So-net無料ブログ作成
検索選択
ジャンボーグA ブログトップ
前の3件 | 次の3件

ジャンボーグA(4)~ジャン ファイト! [ジャンボーグA]

地球の平和を守るため
遠い星から贈り物 ジャンボーグA
叫べ ナオキ ジャンファイト!
ヒーロー登場 ジャンボーグA ♬

第4話『危うし!ジャンボーグA』を取り上げます。
 脚本;田口成光  
 特殊技術;高野宏一
 音楽;菊池俊輔
 監督;東條昭平
 怪獣デザイン;米谷佳晃

◆PATチームの宇宙研究所で開発を進めていたスーパーロケットが遂に完成、その破壊力の実験をするために、アンドロメダ第4星に向けて打ち上げることが決まった。スーパーロケットの心臓部であるコントロール装置が、今日工場から密かに運びだされる。

ルートや搬送時刻、運搬者については、一切秘密にされ、PATにも知らされていない。PATの使命は、コンロトール装置を無事に運び終わるまで、緊急体制でいることであった。

大利根航空の伴野社長は、PATのロケット基地まで搬送する仕事をナオキに任せた。
『なんでも、地球を守るために必要なものだそうだ。12時必着、時間厳守だ』
『そんな大切なモノを、なんで大利根航空なんかに頼むんでしょうね?』
ナオキは皮肉を言いながらも、ジャンセスナで離陸していった。

その頃、PATの宇宙航空研究所では、スーパーロケットの打ち上げを午後2時に控え、所長の三津田が研究員たちを集めて説明をしている。
『12時にコントロール装置が着く。爆発部をコントロール装置と共に取り付けて、2時に打ち上げを行う』

今日実験場に立ち入ったものは、どんな理由があろうと、誰であろうと、発射が無事完了するまでは外へ出ることを許さないと三津田はいう。実験の秘密を守るためだ。アンチゴーネはこの秘密実験を妨害するため、ジャイアントロボットを差し向けてきた。

全身が銀色に光り赤い眼でにらむこの巨大なロボットは、ガキン・ガキンと動くたびに凄い音をさせながらロケット発射台へと近づいてくる。ロケット基地には、発射台を守るためにいくつかの防衛網が配備されているが、電磁網も地雷もこのロボットには通じなかった。

PATのファイティングスターとジェットコンドルが緊急発進して、ロケット基地へ向かって飛んでいく。ロケット基地への届け物を持って飛んでいるジャンセスナの真上を飛んで行く2機。事件があったことを感じたナオキは、無線で岸隊長へ問い合わせをすると、
『ロケット基地が、今宇宙人に襲われているんだ』

岸隊長はナオキとの会話内容から、ナオキがコントロール装置の運搬者であることを知る。ファイティングスター、ジェットコンドルが攻撃を開始してからすぐに、ジェットコンドルはロボットの左手に捕まってしまう。

援護射撃してジェットコンドルを助けようとするが、ファイティングスターも撃破されてしまう。遅れてやって来たナオキは、腕時計がエメラルド色に光るのを見てジャンボーグAにセスナを変化させた。
『ジャンファイト!』

ジェットコンドルは、まだロボットの左手に捕まれたままだ。ジャンAは後ろからロボットの左手を抱えながら何度もチョップして、ジェットコンドルを離させることに成功する。

ロボットは、ヤリのように尖った右手の先を開いてロケット弾攻撃をしてくるが、ジャンAはバック転でこれを避けると、ハンディング・フラッシャーでその右手を攻撃して破壊した。攻撃を止めたロボットは、その場で高速回転して地中に潜って消えて行った。

ロケット基地の三津田所長は、感心しながら岸隊長に訊ねた。
『君、あれが人間の味方の宇宙サイボーグか!』

三津田所長は、12時10分に着いたナオキに10分も遅刻したことをなじる。怪獣とジャンボーグが戦っていたから着陸できなかったと理由を説明するナオキに、着陸しようとすればジャンボーグが守ってくれるはずだと、自分勝手な解釈をする三津田所長。

三津田の奥さんが大声でわめきながら、向こうからやってくる。まだ5歳位の小さな息子の京介が、怪獣の壊したビルのガレキの下敷きになり、大怪我をしたのだ。急いでジャンセスナで子供を病院へ運ぼうとするナオキに、三津田はそれを拒む。

実験の秘密を守るために、ロケット発射が無事に終わるまではどんな理由があっても外へ出すことはできないと決めたからだ。この実験ロケットが示す破壊力の結果如何で、今後の地球の軍制(宇宙人・怪獣対策の在り方)が決まるからだという三津田。

ナオキは、縛られて部屋に監禁されてしまう。ナオキを見張っている野村せつ子隊員に、ナオキはいう。
『あの子が死んだらどうするんだ!』
『人間が超兵器を造れば、宇宙人はもっと強力な武器を考える。どこまで行っても終わりの無い愚かな戦いになってしまうんだ』

それにこの宇宙には、地球人の事を真剣に考えてくれる友達の星があるかもしれない。アンドロメダ第4星がもしそういう星だったら、PATはどう責任をとるんだと、せつ子隊員に問いかけるナオキ。何も言えないせつ子隊員。

ジャイアントロボットが、スーパーロケットを壊すために再び攻めてきた。攻撃のドサクサに紛れて、京介君をセスナで病院へ運ぼうとするナオキ。ナオキの話に同意したせつ子隊員は、ナオキのロープを急ぎ解く。

あんな薄情な男はこの子の父親なんかじゃない、死んでしまえばいいと思いながら、京介を病院へ運ぼうとセスナを離陸させたナオキだったが、となりの席で寝言のように「パパ、パパ」と呼ぶ声を聞き、機首を返してセスナをジャンAに変化させ、怪獣に立ち向かうナオキ。

ハンディング・フラッシャーとビーム・エメラルド光線を使って、ジャンボーグAはロボットをみごとに破壊する。

スーパーロケットは発射台から崩れ落ち、この実験にすべてを賭けてきた三津田は絶望してしまう。だが息子の京介は元気になり、ジャンボーグAに乗った夢を見たと言って、はしゃいでいた。

せつ子隊員は、今度の事件で大事な勉強をしたと、すこし笑みを浮かべながらナオキに言った。
『人の命は地球よりも重いんだってこと・・・』
それは、京介の怪我をめぐってナオキと三津田が大ゲンカした時、ナオキが思わず発した言葉だった。(終わり)


★★★★★★★★★★★★
どこかで見たような内容である。そう、セブンの「超兵器R1号」だ。ナオキのセリフは、ダンのそれとまったく同じだ。地球人の事を真剣に考えてくれる星というのは、エメラルド星人のことを指しているのだろう。人間に善人と悪人がいるように、宇宙人にもきっと善と悪の2種類がいるはずだ。

野村せつ子隊員役の加瀬麗子さんの魅力に、ハマッてしまいました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ジャンボーグA(5)~ジャン ファイト! [ジャンボーグA]

ジャンボーグA 
それはエメラルド星より送られた
宇宙サイボーグのことである
立花ナオキの腕時計が光る時
ジャンファイトの掛け声で
ジャンセスナが変化し
立花ナオキはジャンボーグAの目の奥で
操縦するのである

第26話『謎!ノンビリゴンの正体』を取り上げます。
 脚本;山浦弘靖  
 特殊技術;矢島信男
 音楽;菊池俊輔
 監督;樋口弘美
 怪獣デザイン;米谷佳晃

◆ある日、空の彼方から巨大な球体が飛んできて、和也たちの町の公園に落下した。球体を送りこんだのは、グロース星人二代目戦闘隊長・マッドゴーネ。初代戦闘隊長・アンチゴーネがジャンボーグAに負けた後を受けて、地球攻撃の指揮を取るグロース星人だ。

マッドゴーネは、「グロース第2号作戦」と名付けたこの侵略計画を開始した。球体は地上に落ちると、怪獣へと変化した。怪獣は、先端に赤い光を放つツノを頭から2本生やしているが、とても愛嬌のある顔をしていて、妊婦のような大きなお腹にはデベソが付いていた。

怪獣は長旅に疲れたかのように大きな欠伸(あくび)をして寝転がると、右腕で頬杖をついて居眠りをしだす。この無害な怪獣を見に、公園には多くの子供達と大人達が集まってきていた。和也から連絡を受けたナオキはジャンセスナを飛ばそうとするが、伴野社長にセスナのキーを抜き取られてしまう。

『怪獣が現れる度に無断でセスナを飛ばされたんじゃ、我が社の商売はあがったりだからな』
そう言って、怪獣見物なら自分の車で行くように諭されてしまう。PATが出動して、公園で眠る怪獣の様子を見ている。

公園で浜田隊長に会ったナオキは、寝ている今のうちに怪獣を倒すべきです、という。怪獣デッドファイヤーとの戦いで殉職した岸隊長の後を受け、チーフだった浜田が隊長に昇格し、今はチームの指揮を取っている。

大きな二つの鼻の穴から蒸気のような鼻息を吹き出して、眠り続ける怪獣。その鼻の穴めがけて、ファイティングスターとジェットコンドルからモリのようなマグネット弾を撃ち込み、そのままフルパワーで上昇して怪獣を宇宙へ放り出す作戦を実行するPAT。

だが、怪獣はあまりに重く、持ち上がらない。作戦変更を余儀なくされ、ロープを切断する両機。怪獣は突然目を覚ますと起き上がって、両目からリング状の光線を大人達に浴びせてしまう。光線を浴びた大人達は、のんびりした行動を取るようになる。

怪獣はリング状の光線を町中に放射し、町中の大人たちはやる気を失ってのんびりとしてしまう。車は走らなくなり、工場は操業停止し、食堂は準備中に・・と、町中が静まり返り開店休業状態になってしまう。

教育ママは勉強勉強と言わなくなり、遊び放題の子供達は、怪獣に「ノンビリゴン」と名前を付けて、自分達の味方だと称賛するようになってしまう。マッドゴーネは、町中の人間がのんびりして、何もしなくなるこの時を待っていた。

ノンビリゴンの胸に付いている星マークが開き、中からグロース星人の戦闘員が数人出てきて、町中に散らばっていく。彼らはのんびり遊んでいる大人達を襲い、彼らに成りすまして、ガソリンスタンドやガスタンクなどにリモコン爆弾を仕掛けてまわった。

ナオキは偶然その様子を目撃して彼等と戦うが、多勢に無勢、叩きのめされてしまう。それでも彼等の後を追ったナオキは、グロース星人達が怪獣の胸の中に入って行くのを目撃する。

PATは、公園でじっと寝ているノンビリゴンを攻撃するが、それを見た和也たち子供は、ノンビリゴンが攻撃されないように公園に集まってPATの攻撃の邪魔をするのだった。マッドゴーネは、子供達がPATの攻撃を妨害している間に、グロース星人戦闘員を使い、リモコン爆弾を町中に設置してしまう。

ノンビリゴンはツノから電波を出して、リモコン爆弾を次々と爆発させていく。ナオキは、伴野社長を拝み倒してセスナのキーを貸してもらうと、ジャンセスナをジャンボーグAに変化させて、ノンビリゴンのもとへと向かう。

子供達はノンビリゴンを倒そうとするジャンボーグAのことを罵るが、ノンビリゴンがグロース星人の手先であることを知るナオキには、このまま放置してはおけない。
『ジャンボーグAのバカ!大っ嫌いだ。ノンビリゴン、頑張れ!』
『和也、解ってくれ・・・』

ジャンAは、ハンディングフラッシャーでツノを切り落とすと、その巨体に向けて太陽エネルギーを拡散放射する熱光線・サンフラッシャーを発射する。ノンビリゴンは、巨体から湯気を出して倒れてしまう。

ノンビリゴンが倒れたおかげで、のんびりしていた大人達は正気に戻り、町は再び活気を取り戻し始める。騒音と煤煙が覆う町へと、また戻ってしまった。教育ママゴンも復活し、ガッカリする子供達。
一番かわいそうなのは、グロース星人に利用されて死んだノンビリゴンだと、口ぐちに言う子供達。

だが、鼻の穴から鼻息が出て、ノンビリゴンは生きていることが判った。ジャンボーグAのサンフラッシャーは、とどめを刺してはいなかった。
『ノンビリゴンは生きているぞ。ジャンボーグA、ありがとう!』

ジャンボーグAは和也たち子供のために、倒れたまま動かないノンビリゴンを持ちあげると、そのまま宇宙へ返してやることにした。 (終わり)


★★★★★★★★★★★★
今回第26話からジャンボーグAの声は、子門真人氏から池水通洋氏に代わる。池水氏は、敵役のマッドゴーネの声も担当している。
どこかで見たような内容である。そう、初代マンの「恐怖の宇宙線」に出てきた怪獣ガヴァドン、プラス、新マンの「地球、いただきます」のヤメタランスだ。確かに、子供達にとって、大人になるための試練はキツイ。勉強して試験を受けて・・・。一生遊んでいられたらどんなにいいことか。
でも、大人になったとき、苦しくてもあの時に勉強しておいて良かったと思うことが、きっとわかるよ!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ジャンボーグA(6)~ジャンファイト ツーダッシュ! [ジャンボーグA]

ジャンボーグA 
それはエメラルド星より送られた
宇宙サイボーグのことである
立花ナオキの腕時計が光る時
ジャンファイトの掛け声で
ジャンセスナが変化し
立花ナオキはジャンボーグAの目の奥で
操縦するのである

第27話『ジャンボーグA-2号誕生!その名はジャン9』を取り上げます。

 脚本;田口成光  
 特殊技術;吉村善之
 音楽;菊池俊輔
 監督;黒田義之
 怪獣デザイン;米谷佳晃

◆ナオキは、兄嫁茂子の結婚指輪を質屋に売ったお金を借りて、かねてから欲しかった車を遂に手に入れた。今日はそのお礼に、茂子と和也を乗せてドライブに来ていた。遊園地で1日遊ぶ予定の3人だったが、マッドゴーネがジャンボーグA抹殺だけを目的に造りあげたロボット怪獣ジャンキラーを差し向けてきた。

名付けてグロース第3号作戦。腕時計がエメラルド色に輝き、怪獣出現を知ったナオキは、ふたりを遊園地に残したまま、車でジャンセスナのある大利根航空へと向かった。今度ナオキが買った車は、上からみて運転席側半分をすべて銀色に、助手席側半分をすべて赤色のツートンカラーに塗り分けた塗装をしている。

ジャンセスナを離陸させ、怪獣のいる場所へと向かうナオキ。悪いことに、ジャンキラーは和也たちがいる遊園地へ向かって進撃していた。PATはロケット弾で必死に攻撃するが遊園地は襲撃され、足をくじいた茂子は和也と共に取り残されてしまう。

動けない茂子と母をかばおうとする和也に遊園地の資材が倒れてきて、挟まれた茂子は大怪我を負ってしまう。ナオキはセスナをジャンボーグAに変化させてジャンキラーと戦うが、ジャンキラーは強く、ジャンAの左目をジャンキラーミサイルが直撃して、ナオキも左目を負傷してしまう。

ジャンキラーはジャンAにとどめを刺さずに姿を消してしまう。命拾いしたジャンボーグA。ファイティングスターで茂子と和也を救出し病院へ収容するが、大怪我をした茂子は意識不明の重体に陥ってしまう。

ナオキの左目同様、ジャンセスナのエンジンは火を噴き、大利根航空の滑走路へ何とか着陸する。社長が消火器で消火して、全焼を免れたジャンセスナ。ナオキは伴野社長に言われ、急ぎ病院へ駆けつける。

和也は助けに来なかったナオキをなじり、せつ子隊員はジャンボーグAが負けたほどの強い相手に、今度出撃した時がPAT全滅の時だろうと覚悟を決めていた。

出撃命令がせつ子隊員に入り、
『ナオキさん、さようなら』
『駄目だ、死にに行くようなもんだ』
『たとえPATが全滅しても、みんなと一緒に行動します』

PAT魂を見せる野村せつ子隊員に、ジャンAで負けた今のナオキには、励ましの握手しかできなかった。大型戦闘機ファイティングスターと小型戦闘機ジェットコンドルが、ジャンキラーに総攻撃をかける。ありったけのロケット弾攻撃をする。

だが、ジャンキラーの胸から発射されたジャンキラーミサイルが、両機を撃破してしまう。ファイティングスターは不時着を試みる。ジャンセスナは再起不能。やけになったナオキは、買ったばかりの車でジャンキラーに突撃していく。

『許さないぞ、俺の命と交換だ!』
車は大破したかのように見えたその瞬間、エメラルド色の火球がナオキの車に合体した。ナオキの前にエメラルド星人が現れ、3つの命を与えると告げる。

『立花ナオキ、君に命を一つ。君の愛するこの自動車に命を一つ。そしてもう一つの命は、やがてわかるときがくる。君の努力でもう一つの命が生まれる・・・』
腕時計が輝くとき、車をダッシュさせると2つ目の命が誕生すると、エメラルド星人は告げて消えた。

『ジャンファイト ツーダッシュ!』
エメラルド星人からもらった新しい命、ジャンボーグA2号、その名はジャンボーグ9。

『なんだあいつは!?』
突然現れた赤色と銀色のツートンカラーに塗り分けられた巨人を見て、マッドゴーネは驚く。重量感のある歩行、パワーは100万馬力で、ジャンキラーを軽く投げ飛ばす力を持つジャンボーグ9。

ナオキが購入した車と同じペインティングの宇宙サイボーグ、それがジャンボーグ9だ。ジャン9に投げ飛ばされて、地面に頭から突っ込んだまま起き上がれないジャンキラー。ジャンキラーを思い切り右足で空へ蹴り上げ、落ちてきたところを両目から発射した必殺ゴールデンレザー光線で見事に仕留めた。大爆発して粉々になったジャンキラー。

『クイック リターン』
ジャン9を元の車に戻したナオキは、病院へ急ぎ戻ると、義姉の茂子は意識を取り戻していた。義姉の命は助かったが、ジャンセスナは真っ黒に焦げて、もうジャンボーグAとなって飛ぶことはできない。だがその夜、エメラルド星人がふたたび現れて、3つ目の命はナオキ自身で生み出すのだと言って消えた。3つ目の命とは、いったい何か? (つづく)


★★★★★★★★★★★★
マッドゴーネとジャンボーグAの声を担当している池水通洋氏は、ジャンボーグ9の声も担当している。
ジャンボーグ9の操縦は、ハンドル操作で行う。左右へのハンドルの回転だけで、どうやってジャン9に複雑な動きをさせるのか不思議だが・・・まぁその辺はご愛敬であろう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の3件 | 次の3件 ジャンボーグA ブログトップ