So-net無料ブログ作成
ウルトラマンA・ドラマ ブログトップ
前の2件 | 次の2件

ウルトラマンエース(3) [ウルトラマンA・ドラマ]

 遠く輝く夜空の星に
 ぼくらの願いがとどく時
 銀河連邦はるかに超えて
 光と共にやってくる

今回は、第4話 『三億年超獣出現!』を取りあげます。

脚本;市川森一  
監督;山際永三
特殊技術;佐川和夫
ナレーター;岸田 森

◆古生代後期の魚類生物が生きたまま発見され、TACが護送することになった。生物進化の謎を突き止める意味でも、重要な任務だ。山中、北斗、南の三名は、タックパンサーで古代生物を載せたトラックの護送に就いた。だが途中でトラックは竜巻に巻き上げられて、古代魚類ごと行方不明になってしまう。

同じ頃、休暇をとった美川隊員は、美しい緑色のミニスカートのワンピースに身を包み、中学時代の同窓生で今は有名な劇画作家の、久里虫太郎(くり むしたろう)の家を訪問していた。2日前に同窓会の招待を電話で受けていたのだ。

『美人で秀才の美川のり子君。卒業式の日にラブレターを渡したら、封も切らずに突き返された。おぼえてるかい?』
久里はそのラブレターを、今も大事に持っていた。
『僕は執念深いんだ』

そのラブレターの封を切り、中を見る美川隊員。怪魚超獣ガランの絵が描いてあった。お酒を飲みながら、久里が制作途中だという劇画を眺めている美川隊員。そこにはトラックが竜巻に巻き上げられている絵が描かれていた。

もうここに来てから数十分が過ぎたが、誰ひとり久里邸には現れない。
『まだ誰も来ないわね・・・』
『招待したのは、君ひとりさ』

酒の中に薬を入れたのか、美川隊員の意識が遠くなっていく。
『そろそろ効いてきたようだね。ハハハハ・・・』

トラックの護送に失敗した山中達が帰投した。山中隊員から状況報告を聞かされた竜隊長は、異次元人が古代生物を盗んだものと判断し、非常態勢に入ることにした。一方、吉村隊員が美川隊員との定時交信をしたが、応答が無い。

今野隊員が、久里虫太郎邸で同窓会をやる話を聞いていたため、吉村・山中両隊員はタックパンサーで美川隊員の消息調査を、南隊員を本部に残して、竜隊長と今野・北斗隊員はタックファルコンでパトロールに出発した。

ヤプールは久里虫太郎の欲深さに目を付けて、彼に超能力を与えていた。久里が劇画に描くと、その通りに事柄が進むようになっていた。久里は美川隊員を自分のものにしようとして拉致し、同時に超獣ガランを使いTACを全滅させようと考えていた。

久里が中学時代に、古生代後期の魚類をヒントに描いた超獣ガラン。ヤプールはそれが実体となるように、古生代魚類をわざと発掘させて宇宙生物と融合し、超獣ガランを生み出した。

パトロール中のタックファルコンの前に、超獣ガランが出現、格納庫からタックアローを出撃させ、2機でガランを攻撃するが、何者かのテレパシーにより、操縦かんが利かなくなって戦闘不能に陥る。地上攻撃をしていた吉村・山中のタックガンも同様に操作できなくなり、退避を余儀なくされる。

久里が描いた絵が、現実になるのだ。ファルコンが故障したりタックガンが作動しなくなったのも、そのせいだった。久里が消しゴムでガランの絵を消すと、実体のガランも姿を消した。ヤプールは、人間の心の底に潜む欲望、執念、妄想を利用することを考えた。久里という男の欲望を使って、人類征服をしようと企んだ。

久里邸の屋根裏部屋に、後ろ手に縛られて監禁されている美川隊員。電波が届かない設備が施してあり、無線機も使えない。捜索して二日目に、ようやく久里邸を発見した吉村隊員は、久里虫太郎に美川隊員の消息を訊ねるが、昨日二次会へ行ったとウソを言われ、追い返されてしまう。

屋根裏部屋では、やっと縄をほどいた美川隊員が小型爆弾を仕掛けてドアを破壊したため、その爆発音で吉村隊員が気付き、久里虫太郎と格闘のすえ、美川隊員の救出に成功する。

久里は劇画で超獣ガランを描き、町を破壊し始めた。久里虫太郎の目的は、美川隊員を奪還することだ。一方、超獣が暴れる原因が自分にあることに責任を感じる美川隊員は、ガランと戦うためにタックアローで出撃していった。

あとを追って北斗隊員もタックアローで出撃するが、ガランにアローごと捕まってしまう。竜隊長たちと共に地上攻撃に参加している南隊員は、その様子を見てガランに向かって走っていく。
『星司さーん!』

その時、ふたりのリングが光り、北斗はアローから脱出、夕子は空へジャンプした。
『フライング タッチ!』

ウルトラマンエース参上!久里が、ガランの口から白煙を吐く絵を描く。エースに白煙が襲いかかる。エースはカラータイマーからタイマーショットを発射、ガランの右手を切り落とすと、机に向かって絵を描いていた久里虫太郎が、突然右腕を押さえて激しく苦しみだした。

ガランの痛みは、久里の痛みでもあったのだ。パンチレーザーが、ガランの左足に火をつけた。久里のズボンが燃え上がる。メタリウム光線でとどめを刺すと、久里邸は巨大な炎に包まれてしまう。

人間の欲望と妄想を操る異次元人。だが、誰の心の中にも醜い欲望や妄想はあるものだ。『誰の心の中にも棲みついている超獣を、異次元人は引っ張りだしただけなんだ』

美川隊員は、久里の描いたガランの絵にライターで火を付ける。灰皿の中で徐々に絵は燃えていき、完全に灰になった絵を見て、スッキリしたと言わんばかりの笑顔になる美川隊員だった。(おわり)


★★★★★★★★★★★★
今回の話は美川隊員が主人公だったが、美川隊員は実にお美しい。子供の頃は南隊員ばかり気になっていたけれど、ホント美川隊員の方が美しいなぁ。途中、久里虫太郎(演じたのはギョロ目の清水紘治氏です)とふたりきりになり、薬を飲まされてフラフラになったあたりは、かなり怪しい雰囲気プンプンだった・・・、あ、美川隊員危な~い!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ウルトラマンエース(4) [ウルトラマンA・ドラマ]

今回は、第13話 『死刑!ウルトラ5兄弟』を取り上げます。

脚本;田口成光  
監督;吉野安雄
特殊技術;佐川和夫
ナレーター;岸田 森

〖殺し屋超獣バラバ〗登場

◆早朝、自転車で朝刊配達する兄の後を追う幼い弟のショウジ。小学校低学年のショウジは、お小遣いをもらおうと兄の手伝いをしようとしていた。だが、兄と一緒に朝刊配達をしている途中で、二人は朝陽を浴びてまぼろしのように出現した超獣バラバに、襲われてしまう。

TACに通報しようと電話ボックスに入ったショウジと兄に、超獣の長く伸びた手が巻き付いてきた。兄はとっさにボックスの扉を開いてショウジを逃げしたが、兄は電話ボックスごとバラバに投げ飛ばされて地面に叩きつけられてしまう。

大好きな兄を超獣に殺されたショウジは、事故現場を捜査している警察官に何度も見たままを答えるが、警官はショウジの話を全く信じてくれない。
『違うんだよ。超獣の腕が伸びて電話ボックスを空に放り投げたんだってば。ウソじゃないよ!』

北斗と南の両隊員は、タックパンサーでK地区をパトロール中にその事故現場を通りかかる。懸命に訴えるショウジを見た北斗は、ただならぬ気配を感じる。だが、目撃者や超獣出現の証拠が無いため、TACの管轄外で手が出せないのだ。

ショウジは必死に食い下がろうとするが、警官は電話ボックスが倒れたための死亡事故として処理するのであった。

その頃、TAC基地の特殊レーザー光線を物体に当てて捕らえた不思議な映像を、隊員隊たちは見せられていた。マイナス宇宙に存在するゴルゴダ星の写真であった。薄気味悪いドクロのような形の星のゴルゴダ星。キリストが十字架に架けられたゴルゴダの丘から、その名は取られたと梶隊員は説明した。

電話ボックスの事故現場を去ったタックパンサーが引き続きパトロールをしていると、北斗と南のウルトラリングが光った。
『オレのウルトラリングが、光った!』
『ワタシのもよ・・・』

タックパンサーを停車させて空を見上げると、太陽の表面にウルトラサインが浮かびあがっていた。
『【ゴルゴダノ星ニ集マレ】。ウルトラ兄弟が呼んでいるぞ・・・』
『ゴルゴダの星に何かあったんだわ!』

ウルトラタッチで変身する二人。マイナス宇宙へ入るため、エースは光の速度を超えた。エースの周りの空間が鮮やかな色に輝いて、光速を超えてゴルゴダ星へ向かう。ゴルゴダ星に近づき、M78星雲からやって来た4人の兄たちを見つけ、敬礼をするエース。

ゴルゴダ星に最初に着地した初代マン。そしてゾフィ、セブン、新マン、エースの順に得意のポーズで構えるウルトラ5兄弟。
『エース、一体どうしたのだ?』
『ウルトラサインが上がったのです』

『ワタシはエースが呼んだのかと思った!』
『ボクが兄さんたちを?何のために?』
『君ではないのか・・・』
『では、誰が我々を呼んだのだ?』

初代マンとエースの会話が疑問を残したまま終わり、5人はこの星の不気味な岩肌に囲まれた周囲を見回す。と、そこには自分達の名がウルトラサインで刻まれた5本の十字架が立っているではないか!
『これはボクの十字架だ!』
『オレのもある!』

口ぐちにそう言って、それぞれが十字架の前に立っている。すると、雷鳴と共に十字架に仕掛けられた絶対零度の冷凍液が降り注いできた。たちまちウルトラ兄弟たちの身体に霜が降り、少しずつ兄弟たちの身体を真っ白に覆っていく。

異次元人ヤプールは、この瞬間を狙って超獣バラバを雨の中に出現させた。しかもヤプールは、放射能の混じった雨の中でバラバを暴れさせている。

TACの竜隊長は直ちにタックスペースで全員を出動させ、パトロール中の北斗・南両隊員を呼び出して現場へ急行させるよう美川隊員に指示が飛ぶ。だが、ウルトラマンエースに変身してゴルゴダ星にいる二人に、美川隊員の呼びかけは届かない。

その時ゴルゴダ星にいるエースの額に、地球からの光りが届く。
『エース、地球に超獣が出たぞ!』

初代マンは地球の危機に気付くが、5本の十字架の前で絶対零度の寒さにさらされたウルトラ兄弟たちは熱と光を奪われて、もうほとんどエネルギーが残っていなかった。エースにも、地球に帰るだけのエネルギーはもう無い。

そこで初代マンは、自分達のエネルギーをエースに分け与えるウルトラチャージを提案する。だが、エースはそれを拒否する。それによって兄たちが窮地に陥るからだ。

初代マンはエースの頬をたたいて、エースを諭すのだった。
『このままでは、ウルトラ5兄弟はここで死ぬことになる。だが、お前はまだ若い。兄さん達の分まで生きるんだ!』

エースを囲んだ4人はそれぞれ両手をつなぎ、エースを中心に回転をはじめると、七色の光が真ん中のエースに向かって移動していく。これがウルトラチャージだ。兄たちから飛行できるだけのエネルギーをもらい、兄たちを心配しながらも地球へ飛んで行くエース。

途端に4人のカラータイマーが一斉に鳴りだし、ゾフィ、初代マン、セブン、新マンは立っていられないほどに弱り果て、十字架に吸い寄せられて手足とクビにクサリが巻かれて、磔(はりつけ)にされてしまう。

超獣バラバが町を破壊している。ロケット弾もミサイルも通じないバラバには、ウルトラレ―ザーで攻撃するしかない。だがレーザー攻撃もさほど効かず、隊長機も山中機も次々と撃墜されてしまう。美川隊員は北斗・南両隊員との連絡をあきらめてタックアローで出撃してきたが、バラバが伸ばした腕に捕まってしまう。

兄たちからエネルギーをもらったエースが地球へ帰ってきた。タックパンサーで現場へ向かう北斗と南。だが現場に着いた二人は、美川隊員のタックアローが捕まっている状況を目にする。二人のウルトラリングが光る!
『デュワー!』
『デュワー!』

空中タッチしたふたりはエースに変身して、タックアローを救出した。バラバは頭部に付いている巨大なナイフを飛ばして、エースを襲う。だがそれを受け止めたエースは、逆にそのナイフでバラバにとどめを刺そうとする。
『やめろ!ウルトラマンエース。これを見るがいい』

バラバの邪魔をすれば4兄弟の命は無いと、異次元人ヤプールはゴルゴダ星で磔(はりつけ)にされた4兄弟の姿を空に映し出し、エースを脅しにかかった。手出しができないエースにバラバの巨大なナイフが突き刺さり、エースの姿は消えてしまう。

ウルトラマンエースは倒れ、超獣バラバはふたたび町を破壊しはじめる。北斗と南は瓦礫の下で倒れたまま動かない。エースの運命は?そして、ゴルゴダ星に捕らわれているウルトラ4兄弟の運命は? (つづく)


★★★★★★★★★★★★
特撮班と本編班の息が合ってないのか、それとも手抜きなのか・・・。超獣バラバが放射能の雨の中を登場しているのに、TAC隊員達は青空の下で戦っている。雨が全然降っていないのだ。

こういったことは、「帰ってきたウルトラマン」までのウルトラシリーズでは、ほとんどなかったことだ。とくに第1期ウルトラシリーズなら、円谷英二が許さないだろう。ちょっとしたことではあるが、子供番組だからという感覚があったならば、とても残念なことである。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の2件 | 次の2件 ウルトラマンA・ドラマ ブログトップ