So-net無料ブログ作成
検索選択
初代マン・ドラマ ブログトップ
前の3件 | -

ウルトラマン(1) [初代マン・ドラマ]

《第18話 遊星から来た兄弟》

監修;円谷英二
脚本;南川 竜・金城哲夫
音楽;宮内国郎
特殊技術;高野宏一
美術;成田 亨
監督;野長瀬三摩地

【ニセ・ウルトラマン(池田文男)】   
【ザラブ星人(青野 武)】   登場


▼ある夜、東京の街に上空から霧が降ってきて、その霧を吸った人達がバタバタと倒れていくという事件が起きた。パトロールのため、直ちに科特隊に出動命令が出された。

この霧の中からは致死量の放射能が検出されたため、「放射能防御バリア」のスイッチを押してパトロールするようにキャップから指示が出された。

隊員服姿が凛々しいホシノ少年もやる気満々だったが、放射能が検出されている以上は危険なので、残念ながら留守番を命じられるホシノ少年であった。

ハヤタはホシノ少年をなだめる。
『キャップの命令だよ、ホシノ君!』

アラシ隊員とイデ隊員が街中でフードを被って歩いている怪しい男を発見、イデが注意をするとフードの中から醜い顔をみせた。二人がその怪しい男を追うと、男は宇宙人に姿を変えてビルの側面にへばり付きながら逃げようとした。

宇宙人はアラシの報告無線を乗っ取り、自らを第八銀河系のザラブ星人と名乗り、地球人と仲良くなりたいと提案してきた。ビートル機で上空をパトロールしていたハヤタ隊員は、1か月前に出発したはずの土星探検ロケットを大気圏内で発見したと報告する。

ハヤタの報告から間もなくして、ザラブ星人が突如、科特隊本部に姿を現した。びっくりする科特隊員たちと森田博士。迷子になっていた土星ロケットを、地球まで誘導してきたと話すザラブ星人。ザラブ星は地球より優れた科学文明を持っていると主張する。

そこでムラマツキャップは、地球と仲良くしたいならば、この放射能の霧を消してみせるよう提案する。霧を消してみせたザラブ星人は、科特隊の客人として保護されることになった。

翌日、宇宙局でこのザラブ星人の処遇について、会議が行われていた。携帯の電子頭脳を作ったり土星ロケットを誘導したりと、科学の発達は地球よりもはるかに高度だが、一方で何を考えているか解らない側面もあるザラブ星人。ムラマツキャップのこの不安は、的中してしまう。

ザラブ星人についてもっと調査する役目を、ハヤタはキャップに申し出た。アラシとフジが見張っていると、宇宙局の屋上から空へ飛び上がっていくザラブ星人。連絡を受け、ビートル機で後を追うハヤタ。

土星ロケットに乗り込んだザラブ星人は、船内の乗組み員を催眠で自由に操っていた。ロケットの外からその様子を見たハヤタは、ザラブ星人の真の目的を知る。

ハヤタに一部始終を見られてしまったザラブ星人は、本部へ連絡しようとするハヤタを拉致し、ビートル機は墜落させられてしまう。しかも、ハヤタがウルトラマンであることを知っているザラブ星人は、ウルトラマンを追い詰めるために工作をする。

突如ウルトラマンが現れて、街を破壊しているという連絡が科特隊に入った。ウルトラマンが消えると同時に、宇宙局にザラブ星人が現れて、このように言った。

『ウルトラマンは地球侵略を狙う宇宙人で、科特隊はその味方なのではないでしょうか?』
ザラブ星人はハヤタの内ポケットからベーターカプセルを奪おうと探すが、持って無いことがわかると変身出来ない彼を放っておくのだった。

そこへ、窓からホシノ少年がロープ伝いに入って来た。ハヤタは、身体を縛っている金属ロープを急いで切るようにホシノ少年に頼むのだった。

ホシノ少年は、ペンチやドライバーなど七つ道具と一緒にベーターカプセルも持っていた。これを忘れて出動したハヤタに届けようと、持ってきたのだった。
『さぁ早く、このロープを切ってくれ!』

必死にペンチで切ろうとするホシノ少年、だがなかなか切れない。焦るホシノ少年。ロープが身体に食い込んで苦しそうなハヤタ。涙を流しながら懸命にロープを切ろうと頑張るホシノ少年。その正義の涙がロープに落ちた時、ロープはプツンと切れた。

ハヤタはホシノ少年にすぐに脱出するよう指示すると、ウルトラマンに変身した。ニセウルトラマンが、今度は宇宙局付近に現れた。科特隊は、断腸の思いで出動する。
『たとえウルトラマンでも、地球の平和を乱す奴とは戦わなければならない!』

宇宙局の窓からロープで降りようとしているホシノ少年を捕まえる、ニセウルトラマン。切れ長のオレンジ色の目をしたニセウルトラマンの前に姿を現す、本物のウルトラマン。ホシノ少年を奪い返して、組み合う両雄。ニセウルトラマンの顔面に、ウルトラマンのチョップが入る。

ひるんで逃げようとするニセウルトラマンにスペシウム光線を浴びせると、落下して正体を現すザラブ星人。
『やっぱりヤツの仕業だったのか!』

ザラブ星人の陰謀を確認する科特隊員たち。空中戦に持ち込んで、もみ合うウルトラマンとザラブ。上になり下になりしながら地面に激突したザラブとウルトラマン。とどめの一撃スペシウム光線を放つと、燃えて大爆発するザラブ星人であった。

飛び去るウルトラマンを見送りながら、ホシノ少年はこうつぶやいた。
『やっぱりウルトラマンは、正義の味方だったんだ!』   (終わり)


★★★★★★★★★★★★
有名なシーンがある。ニセウルトラマンの顔面にチョップが入ると、「痛てて!」という表情で手を振り払うウルトラマン。本当に痛かったからだそうであるが、NGにならずにそのまま採用されたということだ。

ホシノ君がどうして窓からハヤタのもとへ入ってくるのか?それにベーターカプセルを忘れるハヤタというのも考えづらいけどね!

脚本の南川竜は、本編の監督である野長瀬氏のペンネームである。
宇宙局の会議シーンには、セリフは無いが、金城哲夫氏も顔を見せている。
このザラブ星人は初代マン二人目の宇宙人ということで、筆者は好きな星人である。ザラブ星人のスーツアクターが青野武となっており、あの「真田技師長」の青野氏だと思われる。ザラブの声は青野氏だと判るが、中身も演じているのは若かったからだろうか、スゴイことだと思う!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ウルトラマン(2) [初代マン・ドラマ]

《第19話 悪魔はふたたび》を取りあげます。

監修;円谷英二
脚本;山田正弘・南川 竜
音楽;宮内国郎
特殊技術;高野宏一
美術;成田 亨
監督;野長瀬三摩地

【赤色火炎怪獣バニラ(田尻康博)】
【青色発砲怪獣アボラス(中村晴吉)】登場


▼東京都内のビル工事現場で、不思議な銀色のカプセルが発掘された。警察からの通報を受け、科特隊と宇宙考古学の権威・福山博士が現場に到着。放射能測定をおこなった結果、危険が無い事が判りひと安心する一行。

長さが2メートル程、直径が0.5メートル程の大きさで、未知の金属で出来ているようだった。カプセルには3億5千年ほど前の化石が付着しており、古代人類が残したタイムカプセルではないかと推測された。

フタを開けてみると、中には青い液体らしきモノが入った1メートルほどの小型カプセルと、銀板が1枚入っていた。銀板には裏表とも文字や絵らしきものは書かれておらず、それは福山博士が持ち帰って調査することになった。

青い液体のカプセルは、同行していた石岡博士が持ち帰り、分析することになった。工事は再開され、静かだった工事現場は、再び重機の騒音がこだまする世界に戻った。

『まだ出てくるんじゃないか?』
『何言ってるの!3億年前から何度も地殻は変動しているんだもの、あったとしても今頃は海の底か地底で眠ってるわよ・・・』

イデ隊員の意見にアキコ隊員が反論していたが、イデの言葉は当たっていた。少し離れた場所で工事を再開したショベルが、別のカプセルを土砂と一緒にすくいあげていた。そのカプセルは誰の目にも触れることなくダンプカーに積まれ、工事現場を後にした。

ダンプカーにしばらく揺られていたカプセルは、別の工事現場へ到着すると、荷台を傾斜させて土砂と一緒に崖下へ転がり落ちていった。ゴロンゴロンと斜面を転がり落ちたカプセルには、赤い液体らしきモノが入っていた。

3億5千年前に埋められたこのカプセルは、一体誰が、どんな目的で埋めたのだろうか・・・

科特隊基地へ戻った隊員達は、カプセルについて意見を交わしていた。
『3億5千年前といえば、恐竜やマンモスが地球上を支配していた時代だ。人類はサルと同じだった。その人類がだな、タイムカプセルなんてものを・・・』

『ちょっと、アラシ隊員。恐竜やマンモスが歩き回っていたのは、1億5千年前です。人類はまだいなかった!3億・・・』

『3億5千年前と言えば、氷河期以前、つまり我々よりもっと進んだ文明を持つ人類がいたと言われる、謎の時代なのよ!』

アキコ隊員が正しく解説していた時、部屋に入ってきたムラマツキャップは、こう言った。
『カプセルの中身が何かの方が、我々にとって問題なのだ』

文明の進んだ人類が作ったものなら、あの青い液体は水爆以上に強力な爆薬かもしれないとアラシ。いや、タイムカプセルという以上は、後世に残したい素晴らしい遺産にちがいないとイデ。こうしてこの二人は、いつも意見がぶつかるのだ。

そんな時、福山博士から連絡が入り、カプセルに入っていた銀板は、カプセルの内容を書いた書類らしいことが判明する。ハヤタとイデは福山博士のもとへ行くよう、キャップの指示が飛んだ。

福山博士の研究所へ行った二人は、博士から説明を受けている時に、イデが手を滑らせて銀板を床に落としてしまう。
『しまった!』

急いで拾おうとしたイデに、ハヤタが声をかけた。
『待て、イデ。博士、あれを!』

ハヤタが見つけたのは、床に落ちた銀板が太陽光線を反射させて、壁に映し出した文字だった。
『そうか、反射させればよかったのか!』

銀板の中を読み取ろうとレントゲンや超短波を当ててみても、何も分からない。途方に暮れていた矢先のことだっただけに、博士の喜びはたいへん大きかった!
『あの文字は、沈んだ大陸ミュー帝国の文字によく似ている。必ず解読してみせますよ!』

福山博士と研究所員は、先程の文字を写真に撮ると、研究室に閉じこもった。長い時間が経った。見たことも無い文字を、辞書も無く解読しようとするわけだから、大変根気のいる作業であるのだ。

その頃、青い液体の入ったカプセルを持ち帰った石岡博士の研究所では、カプセルを開ける方法を試行錯誤していた。火炎や電気ノコギリなどいろいろ試してみるが、失敗していた。カプセルの中身は、あの銀板に書かれた文字を解読すれば判明するものと、ハヤタも博士も思っていた。

東京北部に雷雨が発生し、ダンプカーに揺られて捨てられたもう一つの赤い液体のカプセルに、偶然落雷した。その瞬間、カプセルが破壊され、巨大な赤い怪獣が出現した。赤い怪獣は口から火炎を吐きながら、進んでいく。

科特隊本部に怪獣出現の一報が入り、ビートル2号機でアラシが出動した。あとからビートル1号機でムラマツキャップとイデが出動したが、赤い怪獣は手強い。ビートルは2機とも、積んでいるロケット弾が底をついてしまった。

なかなかカプセルを破壊するきっかけがつかめない石岡博士のチームは、雷撃装置を使うことにした。5万ボルトから始めて、徐々に電圧を上げていく。

福山博士が血相を変えて、研究室から飛び出してきた。
『ハヤタ君、君の心配が当たった。この銀板には恐ろしいことが書いてあった』
『恐ろしいこと?』

『我々はやっと、悪魔の怪獣、赤いバニラと青いアボラスを捕らえ、液体に変えて地中深く埋めた。決して開けてはならない。再びこの怪獣に生を与えたならば、人類は滅亡するであろう』

文字を解読した福山研究所の所員が、急いで石岡博士のチームに電話をかけたが、電話が通じない。人類は、開けてはならない玉手箱を自らの手で開けてしまったのだった。

カプセルに10万ボルトの電圧をかけていた石岡博士の研究所の屋根を突き破って、巨大な青い怪獣が出現していた。青い怪獣は口から白煙を吐くと、それを浴びたビルがブクブクと泡の様に溶けてしまうのだった。

青い怪獣はビルや高速道路を破壊しながら、進んでいた。ビートルに積んでいたロケット弾が無くなってしまい、本部へ戻ってきたキャップたちは、2匹の怪獣の弱点について銀板に何か書かれてなかったかを福山博士に尋ねた。

だが、それらしいことは、何も書かれていなかった。カプセルの破壊に取り組むのは、銀板に書かれた文字を解読してからにするべきだったと、福山博士は自分の軽率さを詫びた。だが、今はそんなことよりも、どうやって怪獣を退治することか考える方が先だ。

福山博士は、いちるの望みを両者相討ちに賭けている。
『野獣の闘争本能で、2匹が戦い合ってくれることを祈っています・・・』

赤いバニラと青いアボラスは、互いに引きあうように進んでいく。やがて両者は、国立競技場で激突した。福山博士も責任を感じて同行することを望み、再び科特隊は出動した。

アボラスの吐く白煙とバニラの吐く火炎が空中でぶつかり、激しく破裂した。組み合う2匹の怪獣達によって、国立競技場は瓦礫の山になりつつあった。新兵器原子弾をつかおうとするアラシに、福山博士が目を狙うようにアドバイスした。

スーパーガンの先にカートリッジを取り付け、バニラの左目にそれは命中した。倒れたまま苦しむバニラに、アボラスの口から吐いた白煙がかかり、バニラの全身は真っ白な泡に覆われて溶けてしまった。

科特隊の持つスーパーガンもマルス133も、エネルギーが無くなり攻撃できなくなってしまった。イデと組んで戦っていたハヤタは、イデをキャップと合流するように追い立てると、ベーターカプセルのボタンを押した!

空からウルトラマンがドスンと降りてきて、アボラスの前に出現した。ドロップキックを見舞うウルトラマンだが、アボラスは倒れない。アボラスの突進力は凄まじく、倒れたウルトラマンに馬乗りになって攻撃してくる。

アボラスとの間を開けて、スペシウム光線を放つ態勢のウルトラマンを、アボラスの白煙が襲った。泡まみれになって動かなくなるウルトラマン。
『あっ、ウルトラマンが・・・』

泡を吹き飛ばしたウルトラマンのカラータイマーは、赤く点滅を始めた。倒れたアボラスにスペシウム光線を見舞うが、一発では倒れない。白煙を吐いて応戦するアボラス。

素早く身をかわし、もう一発スペシウム光線を発射!再度白煙を吐いて、応戦するアボラス。もう一度かわしたウルトラマンは三発目のスペシウム光線を撃ち、遂にアボラスは粉砕されるのだった。 (終わり)        


★★★★★★★★★★★★
30分で描くには、内容が満載すぎる回である。ちなみに準備稿では、アボラスだけが出てくる展開だった。もう一つのカプセルには、アボラスを捕らえた時代の人類が入っていて・・・、という展開であったそうだ。

ところで、当初イデ隊員役には、俳優の石川進氏が採用されていた。キューピーちゃんというニックネームで人気者の石川氏は結果的にウルトラマンを降りたわけだが、

幸いにもこのことが、二瓶正也氏演じる科特隊のギャグメーカー・イデ隊員を生むことになった。石川イデ隊員だったら、全く違った雰囲気の科学特捜隊になったであろうことは、想像に難くない。

nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ウルトラマン(3) [初代マン・ドラマ]

《第12話 ミイラの叫び》を取りあげます。

監修;円谷英二
脚本;藤川桂介
音楽;宮内国郎
特殊技術;高野宏一
美術;成田 亨
監督;円谷 一

【ミイラ人間(満月英世)】
【ドドンゴ(新垣輝雄・清野幸弘)】登場


▼鬼ノ台丘陵の洞窟内から発掘され、担架に乗せられて運ばれていくミイラ。保存状態が良く、原形をほぼ保ったまま運ばれていくミイラの顔を見たアラシが一瞬息を呑むほど、ミイラの顔は不気味であった。

調査団に同行している宮本博士によれば、洞窟内の壁画から推定して、七千年は経っていると思われるという。アラシとハヤタが許可を得て、洞窟内の壁画を見に行くと、それはあまりに巨大なので、何が描かれているのか分からなかった。

ミイラは、科学センターの一室に安置されることとなった。七千年の謎を秘めたミイラの顔は、見れば見るほど不気味であった。
『これが七千年も前の、人間の姿か・・・』

アラシは、胸から下をきれいに包帯で巻かれたミイラがベッドに横たわっているのを見て、そうつぶやいた。口は耳まで裂け、耳は先が尖っている。鼻はペシャンコだが、目が鋭い。

まさかこの夜、このミイラをめぐる奇怪な事件が起ころうなどとは、誰一人予想だにしていなかったのである。

守衛室で、二人の守衛が将棋を指していた。巡回パトロールの時間になったので、A守衛が真っ暗な館内を、懐中電灯の灯りを頼りに見回りに出かけた。

2階の奥の部屋で何か音がすることに気付いた守衛は、急いでその部屋の鍵を開けて中に入ってみると、バリバリと音を立てている。電気装置が使ったままになっているのか、主電源レバーが入ったままであった。

『なんだ、仕様がねぇなぁ、まったく』
守衛が電源を切って振り向くと、目の前には甦ったミイラが立っていた。
『あぁ、だ、だれか・・・』

恐怖におののく守衛の首を、ミイラはものすごい力で絞めあげた。ミイラは部屋を出て、階段のある方向へゆっくりと歩いていく。悲鳴を聞いたもう一人のB守衛が、急いで階段を駈け上がって行くと、階段の踊り場でミイラと鉢合わせした。

驚きのあまり、階段を後ろ向きのまま滑り落ちたB守衛は、壁の警報器に手を伸ばしてベルを鳴らしたが、ミイラの目から怪光線が発射され、B守衛は即死してしまうのだった。

死んでいると思われたミイラは超能力を使って電源を入れると、自分の身体に電流を流して、甦るために必要な力を蓄えた。身体が動かせるようになったミイラは、守衛二人を殺害して逃走したのであった。

その情報は、すぐに科学特捜隊にもたらされた。
『キャップ。ミイラが姿を消してしまったそうです』

『おいイデ、報告は正確に。この場合はだな、何者かの手によってミイラは盗まれたと、訂正すべきところじゃないのか?』

『それが訂正しなくてもいいんですよ、アラシ君。殺された二人は、明らかにミイラと格闘した形跡を残しているんです。ミイラは何かのショックで息を吹き返し、警備員二人を殺して逃げたということになるんだ・・・』

逃げ出したミイラは、近くの下水処理場に侵入したらしいことが判明。ミイラが通ったと思われる通路の鉄の扉が、ものすごい力で破壊されていた。下水処理場に到着した科特隊は宮本博士に、死んだミイラがなぜ生き返ったのか尋ねた。

『結論から言うと、あのミイラは生きていたんだよ』
『博士は、死後少なくとも七千年は経過していると、発表したはずです』
『それじゃあ、死にながら生きていたと訂正しようか。一種の冬眠状態にあった訳だ』

下水処理場にミイラを追い詰めたという連絡が警官隊から科特隊に告げられた。
『できるだけミイラを生け捕るように頼む。君達の新兵器で攻撃されたら、ミイラはひとたまりもない。生け捕れば、七千年の生命を保ち続けた謎も解ける』

宮本博士の依頼を実行すべく、科特隊は下水処理場へと向かった。警官隊50名ほどが待機しているところへ合流した科特隊。下水処理場の奥から、猛獣のような叫び声をあげてミイラが現れた。

警棒を持った警官隊が一斉にミイラを捕まえようとするのだが、ものすごい力で弾き飛ばされてしまう。そのうち一人の警官が恐怖のあまり、ミイラに向け発砲した。銃弾は右肩に当たり、肩を押さえながらミイラは発砲した警官をにらみつけると、目から怪光線を発射した。

他の数名の警官にも怪光線を浴びせながら、ミイラは空に向かって猛獣のような声で吠えていた。それは見ようによっては、助けを求めているようにも見えた。警官隊に犠牲者が出て、ミイラの生け捕りをあきらめるムラマツキャップ。

キャップの命令で、アラシはスパイダーショットでミイラの腹部を攻撃した。しばらくは持ちこたえていたミイラだが、やがてバタリと倒れてしまった。
『お前を発掘しなければ、まだまだ眠りについていられたのに・・・』

ムラマツキャップは、生け捕りに出来なかったことよりも、発掘してしまったことをミイラに詫びるかのように、そうつぶやいた。

ミイラが拳銃で撃たれ、空に向かって吠え声をだしていた頃、鬼ノ台丘陵の発掘現場では地震が発生していた。発掘調査委員のメンバーたちは、緊急避難をした。洞窟内は岩が崩れ落ち、洞窟の壁面に描かれた絵から抜け出たような四つ足の巨大怪獣が出現した。

下水処理場でミイラ人間にとどめを刺したムラマツキャップのもとに、本部のフジ隊員から緊急連絡が入った。
『キャップ、大変です。鬼ノ台丘陵のミイラ発掘現場から、今度は怪獣が現れたそうです』

現場へ向かうビートルの機内。怪獣ドドンゴはミイラの呼ぶ声で姿を現したというフジ隊員の説は、あながち間違いではないかもしれない。中国神話に出てくる霊獣、麒麟に似た姿の怪獣ドドンゴは、高速道路を破壊して石灰採掘工場を襲おうとしていた。

採掘場のタンクを破壊した怪光線は、ミイラのモノと同じだ。
『怪光線を出す目をやっつけるしかない』

アラシはそう言うと、イデに依頼していた新兵器を催促した。ビートルは着陸して、新兵器バリアマシーンを装着したアラシが、ドドンゴの目を狙うために近くまで寄って行く。ドドンゴの怪光線が襲っても、アラシの回りを覆うバリアが怪光線を弾いてしまう。

アラシはスパイダーショットで、右目を潰すことに成功した。だが、アラシの隠れている岩に怪光線が当たり、岩と一緒に吹き飛ばされてアラシは意識を失ってしまった。イデが、アラシのスパイダーを引き継いで左目も潰し、ドドンゴは両目が見えなくなった。

方向感覚を失い、あちらこちらに暴れ回るドドンゴ。背後から攻撃するよう指示を受けたハヤタは、岩陰に隠れてウルトラマンに変身した!

背後から飛び乗り、馬乗りになってドドンゴの尻を叩くウルトラマン。目が見えないドドンゴは、思い切り暴れ回ってウルトラマンを振り落としてしまう。振り落とされた横向きの態勢から、両手を十字にかまえたウルトラマンは、照準をドドンゴに合わせた!

スペシウム光線を浴びたドドンゴは前足を折ってガックリと倒れ、四本の足をばたつかせながら遂に息絶えた。
『ムラマツ君。遂に怪獣も死んでしまったね・・・』

生かしておけば被害が出るばかりなので、退治するしかなかったと、ムラマツキャップは宮本博士に謝った。七千年の生命の秘密を解けなかった無念さが残る宮本博士。

ミイラと怪獣の不思議な関係にも、宮本博士はメスを入れたかったにちがいない。
『こんなことになると、初めからわかっていればね・・・』
発掘などしなかったのだが・・・と、怪獣の屍骸を見ながら、心の中でそう思う宮本博士。 (終わり)


★★★★★★★★★★★★
今回初めて、ウルトラマンがハヤタの姿に戻るシーンが明かされる。飛行しながら両手の先からリングを出して、そのリングが適当な場所でハヤタの姿に変わるわけだ。

nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の3件 | - 初代マン・ドラマ ブログトップ