So-net無料ブログ作成
ライダー1号/ゲルショッカー編 ブログトップ
前の4件 | -

仮面ライダー(ゲルショッカー編)ドラマ1 [ライダー1号/ゲルショッカー編]

 仮面ライダー本郷猛は改造人間である
 彼を改造したショッカーは
 世界征服を企む悪の秘密結社である
 仮面ライダーは人間の自由のために
 ショッカーと戦うのだ!

★★★★★★★★★★★★
《第80話 ゲルショッカー出現!仮面ライダー最後の日!!》
原作;石ノ森章太郎
脚本;伊上 勝
企画;平山 亨 阿部征司
音楽;菊池俊輔
技斗;岡田 勝
監督;山田 稔

[前回までの話は・・・
ショッカーの大幹部“地獄大使”の正体、怪人ガラガランダを仮面ライダーに倒されたショッカー首領は、ショッカーに替わる新組織を編成することを告げて消えていった・・・]


◆山へキャンプに来ている仲良し女性4人組が、食事の準備を進めていた。飯盒(はんごう)を焚くために近くの川まで水を汲みに行った二人の前に、川の中から突然ショッカーの戦闘員が現れて助けを求めた。
『た、たすけてくれ・・・東京の仮面ライダー本部へ・・・連れてってくれ!』

驚いた二人は、キャンプを中止しようと急いでキャンプ場へ戻るが、そこで倒れている友人二人を見つける。抱き起した一人が指さす先には、大木にくくりつけられているたくさんのショッカー戦闘員の処刑された姿があった。

悲鳴を聞いて、その現場へ駆けつけた少年仮面ライダー隊員は、その様子を見て、首から下げているペンダントで本部へ緊急連絡をした。

トラックの幌の中に、本郷と滝が乗っている。連絡を受けて、処刑された戦闘員達を引き取りに来たのだった。二人は処刑された戦闘員達の数の多さに驚くと同時に、気になることを思いだす。

『裏切り者の処刑にしては、数が多すぎる』
『ショッカーは地上から消えて新しい組織を編成すると、首領が言っていた・・・』
『すると、新しい組織にとって、旧ショッカーの戦闘員はいらなくなった・・・』

かつての仲間を平気で殺してしまう新組織は恐ろしい連中だと、滝が本郷に話す。トラックに乗せた死体を調べて、新組織の手がかりをつかもうとする本郷と滝。トラックは本部へ向かって走行していた。運転手は、途中で工事中の道路を迂回していくが、そこも行き止まりになっている。

急に止まったトラックに、本郷が運転手に問いかけると、後ろからダンプカーがバックしたまま突っ込んできた。
『ギー!(掛け声)』
『なんだ、こいつら!』

ダンプの背に、見かけない姿の戦闘員が3人乗っている。さらに隠れていた3人が襲いかかってきた。ガニコウモルと名乗る怪人が出現して、本郷と滝に襲いかかってきた。姿はコウモリ怪人だが、全身を固いカニの甲羅で覆われた新・改造人間だ。

本郷が考えていた通り、新組織が活動を開始していたのだ。
『ショッカーの前組織は再編成された。そして密かにアフリカ砂漠で猛訓練をした秘密団体ゲルダムが、ショッカーのパワーアップに加わった!その名は、ゲルショッカー!』

猛訓練を受けたゲルショッカー戦闘員の戦闘能力は高い。手がかりとなる戦闘員の死体を運ぶため、滝はトラックを走らせたが、ゲルショッカーに爆弾を仕掛けられてしまう。ライダーに変身した本郷は、ガニコウモルと戦っている中で、そのことを知らされる。

本郷の声はライダー隊本部にモニターされ、それを聞いていたユリは滝に爆弾のことをすぐに知らせたため、滝はトラックから脱出して無事だった。だが積み荷は灰となり、手がかりは無くなってしまった。

戦闘の最中に、立花のおやっさんがこっそり死体を1体運び出していたことが、後で判る。だが、運び込んだ城南大学病院にガニコウモルが現れて、その死体を処分してしまう。本郷達はこうなることは予測していて、ゲルショッカーの本部を探るために、逃げる車のあとを滝に追跡させた。

ところが、途中で霧に阻まれて車を見失ってしまう滝。ゲルショッカーの4人の精鋭バイク部隊が現れ滝を襲うが、ライダーが現れて一人の戦闘員を捕獲する。
『日本のゲルショッカーの結成式は、明朝、猿島で行われる。式場にはブラック将軍も到着する』

捕虜からこの情報を聞きだしたあと、捕虜は爆死してしまう。戦闘員達は、捕虜になった時の口封じのために、3時間毎に薬を飲まないと爆死してしまうように改造されていた。

船で猿島に渡った本郷と滝。ゴーストタウンの様相の猿島の町。ある建物中に入ってみると、台の上に立花藤兵衛が横たわっているではないか!ゲルショッカーに囲まれて手出しができない本郷と滝は、手錠をかけられ捕まってしまう。

だが、台の上の立花藤兵衛は、いつの間にか黒い軍服に黄色い肩章の軍人に変わっていた・・・。
『ゲルショッカー日本支部編成のために、はるばるアフリカ砂漠からやって来た、ブラック将軍と覚えておけ!』

本郷と滝は、高熱蒸気が噴射する部屋に閉じ込められてしまう。その頃、見晴らし台にゲルショッカーの旗を掲げて、ブラック将軍とガニコウモルが日本支部結成式を始めていた。
『ゲルショッカーは、必ず地球を支配する。その目的のためには・・・』
『しかし、仮面ライダーがいる限り、ゲルダムが新しく出ても、ショッカー同様の運命をたどる!』

ボイラー室のパイプを破壊して脱出した仮面ライダーと滝が、結成式の邪魔をする。滝はブラック将軍を追い、ライダーはガニコウモルと対戦する。回し蹴りでよろけたガニコウモルを両手でつかんだライダーは、一緒に上空に飛ぶと「ライダーキリモミシュート」の技をかける。

回転しながら落ちていくガニコウモル。だが、反転して立て直す怪人を見て、ライダーはジャンプしてガニコウモルに体当たりを食らわせると、爆発して二人とも海に落ちていくのだった。はたして、ライダーは生きているのか? (つづく)


★★★★★★★★★★★★
20数年ぶりに観た『仮面ライダー新1号編』。今回から、ショッカーに代わる新組織、ゲルショッカー偏を書くことにしました。政界再編なんて言われて久しいが、悪の組織も再編して強くなったわけで、滝が『名前を変えたって、強くなるわけじゃないぞ!』みたいなこと言っているのには、少し笑えた。
それから、今では中堅女優としてご活躍の中田喜子氏と、元女子プロレスラーのミミ萩原氏(だと思うけど)が、少年ライダー隊本部の3人娘として出演されている。当時は気にも留めなかったけど、カワイイね!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

仮面ライダー(ゲルショッカー編)ドラマ2 [ライダー1号/ゲルショッカー編]

 仮面ライダー本郷猛は改造人間である
 彼を改造したショッカーは
 世界征服を企む悪の秘密結社である
 仮面ライダーは人間の自由のために
 ショッカーと戦うのだ!

★★★★★★★★★★★★
《第81話 仮面ライダーは二度死ぬ!!》
原作;石ノ森章太郎
脚本;伊上 勝
企画;平山 亨 阿部征司
音楽;菊池俊輔
技斗;岡田 勝
監督;山田 稔

[前回までの話は・・・
旧ショッカーの組織を再編成し、アフリカのゲルダム団の力を加えて誕生した新組織ゲルショッカー。大幹部ブラック将軍の指揮の下、新怪人ガニコウモルと対戦したライダーは、空中高くで相打ちとなり炎に包まれて海へ落ちて行った・・・]


◆猿島でライダーとガニコウモルの相打ちを目撃した滝は、立花会長と共に少年ライダー隊本部のユリやユッコ達仲間を必死に勇気づける。だが、ゲルショッカーのブラック将軍は小型の葬儀用花輪をライダー隊本部に届ける。それは時限爆弾であり、滝が気付いてすぐに捨てて事なきを得たライダー隊本部。

ゲルショッカー首領は、旧ショッカーの残党を生かしておくことはしない。ショッカーの秘密を知る者を生かしておくわけがないのだ。

地下牢に閉じ込めておいた白衣に白マスクの旧ショッカー科学者達6人に対し、ブラック将軍は全員釈放すると言って、新怪人サソリトカゲスの酸欠ガスの実験台にしてしまおうとする。だが、一人だけこの話に疑問を持つ男がいた。

何かの役に立てばと、男はガスマスクを隠し持っていく。バスに乗せられた科学者たちは、運転手に化けていた怪人サソリトカゲスの口から出す酸欠ガスによって処刑されてしまう。ひとりガスマスクを付けて難を逃れた峰慎太郎は、橋の下に隠れて脱出に成功する。

だが、サソリトカゲスは峰の妻を人質に取って、峰が現れるのを待っていた。廊下を歩く靴音がして、サソリトカゲスと妻の前に、顔中包帯を巻いた男が現れた。
『あなた、逃げて!』

妻の叫ぶ声に包帯を取って現れたのは、なんと本郷猛だった。ガニコウモルとの対戦で傷ついた本郷を救ったのは、峰博士だったのだ。本郷は峰を安全な場所へかくまうと、峰の妻を助けて、サソリトカゲスと対戦する。

身体の左半分が赤いサソリ、右半分が青いトカゲのサソリトカゲス。
『ソーリー、ソーリー』

だが、本郷の身体はまだ完全に回復していないため、サソリトカゲスとの戦いに身体が耐えられない。勝負を一旦預けて、サイクロン号でその場を去るライダーと峰の妻。

峰とその妻が少年ライダー隊本部に現れて、ライダーが生きていることを教えられ、滝や仲間たちは大喜びする。そのことを立花藤兵衛に知らせようと滝が持った無線のマイクから、ブラック将軍の声が響く。仮面ライダーの再改造と引き替えに、酸欠ガスによる東京都民一千万人殺害計画は中止するという。

ガスの話など信じない滝だったが、ショッカーが開発していた酸欠ガスの威力を、そこにいる峰博士に訊ねて確認する。仮面ライダーのトレーニング場へライダーを連れてくるよう、ブラック将軍の指示を受ける滝。

その頃立花藤兵衛は、ライダーのトレーニング場で本郷の弔いをしていた。
『猛、本当に死んじまったのか・・・。俺はもう、何を心の支えに悪と戦えばいいのか・・・』

立花藤兵衛が“悲しむふり”をしていると思い込んだサソリトカゲスは、本郷が生きていることを我々は知っているぞ、と立花藤兵衛に話す。

立花藤兵衛は本郷が不利にならぬよう、崖から飛び降りて死を選ぼうとする。
『本郷が生きているとわかった今、道具にされてたまるか!俺はいつ死んだって惜しい命じゃない!』

だが、立花藤兵衛を人質にする目的で現れたサソリトカゲスは、そうはさせない。
『ソーリー、簡単に死なれてたまるか』
怪人に殴られて、気絶させられてしまう立花藤兵衛。

滝がバイクで現れてサソリトカゲスの気を引いているところへ、サイクロン号でジャンプして現れたライダーは、立花藤兵衛を奪還すると、滝と合流して立花藤兵衛を引き渡した。サソリトカゲスの酸欠ガスを阻止するため、戦うライダー。だが敵も強い。

そこに峰夫妻が現れて、サソリトカゲスの弱点が背中であることをライダーに教える。トレーニング場は周囲が崖である。ライダーは高くジャンプすると、サソリトカゲスを飛び越えて向こう側の崖をキックして反転し、“ライダー反転キック”を怪人の背中に浴びせた。

よろけて大爆発するサソリトカゲス。酸欠ガスによる東京都民虐殺作戦は、ライダーに阻止されたのだった。(おわり)


★★★★★★★★★★★★
今回のゲストは、佐々木功氏。旧ショッカー科学者の残党・峰博士を演じた。さすがに若いねぇ。怪奇大作戦の双子の役で悪役をやったが、そのイメージがそのままあるので、なんか悪役に見えてしまう・・・。今回は善玉だね。怪人の鳴き声は、ディレクターがアフレコ時に決めると2号ライダー役の佐々木剛氏が話していたが、「ソーリーソーリー」と謝っているような鳴き声が、面白いね。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

仮面ライダー(ゲルショッカー編)ドラマ3 [ライダー1号/ゲルショッカー編]

 台地を蹴って ライダージャンプ!
 空中回転 大風車
 稲妻を呼ぶ ライダーキック!
 敵を倒した ライダーチョップ!
 ウォーウォーライダー 仮面ライダー

★★★★★★★★★★★★
《第89話 恐怖のペット作戦 ライダーを地獄へおとせ!》
原作;石ノ森章太郎
脚本;石森史郎
企画;平山 亨 阿部征司
音楽;菊池俊輔
技斗;岡田 勝
監督;山田 稔

◆天気の良い日、男女4人の青年たちが多摩川の川辺で散策をしていると、カナリアの声がしている。一人が黄色いカナリアを捕まえてみると、鳴き声が少し変わっている。

やがてその鳴き声は、青年たちの頭脳を狂わせる音へと変わる。頭を抱えてバタバタと倒れる青年たち。数時間後、青年たちは首を毒牙に噛まれた死体で発見される。

少年ライダー隊本部の窓ぎわにも、黄色いカナリアが止まっている。滝隊長がそれを捕まえたので、立花会長が鳥かごを持ってきて飼うことになった。ユリ、ヨッコ、チョコの女性スタッフも喜んでいたが、このカナリア、少し変わった鳴き声で鳴く。

やがて頭を抱えてバタバタと倒れるライダー隊スタッフたち。滝隊長が頭を抱えながら救急車を呼ぼうと電話をかけようとした時、鳥かごが爆発して怪人カナリコブラが出現した。
『(怪人の鳴き声)ビュラビュラ~!カナリコブラの威力を思い知ったか!』

殺人音波で人の頭脳を狂わせる怪人カナリコブラ。本郷猛が本部に帰って来て、カナリコブラと戦う。滝も応戦して怪人に向かっていく。狭い本部から、外へと逃げだす二人。
『ライダー変身!』

本郷はライダーに変身してカナリコブラと、滝はゲルショッカー戦闘員達を相手に戦う。カナリコブラのもうひとつの武器は、右手のコブラハンドだ。猛毒のあるキバで噛みつかれたら、人間などひとたまりもない。

カナリコブラは、右手のコブラハンドを長く伸ばして、ライダーの首に巻き締め付けてきたが、反対方向に回転して巻き付いたコブラハンドを解いたライダーは、ヒザ蹴りでコブラハンドを破壊してしまう。カナリコブラは右手を破壊されたが、本郷もまた、左足を負傷してしまった。

ライダー隊本部のスタッフ達は、殺人音波による負傷もなく全員無事だった。立花会長は、恐ろしい殺人超音波のことをマスコミで告知して、危険を知らせようと提案した。だがライダー隊員太郎君の家に、怪しいカナリアがいたことを伝書鳩で知らせてきた。

急いで太郎君の家へ向かう本郷猛。途中で太郎君と母親を連れているカナリコブラに出会った本郷は、二人を助けると、あとから来た滝に預けた。本郷はライダーに変身してカナリコブラに対峙する。だが奴の右手は鋼鉄のコブラハンドに改造されていた。

しかも、パワーアップされたカナリコブラに突然助っ人が出現、ネズミの頭で脇の下にコンドルの羽根を持った新怪人ネズコンドルだ。ダブル怪人対ライダーでは、がぜん不利だ。鋼鉄の右手に改造されたカナリコブラは、一人でライダーを倒すと息巻いていたので、ネズコンドルは高みの見物をしている。

鋼鉄のコブラハンドがライダーの右手にかみつき、危うしライダー。そこに滝和也が後ろからキックを浴びせて、窮地を脱するライダー。ライダーパンチを浴びせたあと、ライダー月面キックがヒットして、カナリコブラは大爆発して死んだ。

一方、滝はネズコンドルと戦っていたが、飛行機投げを食らって空中高く投げ飛ばされてしまう。危うし滝和也! (つづく)

[次回予告・・・
コンドルと合体しネズコンドルに生まれ変わった小さなハツカネズミよ。お前の持つペスト菌と鋭いカミソリのようなツバサで、仮面ライダーを倒すのだ。諸君、恐怖のペット作戦第二弾、ライダーSOSでまた会おう!(首領の声でナレーション)]


★★★★★★★★★★★★
今回からOPが「ライダーアクション」に、EDは「ロンリー仮面ライダー」替わっている。歌手は同じだが、歌手名が藤 浩一から子門真人に変わっている。聞きなれた主題歌「レッツゴーライダーキック」は、怪人対ライダーの対決シーンで、歌入りが流れていた。
脚本の「石森史郎」は史郎と書いて「ふみお」と読む。石ノ森章太郎のペンネームかと思っていたが、まったくの別人。北海道出身。特撮関係では仮面ライダーの他に、ウルトラマンAやザ・カゲスターの脚本も執筆している。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

仮面ライダー(ゲルショッカー編)ドラマ4 [ライダー1号/ゲルショッカー編]

 台地を蹴って ライダージャンプ!
 空中回転 大風車
 稲妻を呼ぶ ライダーキック!
 敵を倒した ライダーチョップ!
 ウォーウォーライダー 仮面ライダー

★★★★★★★★★★★★
《第90話 恐怖のペット作戦 ライダーS・O・S!》
原作;石ノ森章太郎
脚本;石森史郎
企画;平山 亨 阿部征司
音楽;菊池俊輔
技斗;岡田 勝
監督;山田 稔

[前回までの話は・・・
ゲルショッカー“恐怖のペット作戦”は、怪人カナリコブラの殺人音波が人間の頭脳を狂わせる恐ろしい作戦だったが、ライダーとFBIの滝和也の協力で倒すことができた。だが引き続き新怪人ネズコンドルを送りこんで、ペット作戦は続いていた]

◆カナリコブラは倒したが、もう一人の怪人ネズコンドルに空中高く飛ばされた滝を、ジャンプして抱え助けたライダー。ネズコンドルの武器は腕に付いている鋭利な刃だが、この怪人のもっとも恐ろしいのは、身体に仕込んだペスト菌であった。

あるマンションの一室に忍び込んだネズコンドルは、一人の主婦の首にかみつきペスト菌を注入した。みるみるうち、その主婦の口にはキバが生え、顔中に紫色の斑点ができ、すぐ次の人間を襲うようになる。学校から帰ってきた息子に噛みつき、息子は会社から帰ってきた父親に噛みつく。

どんどんペスト菌は広がっていく。しかも救急車で搬送する途中で救急隊に噛みつき、救急隊が他の救急隊を噛む。連鎖してどんどん犠牲者は増えていった。ゲルショッカーは少年ライダー隊本部に、その毒牙を向ける。

少年ライダー隊員で本部に出入りするナオキは、公園で若い男からかわいいハツカネズミ1匹をもらった。その男が人間に化けているゲルショッカー戦闘員であり、ハツカネズミはネズコンドルであるとは、ナオキは全然気が付かない。

少年ライダー隊本部へ潜入することに成功したネズコンドルは、深夜寝ている立花藤兵衛を襲った。本郷と滝は、ペストの流行とネズコンドルとを結び付け、ペストの流行はゲルショッカーの仕業ではないかと疑う。

昼間本部で見たハツカネズミが気になる本郷は、滝とライダー隊本部へ戻ってみると、案の定、ネズコンドルに襲われている立花会長を見つけ、救出する。

首領はブラック将軍に、立花藤兵衛襲撃の失敗をなじるが、改造ネズコンドルがもっと強力な細菌をばらまいて東京を死の町にすることを、ブラック将軍は誓う。

改造ネズコンドルの姿は、ネズミの口の部分がコンドルのくちばしに替わっていて、そのくちばしでつつかれた者は、ペストに似た細菌に侵された上に視力を失うという。それは、まだワクチンの無い病気であった。

工事現場で怪人に襲われたという話を聞いて、病院に入院している犠牲者の男性の様子を見に来た立花のおやっさんと本郷。城南大学の生化学研究所研究員でもある本郷は、犠牲者の病気を治す新しいワクチンの開発を、立花藤兵衛と協力して急いでいた。

ワクチン作りの手がかりをつかんだ本郷は、後をおやっさんに任せて、怪人が出現した現場へ滝といっしょに向かう。だが、戦いの最中に改造ネズコンドルにくちばしで左目をつつかれ、視力が無くなってきた本郷は、滝と一緒にバイクで逃げる。

目を患い絶対安静の本郷だったが、滝が捕虜にされたことをゲルショッカーから告知され、浄水場へ一人で来るように誘いだされる。
『本郷、なぜ来たんだ!バカ野郎!』

改造ネズコンドルは捕虜の滝を連れて本郷の前に現れたが、ほとんど視力がなくなっている本郷。仮面ライダーに変身し、まず滝を助けることに成功する。

改造ネズコンドルは腕に付いた鋭利な刃を振り回してライダーを切り刻もうとするが、するどい勘と運動神経で敵の攻撃をかいくぐり、ライダー月面キックが炸裂して、ネズコンドルは倒れた。
『ライダー、ネズコンドルは倒れたぞ!』

だが、本郷に戻って両目を大きく見開いてみるが、何も見えない。滝の顔が見えない。
『みえん・・・、何もみえん』

その時、立花のおやっさんが完成したワクチンを持って現れた。立花のおやっさんは、ワクチンのボトルを本郷の両手に持たせた。
『これで、お前の目も治るぞ!』

こうして本郷猛の目は全快し、初冬の山路をひとりバイクを飛ばす本郷であった。 (おわり)

[次回予告・・・ムカデタイガーよ、わがゲルショッカーは少年仮面ライダー隊に対抗して少年ゲルショッカー隊を結成し、全国各地に配置するのだ。この計画に歯向かう奴は、すべて焼き殺せ!そして仮面ライダーに一泡吹かせてやるのだ!行けムカデタイガー!(首領の声でナレーション)]


★★★★★★★★★★★★
今までぜんぜん気が付かなかったのが、敵の名称がゲルショッカーに変わっても、番組冒頭のナレーションや、納谷悟朗氏の担当する首領は、「ショッカー」となっている。つまり、
冒頭のナレーション;『彼を改造したショッカーは・・・』
ショッカー首領の声;納谷悟朗
となっている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の4件 | - ライダー1号/ゲルショッカー編 ブログトップ