So-net無料ブログ作成
検索選択
ライダーストロンガー ブログトップ
前の4件 | 次の4件

仮面ライダーストロンガー 5 [ライダーストロンガー]

《第24話 怪奇!無人電車が走る》
原作;石ノ森章太郎
脚本;鈴木生朗
企画;平山 亨 阿部征司
技斗;岡田 勝
監督;折田 至

〖奇械人ハサミガニ〗登場

【前回までの話は・・・
奇械人ケムンガの繭に閉じ込められて万事休すのストロンガーだったが、鋼鉄の様に丈夫なこの繭のおかげで、数千メートルの谷底に落下しても助かっていた。ケムンガが成長しドクガランになる時に、繭を破ることを利用して脱出したストロンガーは、地底王国の支配者・百目タイタンとの死闘を制して、ユリ子や立花藤兵衛と共に地上へ生還した・・・】


◆ブラックサタンを追って、旅を続ける城茂、岬ユリ子、そして立花藤兵衛の3人。今回は鳥羽で合流する約束をしていた。バイクを走らせる茂とユリ子に対し、藤兵衛はフェリーに乗って三重県松坂へ着いた。ここから電車に乗って、三重県鳥羽を目指す。
IMG_0348.jpg
一方の茂とユリ子は、バイクを快調に飛ばしていた。途中で、鳥羽へ向かう電車と並行して走る場所にさしかかった時、電車の中から手を振る子供達を見かけた茂とユリ子。二人もそれに応えて手を振り、束の間の平和を噛みしめていた。
IMG_0349.jpg

だが、電車は茂達と別れてトンネルに入ると、ブラックサタンの襲撃を受けてしまう。奇怪人ハサミガニが出す泡で、幻影を見せられる人々。子供も大人も関係なく拉致され、体力のある男性客たちはブラックサタンの要塞島と呼ばれる秘密基地建設の為、奴隷として連れて行かれた。

茂とユリ子がその電車と再び出会ったとき、停まりそうな程の速度で電車内は無人であった。不審に思った二人は、停車した電車に乗り込んで調べていたところ、車内で奇怪人ハサミガニと遭遇する。
IMG_0350.jpg
『出たな、奇械人!』
『オレはブラックサタンのエース、ハサミガニだ!乗客は奴隷として、要塞島で働かせるのだ!』
茂とユリ子は、ストロンガーとタックルに変身してハサミガニや戦闘員達と戦ったが、ハサミガニの胸から出す多量の泡によって身動きできなくなり、捕まってアジトへ連行されてしまうのだった。

合流場所のホテルに、一足早く立花藤兵衛は到着していた。ラウンジでくつろぐ藤兵衛に声をかけるボーイ。
『立花藤兵衛さまでいらっしゃいますか?お連れ様がお待ちでございます』
だが、そこに待っていたのは、ジェネラル・シャドウだった。

『どうせあの電車の事件も、お前達の仕業だろう!』
『電車の事件だと?・・・』
『とぼけるな!』

藤兵衛と会話中のシャドウが、突然木の陰に隠れていた人物を、トランプ手裏剣で倒してしまう。まだ息があるその人物は、さっき藤兵衛に声をかけたボーイであった。次の瞬間、そのボーイはブラックサタン戦闘員に姿を変えた。シャドウは問いただした。

『貴様の隊長は誰だ、言え!』
『ハ、ハ、ハサミガニ・・・』

シャドウはそれを聞くと、その戦闘員を腰のサーベルで刺し殺してしまう。シャドウは怒っていた。自分の知らないところで、別動隊が行動しているからだ。アジトへ帰ったシャドウは、大首領に訴えた。
IMG_0352.jpg
『大首領。タイタン無き今、次にストロンガーを倒すのは、私の役目のハズです!』
『それがどうした?』

『私の知らぬ間に、奇械人がストロンガーに攻撃をかけている。納得がいきません!』
『自惚れるな、ジェネラル・シャドウ!』

『何ですと?』
『ブラックサタン直系の幹部でもないお前に、口出しは許さん!これ以上口答えすれば、反逆とみなす。覚えておけ!』

シャドウは、この会話によって大首領の本音が解り、自分の立場について考えを変えざるを得ないと思った。雇われ者は、所詮雇われ者か。今まで通りの言いなりには、もうならないことを決めたのである。

ハサミガニに捕まってアジトに連行された茂とユリ子は、行方不明になっている電車の女性客や子供達とそこで一緒になった。普通の人間とは違う茂とユリ子の両手には、天井から下がっている鋼鉄の鎖が、はめられていた。

ハサミガニがやって来て、巨大な左手のハサミで城茂の首を斬ろうとした時、大首領が命令した。
『待て、ハサミガニ。城茂を殺すのは待て!私は大首領だ。まもなく、タイタンに替わるブラックサタンの最高幹部が着任する。城茂と岬ゆり子の処刑は、その者の指揮に任せる!』

新しい幹部が到着するまでに要塞島を完成させるよう、大首領はハサミガニに命令を下した。

立花藤兵衛が、突然アジトに姿を現した。牢屋の前に立つ警備兵1人を倒すと、ボタンを押して鉄格子を開けた藤兵衛。敵が来る前に、茂とユリ子の両手の鎖を懸命に外そうとするがはずれない。
『おやっさん、手袋を脱がしてください』
IMG_0355.jpg
茂の手袋を脱がしている時、倒した警備兵が目を覚ました。警報ボタンを押した警備兵を再び倒して、急いで両手袋を外した藤兵衛。鎖の引っ張る力に逆らって何とか両手をこすり合わせた茂は、ライダーストロンガーに変身した。
IMG_0356.jpg
ユリ子も助けてタックルになると、捕らわれた人達をタックルと藤兵衛に任せて、ストロンガーは要塞島を破壊すべく向かった。

要塞島建設現場で、ストロンガーとハサミガニの対決。必殺のストロンガー電キックで左手の大バサミを破壊されたハサミガニは、逃げ出していく。そして、建設現場にいたシャドウを見かけると、左手を抱えながら助けを求めるのだった。
『ジェネラル・シャドウ様、助けて下さい・・・』
IMG_0358.jpg
シャドウは、誰の命令でライダーストロンガーと戦っているのかを問いただした。すると、「自分はシャドウの部下では無い」と、ハサミガニはつい答えてしまうのだった。つまり、シャドウの命令には従わないと言うのだ。まもなく着任する最高幹部こそが、自分のボスだと告げるハサミガニ。

シャドウは新幹部の名を問い詰めるが、それはハサミガニにも知らされてはいなかった。シャドウがそれらを聞いて、ハサミガニを助けるはずもない。シャドウは「自分の知ったことではない」と言って、乱れ飛ぶトランプの中に姿を消してしまうのだった。

シャドウに見捨てられ、最大の武器である左手の大バサミを失ったハサミガニは、ストロンガー電キックをもう一発食らうと大爆発して果てた。

『大首領が俺を必要としないのなら、俺の方にも考えがある・・・』
大首領は、ジェネラル・シャドウを大幹部とは認めていないことが判明した。ジェネラル・シャドウは、ブラックサタンにいながらブラックサタンを裏切る道へと進んでいくのだろうか・・・

その頃、ブラックサタン本部には、新しい最高幹部が着任していたのである。(つづく)
IMG_0359.jpg

★★★★★★★★★★★★
このシリーズでの立花藤兵衛は、城茂や岬ユリ子と国内を旅するという設定になっている。そのせいか、アクションが多いような気がする。藤兵衛一人で戦闘員たちと戦う場面があり、全員を倒して「ワシも本気を出せば強いんだ」などと言っているが、実は藤兵衛を助けるが如くジェネラル・シャドウがトランプ手裏剣で加勢してくれていることを、本人は知らないのだ。

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

仮面ライダーストロンガー 6 [ライダーストロンガー]

《第25話 死ぬな!電気椅子の城茂》
原作;石ノ森章太郎
脚本;鈴木生朗
企画;平山 亨 阿部征司
技斗;岡田 勝
監督;山崎大助

〖奇械人アルマジロン〗
〖奇械人デッドライオン〗登場

【前回までの話は・・・
百目タイタンが敗れ、ストロンガーを倒すのは自分しかいないと自負するジェネラル・シャドウは、自分の知らないところで奇械人ハサミガニが動いていることを知った。次期大幹部の座に就いたと思っていたシャドウは、そのことで大首領に不信感を抱き、大首領に訴えた。
すると、ブラックサタンの直系でないことを理由に、大首領に信頼されていないことをシャドウは知るのだった。しかも、次期大幹部になる者を大首領が呼び寄せたことを知り、シャドウはブラックサタンを裏切る決意を固める・・・】


◆ついに、ブラックサタン最高幹部のデッドライオンが、日本に着任した。アジトでデッドライオンと対面したジェネラル・シャドウは、自分こそがストロンガーを倒す者だと言って、敵意を見せるのだった。
IMG_0361.jpg
IMG_0362.jpg
『タイタンが情けなく敗れたあと、ストロンガーを倒すのはこの俺の役目だ!』
『自惚れるな!お前が当てにならんから、俺が乗り出したのだ。ストロンガーを倒すのは、ブラックサタン直系の最高幹部、俺以外にはない!』

『それは大首領の意志か?』
『これを見ろ!ブラックサタンの中で唯一人、大首領に信頼される者に授けられるペンダントだ!これを持つ者だけが、大首領に近づくことが許されるのだ。お前は所詮、雇われ者にすぎんのだ!』
IMG_0363.jpg
『おのれ、大首領め!俺を散々おだてて、利用しておきながら・・・』
『黙れ!大首領に反逆するような言葉遣いは、許さん!』

「とっとと出て行け!」と言われたシャドウは、怒りの余りデッドライオンに腰のサーベルを突き刺そうとする。すると、デッドライオンの部下、奇械人アルマジロンが現れて、シャドウに襲いかかるのだった。

アルマジロンの硬い背中は、シャドウのサーベルも通じない。2対1の対決となり、危険を察知したシャドウは、トランプをばらまいて姿を消すのだった。
『デッドライオン!オレはこのことを忘れんぞ!いずれ後悔する時が来ると、大首領に伝えろ!』

栃木県那須のホテルに宿泊している三人。朝方出かけた城茂の行方を追って、立花藤兵衛と岬ゆり子はホテルを出たところ、那須岳の火口から吹き上がる煙の様子がおかしいことに気付いた。

二人はロープウェイに乗り、火口付近に向かおうとして、頂上の駅を降りたところで奇械人アルマジロンに襲撃されてしまう。

タックルに変身したユリ子だが、かなう相手ではない。一方、有料道路を走行していて、那須岳の噴火の煙のおかしな様子に気付いた城茂も火口に向かって走っていた。

アルマジロンと戦っているタックルの元に、間に合った茂。
『ヘンシン ストロンガー!』

アルマジロンとストロンガーが戦っている間に、ロープウェイで下山する藤兵衛とユリ子。ところが、ゴンドラが頂上と地上の中間あたりに来たあたりで、ゴンドラが激しく揺れ出した。ロープを支える鉄塔の上に奇械人デッドライオンが立っていて、激しくロープを叩いて切断しようとしていた。
IMG_0366.jpg
『俺から逃げることは出来んのだ!』

一方、ストロンガーとアルマジロンの戦いは、一進一退。決着が着かぬまま、アルマジロンは退散していった。ホテルに戻ってきた茂は、二人がまだ帰っていないことをフロントで知った。しかも、城茂に手紙が届いているという。

それは、立花藤兵衛と岬ユリ子に会いたければ、ホテルのディナーショウに今夜来るようにという、ブラックサタンからの招待状であった。ディナーショウの会場に入り、ボーイに誘導されて2階の観覧席に座った城茂。

軽快な太鼓の音でポリネシアンショウが始まり、しばらくすると、舞台の中央に赤い布と黄色い布で覆われた何かが置かれた。音楽が止み舞台が暗くなると、スポットライトが赤と黄色の布に当たった。布が取られると、そこにはユリ子と藤兵衛がいた。

『茂!』
『助けてくれ!』
『ユリ子!おやっさん!』

次の瞬間、城茂の座っていたイスが電気椅子に変わっていた。気が付くと、両手首と胸はそれぞれ鉄製バンドで固定され、城茂は全く動けない。
『城茂。とうとうワナにはまったな!』

後ろでほくそ笑んでいたのは、奇械人アルマジロンであった。だが茂は、フロントでブラックサタンの招待状を読んでいる時、これは敵のアジトへ潜入できるチャンスだと思っていたのである。

那須岳の火口に作ったアジトへ運ばれた茂は、そこで最高幹部デッドライオンと対面した。
『城茂。あんな簡単なワナに引っかかったのか・・・フフフ』
IMG_0370.jpg
デッドライオンとアルマジロンに囲まれて、イスに座らされたまま城茂は処刑されようとしていた。余裕があるのか、デッドライオンは茂の両手袋を戦闘員に外させ、「変身できるものならしてみろ」と言う。アルマジロンに命令して、スイッチを入れさせたデッドライオン。

今、茂が座っているイスは、電気椅子では無く電気パワーを吸い取るイスであった。メモリの針がゼロを指してしまったら、茂は戦闘員と戦うこともできぬほどの弱い身体になってしまうのだ。デッドライオンがイスの説明をしている間、茂はこのピンチを切り抜ける方法を考えていた。

デッドライオンは、捕まえてある藤兵衛とユリ子を、戦闘員にこの部屋へ連れて来させた。縛られたまま座った藤兵衛とユリ子の目の前で、電気パワーを吸い取られて立つこともできない城茂の姿を、見せようというのだ。

部屋中を見回しながら、茂は助かるためのヒントを探した。すると、部屋に敷かれた赤いカーペットの先に、花瓶に活けられた花が目に入った。藤兵衛もユリ子も落胆して暴れる元気すらない様子だった。

(あの花瓶の中には、水がいっぱい入っているはずだ。花瓶を倒して中の水がこぼれてくれれば、何とかなるのだが・・・)

茂は、水で濡れたこのイスの配線にアースして、電流を自分の体に逆流させてエネルギーを得ようと考えた。問題は、花瓶をどうやって倒すかだ。

『おやっさん。もし俺が死んだら、あの花瓶の花を飾ってくれ。頼む!』
『城茂が死に際に花を望むとは、まるで娘っ子だな・・・ハハハ』

デッドライオンには、この会話の意味するところが解ってはいない。だが藤兵衛は、茂の頼みを聞いてピンときた。(花瓶の花?そうか、花瓶の水を利用する気だな・・・)

藤兵衛はユリ子に合図を送り、奇械人たちに怪しまれない様にふたりでカーペットを少しずつ手前に引っ張った。ある程度まで引き寄せたら、思い切り引っ張って花瓶を倒す作戦だ。

急げ、メモリの針はあと少しでゼロを指す。藤兵衛が思い切りカーペットを引っ張ると、花瓶が倒れて水がこぼれた。配線がショートして火花が散り、イスも配電盤も火花を散らして室内が混乱しているうちに、茂はイスから立ち上がって藤兵衛とユリ子を助けた。

『さぁ、もう大丈夫だ。早く逃げろ!』
茂は、すぐにライダーストロンガーに変身した。デッドライオン、アルマジロン対ストロンガーの対決。戦いの中で、ストロンガーの手に引っかかる物があった。
IMG_0374.jpg
デッドライオンが首から下げていたペンダントだ。
『それを返せ、ストロンガー!』
『何?これがそれほど大事か!』

デッドライオンは、必死にペンダントを取り戻そうとストロンガーに襲いかかるが、ストロンガーにかわされて奪い返すことが出来ずにいた。突然ペンダントが点滅を始め、デッドライオンに大首領からの指令が届いた。

(緊急事態発生。シャドウが反乱を起こした。最高幹部は直ちに大首領のもとへ出頭せよ)
『ペンダントは、必ず取り返すぞ!』

デッドライオンはそう言って、姿を消した。だが、アルマジロンとの戦いは続く。アルマジロンの背中は甲羅の様に硬いが、腹部は柔らかい。ストロンガー電キックが腹部を直撃して、アルマジロンは大爆発して死んだ。

アジトでは、ジェネラル・シャドウがほくそ笑んでいた。
『あのペンダントが、ストロンガーの手に入ったとは愉快だ。いずれストロンガーは大首領と対決し、どちらかが倒れる。まさに俺の狙い通りではないか。ウフフフフ・・・』
IMG_0376.jpg
一方、デッドライオンは、ペンダントをストロンガーに奪われた事を大首領に報告し、詫びていた。
『あのペンダントには、ブラックサタンの最高機密が秘められている。何者を犠牲にしても取り戻すのだ!』

遂に、ブラックサタンとの最終決戦が近づいている予感がする城茂だった。(つづく)


★★★★★★★★★★★★
電気椅子の部屋に、なぜ花瓶に活けた花があったのか、謎だ。ブラックサタンと花瓶に活けた花、全く結びつかないのだが(笑)

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

仮面ライダーストロンガー 7 [ライダーストロンガー]

《第26話 見た!大首領の正体》
原作;石ノ森章太郎
脚本;鈴木生朗
企画;平山 亨 阿部征司
技斗;岡田 勝
監督;山崎大助

〖奇械人デッドライオン〗登場

【前回までの話は・・・
電気パワーを吸い取るイスに城茂を座らせたところまでは良かったのだが、あと一歩及ばず、逆にストロンガーとの対戦で大事なペンダントを奪われてしまった最高幹部のデッドライオン。あれにはブラックサタンの極秘事項が秘められている、と大首領は言った。一方、大首領から信頼されていないことを知ったジェネラル・シャドウは、ブラックサタンに反旗をひるがえす行動に出た・・・】


◆ブラックサタンの本部は、那須岳の火口に造られている。ペンダントを奪われたデッドライオンが、大首領に報告をしていた。

『あのペンダントにはブラックサタンの最高機密が隠されている。一刻も早く取り戻さぬと、ブラックサタンが危ない。城茂を逃がしたことは、取り返しのつかない手落ちだぞ。デッドライオン!』
『必ず、あのペンダントはこの手で・・・ギャアオゥ!』

城茂は、ユリ子と藤兵衛と一緒にホテルのプールサイドで、デッドライオンから奪ったペンダントを見ながら、戦闘中のデッドライオンの焦る様子を思い出していた。

そこに出現したのは、デッドハンド。デッドライオンがリモートコントロールで自由にどこへでも出現させることが出来る、自分の右腕だ。藤兵衛がペンダントを持っている時に、彼の足をつかんで放り投げたのだ。姿勢を崩された藤兵衛は、ペンダントを放り投げてしまう。

だが、間一髪、茂がペンダントを拾うと、デッドハンドを蹴り飛ばしてしまった。空の彼方へ飛んで行ったデッドハンドを追いかけようとした茂とユリ子は、戦闘員達に囲まれてしまう。

戦闘員たちを蹴散らした二人は、藤兵衛を連れてホテルから逃げた。ところが、逃げる途中でジェネラル・シャドウが三人の前に姿を現すのだった。

『フフフフ。無事で何よりだったな、城茂。その上、大変なモノを手に入れたじゃないか』
『貴様、このペンダントが何か知ってるな?』
IMG_0447.jpg
『教えてやろう。そのペンダントは、ブラックサタンの謎を解くカギだ。また会おう!幸運を祈る』
そう言うと、煙の様に姿を消してしまうのだった。このシャドウの言葉を聞いた茂は、自分達が捕らわれていたアジトへ再び行く決心をする。

藤兵衛も、今のシャドウの言葉はまんざら嘘ではなさそうだと言う。今こそ、ブラックサタンを叩きつぶすチャンスかもしれないのだ。

だが、アジトはすでに引き払ったかのように、静かだった。洞穴の奥に行くと、過去に倒された奇械人たちが無数に転がっていた。だが、それらは皆生きていたのだ。
『ヘンシン ストロンガー!』

藤兵衛に襲いかかろうとするのを見た茂は、手袋をはずして両手をこすり上げ、スパークさせた電気エネルギーでストロンガーに変身した。ユリ子もタックルに変身して、藤兵衛を守る。
IMG_0451.jpg
5体の怪人達はストロンガーに戦いを挑んだが、まるでエネルギーが切れたかのように5体は一つの場所に倒れ込むと、スーッと消えた。後には、一匹の死んだサタン虫が残っていた。藤兵衛は死んだサタン虫をつかむと、つぶやいた。
IMG_0453.jpg
IMG_0455.jpg
『なんだ・・・こんな奴が操っていたのか』
すると、背後からデッドライオンが出現し、胸から下げたペンダントを指して叫んだ。

『ストロンガー。今度こそ、そのペンダントを返してもらうぞ!』
『渡すものか、行くぞ!』

戦いは、那須岳の頂上へと場所を移した。火口付近からアジトへ潜入したストロンガーに、襲ってくるデッドライオン。アジト内で戦闘となったが、アジト内の様々な仕掛けが待っていた。デッドライオンが急に姿を消した。そこはバーリアで覆われた部屋だった。
IMG_0456.jpg
目の前には、赤や青や黄色の光が点滅した見知らぬ機械が置いてある。突然ペンダントの中央が赤く点滅すると、ストロンガーは体の自由が利かなくなり、変身が解けて城茂に戻ってしまう。

『特殊な光線で光っているのか?もしかすると・・・だが、この放射線に俺の体が耐えられるかどうか』

目の前の見知らぬ機械にペンダントをかざした茂は、どこか知らない場所に瞬間移動してしまう。周りを囲む戦闘員。そしてデッドライオンが再び出現した。
『城茂。ペンダントを返せ!』

茂はふたたび、ストロンガーへと変身した。デッドライオンは、暗い洞窟へと入っていった。後を追って行くと、デッドライオンの影が石の壁の中へ消えていくのを見たストロンガー。
IMG_0460.jpg
ペンダントをその石の壁にかざしてみると、ペンダントの中央が赤く点滅しながら、ストロンガーの体は石の中に吸い込まれていくのだった。

ついに大首領の部屋へと入りこんだストロンガー。カーテンの向こうに黒い異形の影があった。
『貴様が大首領か?』
『ストロンガー。とうとうここまでやって来たか・・・』

赤・青・黄色のランプが点滅する機械の上に、サタン虫が乗っていた。
『大首領の正体は、サタン虫だったのか!』
IMG_0462.jpg
『おのれ、ストロンガー。よくも私の姿を見たな!私は一族のサタン虫たちを奇械人や戦闘員達の脳の中に送りこんで、彼らを意のままに操ってきたのだ・・・今に、サタン虫が全世界を支配する時が来る。サタンの世界だ!』

『そうはさせん!』

逃げようとする巨大サタン虫を、ストロンガーは追った。変幻自在に姿を消して、大首領室へ戻った巨大サタン虫は、そこで何かに気付き、怯えるような声を出した。

『そうか。そうだったのか・・・奴らがもうここまで乗り込んできていたとは・・・』

もうすでに、大首領には行く所が無い。大首領室を出た巨大サタン虫は、後を追ってきたストロンガーと出会ってしまう。
『ストロンガー。お前なんかに捕まるモノか!』

だが、電パンチを受けた大首領は目玉から火花を散らし、ストロンガー電キックがついにとどめを刺した。大首領の死と共に、アジトは大爆発を起こしていた。アジト内にいるデッドライオンも、おそらく大爆発に巻き込まれて死んだと思われる。ブラックサタンは、ここに完全に滅びた。
IMG_0463.jpg
ビールで乾杯する茂、ユリ子、藤兵衛の三人。
『平和がくるのね!』
『ブラックサタンの姿は、もうどこにもない。これで枕を高くして、眠れるわけだ』

だが、茂には気になることがあった。
『大首領の最期の様子が、俺には気にかかるんだ・・・』
IMG_0468.jpg
IMG_0469.jpg
その頃、ブラックサタンを潰し、クーデターを成功させたジェネラル・シャドウが笑っていた。
『これからいよいよ、我らがこの地球を支配するのだ・・・ハハハハ』
ジェネラル・シャドウのもとへ、異形の影たちの列が進んでいく。(つづく)


★★★★★★★★★★★★
このシリーズでの立花藤兵衛は、これ以前のライダーシリーズとは一味違う演出になっているようである。城茂や岬ユリ子と一緒に国内を旅するという設定はもちろん、外へ出ているから敵との交戦シーンも多い。それにギャグらしきことも時々やっている。
戦闘員のブーツを一所懸命にひねっているアップの藤兵衛。だが、画面を引いてみると、脱げたブーツだけを懸命にひねっている藤兵衛だった・・・とか(笑えない)

nice!(30)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

仮面ライダーストロンガー 8 [ライダーストロンガー]

《第27話 改造魔人!デルザー軍団現わる》
原作;石ノ森章太郎
脚本;鈴木生朗
企画;平山 亨 阿部征司
技斗;岡田 勝
監督;内田一作

〖荒わし師団長〗
〖鋼鉄参謀〗
〖ドクターケイト〗登場

【前回までの話は・・・
デッドライオンとの対戦で手に入れたペンダントは、ブラックサタンの秘密を解くカギとなるものであった。それを使ってブラックサタン本部へ乗り込んだライダーストロンガーは、とうとう大首領に肉薄する。大首領の正体は、巨大なサタン虫であった。
だが、大首領は自分の知らぬ所で暗躍する敵の存在を知り、もはや逃げ場を失ってしまう。遂にライダーストロンガーによって大首領は倒され、ブラックサタンはここに壊滅した。だが城茂は、大首領の最期に異変を感じていた・・・】


◆ブラックサタンに加担していた雇われ幹部のジェネラル・シャドウは、ライダーストロンガーに味方してブラックサタンを壊滅させると、自分の故郷である「魔の国」から不気味な一団を呼び寄せた。彼等は「デルザー軍団」と呼ばれる改造魔人の一団であった。

城茂はブラックサタンのアジトに集まり出した謎の集団を見かけ、そのあとをつけることにした。その集団の先頭には、ジェネラル・シャドウがいて、10人程の人数で断崖の道をある方向へ歩いていた。

彼等を追って洞窟へ入っていくと、岩盤に作られた鋼鉄のトビラがあった。
『物音は、確かにこのドアの中へ消えた・・・』

茂は思い切って肩からドアに当たり、ドアを開けたのだが・・・ドアの先は断崖絶壁で、茂はそこから転落して意識を失ってしまうのだった。

一方、岬ユリ子は、1時間も連絡が無い茂のことを心配していた。こちらから無線で呼びかけてみるも応答がないため、不安になっていた。だが藤兵衛は、ブラックサタンが滅びたことですっかり安心しきっており、昼寝でもしているのだろう、くらいにしか思っていないのだ。

新たに造ったアジトに集まったデルザー軍団の面々。ジェネラル・シャドウが言葉を発した。
『我が計画は見事に成功し、我々デルザー軍団はブラックサタンに取って代わることができた。まずこのことを、諸君と共に祝いたい』
IMG_0479.jpg
すると、シャドウのことを良く思わない人物が、言葉を返した。

『へっ、いつの間にかリーダー気取りだ!』
『何か言われたかな、荒わし師団長!』
『イヤ、別に・・・』

デルザー軍団に所属する改造魔人たちは、皆プライドが高い。スキあらば、いつでも自分がリーダーになろうと考えている連中ばかりなのだ。

『まぁ、いずれにせよ、ブラックサタンを倒した手柄は、認めなくちゃならないわね。そうでしょ、鋼鉄参謀・・・』

『ともかく、手柄話はそれぐらいにして、この後の計画を聞こう!ジェネラル・シャドウ。あなたの考えは?』

ドクターケイトは、シャドウの活動内容を素直に褒めたが、話を振られた鋼鉄参謀は気に入らないようだ。さっさと話題を変えてしまうのだった。

シャドウは、デルザー軍団が世界征服を遂げるためには、消さなくてはならない邪魔者が日本にいることを皆に告げた。

『ジョウシゲル。またの名を、仮面ライダーストロンガー』
『ヤツのことなら、俺たちはとっくに研究済みだ』

『俺たちをなんだと思っておる。遠い昔、散々人間どもを震え上がらせた魔人の子孫だぞ。電気パワーに負ける者など、一人もおりはせん!』

お互いに自分の力を自慢しあう改造魔人たち。そのことをどう思っているのか、シャドウはただ笑っていた。その時、鋼鉄参謀が言った。

『よし。オレが片づけてしまおう!』
『待て!ライダーストロンガーを倒した者には、何か得があるのか?』

荒わし師団長が、言葉をはさんだ。損得勘定しか頭に無い荒わし師団長は、自分にとって益になることしかしないのだ。シャドウは、答えた。
『そりぁあ、無論だ。デルザー軍団のリーダーになる資格があると思う・・・』

途端に、自分が一番にやると言い出して騒ぎ出す改造魔人たち。
『諸君!この際、一番先に名乗り出た鋼鉄参謀に、やっていただこうじゃないか!やっていただけますな、鋼鉄参謀?』

『よし。引き受けた!』
『それにはまず、ストロンガーをおびき出すことだ』
『その作戦は、明日を期して行う。期待していてもらおう!』

デルザー軍団の新しい基地を造るため、工事現場の作業員を襲う鋼鉄参謀とその配下達。作業員達を奴隷にして、死ぬまで働かせるつもりなのだ。
IMG_0480.jpg
電波人間の岬ユリ子は怪電波をキャッチしていたが、城茂との連絡は依然つかず、立花藤兵衛にそのことを連絡した。藤兵衛がジープを運転して、ユリ子と二人で怪電波の発信源を探すことにした。その途中で、血相を欠いて道路に飛び出してきた男と出会った藤兵衛とユリ子。

混乱している様子の男を落ち着かせると、男はこう言った。
『あなた方は、さっきの奴らの仲間じゃないのですね・・・』

男は、自分の作業場に突然恐ろしい連中が襲ってきて、作業員のほとんどは連れて行かれたか殺されてしまったと言った。黒いマスクをかぶった恐ろしい連中だと言って、今も震えあがっているのだ。

早く逃げようと言うその男・杉本を連れて藤兵衛はジープを走らせると、ユリ子は黒マスクの連中を探すために、藤兵衛とここで別れた。
IMG_0482.jpg
杉本が言っていた工事現場へユリ子が行ってみると、突然数本のチェーンがユリ子に飛んで来て体にまとわりついた。チェーンを引っ張りながらユリ子を取り囲む仮面の集団は、ブラックサタンでは無かった。

『お前達は誰?ブラックサタンじゃないわね!』
すると、巨大な鉄球を持った鋼鉄参謀が、土管の上に出現した。
『一体、何者なの?』
IMG_0484.jpg
『オレは、遠い魔の国からやって来たデルザー軍団のひとり、鋼鉄参謀だ!城茂の仲間というのは、お前だな。まず血祭に上げてやるから、覚悟しろ!』
IMG_0485.jpg
と、その時、行方不明だった城茂が現れた。
『デルザー軍団の鋼鉄参謀とか、言ったな。相手になってやる!』

だが、岬ユリ子が人質になっているので、不用意に手が出せない。だが、背の高い雑草に隠れて背後から近づいてきた立花藤兵衛が、仮面の戦闘員達をこん棒で引っ叩き、ユリ子を救出。茂はストロンガーに変身した。

鋼鉄参謀に果敢に挑むストロンガー、そして藤兵衛に助けられたユリ子もタックルに変身、藤兵衛を守りながら戦闘員達と戦った。鋼鉄参謀配下の戦闘員達は、銀色の仮面をかぶってチェーンを操る。背中合わせのストロンガーとタックルを囲んで、チェーンで二人を締め上げてしまう。

だが、ストロンガーのエレクトロ・ファイア攻撃によってチェーンに激しい電流が走り、戦闘員達は黒焦げになってしまった。
『さぁ来い、鋼鉄参謀!』

ストロンガーは、自信満々で鋼鉄参謀に向かっていく。必殺の電キックを鋼鉄参謀に見舞ったところ、軽々と弾き飛ばされてしまった。
IMG_0493.jpg
『う、うう・・・』
『ハハハハ・・・驚いたか!俺の体に電気パワーを加えれば、お前自身に逆流するのだ』

このままでは勝てないことを悟ったストロンガーは、タックルに藤兵衛を任せて、カブトローで逃げるしかなかった。ユリ子、藤兵衛と合流した茂は、ブラックサタンの比では無い強さのデルザー軍団の話をしていた。すると、ジェネラル・シャドウが、茂たちの目前に姿を現した。

デルザー軍団と戦い、その実力を知った茂に、シャドウは大人しく身を引くように忠告をしに来たと言う。
『断る!俺に命のある限り、どこまでも貴様たちと戦うぞ!』

シャドウは、自分の忠告を無視した茂に苛立った。ストロンガーに変身した茂に、「シャドウ分身」を使って攻めてきた。10人に分身したシャドウに対し、カブトキャッチャーで本物を見分けようとするストロンガー。だが、カブトキャッチャーでも、ふたりのうちのどちらが本物かは判らない。
IMG_0498.jpg
その時、鋼鉄参謀がやって来たため、分身術を解いたシャドウは、トランプカードに紛れて姿を消してしまう。鋼鉄参謀との戦いで、巨大鉄球がストロンガーを襲った。この強烈な一撃にストロンガーは崖下へ転落、城茂にもどったまま意識を失ってしまうのだった。
IMG_0500.jpg
IMG_0501.jpg
荒わし師団長配下の戦闘員は、空を飛べる。鋼鉄参謀の動きを空から監視していた荒わし師団長は、この時を待っていた。崖下に転落して気を失った城茂を、チェーンで巻いたまま吊り上げて、空高く飛んで行ってしまうのだった。
IMG_0502.jpg
『荒わし師団長!何をする?』
『この獲物は、ワシが預かっていく!』
『おのれ、荒わしメ!・・・』(つづく)


★★★★★★★★★★★★
ブラックサタンの様に、大幹部が怪人と戦闘員を操って活動するパターンと、デルザー軍団の様に、個々の怪人が幹部で、戦闘員を操って活動するパターンがある。仮面ライダー1号2号、V3、X、アマゾンは、ブラックサタン型であった。首領も居ず、力ある者がリーダーになるという形が面白いが、それは同時に、仲たがいは必至ということでもある。そこがヒーローの狙い目だ。

nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の4件 | 次の4件 ライダーストロンガー ブログトップ