So-net無料ブログ作成
ライダー1号/ゲルショッカー編 ブログトップ
前の2件 | 次の2件

仮面ライダー(ゲルショッカー編)ドラマ3 [ライダー1号/ゲルショッカー編]

 台地を蹴って ライダージャンプ!
 空中回転 大風車
 稲妻を呼ぶ ライダーキック!
 敵を倒した ライダーチョップ!
 ウォーウォーライダー 仮面ライダー

★★★★★★★★★★★★
《第89話 恐怖のペット作戦 ライダーを地獄へおとせ!》
原作;石ノ森章太郎
脚本;石森史郎
企画;平山 亨 阿部征司
音楽;菊池俊輔
技斗;岡田 勝
監督;山田 稔

◆天気の良い日、男女4人の青年たちが多摩川の川辺で散策をしていると、カナリアの声がしている。一人が黄色いカナリアを捕まえてみると、鳴き声が少し変わっている。

やがてその鳴き声は、青年たちの頭脳を狂わせる音へと変わる。頭を抱えてバタバタと倒れる青年たち。数時間後、青年たちは首を毒牙に噛まれた死体で発見される。

少年ライダー隊本部の窓ぎわにも、黄色いカナリアが止まっている。滝隊長がそれを捕まえたので、立花会長が鳥かごを持ってきて飼うことになった。ユリ、ヨッコ、チョコの女性スタッフも喜んでいたが、このカナリア、少し変わった鳴き声で鳴く。

やがて頭を抱えてバタバタと倒れるライダー隊スタッフたち。滝隊長が頭を抱えながら救急車を呼ぼうと電話をかけようとした時、鳥かごが爆発して怪人カナリコブラが出現した。
『(怪人の鳴き声)ビュラビュラ~!カナリコブラの威力を思い知ったか!』

殺人音波で人の頭脳を狂わせる怪人カナリコブラ。本郷猛が本部に帰って来て、カナリコブラと戦う。滝も応戦して怪人に向かっていく。狭い本部から、外へと逃げだす二人。
『ライダー変身!』

本郷はライダーに変身してカナリコブラと、滝はゲルショッカー戦闘員達を相手に戦う。カナリコブラのもうひとつの武器は、右手のコブラハンドだ。猛毒のあるキバで噛みつかれたら、人間などひとたまりもない。

カナリコブラは、右手のコブラハンドを長く伸ばして、ライダーの首に巻き締め付けてきたが、反対方向に回転して巻き付いたコブラハンドを解いたライダーは、ヒザ蹴りでコブラハンドを破壊してしまう。カナリコブラは右手を破壊されたが、本郷もまた、左足を負傷してしまった。

ライダー隊本部のスタッフ達は、殺人音波による負傷もなく全員無事だった。立花会長は、恐ろしい殺人超音波のことをマスコミで告知して、危険を知らせようと提案した。だがライダー隊員太郎君の家に、怪しいカナリアがいたことを伝書鳩で知らせてきた。

急いで太郎君の家へ向かう本郷猛。途中で太郎君と母親を連れているカナリコブラに出会った本郷は、二人を助けると、あとから来た滝に預けた。本郷はライダーに変身してカナリコブラに対峙する。だが奴の右手は鋼鉄のコブラハンドに改造されていた。

しかも、パワーアップされたカナリコブラに突然助っ人が出現、ネズミの頭で脇の下にコンドルの羽根を持った新怪人ネズコンドルだ。ダブル怪人対ライダーでは、がぜん不利だ。鋼鉄の右手に改造されたカナリコブラは、一人でライダーを倒すと息巻いていたので、ネズコンドルは高みの見物をしている。

鋼鉄のコブラハンドがライダーの右手にかみつき、危うしライダー。そこに滝和也が後ろからキックを浴びせて、窮地を脱するライダー。ライダーパンチを浴びせたあと、ライダー月面キックがヒットして、カナリコブラは大爆発して死んだ。

一方、滝はネズコンドルと戦っていたが、飛行機投げを食らって空中高く投げ飛ばされてしまう。危うし滝和也! (つづく)

[次回予告・・・
コンドルと合体しネズコンドルに生まれ変わった小さなハツカネズミよ。お前の持つペスト菌と鋭いカミソリのようなツバサで、仮面ライダーを倒すのだ。諸君、恐怖のペット作戦第二弾、ライダーSOSでまた会おう!(首領の声でナレーション)]


★★★★★★★★★★★★
今回からOPが「ライダーアクション」に、EDは「ロンリー仮面ライダー」替わっている。歌手は同じだが、歌手名が藤 浩一から子門真人に変わっている。聞きなれた主題歌「レッツゴーライダーキック」は、怪人対ライダーの対決シーンで、歌入りが流れていた。
脚本の「石森史郎」は史郎と書いて「ふみお」と読む。石ノ森章太郎のペンネームかと思っていたが、まったくの別人。北海道出身。特撮関係では仮面ライダーの他に、ウルトラマンAやザ・カゲスターの脚本も執筆している。

仮面ライダー(ゲルショッカー編)ドラマ4 [ライダー1号/ゲルショッカー編]

 台地を蹴って ライダージャンプ!
 空中回転 大風車
 稲妻を呼ぶ ライダーキック!
 敵を倒した ライダーチョップ!
 ウォーウォーライダー 仮面ライダー

★★★★★★★★★★★★
《第90話 恐怖のペット作戦 ライダーS・O・S!》
原作;石ノ森章太郎
脚本;石森史郎
企画;平山 亨 阿部征司
音楽;菊池俊輔
技斗;岡田 勝
監督;山田 稔

[前回までの話は・・・
ゲルショッカー“恐怖のペット作戦”は、怪人カナリコブラの殺人音波が人間の頭脳を狂わせる恐ろしい作戦だったが、ライダーとFBIの滝和也の協力で倒すことができた。だが引き続き新怪人ネズコンドルを送りこんで、ペット作戦は続いていた]

◆カナリコブラは倒したが、もう一人の怪人ネズコンドルに空中高く飛ばされた滝を、ジャンプして抱え助けたライダー。ネズコンドルの武器は腕に付いている鋭利な刃だが、この怪人のもっとも恐ろしいのは、身体に仕込んだペスト菌であった。

あるマンションの一室に忍び込んだネズコンドルは、一人の主婦の首にかみつきペスト菌を注入した。みるみるうち、その主婦の口にはキバが生え、顔中に紫色の斑点ができ、すぐ次の人間を襲うようになる。学校から帰ってきた息子に噛みつき、息子は会社から帰ってきた父親に噛みつく。

どんどんペスト菌は広がっていく。しかも救急車で搬送する途中で救急隊に噛みつき、救急隊が他の救急隊を噛む。連鎖してどんどん犠牲者は増えていった。ゲルショッカーは少年ライダー隊本部に、その毒牙を向ける。

少年ライダー隊員で本部に出入りするナオキは、公園で若い男からかわいいハツカネズミ1匹をもらった。その男が人間に化けているゲルショッカー戦闘員であり、ハツカネズミはネズコンドルであるとは、ナオキは全然気が付かない。

少年ライダー隊本部へ潜入することに成功したネズコンドルは、深夜寝ている立花藤兵衛を襲った。本郷と滝は、ペストの流行とネズコンドルとを結び付け、ペストの流行はゲルショッカーの仕業ではないかと疑う。

昼間本部で見たハツカネズミが気になる本郷は、滝とライダー隊本部へ戻ってみると、案の定、ネズコンドルに襲われている立花会長を見つけ、救出する。

首領はブラック将軍に、立花藤兵衛襲撃の失敗をなじるが、改造ネズコンドルがもっと強力な細菌をばらまいて東京を死の町にすることを、ブラック将軍は誓う。

改造ネズコンドルの姿は、ネズミの口の部分がコンドルのくちばしに替わっていて、そのくちばしでつつかれた者は、ペストに似た細菌に侵された上に視力を失うという。それは、まだワクチンの無い病気であった。

工事現場で怪人に襲われたという話を聞いて、病院に入院している犠牲者の男性の様子を見に来た立花のおやっさんと本郷。城南大学の生化学研究所研究員でもある本郷は、犠牲者の病気を治す新しいワクチンの開発を、立花藤兵衛と協力して急いでいた。

ワクチン作りの手がかりをつかんだ本郷は、後をおやっさんに任せて、怪人が出現した現場へ滝といっしょに向かう。だが、戦いの最中に改造ネズコンドルにくちばしで左目をつつかれ、視力が無くなってきた本郷は、滝と一緒にバイクで逃げる。

目を患い絶対安静の本郷だったが、滝が捕虜にされたことをゲルショッカーから告知され、浄水場へ一人で来るように誘いだされる。
『本郷、なぜ来たんだ!バカ野郎!』

改造ネズコンドルは捕虜の滝を連れて本郷の前に現れたが、ほとんど視力がなくなっている本郷。仮面ライダーに変身し、まず滝を助けることに成功する。

改造ネズコンドルは腕に付いた鋭利な刃を振り回してライダーを切り刻もうとするが、するどい勘と運動神経で敵の攻撃をかいくぐり、ライダー月面キックが炸裂して、ネズコンドルは倒れた。
『ライダー、ネズコンドルは倒れたぞ!』

だが、本郷に戻って両目を大きく見開いてみるが、何も見えない。滝の顔が見えない。
『みえん・・・、何もみえん』

その時、立花のおやっさんが完成したワクチンを持って現れた。立花のおやっさんは、ワクチンのボトルを本郷の両手に持たせた。
『これで、お前の目も治るぞ!』

こうして本郷猛の目は全快し、初冬の山路をひとりバイクを飛ばす本郷であった。 (おわり)

[次回予告・・・ムカデタイガーよ、わがゲルショッカーは少年仮面ライダー隊に対抗して少年ゲルショッカー隊を結成し、全国各地に配置するのだ。この計画に歯向かう奴は、すべて焼き殺せ!そして仮面ライダーに一泡吹かせてやるのだ!行けムカデタイガー!(首領の声でナレーション)]


★★★★★★★★★★★★
今までぜんぜん気が付かなかったのが、敵の名称がゲルショッカーに変わっても、番組冒頭のナレーションや、納谷悟朗氏の担当する首領は、「ショッカー」となっている。つまり、
冒頭のナレーション;『彼を改造したショッカーは・・・』
ショッカー首領の声;納谷悟朗
となっている。
前の2件 | 次の2件 ライダー1号/ゲルショッカー編 ブログトップ