ダンがアンヌと第3地区に出動してガッツの無人自動車に囲まれた時、投げるカプセル怪獣が台本ではミクラスになっている。ミクラスも本編のウィンダム同様ガッツの敵ではなく、ダンが回収する前に焼殺されてしまう点は同じである。また台本ではガッツ星人は4体でてくるのだが、それはセブンの超兵器分析での会話に出てくるだけなので、2体で十分であるという判断が出たものと思われる。本編の作戦室で指揮を取っているのはタケナカ参謀だが、台本ではマナベ参謀になっている。

飯島監督は、ウルトラセブンでは3本しか監督していない。「勇気ある戦い」と、この「セブン暗殺計画」前・後篇である。しかもこの3本はいずれも力作であり、特に「セブン暗殺計画」は最後まで目が離せないストーリー展開で、満田監督の「史上最大の侵略」と同じかそれ以上に、筆者は好きな作品である。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ウルトラセブン(9)  ~破滅の道を選ぶのは地球人か、ガッツか。これが我々の最後の作戦だ! [ウルトラセブン・ドラマ]

今回は、第40話『セブン暗殺計画(後篇)』を取り上げます。
監修;円谷英二  
脚本;藤川桂介
監督;飯島敏宏  
特殊技術;高野宏一

◆地球侵略を狙うガッツ星人は周到な計画を立て、ついにウルトラセブンを倒して十字架にかけることに成功、夜明けとともにセブンを処刑すると通告してきた。
一方、宇宙ステーションの回路を使った謎の発信音を傍受した警備隊は、新たな脅威かと疑心暗鬼になりながらも、その発信音の解読に取り組んでいた。
ダンは行方不明、ソガは負傷し、防衛軍の武器では太刀打ちできない。セブンの処刑時刻が刻一刻と迫る中、ガッツ星人に対して戦う術はあるのか。セブンを救出する方法はあるのか・・・。



宇宙ステーションの回路を使った謎の発信音は、途中で妨害されてしまった。直ちにアマギに、分析解読するよう命じたキリヤマ隊長。妨害電波の出ている場所が泉ヶ丘であることを突き止めた警備隊は、泉ヶ丘にガッツの拠点があるのではないかと見当をつけた。

一方で謎の発信音はセブンの脳髄から出ているものであったことが判明し、一同は喜ぶ。
『セブンは生きていたのか!』

身体を動かすためには、マグネリュームエネルギーが必要だとセブンは言ってきているが、まだ世界のどこでも合成に成功していない。しかもマグネリュームエネルギーを合成するためには、アフリカ原産のダイモード鉱石が必要で、なかなか手に入らない代物であった。

それを探すだけでも大変時間がかかるだろうと、タケナカ参謀が眉をひそめる。と、その時、アマギとアンヌが顔をほころばせて、フルハシの方を見た。フルハシの妹の友人である夏彩子が、アフリカ・ラリーに参加した折に、原住民からもらった宝石の一部を送ってくれたことを思い出したのだ。

フルハシの部屋にあったダイモード鉱石の片割れを使って、早速実験が行われた。硬度7、硬度8、硬度10の板を破壊することに成功、もし硬度15の板が割れれば、マグネリュームエネルギーに劣らないエネルギーを確保したことになる。しかし運命の一撃は、板を割るには至らなかった。
『そうだ、大丈夫ですよ。半分は夏君が持っているはずだから・・・』

レース場。練習から戻ってきて車を降りる夏彩子。胸には青い石の付いたペンダントをしている。疲れて戻ってきた夏を、足音がつけてくる。ガッツ星人はセブンの暗号を解読して、夏を襲ったのだった。フルハシとソガが夏彩子の控室へ着いた時は、すでにガッツ星人に襲われた後だった。
『隊長、ガッツに先を越されたようです・・・』

ガッツ星人に連れ去られた夏彩子を、ポインター号で捜索するソガとフルハシは、道端に倒れている夏を発見する。練習中はイミテーションをしていることを明かす夏。夏彩子の持っていた残りのダイモード鉱石を使って実験をする警備隊員たちは、見事に硬度15の板を割ることに成功する。
『破滅の道を選ぶのは地球人か、ガッツか。これが我々の最後の作戦だ!』

十字架にかけられたセブンが空に浮いている。ホーク1号で出撃した警備隊は、セブンの額にあるビームランプめがけて、名手ソガがマグネリュームエネルギーを発射する。が、手ごたえが無い。ガッツ星人の宇宙船からミサイル攻撃を受け、ホーク1号の右翼が被弾した。

安定が保てないホーク1号をフルハシは何とか操縦し、もう一度ソガがビームランプを狙う。するとセブンの姿が幻のように消えてしまった。空にあったセブンが偽物であったなら、本物のセブンはどこにいるのか。ダイモード鉱石をめぐって数時間が経過し、夜明けまであと1時間しかない。

警備隊は夏彩子を囮にして、ガッツ星人の本拠地を探る手段に出た。案の定、夏の車を襲いに来たガッツ。そのあとを尾行するポインター号のフルハシ。泉ヶ丘方面に向かっていることが判り、キリヤマ隊長達はマグマライザーで出撃、フルハシはガッツの円盤を撃破して夏彩子を救出した。フルハシは、泉ヶ丘西方の崖で十字架にかけられたセブンが横たわっているのを発見する。

マグマライザーが泉ヶ丘に到着、ソガがセブンのビームランプを狙って発射したマグネリュームエネルギーは、みごとセブンを甦らせた。両手が動き、目が光り、ビームランプが緑色に光る。息を吹き返したセブンは捕らわれていた十字架を破壊すると、まずセブンを処刑に来た円盤3機を破壊する。

太陽に身体を向けてエネルギーを吸収すると、ガッツの母船に向かって、アイスラッガーの数十倍の威力があるウルトラノックで攻撃、母船は大爆発を起してガッツ星人の野望はここに潰えた(ついえた)のであった。  (おわり)


★★★★★★★★★★★★
台本では、謎の発信音の解読風景が描かれている。分析室内でソガとアマギがテープを操作して解読する様子が書かれている。

ダイモード鉱石をフルハシが持っていることを思い出させるシーンで、アマギとアンヌの会話は台本にはなく、あとから付け足されたものである。台本ではフルハシが『ちょっと待ってくださいよ』と、自分で気付くことになっていた。

フルハシが、夏彩子のペンダントがイミテーションだったことを知って、大声で笑ってから「シーッ、聞かれたかな?」とボケるシーンは、台本には無い。アドリブか?

(一番の違い)
セブンを探すために、夏彩子を囮にしてガッツ星人をおびき出す場面。台本ではガッツに襲われた時の為に、独断でフルハシが夏彩子の指輪に発信機を付けておく。レース場方面から泉ヶ丘へ急に進路を変えた夏彩子の車を変に思いあとを追うが、ガッツ星人は夏彩子を車ごと崖から落としてしまう。愕然とするフルハシの目の前に、磔状態のセブンを発見する。最終的に夏彩子は、大怪我で済んだ様であった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の3件 | 次の3件 ウルトラセブン・ドラマ ブログトップ