So-net無料ブログ作成
ジャンボーグA・ドラマ1 ブログトップ
前の2件 | 次の2件

ジャンボーグA(3)~ジャン ファイト! [ジャンボーグA・ドラマ1]

 地球の平和を守るため
 遠い星から贈り物 ジャンボーグA
 叫べ ナオキ ジャンファイト!
 ヒーロー登場 ジャンボーグA ♬

第3話『倒せ怪獣!ジャンファイト』を取り上げます。
 脚本;田口成光  
 特殊技術;高野宏一
 音楽;菊池俊輔
 監督;東條昭平
 怪獣デザイン;米谷佳晃

◆兄嫁の茂子がPAT基地内に開店したスナックで働くナオキ。小学生の和也が学校でイジメに遭い、今日も負けて帰ってきた。ナオキは、また負けて帰ってきた和也に不満だった。ナオキは負けん気が強く、カッーとなると手が付けられない時がある。

ナオキは、小さい頃から兄・信也と二人だけで育ってきた。その思いがあるから、今のナオキには兄の敵討ちのことしか頭にない。亡き兄の一粒種・和也には、もっと強い男であってほしいと思っていた。
『俺がケンカに勝つ方法を教えてやる!』

そんなナオキのやり方に反対な男勝りの野村せつ子隊員は、ナオキとぶつかり合う。言い合いになった時に緊急指令のベルが鳴り、京浜工業地帯に怪獣チタンガーが出現したという知らせが入る。チタンガーは地球の小動物を怪獣化させたものではなく、アンチゴーネがグロース星で造った怪獣である。だから今までの怪獣よりも強い。

出撃する隊員たちを見て、一緒に連れて行ってほしいと懇願するナオキだが、岸隊長は断る。ナオキの目的が兄の復讐・敵討ちにあることが、岸隊長には解るからだ。
『我々はケンカをするためにいくのではない。人々を怪獣から守るために行くのだ』

PATは大型戦闘機ファイティングスターと小型戦闘機ジェットコンドルを出撃させる。ナオキは、急いでジャンセスナで離陸する。怪獣チタンガーは、ニホンザルのような赤ら顔の怪獣だった。ファイティングスターにPATミサイルを撃ち込まれ、右目を潰されたことに怒ったチタンガーは、口から火炎を吹いてファイティングスターを撃破する。

不時着した岸隊長と野村隊員は、地上攻撃に転じた。ナオキのジャンセスナが現場へ到着し、怪獣の周りを旋回しはじめる。右目が見えないことを知ったナオキは、怪獣の死角に回って攪乱しようとしていた。

飛び回るジャンセスナが邪魔をして、ジェットコンドルは怪獣へのミサイル攻撃ができずにいた。ナオキは、自分勝手な行動でPATの戦闘行為を妨害してしまっていた。

怪獣チタンガーは、ジャンセスナの動きに惑わされて退却していった。ナオキは、和也に強い自分を見せたい一心で無茶をした。それが周囲の人達の迷惑になって、やがて反感を買うことになって行く。それは、決して和也への教育にはならない。

協力・団結して怪獣を倒すことを、和也へ示さなければならない。和也の母・茂子が言う。
『和也はあなたが好きなの。あなたの行動がすべて正しいと思っているのよ』
茂子の言葉、せつ子の言葉が、心に引っかかるナオキ。

ふたたびチタンガーが出現し、PATは出撃していった。今度はスナックでじっと待つナオキ。しかし、よりによって岸隊長と野村隊員が乗るファイティングスターに、和也が無断で乗りこんでしまっていた。父の仇を取りたい一心で乗り込んだ和也。

連絡を聞いた和也は、ジャンセスナを離陸させる。
『和也の命は、オレが守る!』
ジェットコンドルが撃墜され、浜田・高井両隊員は脱出した。

ファイティングスターにも、チタンガーの火炎攻撃が迫り、右主翼に火がついてしまう。野村が脱出しようとするが、装置が故障して脱出不可能に。仕方なく、不時着を試みる岸隊長。

ファイティングスターの火災をみて、ナオキはジャンセスナを変化させた。
『ジャンファイト!』

ジャンボーグAになって不安定な飛行の巨大なファイティングスターをガッチリつかむと、安全な場所へ降ろして、消火液を吹きかけ主翼の火災を消した。チタンガーに向かって突進するジャンA。

チタンガーの火炎放射をバック転で避けると、ハンディングフラッシャー、ビームエメラルドを発射して、チタンガーを仕留めるのだった。無事だった4名のPAT隊員と和也は、ジャンボーグAの勝利を見届ける。

『ありがとう、ジャンボーグA!』
『和也君、こんなことは二度としないでね』
『うん。ボク、ジャンボーグのように強くなりたいんだ。そうだ!ナオキさんに教えてもらおう!』

どうやら和也は、ナオキに亡き父の面影を追い求めているようだ。PAT隊長だった強い男、父の姿を・・・。 (終わり)


★★★★★★★★★★★★
この回から、ジャンボーグAの声を担当しているのは子門真人氏。そう、唄も歌っているあの子門さん。1・2話は立花直樹氏が担当していた。
岸隊長役の大橋一元氏は、ウルトラセブン第36話でソガ隊員を裏切るヒロタ隊員を演じてました。

ジャンボーグA(4)~ジャン ファイト! [ジャンボーグA・ドラマ1]

地球の平和を守るため
遠い星から贈り物 ジャンボーグA
叫べ ナオキ ジャンファイト!
ヒーロー登場 ジャンボーグA ♬

第4話『危うし!ジャンボーグA』を取り上げます。
 脚本;田口成光  
 特殊技術;高野宏一
 音楽;菊池俊輔
 監督;東條昭平
 怪獣デザイン;米谷佳晃

◆PATチームの宇宙研究所で開発を進めていたスーパーロケットが遂に完成、その破壊力の実験をするために、アンドロメダ第4星に向けて打ち上げることが決まった。スーパーロケットの心臓部であるコントロール装置が、今日工場から密かに運びだされる。

ルートや搬送時刻、運搬者については、一切秘密にされ、PATにも知らされていない。PATの使命は、コンロトール装置を無事に運び終わるまで、緊急体制でいることであった。大利根航空の伴野社長は、PATのロケット基地まで搬送する仕事をナオキに任せた。

『なんでも、地球を守るために必要なものだそうだ。12時必着、時間厳守だ』
『そんな大切なモノを、なんで大利根航空なんかに頼むんでしょうね?』
ナオキは皮肉を言いながらも、ジャンセスナで離陸していった。

その頃、PATの宇宙航空研究所では、スーパーロケットの打ち上げを午後2時に控え、所長の三津田が研究員たちを集めて説明をしている。

『12時にコントロール装置が着く。爆発部をコントロール装置と共に取り付けて、2時に打ち上げを行う』

今日実験場に立ち入ったものは、どんな理由があろうと、誰であろうと、発射が無事完了するまでは外へ出ることを許さないと三津田はいう。実験の秘密を守るためだ。アンチゴーネはこの秘密実験を妨害するため、ジャイアントロボットを差し向けてきた。

全身が銀色に光り赤い眼でにらむこの巨大なロボットは、ガキン・ガキンと動くたびに凄い音をさせながらロケット発射台へと近づいてくる。ロケット基地には発射台を守るためにいくつかの防衛網が配備されているが、電磁網も地雷もこのロボットには通じなかった。

PATのファイティングスターとジェットコンドルが緊急発進して、ロケット基地へ向かって飛んでいく。ロケット基地への届け物を持って飛んでいるジャンセスナの真上を飛んで行く2機。事件があったことを感じたナオキは、無線で岸隊長へ問い合わせをすると、

『ロケット基地が今、宇宙人に襲われているんだ』

岸隊長はナオキとの会話内容から、ナオキがコントロール装置の運搬者であることを知る。ファイティングスター、ジェットコンドルが攻撃を開始してからすぐに、ジェットコンドルはロボットの左手に捕まってしまう。

援護射撃してジェットコンドルを助けようとするが、ファイティングスターも撃破されてしまう。遅れてやって来たナオキは、腕時計がエメラルド色に光るのを見て、セスナをジャンボーグAに変化させた。

『ジャン・ファイト!』

ジェットコンドルは、まだロボットの左手に捕まれたままだ。ジャンAは後ろからロボットの左手を抱えながら何度もチョップして、ジェットコンドルを離させることに成功する。

ロボットは、ヤリのように尖った右手の先を開いてロケット弾攻撃をしてくるが、ジャンAはバック転でこれを避けると、ハンディング・フラッシャーでその右手を攻撃して破壊した。攻撃を止めたロボットは、その場で高速回転して地中に潜って消えて行った。

ロケット基地の三津田所長は、感心しながら岸隊長に訊ねた。
『君、あれが人間の味方の宇宙サイボーグか!』

三津田所長は、12時10分に着いたナオキに10分も遅刻したことをなじる。怪獣とジャンボーグが戦っていたから着陸できなかったと理由を説明するナオキに、着陸しようとすればジャンボーグが守ってくれるはずだと、自分勝手な解釈をする三津田所長。

三津田の奥さんが大声でわめきながら、向こうからやってくる。まだ5歳位の小さな息子の京介が、怪獣の壊したビルのガレキの下敷きになり、大怪我をしたのだ。急いでジャンセスナで子供を病院へ運ぼうとするナオキに、三津田はそれを拒む。

実験の秘密を守るために、ロケット発射が無事に終わるまではどんな理由があっても外へ出すことはできないと決めたからだ。この実験ロケットが示す破壊力の結果如何で、今後の地球の軍制(宇宙人・怪獣対策の在り方)が決まるからだという三津田。

ナオキは、縛られて部屋に監禁されてしまう。ナオキを見張っている野村せつ子隊員に、ナオキはいう。

『あの子が死んだらどうするんだ!』
『人間が超兵器を造れば、宇宙人はもっと強力な武器を考える。どこまで行っても終わりの無い愚かな戦いになってしまうんだ』

それにこの宇宙には、地球人の事を真剣に考えてくれる友達の星があるかもしれない。アンドロメダ第4星がもしそういう星だったら、PATはどう責任をとるんだと、せつ子隊員に問いかけるナオキ。何も言えないせつ子隊員。

ジャイアントロボットが、スーパーロケットを壊すために再び攻めてきた。攻撃のドサクサに紛れて、京介君をセスナで病院へ運ぼうとするナオキ。ナオキの話に同意したせつ子隊員は、ナオキのロープを急ぎ解く。

「あんな薄情な男はこの子の父親なんかじゃない、死んでしまえばいい」と思いながら、京介を病院へ運ぼうとセスナを離陸させたナオキ。

だが、となりの席で京介が「パパ、パパ」と呼ぶ声を聞いたとき、ナオキは機首を返すとセスナをジャンボーグAに変化させ、怪獣に立ち向かうのだった。

ハンディング・フラッシャーとビーム・エメラルド光線を使って、ジャンボーグAはロボットをみごとに破壊する。

スーパーロケットは発射台から崩れ落ち、この実験にすべてを賭けてきた三津田は絶望してしまう。だが息子の京介は元気になり、ジャンボーグAに乗った夢を見たと言って、はしゃいでいた。

せつ子隊員は、今度の事件で大事な勉強をしたと、すこし笑みを浮かべながらナオキに言った。
『人の命は地球よりも重いんだってこと・・・』
それは、京介の怪我をめぐってナオキと三津田が大ゲンカした時、ナオキが思わず発した言葉だった。(終わり)


★★★★★★★★★★★★
どこかで見たような内容である。そう、セブンの「超兵器R1号」だ。ナオキのセリフは、ダンのそれとまったく同じだ。地球人の事を真剣に考えてくれる星というのは、エメラルド星人のことを指しているのだろう。人間に善人と悪人がいるように、宇宙人にもきっと善と悪の2種類がいるはずだ。

野村せつ子隊員役の加瀬麗子さんの魅力に、ハマッてしまいました。

前の2件 | 次の2件 ジャンボーグA・ドラマ1 ブログトップ