So-net無料ブログ作成
初代マン・ドラマ ブログトップ
前の2件 | 次の2件

ウルトラマン(3) [初代マン・ドラマ]

《第12話 ミイラの叫び》を取りあげます。

監修;円谷英二
脚本;藤川桂介
音楽;宮内国郎
特殊技術;高野宏一
美術;成田 亨
監督;円谷 一

    【ミイラ人間(満月英世)】
【ドドンゴ(新垣輝雄・清野幸弘)】登場

▼鬼ノ台丘陵の洞窟で発掘されたミイラが、研究員たちの手によって担架で運ばれていく。保存状態が良く、原形をほぼ保ったまま発掘されたミイラ。運ばれていくそれにかぶせた布をめくって顏をみたアラシが一瞬息を呑むほど、ミイラの顏は不気味であった。

調査団に同行している宮本博士によれば、洞窟内の壁画から推定して七千年は経っていると思われるという。許可を得てアラシとハヤタが洞窟内の壁画を見に行くと、それはあまりに巨大なので、何が描かれているのかよく分からなかった。

その夜、ミイラは科学センターの一室に安置されることとなった。七千年の謎を秘めたミイラの顔は、見れば見るほど不気味であった。
『これが七千年も前の人間の姿か・・・』

胸から下をきれいに包帯で巻かれベッドの上に横たわっているミイラを見て、アラシはそうつぶやいた。口は耳まで裂け、耳は先が尖っている。鼻はペシャンコだが、目つきが鋭い。まさかこの夜、このミイラをめぐって奇怪な事件が起ころうなどとは、誰一人予想だにしていなかったのである。

守衛室では、二人の守衛が将棋を指していた。巡回パトロールの時間になったため、A守衛が真っ暗な館内を懐中電灯の灯りを頼りに見回りに出かけた。コツコツと靴音が響く中、2階の奥の部屋で何か音がすることに気付いたA守衛は、急いでその部屋の鍵を開けて中に入ってみた。

すると、中ではバリバリと音を立てて、何かの装置が動いている様子であった。電気装置を使ったまま帰ってしまったのか、主電源レバーがオンのままであった。

『なんだ、仕様がねぇなぁ、まったく!』

A守衛が電源を切ってふと後ろを振り向くと、目の前には甦ったミイラが立っていた。
『あぁ、だ、だれか・・・』

恐怖におののくA守衛の首を、ミイラはものすごい力で絞めあげた。ミイラは部屋を出て、階段のある方向へゆっくりと歩いていく。悲鳴を聞いたB守衛が急いで階段を駈け上がって行くと、階段の踊り場でミイラと鉢合わせしてしまった。

驚きのあまり、階段を後ろ向きのまま滑り落ちたB守衛は、壁の警報器に必死に手を伸ばしてベルを鳴らした。だがそのとき、ミイラの目から怪光線が発射され、B守衛は即死してしまうのだった。死んでいると思われたミイラは超能力を使って電源を入れると、自分の身体に電流を流して甦るために必要な力を蓄えたのだ。

身体が動かせるようになったミイラは、守衛二人を殺害して逃走した。その情報は、すぐに科学特捜隊にもたらされた。

『キャップ!ミイラが姿を消してしまったそうです』
『おいイデ、報告は正確に。この場合はだな、何者かの手によってミイラは盗まれたと、訂正すべきところじゃないのか?』

『それが訂正しなくてもいいんですよ、アラシ君。殺された二人は、明らかにミイラと格闘した形跡を残しているんです。ミイラは何かのショックで息を吹き返し、警備員二人を殺して逃げたということになるんだ・・・』

逃げ出したミイラは、近くの下水処理場に侵入したらしいことが判明。ミイラが通ったと思われる通路にあった鉄の扉が、ものすごい力で破壊されていた。下水処理場に到着した科特隊は、宮本博士に死んだミイラがなぜ生き返ったのか尋ねた。

『結論から言うと、あのミイラは生きていたんだよ』
『博士は、死後少なくとも七千年は経過していると、発表したはずです』(ムラマツ)
『それじゃあ、死にながら生きていたと訂正しようか。一種の冬眠状態にあった訳だ』

下水処理場にミイラを追い詰めたという連絡が、警官隊から科特隊に告げられた。宮本博士は、科特隊の隊員たちに大声で依頼した。

『できるだけミイラを生け捕るように頼む。君達の新兵器で攻撃されたら、ミイラはひとたまりもない。生け捕れば、七千年の生命を保ち続けた謎も解ける』

宮本博士の依頼を実行すべく、科特隊は下水処理場へと向かった。警官隊50名ほどが待機しているところへ合流した科特隊が目にしたのは、暗い下水処理場の奥から両目が異様に光輝いて猛獣のような叫び声をあげるミイラだった。

警棒を持った警官隊が一斉にミイラを捕まえようとするのだが、ものすごい力で弾き飛ばされてしまう。そのうち一人の警官が恐怖のあまり、ミイラに向け発砲した。銃弾は右肩に当たり、右肩を押さえながらミイラは発砲した警官をにらみつけると、その目から怪光線が発射された。

他の数名の警官にも怪光線を浴びせながら、ミイラは空に向かって猛獣のような声で吠えていた。それは見ようによっては、助けを求めているようにも見えた。警官隊に犠牲者が出て、ミイラの生け捕りをあきらめるムラマツキャップ。

キャップの命令で、アラシはスパイダーショットでミイラの腹部を攻撃した。しばらくは持ちこたえていたミイラだが、とうとう力尽きてバタリと倒れてしまった。
『お前を発掘しなければ、まだまだ眠りについていられたのに・・・』

ムラマツキャップは、生け捕りに出来なかったことよりも発掘してしまったことを、ミイラに詫びるかのようにつぶやくのだった。ミイラが拳銃で撃たれ、空に向かって吠え声をだしていた頃、鬼ノ台丘陵の発掘現場では突如地震が発生していた。そのため、発掘調査委員のメンバーたちは緊急避難をした。

洞窟内は岩壁が崩れ落ち、洞窟の壁面に描かれた絵から抜け出たような四つ足の巨大怪獣が出現した。下水処理場でミイラ人間にとどめを刺したムラマツキャップのもとに、本部のフジ隊員から緊急連絡が入った。

『キャップ、大変です。鬼ノ台丘陵のミイラ発掘現場から、今度は怪獣が現れたそうです!』

現場へ向かうビートル機内で、「怪獣はミイラの呼ぶ声で姿を現した」というフジ隊員の説は、あながち間違いではないかもしれない。中国神話に出てくる霊獣、麒麟(きりん)に似た姿の怪獣ドドンゴは、高速道路を破壊して石灰採掘工場を襲おうとしていた。採掘工場のタンクを破壊した怪光線は、ミイラのモノと同じだ。

『怪光線を出す目をやっつけるしかない!』

アラシはそう言うと、イデに依頼していた新兵器を催促した。ビートルは着陸すると、新兵器バリアマシーンを装着したアラシが、ドドンゴの目を狙うために怪獣の近くまで寄って行く。ドドンゴの怪光線がアラシに命中しても、アラシの身体を包むように覆うバリアが怪光線を弾いてしまうのだ。

アラシはスパイダーショットで、ドドンゴの右目を潰すことに成功した。だが、アラシが隠れている岩に怪光線が当たり、岩と一緒に吹き飛ばされたアラシは意識を失ってしまった。それをみたイデが、アラシのスパイダーを引き継いで左目も潰し、ドドンゴは両目が見えなくなった。

方向感覚を失い、あちらこちらに動いて暴れ回るドドンゴ。背後から攻撃するよう指示を受けたハヤタは、岩陰に隠れてウルトラマンに変身した!

背後から飛び乗り、馬乗りになってドドンゴの尻を叩くウルトラマン。目が見えないドドンゴは、思い切り暴れ回ってウルトラマンを振り落としてしまう。振り落とされた横向きの態勢から、両手を十字にかまえたウルトラマンは、照準をドドンゴに合わせた!

スペシウム光線を浴びたドドンゴは前足を折ってガックリと倒れ、四本の足をばたつかせながら遂に息絶えた。その戦いの様子を見ていた宮本博士は、ぽつりとつぶやいた。
『ムラマツ君。遂に怪獣も死んでしまったね・・・』

生かしておけば被害が出るばかりなので退治するしかなかったと、ムラマツキャップは宮本博士に謝るのだった。七千年の生命の秘密を解けなかった無念さが残る宮本博士。ミイラと怪獣の不思議な関係にも、宮本博士はメスを入れたかったにちがいない。

『こんなことになると、初めからわかっていればね・・・』
発掘などしなかったのだがと、怪獣の屍骸を見ながら、心の中でそう思う宮本博士だった。
(終わり)


★★★★★★★★★★★★
今回初めて、ウルトラマンがハヤタの姿に戻るシーンが明かされる。飛行しながら両手の先からリングを出して、そのリングが適当な場所でハヤタの姿に変わるわけだ。

ウルトラマン(4) [初代マン・ドラマ]

《第2話 侵略者を撃て》を取りあげます。

監修;円谷英二
脚本;千束北男
特殊技術;的場 徹
美術;成田 亨
音楽;宮内国郎
監督;飯島敏宏

【宇宙忍者バルタン星人(佐藤武志)】登場


▼イデ隊員の右目の周りに出来た紫色のアザに、フジ隊員はすれ違うたびに笑いをこらえるのに必死だ。このアザの原因がバルタン星人の事件と関係があると言ったら、読者諸氏は笑うかもしれない。でも本当の話なのだ。

気温、湿度とも申し分のない平和な夜は、誰もが楽しい夢を見ながら寝ているものだが、ここに一人だけ、夢を見ることが出来ない不幸な男がいた。科特隊隊員・イデであった。
『12517匹の羊、12518匹の羊、12519匹の羊、・・・』

科特隊本部の仮眠室にある二段ベッドの上段に寝ていたイデは、下段のアラシのイビキがすごくてとても眠れたものではなかった。
『・・・12520匹の羊、12521匹の羊、チクショウ!』

と、そのとき集合ベルが鳴った。アラシは飛び起きると着ていた隊員服を整え、ベルトを着用してから寝ているイデを起こした。
『おいイデ、起きろ!何を寝ぼけてるんだ、集合だ!』

イデはというと、かけ布団を被ったまま、まだ羊の数を数えていたのであった。アラシに言われてすぐに隊員服を整えたイデはブーツを履き、仮眠室と作戦室を繋いでいる鉄棒につかまると、アラシの後から滑り降りて行った。

すでにフジ隊員は集合していた。ムラマツキャップの話では、東京上空に強烈な電波を発する物体が飛来したが、突然消えてしまったという連絡が防衛基地からあったという。定時パトロール中のハヤタ隊員が防衛基地へ急行して、詳しい情報を仕入れていた。

ハヤタからの連絡によれば、電波が止まった場所は科学センターがある御殿山だ。キャップに名を呼ばれ、出動命令だと思ったアラシ隊員は、背筋を伸ばしてキャップの正面に立った。

『アラシ君。君は優秀な科学特捜隊隊員だ・・・』
『ボクも、そう思っております!』

『ただし、足元を見たまえ』
『し、しまったぁ・・・』
『冷静に、常に冷静に。これが我々のモットーだ。よし、行きたまえ』

アラシが履いていたのは戦闘用ブーツではなく、青いスリッパだった。恥ずかしくなり、急いでスリッパを脱いで後ろ手で隠すアラシ。それを見たイデは、エラそうに大笑いするのだった。アラシの大イビキで寝られなかったことへの仕返しを、この大笑いに込めたイデ。

『冷静に、冷静にだよ、うん・・・イヒヒヒヒ』

アラシの肩を叩いてキャップのマネをするイデに、怒ったアラシはイデの左のつま先を思いっきり踏んでやった。イデは左足をかかえて、熱いものでも冷ますかのように「ふーふー」と口で吹いていた。

科特隊専用車で御殿山の科学センターへ急ぐアラシ。運転席の後ろから、ホシノ君の声がした。科特隊のマスコット的存在のホシノ少年が、ちゃっかり乗っていたのだ。アラシは仕方なく、科学センターへ連れていくことにした。

科学センターに着いたアラシは、車内にいてホシノ少年に本部との連絡役を云いつけると、科学センターへ入っていった。少ししてハヤタが到着し、武装した防衛隊員と共に科学センターへ入っていた。

2人一組で廊下を歩いていく防衛隊員は廊下の突き当りでふた手に分かれた。すると、何も無い柱から一匹のバルタンが現れ、それが二匹に分身してそれぞれの防衛隊員に向けて大きなハサミから赤色光線を発射した。

瞬間的に足を上げたまま動かなくなった隊員、もうひとりは振り向いて口をあいてまま動かない。二匹に別れていたバルタン星人は柱の前まで戻ってくると、左右からくっ付く様にして合体し一匹のバルタンになった。

ハヤタは2階の踊り場で、固まったまま動かないアラシを発見した。館内には、他にも動かないままじっとしている人達が十数名いた。アラシを助けようとしたハヤタの隊員服のランプが、警戒音を発して点滅した。何か危険が迫っていることを感知したのだ。

階段を上った先に、不気味な姿のバルタン星人がいた。ハヤタは、腰のスーパーガンを素早く構えて撃った。だが手応えが無い。撃たれたバルタンはスーッと消えてしまった。どうやら、囮(おとり)だったようだ。

背後にバルタンの気配を感じたハヤタは、素早く転がって相手の攻撃をかわし、スーパーガンを撃った。

『フォフォフォフォ・・・』

笑い声のような響きを残して、バルタン星人は消えた。ハヤタは一旦科学センターから退却する判断をすると、外で待つホシノ少年にそう連絡した。

防衛会議が招集され、防衛官僚たちとムラマツ隊長が参加していた。宇宙人らしきモノの正体、および彼等への攻撃方法が論議のマトになったが、宇宙船の所在がつかめないのでは攻撃のしようも無く、結論はでなかった。

『ムラマツ君。科特隊として、何か策はあるのかね?』
『今のところはありません。が・・・』

『考えていることがあるのなら、いいたまえ』
『彼等と話し合ってみたらどうかと、考えています』

それを聞いた防衛官僚たちは、バカにしたようにムラマツ隊長を笑った。宇宙船の位置さえ判明すれば、直ちに核ミサイル・ハゲタカを撃ち込むという官僚に、ムラマツ隊長は訊ねた。

『ハゲタカで破壊できるという確信がおありですか?もし最新兵器のハゲタカが通用しなかったら、その時はどうするつもりですか?』

未知の相手に対して、何の根拠もなくハゲタカは大丈夫だ(効果がある)と言う官僚もいた。できるだけ交戦を避けたいムラマツ隊長は、まず相手の欲しいモノを知り、それが与えられるものであれば与えて、帰ってもらうという意見を述べた。

会議は夕刻まで続いたが、決定打は出なかったため、ムラマツ隊長の意見が採用されることになった。バルタン星人と会話をする役目は、イデに任された。イデ隊員は宇宙語のエキスパート(専門家)でもあるのだ。

だが、本当の宇宙人と話したことが無いイデは、科学センターに着くとガチガチに緊張してしまう。もしもの時に使う攻撃兵器スパイダーを持たされたイデは、ハヤタと一緒に科学センターのドアを開けようとしていた。

『あのー、スパイダーのエネルギーは大丈夫でしょうね?』
『大丈夫。満タンに入れてある!』

安心したイデはドアを開けようとして、また立ち止まった。
『あのー、最初に出てくるのは囮で、二人目が本物だからそれを相手にする。そうでしたね?』
『そう!』

入口ドアとハヤタの間を3往復して、中に入ることを躊躇するイデ。ハヤタはイデの気持ちを察して、2階の踊り場まで一緒に付いて行くことにした。ハヤタと別れ、とうとう一人になったイデは、震える足で階段をゆっくり上がりながら、凍ったように動かない人達を横目で見ながら通り過ぎると、宇宙語で話かけてみた。

『キ、キエテ・ホシ・キレキレテ』

イデの宇宙語に応えるように、ひとりのバルタン星人が現れた。だが、一人目が囮で二人目と話をしようとしたイデは、振り返った時に現れた二人目のバルタンが分身してたくさんいることに驚愕してしまう。イデの頭の中はパニックになり、テンパってしまっていた。

すると、イデの背中を、大きなハサミで押して進むように促すバルタン。二人は屋上へ出ると、バルタンがスーッと消えていなくなってしまった。カツカツと、向こうから誰かが歩いて来る音が聞こえてくる。見るとそれはアラシ隊員で、イデの前で立ち止まった。

『君ノ 宇宙語ハ ワカリニクイ ダカラ我々ハ コノ男ノ脳髄ヲ借リテ 君タチノ言葉ヲ 使ウ・・・』

それはアラシの姿をしてはいるが、中身はバルタン星人であった。イデが混乱しているところにハヤタが現れ、バルタンと会話を始めた。それによると、発狂したバルタン星の科学者がおこした核実験でバルタン星は爆発し、宇宙旅行をしていた20億程のバルタン星人は棲みかを無くした。

自分達が棲める星を探して宇宙を彷徨っているうちに、地球の近くまでやって来たというのである。そこで宇宙船の重力バランスが崩れ、その修理をするために地球に立ち寄ったというのだ。彼等にとって地球は生存に適していることが判り、棲みかに決めたとハヤタに言うバルタン星人。

それを聞き、地球の風俗・習慣に馴染み、人間と上手くやっていけるならば、それも不可能ではないと前向きな発言をするハヤタ。ここでハヤタが火星を勧めると、火星にはバルタンの嫌いな物質があり、それが何かは言えないと言うと、アラシはその場にバッタリと倒れてしまうのだった。

『我々は、地球をもらう・・・』

そう言い残してアラシの身体から抜け出たバルタン星人は、巨大化してハヤタとイデの前に出現した。ハヤタは、その巨大なハサミで弾き飛ばされてしまう。万一の為に準備された核ミサイル・ハゲタカが防衛基地から発射され、二発三発とバルタンに命中した。一度は倒れたバルタンだが、昆虫が脱皮するように抜け殻を残して新しいバルタンに生まれ変わると、攻撃を開始した。

一方、ハヤタは弾き飛ばされたはずみで、ベーターカプセルをビルの下の階の軒(のき)に落としてしまう。必死に手を伸ばしても、ベーターカプセルまで手が届かない。ウルトラマンに変身するためには、ハヤタは屋上から飛び降りてベーターカプセルをつかむ方法を選んだ。

『ダァーッ!』

意を決し大声を出して飛び降りたハヤタは、落下しながらベーターカプセルをつかむとスイッチを押した。巨大なウルトラマンが姿を現して、空へと飛び上がって行く。夜空を飛行しながらミサイル攻撃してくるバルタンを空中で捕まえると、左手のハサミを折ってしまう。

ウルトラマンは地上へ着地すると、両手を十字に組んで白熱光線を発射。スペシウムが嫌いなバルタンは、燃えて落下していくのであった。そして、見えないバルタン円盤を見つけたウルトラマンは、それを遠く宇宙の彼方で爆発させてしまう。22億のバルタンの最期であった。

事件は終わり、イデは物凄いイビキをかいてベッドで爆睡していた。今度は、そのイビキで眠れないのがアラシ。羊の数を15803匹まで数えていた。すると、寝がえりを打ったときに、ベッドから床に転落して顔を強打したイデ。枕がそのあとから落ちてきて、頭を直撃する。

『アイタタタタタ・・・』
顔を見せると、右目の周りには紫色のアザができていた。
『・・・と言うわけ。ネ!(笑)』 (終わり)


★★★★★★★★★★★★
今年はウルトラマン生誕50年。ウルトラ怪獣の中でも、人気ナンバーワンなのがバルタン星人。いわゆる、最初に撮られたウルトラマンのドラマである。放映は第二話。いつまでも衰えない人気はウルトラマンだけじゃなく、バルタン星人もだ。でも先日のテレビ特番では、ゴモラの人気に負けたっけ。

前の2件 | 次の2件 初代マン・ドラマ ブログトップ