So-net無料ブログ作成
検索選択
キカイダー・ドラマ ブログトップ
前の4件 | -

人造人間キカイダー ドラマ1 [キカイダー・ドラマ]

「キカイダーをより深く語ろう会」は、キカイダーの作品をみてから行われた。第1~2回は第37話を観てから、第3~4回は第42話を観てから、それぞれ行われた。

そこで遅ればせながら、第37話を取り上げます。この回から最終回まではハカイダーが登場する、いわゆる「ハカイダー登場編」です。
このドラマ編を読んでから座談会「深く語ろう会」を読むと、より分かり易いと思います。


★★★★★★★★★★★★
《第37話 ジローの弟 強敵ハカイダー!》
原作;石ノ森章太郎
監督;畠山豊彦
脚本;長坂秀佳 
スタントマン;高橋健二(JAC)
オートバイスタント;室町健三 

[前回までの話は・・・
ダークは良心回路とはまったく反対の働きをする「悪魔回路」を完成させた。悪魔回路を組み込んだ悪の戦士を完成させるために、アンドロイド・ヒトデムラサキを使って光明寺博士を誘拐させた。

ジローはヒトデムラサキに闘いを挑んだが、ギルの笛がジローを苦しめて、ギルの笛と光明寺博士の声との間でジローの良心回路が混乱を起こしてショートしてしまい、ジローは光明寺博士の襟をつかんだまま、停止してしまう]


ヒトデムラサキは、ジローがつかんだまま離さない光明寺博士の服を破いてダーク基地へ連れて行ってしまう。機能停止したまま放っておかれたジローは駆け付けた警察とミツコ、マサルに発見されるが、ジローが光明寺博士を殺害しようとしたところを見たという女性の証言で、ジローは光明寺博士誘拐犯人にされてしまう。

そこに気転を効かせたハンペンが車で現れて、現場検証を続ける警察から、動けないジローを車に乗せて持ち去ることに成功する。非常線を張った警察は、検問を行う。車に乗せて逃げている間にミツコが修理を済ませたが、光明寺博士を襲った自責の念から声を出せなくなってしまう。検問を避けて横道に入ったジローたち。

そこでジローの目は、ヒトデムラサキの姿を見た子供がダークに追われている姿を目撃する。声が出ないジローはそれを説明できずに、仕方なくひとりでヒトデムラサキを追って闘いを挑み、ヒトデムラサキを撃退する。しかし子供を助けた次の瞬間にギルの笛が鳴り、ジローは今助けたばかりの子供の首を絞めにかかる。

そこに警察がやってきて、ジローは現行犯逮捕されてしまう。声が出せないジローは事情を説明できない。一方ダークは、誘拐した光明寺博士に薬で自由を奪い、悪の戦士完成の最終段階以外はすべて完了させた。そして光明寺博士の脳を、悪魔回路を持った戦士に移植する手術が、ダークの医師達の手により、ついに始まってしまった。

留置されたジローは、人造人間であることが解ってしまい、人間扱いされること無く大学教授の手によって分解されることが決まる。一方ダークでは、悪魔回路を内蔵した悪の戦士、ハカイダーが誕生していた。ギルは命じる。
『お前の敵はこの世の中にたった一人、キカイダーあるのみだ。キカイダーを殺せ!』

ギルの目の前でダークのアンドロイド戦闘員達をハンドガンで一瞬のうちに破壊して、ギルはその行動に歓喜する。仲間でも容赦なく破壊する恐ろしい悪魔回路を持った戦士は、ジローの弟でもあった。 (つづく)

⇒ドラマ4(第38話)へ、進んでください。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

人造人間キカイダー ドラマ2 [キカイダー・ドラマ]

第3回の「キカイダーをより深く語ろう会」は、第42話を観てから行われた。そこで今回は、第42話を取り上げます。
このドラマ編を読んでから座談会「深く語ろう会」を読むと、内容がより分かり易いと思います。

★★★★★★★★★★★★
《第42話 変身不能!?ハカイダー大反逆!》
原作;石ノ森章太郎
監督;畠山豊彦
脚本;長坂秀佳 
スタントマン;高橋健二(JAC)
オートバイスタント;室町健三 

[前回までの話は・・・
ミツ子とマサルはダークにとらえられて、光明寺博士と同じ地下牢に監禁されてしまう。キカイダーは二人を助けようとダーク基地に乗り込んだが、アカ地雷ガマの地雷で、身体をバラバラに分解されてしまった。]


崖下で両手・両足・胴・頭に分解してしまったキカイダーが散らばっているところを、ハンペン(服部半平)が回収している。うまく逃げようとしたが、アカ地雷ガマとアンドロイド戦闘員達に見つかってしまう。

仕方なくバラバラのキカイダーを渡そうとしたとき、口笛と共にサブローが出現する。
『キカイダーとの勝負だけが、俺の生きがいだった。キカイダーを倒したお前と、俺は勝負しなければならん!』

キカイダーを倒した巨大地雷を封じたサブローは、ハカイダーに変身した。アカ地雷ガマは、ギルも手を焼くハカイダーの破壊命令を受けており、アカ地雷ガマとハカイダーの一騎打ちが始まった。ハカイダーのパンチやキックが炸裂し、有利に闘いを展開していたハカイダーがふとスキを見せる。

と、ここぞとばかりに口から地雷を出すアカ地雷ガマ。クルッと振り向いたハカイダーにハカイダーショットで口の中を狙われ、大爆発して機械部品と化すアカ地雷ガマ。ハカイダーはつぶやく。
『俺は仲間をやってしまった・・・』

その頃、ハンペンはミツ子とマサルの捕らえられている地下牢に通じる換気口から、キカイダーのバラバラの手足を一つずつ運び入れていた。地下牢には、ベッドに乗せられた光明寺博士の身体も一緒だった。ハカイダーが突如、ハンペンの前に現れてつぶやく。

『キカイダーは死んだ。これから俺は、何の為に生きていくんだ!』
『奴が死んで、俺はどうやって生きていくんだ。俺を造ったギルが憎い!ギルを殺す!』

ハカイダーはダーク本部へ乗り込んで、ギルを探し始めた。そしてギルの部屋で、ギルに襲いかかった。するとギルは苦し紛れに、お前を造ったのは光明寺博士だと、大声で叫んだ。騙されたハカイダーは、今度は地下牢の博士を狙う。

その頃ミツ子は、キカイダーの頭部と、電源がある胴とをつなぎ終え、キカイダーはしゃべることができるまでになっていた。ジローの電子頭脳に記憶された配線図をジローにしゃべらせて、その通りにつなげば、キカイダーは復活するはずだ。

その通りに接続し、上半身が活動できるようになったキカイダー。そこに、ハカイダーが光明寺博士を殺すためにやってくる。ミツ子はハカイダーに、自分の脳が博士の脳であることを教える。しかし、キカイダーがまだ生きていることを知って、再度勝負することを決める。

すべての修理をミツ子に終えさせた後、正々堂々と勝負すると言うハカイダー。足を付けてもらったキカイダーとハカイダーが、地下牢の中で対峙する。だがハカイダーは、修理したばかりのキカイダーではなく、人間体のジローと勝負すると言い出す。

ジロー対サブローの対決。その間に光明寺博士を手術室へ運ぶミツ子とマサル。なかなか決着がつかないサブローは、苛立ってハカイダーに変身する。だが、変身回路がまだ壊れたままのジローは変身出来なかった。そこにダーク戦闘員がなだれ込んできた。ジローもハカイダーも、増え続ける戦闘員と闘うことに必死になっている。

そこにダーク最後のロボット白骨ムササビが出現し、ハカイダーはあっという間にやられてしまう。ハカイダーの叫び声を聞いて駆けつけるジロー。
『どうせなら・・・お前にやられたかったぜ、キカイダー・・・』

ハカイダーの脳が生きているうちに手術をしないと、光明寺博士もハカイダーも死ぬ。手術の図面を探し出してミツ子は手術をしようと決心するが、そこにまたしても白骨ムササビが出現して、大ピンチに陥る。博士の手術は無事終わるのか?変身出来ないジローは、このピンチをどうかわすのか! (最終回へつづく)

⇒ドラマ3へ、進んでください


★★★★★★★★★★★★
ハカイダーは自分が有利なのに、対等な条件でキカイダーと闘おうとする。自分の方が強いと自惚れているからなのか、それとも悪に徹しきれないからなのか?その辺のところを、A、B両氏が解説というか、分析してくれているのが、「深く語ろう会」の第3回以降の内容である。お楽しみに!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

人造人間キカイダー ドラマ3 [キカイダー・ドラマ]

第3回の「キカイダーをより深く語ろう会」で観た第42話の続きが気になるので、今回は第43回の最終話を取り上げます。

★★★★★★★★★★★★
《最終話 ジローの最期かダーク全滅か!?》

原作;石ノ森章太郎
監督;畠山豊彦
脚本;長坂秀佳 
スタントマン;高橋健二(JAC)
オートバイスタント;室町健三 


[前回までの話は・・・
ダーク破壊部隊最後の戦士・白骨ムササビが出現し、強敵ハカイダーをあっという間に葬り去ってしまった。光明寺博士の身体を元通りに出来る手術の条件がそろったというのに、新たな敵・白骨ムササビと戦うジローの変身回路は回復していない。

手術室でジローと白骨ムササビの戦いが始まる中、ベッドの上で横たわっているハカイダーの脳が生きているうちに手術をしなければ、光明寺博士は助からないのだが・・・]


◆ジローは光明寺博士の手術をすぐ始めるようミツ子に頼むと、白骨ムササビを手術室から屋外へと誘い出した。戦うには不利な人間体のジローに出来ることは、手術室から白骨ムササビを遠ざけて手術時間をかせぐことだと考え、サイドマシンを飛ばしてできるだけ遠くへ逃げるのだった。

白い包帯を頭に巻いて横たわる光明寺博士と、頭部の脳が無いハカイダーが並んでいる。手術室で見つけたマニュアル通りに手術をすべてやり終えたミツ子だったが、光明寺博士は目を覚まさない。

手術に失敗した思いが流すミツ子の涙が横たわる博士の頬に落ちたとき、光明寺博士は目を覚ます。目を覚ました光明寺博士はダークの手術室にいることが判ると、すべての記憶を取り戻し、ミツ子とマサルを強く抱きしめるのだった。

ダーク基地内の手術室に光明寺達がいることをようやく突き止めたプロフェッサー・ギルは、戦闘員を使って手術の済んだ光明寺とミツ子達を取り囲んでしまう。
『今までお前たちを殺さずにおいた、わしがバカだったのだ』

だが、服部半平(ハンペン)がジローのギターの音色を真似て注意を引いている間に、光明寺博士たちはダーク基地から脱出することに成功する。サイドマシンで逃げていたジローは、白骨ムササビに追いつかれて格闘となり、チェンジできないジローは崖から落とされてしまう。

瀕死のジローはミツ子達を助けるために、サイドマシンを呼んでダーク基地へ戻る途中で意識を失い、サイドマシンだけで自走している。ダーク基地から逃げ出してきた光明寺博士たち3人は、走ってくるサイドマシンを見つけると、意識不明のジローを草むらに寝かせて、怪我と変身回路の修理をする。

だが、後から追ってきた戦闘員が近くまで迫り、意識不明のジローを草むらに隠して、逃走する途中で3人はダークに捕まってしまう。

処刑場に連れて行かれた3人は、後ろ手に縛られ、もはや風前の灯だ。処刑寸前、ジローのギターの音色を聞く3人と、プロフェッサー・ギル。
『どこだ、どこだ!どこだ!あそこだ!』

3人を囲む多くの戦闘員の槍が、一点を目指して一斉に投げ出される。ジローは飛んでくる槍を薙ぎ払い、そのうちの一本をつかんでギルに向かって投げた。
『クソぉ~!』

ギルの杖は破壊され、ジローの良心回路を狂わす笛の音は、もう二度と響くことは無くなった。ギルを助けるために、白骨ムササビがやって来た。ジローは変身する。
『チェンジ!スイッチオン 1・2・3』

ハカイダーを一撃で倒した「ムササビ地獄締め」がキカイダーの首筋に炸裂する。だがそれを振り払うと、大車輪投げそして電磁エンドが決まり、崖下へ転落して大爆発する白骨ムササビ。プロフェッサー・ギルを玉座へ追い詰めたキカイダー。

だがギルは自爆装置を押し、自らの舌を噛み切って最期をとげる。非常事態のサイレンが鳴る中、基地内では男女の戦闘員たちが右往左往している。ジローと光明寺博士、ミツ子、マサルは基地から脱出して、急いで遠くの岩陰に隠れる。4人はダーク本部が大爆発をおこすのを目撃し、ここに秘密組織ダークは完全に滅び去った。

今はまだ、優秀すぎるロボットを造ることは悪用されるだけと気づいた光明寺博士は、しばらくの間スイスでのんびりと家族と共に暮らすことを明かす。だがジローは、皆に同行しない決心をする。

光明寺博士に、欠点のある人造人間でいたいと言うジロー。全国を修行しながら回り、不完全な良心回路に負けない精神力を身に付けたいというジロー。別れの日。ミツ子達の乗る旅客機を遠くから見送ったジローは、サイドマシンにまたがり、ひとり旅に出るのだった。(終わり)


★★★★★★★★★★★★
光明寺博士は、完全な良心回路にしてあげられないことをジローに詫びるが、完全な良心回路になることは機械になることだと言って、今の自分がいいと言うジロー。人間もジローも不完全だからこそ、修行を積み学んでいくというプロセスが最も大切なのだと、この物語は締めくくっているのである。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

人造人間キカイダー ドラマ4 [キカイダー・ドラマ]

「キカイダーをより深く語ろう会」をより分かり易く読んでいただくために、これまでにドラマ1として第37話を、ドラマ2として第42話を、ドラマ3として最終話を、すでに書き終えています。

第37話から最終話までは、いわゆる「ハカイダー登場編」といえる内容です。宿敵ハカイダーの出現で、ドラマはますます混とんとして面白くなっていきます。

残りの第38話~第41話までのドラマも書いて、ハカイダー登場編を完成させてみたいと思います。順番が変則的ではありますが、第38話から取り上げていきます。


★★★★★★★★★★★★
《第38話 ハカイダーがジローを殺す!》
原作;石ノ森章太郎
脚本;長坂秀佳
監督;永野靖忠
スタントマン;高橋健二(JAC)
オートバイスタント;室町健三 
特撮;特撮研究所

[前回までの話は・・・
ダークは、誘拐した光明寺博士の脳を人造人間に移植して、悪魔回路を内蔵した悪の戦士「ハカイダー」を完成させた。一方、光明寺博士誘拐容疑で現行犯逮捕されたジローは、声が出せないため事情を説明できない。留置されたジローは、人造人間であることが解ってしまい、大学教授の手によって分解研究されることが決定する]


◆留置場で分解されそうになったジローは、手足を縛っていたチェーンを切って、脱走を図る。警察ビルの屋上を逃げる途中、ハカイダーはジローの前に初見参し、攻撃を仕掛ける。しかたなくジローもキカイダーにチェンジして戦うことに。

回転アタック、大車輪投げを連発するが、ハカイダーはキカイダーの技をかわしてハカイダーショットを放つ。このガンに仕込まれた高周波弾を受けたら、どんなロボットでも破壊されてしまう。

キカイダーは空中を飛び逃げるが、ハカイダーも追ってきて空中戦になり、今度はダブルマシンに乗って逃げるキカイダー。だが執拗に追ってくるハカイダーは、ついにキカイダーを追い詰める。ところが、突然ハカイダーはキカイダーのとどめを刺さずに退却してしまう。

ハカイダー最大の弱点、それは一定時間内に光明寺博士の血液をハカイダーの脳へ輸血しないと、ハカイダーは死んでしまうのだ。

ハカイダーとの戦いで、キカイダーの左腕は利かなくなっていた。あと一歩まで追い詰めたキカイダーを倒すため、プロフェッサー・ギルはヒトデムラサキを送りこむ。ミツ子とマサルを捕まえて、ジローをおびき寄せる作戦だ。

警察から脱走したジローを心配するミツ子とマサルたちの目の前に、サブローと名乗る、黒革のライダースーツに黄色いマフラーをした男が、口笛の音と共に現れる。
『俺はジローの弟、サブローだ。ジローの身体が壊れたとき、俺の身体は長い眠りから覚めるように設計されていた、自動的にな!』

ミツ子たちとサブローのいるこの場所にヒトデムラサキが出現し、ミツ子たちを誘拐しようとするが、サブローは反撃して、ヒトデムラサキを退散させてしまう。キカイダーを倒すために卑怯な作戦を使うダークを、ハカイダーは許せないのだ。

女性カメラマンが撮った「光明寺博士を襲うジローの写真」を、警察署で見せられたミツ子たち。警察のジローへの容疑は、ますます濃いものになる。ジローを探し出して理由を聞こうとするミツ子。

「ジローが壊れた時にサブローが出現する」という話を本気にしたマサルは、ジローの光明寺博士殺害を信じて疑わない。マサルとハンペンは、警察がつかんだジローの潜伏先に行き、ジローを捕まえて縛りあげると、ハンペンの事務所に連れて帰った。事務所に呼ばれたミツ子は、声帯回路を直してジローの声は出るようになる。

ヒトデムラサキがハンペンの事務所に襲来するが、どこからともなく口笛の音が聞こえてくる。サブローのことが嫌いなヒトデムラサキは、口笛を聞いてダーク基地へ逃げ帰ってしまう。ヒトデムラサキのあとを付けてきたジローは、ダーク基地内でカプセルに入れられて眠っている光明寺博士を発見する。

ギルの声が室内に響いてくる。
『脳の無い光明寺を、そのカプセルから出してみろ。たちどころに光明寺は死ぬ。』
『博士の脳は、何処にあるんだ!』
『おまえはもう、光明寺の脳を見ているはずだ・・・』
『(考えをめぐらし、ハカイダーの頭部を思い出すジロー)ハカイダーの中か!』
『そのとおり!』

勝ち誇ったようにギルは叫ぶ。ハカイダーを殺せば、光明寺の脳も死ぬ。目の前にある脳の無い光明寺の身体だけを助けだしても、同様に死ぬのだ。ギルの笛の音が響く。キカイダーを倒すために出現した、ヒトデムラサキとの一騎打ちが始まる。

分電盤にぶつかったジローは、火花の音でギルの笛が一瞬聞こえなくなった。キカイダーにチェンジしたジロー。光明寺博士の入ったカプセルを破壊から守るため、天井から脱出するキカイダー。広い造成地で、機械と機械がぶつかる音がする。空中戦になり、電磁エンドでヒトデムラサキにとどめを刺すキカイダー。

ハカイダーが出現して、キカイダーに勝負を挑んできた。ハカイダーを倒せば、光明寺博士は死んでしまう。一体どうする、キカイダー?! (つづく)

⇒ドラマ5へ、進んでください。


★★★★★★★★★★★★
ハカイダーと光明寺博士の関係は、大人が見ても十分面白い。むしろ子供の頭で、この内容の面白さがどこまで理解できるか!だね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の4件 | - キカイダー・ドラマ ブログトップ