So-net無料ブログ作成
ウルトラマンA・ドラマ ブログトップ
前の2件 | -

ウルトラマンエース(1) [ウルトラマンA・ドラマ]

 遠く輝く夜空の星に
 ぼくらの願いがとどく時
 銀河連邦はるかに超えて
 光と共にやってくる

■第二期ウルトラブームで『帰ってきたウルトラマン』のあと番組として、故・市川森一氏がメインライターを務めた(正確には務めるはずだった)ウルトラマンAを取り上げます。『新マン』で坂田3兄弟の長兄役で出演していた岸田森氏が、ナレーターで出演しています!
第1回目は、第1話 『輝け!ウルトラ五兄弟』を取りあげます。

脚本;市川森一  
監督;筧 正典・満田かずほ
特殊技術;佐川和夫
ナレーター;岸田 森

◆広島県福山市に、突如現れた怪獣。口から炎を吐きながら、建物を片っ端から破壊していく。地球防衛軍のジェット戦闘機隊が出撃してミサイル攻撃で応戦するが、怪獣の背中付近からミサイルが発射されて、戦闘機に次々に命中していく。

もう怪獣のミサイルが尽きたと判断した戦闘機隊リーダーは、怪獣の正面から攻撃しようとしたその時、ミサイルは怪獣の口中からも発射、防衛軍は遂に全滅してしまう。

地上では、エリザベス・ホームの子供達にパンを届けるために、今日も車でパンを運ぶ北斗星司という若者がいる。彼の運転する車が、怪獣の炎に焼かれた。怪獣は病院にも襲いかかった。白衣の天使、看護婦の南夕子は車椅子を押しながら、避難する病人たちを必死に励ましていた。

北斗星司は、ガレキの中でまだ元気だった。怪獣はエリザベス・ホームの方向へ向かっている。北斗はホームへ向かう途中で、車椅子が動かなくなって立ち往生している看護婦の南夕子をみかける。正義感の強い北斗はとっさに手伝いにいくが、怪獣はすぐそこまで迫っていた。

北斗は車椅子を動かして助けると、近くに止めてあったタンクローリーに乗り、怪獣に向かって一直線に突進していく。タンクローリーは怪獣にぶつかって大爆発を起こし、怪獣はその衝撃にたまらず、陽炎のようにゆらゆらと空間に消えてしまった。

怪獣は去ったが、タンクローリーが爆発した衝撃で北斗と南の二人の若者は命を落とし、ガレキの中で並ぶように横たわっていた。そのとき空のかなたから、赤と緑の火球が飛んできて、火球はひとつに合わさると五人のウルトラ戦士の姿がそこにあった。

ゾフィ、初代マン、新マン、セブン、そして初代マンと新マンの間には、ウルトラ五番目の弟・ウルトラマンエースがいる。得意のポーズで並ぶ勇士たち。

ウルトラマンエースが右手を高く掲げてつかんだ光を投げると、その光は北斗と南、それぞれの右手中指に飛んで、リングに変化した。

『銀河連邦の一員たるを示すウルトラリングを、今おまえたちに与えた。そのリングの光る時、おまえたちは私の与えた大いなる力を知るだろう・・・』

ウルトラマンエースはそう話しかけると、他の四兄弟と共に空の彼方へ飛んで行った。数日後、北斗と南のふたりは全滅した地球防衛軍に代わる新しい防衛組織TACに入隊すべく、故郷福山をあとにする。富士山のすそ野の地下に広がるTAC基地。

タックとは、テリブルモンスター・アタッキング・クルーのことで、頭文字を取ってそう呼ばれる。竜隊長以下、5人の精鋭で組織されている。今ここに、北斗と南がテストにパスして、新メンバーとして加わることになった。

竜隊長の言によれば、先日福山に出現した怪獣は、異次元から来た改造生物で「超獣」と呼ばれるべきものだと説明した。

超獣は、異次元人ヤプールが操っている。異次元を支配するヤプールは、今度は地球を支配しようとしていた。彼らが「ベロクロン」と呼ぶ超獣は、今度は東京タワー付近に出現した。ベロクロンは東京タワーを破壊し、都心のビルを次々に破壊していく。

TACの主力戦闘機であるタックアローが、ベロクロンにミサイル攻撃を加える。だがベロクロンもミサイル攻撃で応戦する。3機のタックアローが出撃したが、ベロクロンの両手の甲から出るミサイルで2機が撃墜されてしまった。北斗隊員が乗る1機だけが、奮戦している。

北斗のアローもベロクロンの吐く火炎を浴びて撃墜、脱出して北斗は地上攻撃に移る。TAC隊員専用車であるタックパンサーに乗った竜隊長他3人は、超獣に地上から接近して攻撃を仕掛ける。南隊員もその中にいた。

撃墜された2機のタックアローに乗っていた二人も合流し、地上攻撃チームはタックガンでベロクロンを攻撃するが、全く歯が立たない。近くの小学校がいま、ベロクロンに壊されようとしている。

その時、北斗のリングがピカっと光った。南のリングも光る。北斗はリングに向かってつぶやく。
『やい、大いなる力があるんなら今くれ!』

夕子も心の中で、北斗と同じことを叫んでいた。小学校の校庭で、互いを見つけるふたり。
『夕子!』
『星司さーん!』

ふたりは大空へ向かってジャンプし、空中で1回転して二人のリングが合わさった時、大いなる力、ウルトラマンエースが出現した!ベロクロンのミサイル攻撃にはびくともしないエース。

ベロクロンは、火炎攻撃でひるんだエースにさらに両手でリング光線を作り、エースの頭上から体にはめて動けなくしてしまう。

カラータイマーが、赤く点滅をはじめた。リング光線を解いたエースは、力を振り絞ってパンチレーザーをベロクロンの顔面に見舞った。岩石落としのあと、必殺のメタリウム光線を放ち、ついにとどめを刺した。

こうして、北斗と南の両隊員はウルトラマンエースからその力を授かり、異次元人ヤプールとのいつ終わるともわからぬ戦いが始まったのだ。 (おわり)


★★★★★★★★★★★★
筆者は当時、南夕子隊員にすごく憧れたものだ。美川隊員も今観るととても美しいのだが、当時はまるで目に入らなかった。ちなみに美川隊員は、除隊した後(笑)、銀座で喫茶店を営んでいるそうである。(これはホントの話)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ウルトラマンエース(2) [ウルトラマンA・ドラマ]

 遠く輝く夜空の星に
 ぼくらの願いがとどく時
 銀河連邦はるかに超えて
 光と共にやってくる

今回は、第3話 『燃えろ!超獣地獄』を取りあげます。

脚本;田口成光  
監督;山際永三
特殊技術;佐川和夫
ナレーター;岸田 森

◆TACとは、超獣攻撃隊のことである。南夕子隊員はタックアローに乗り、ひとりでパトロールに出発した。鬼が岳付近を飛行中に、黄色い帽子をかぶった少年が吊り橋で手を振っているのを南隊員は目撃する。思わず手を振り返して応える夕子。

その時、突然空が割れて、赤い裂け目から超獣が出現した。近くを飛んでいた旅客機が、その超獣のミサイル攻撃を受けて撃墜されてしまう。南隊員は超獣を攻撃しようとしたが、吊り橋に少年がいるのでためらってしまう。超獣は少年のいる吊り橋をたたき壊したあと、空の裂け目の中へと消えてしまう。

TAC隊員たちは旅客機墜落現場に行き、そこで南隊員に事情聴取する。少年が黄色い帽子を被っていたことを聞きだしたものの、隊長は南隊員を1週間の謹慎処分に処した。だが他の隊員が引き上げたあとも、北斗隊員はひとりで現場付近を捜索し、河原に落ちていた黄色い帽子を発見する。

北斗は南隊員の汚名を晴らすため、帽子に書かれた中森史郎という名の少年を探すべく、川の近くの民家を探しに行く。老夫婦の住む家に史郎少年も一緒に住んでいることを、突き止める北斗。だが、この家で酒をふるまわれ、勤務中でありながら北斗は酒を飲んでしまう。

そこに史郎少年が帰宅するが、北斗が少年に問いかけると、タックアローは見たが、超獣など見たことも無いと言う。しかも史郎少年は、北斗のタックガンをベルトから抜いて、北斗に向かって発砲する。身をかわした北斗は事無きを得たが、疑問に思う北斗。
『安全装置をかけておいたはずなのに・・・』

史郎少年宅から引き上げて帰投中の北斗は、タックアローの燃料がカラになっていることに気付く。これは南隊員が乗ってきたアローで、燃料は満タンにしてあるはずだ。しかたなく本部に連絡したあと、不時着するアロー。

だが着地点近くの交番で北斗の飲酒運転が露顕し、交番からTACに電話が入る。竜隊長から1週間の謹慎処分が下るが、北斗は叱られながらも、割れる空を目撃したこと、帽子の少年が何かを隠していることを、竜隊長に伝える。あの少年を探すため、謹慎中の北斗は走行中のバイクを止めて借り受け、先程訪問した民家へと向かった。

竜隊長たちは、南・北斗の両名が見た「空が割れる」という現象を調査する目的で、谷間の現場へ、タックファルコンで飛んだ。タックファルコンは、タックアローを格納している大型戦闘機である。現場に行くと、老夫婦のいる民家が火事なっていて、中で老夫婦が殺害されていた。

あの少年はヤプールが送りこんだ一角超獣バキシムで、用の無くなった老夫婦を殺害したのだった。民家で竜隊長たちと合流した北斗は、全員で少年を探す。だが少年はタックファルコンに火を付けて、火事にしてしまう。

北斗の謹慎を解いた竜隊長は、ファルコンの中に積んであるタックアローを飛ばして守るよう命令する。少年を見つけた竜隊長たちは、少年を墓地に追い詰めるが、少年はそこで超獣バキシムに変身すると、逆に襲ってきた。北斗は燃えるファルコンの格納庫からタックアローを発射させると、バキシムに向かい攻撃を仕掛ける。

だがヤプールの目標は、もぬけのカラのTAC基地に照準を合わせていた。バキシムは空を割って姿を消すと、TAC基地付近に出現した。基地には美川隊員と南隊員が残っている。本部が攻撃を受けていることを、美川隊員は竜隊長に連絡すると、南隊員の謹慎を解いてタックアローで出撃させた。

竜隊長の指示で、北斗の乗るタックアローは本部へと向かう。美川隊員は地上からエレクトロガンで攻撃をするが、超獣の足は止まらない。南隊員の乗るアローと北斗のアローが合流して、バキシムにロケット弾攻撃を仕掛ける。だが、バキシムの鼻先から出たロケット弾が南隊員のアローに被弾し、窮地に陥る。

その時、ふたりのリングが光る。ふたりはそれぞれのアローから同時に脱出すると、空中で変身。
『フライングタッチ!』

ウルトラマンエース登場!富士山を背景に、エースとバキシムの戦いが始まる。バキシムの両手から出す火焔攻撃を、バリヤーで防ぐエース。バキシムは頭の巨大な一角をミサイルのようにエースにむかって飛ばす。が、エースはそれを破壊すると、八つ裂き光輪を放ってバキシムの首を切り落とした。真っ赤な切り口をさらして、バキシムの巨体から首が飛んで落ちた。

バキシムに変身した史郎少年は老夫婦の本当の孫だが、バキシムが谷間に出現する3日前に、東京で両親と共に謎の事故死を遂げていたことが分った。侵略者はどんな方法で襲ってくるか分らない。竜隊長以下全隊員は、改めて襟を正すのだった。(おわり)


★★★★★★★★★★★★
山中隊員がうるさい奴だ、役柄だとは思うけど。逆に竜隊長は隊員を信頼しているのだろう、いつも穏やかだ。叱られていても怖くない(笑)。北斗は勤務中だと言いながらも酒を飲んでしまう、自制心の無いやっちゃ!(笑)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の2件 | - ウルトラマンA・ドラマ ブログトップ