So-net無料ブログ作成
検索選択
レッドバロン/ギラスQ編 ブログトップ
前の3件 | -

レッドバロン(17)【宇宙鉄面党編】 [レッドバロン/ギラスQ編]

◎今回は、第27話『宇宙ロボット襲来』を取り上げます。

脚本;上原正三
音楽;ボブ佐久間
原案;渡辺一彦・斎藤汎司(日本テレビ) 
特撮撮影;大岡新一
監督;田村正蔵

《マーズサターン》 登場

【前回までの話は・・・
デビラー総統を倒したものの、彼は鉄面党の支配者ではなく一幹部に過ぎないことが判明した。デビラーとの戦いで大郷チーフと堀大作を失ったSSIは、火星に本部を置く「宇宙鉄面党」との戦いに備え、警備を一層強化するのであった】


◆人類は「地球防衛隊」組織を立ち上げ、火星からやって来る宇宙鉄面党の侵略に備えることになった。SSIには、新たなメンバーとして三神博士を迎えることになっているが、SSIの3人は三神博士とは面識が無かった。

パトロール中のある日、宇宙船がどこからともなく飛来してきて、紅健と松原真理の乗るアイアンホークを襲撃して来た。宇宙船のミサイル攻撃を何とか回避した二人は、逆にアイアンホークからミサイル攻撃をして、宇宙船を不時着させることに成功する。

宇宙船の近くまで行き、様子を見ようとアイアンホークを降りた二人に、銀色のフランケンシュタインのマスクを被ったような一団が襲いかかってきた。フェンシングで使うサーベルのような武器を持って攻撃してくる戦闘員たちを、軽快な動きでかわしながら一人ずつ倒していく紅健とマリ。

倒れて動かなくなった戦闘員は、煙の様に消えてしまうのであった。やがて哲也も合流して、3人で15人程の戦闘員をすべて倒すことに成功した。こいつらは宇宙人だ。いよいよ、宇宙鉄面党が攻めてきた事を実感する3人だった。

空の高みから真っ直ぐに降りてくる怪ロボット。突然、街中にそれは出現した。紅健はすぐにレッドバロンを出動させ、このマーズサターンに向かっていった。

三角錐と四角錘をバランスよく組み合わせたようなこの怪ロボットに、レッドバロンのバロンミサイルは効き目が無かった。逆に敵のロケット弾攻撃を受け、避ける間もなく火だるまになるレッドバロン。

マーズサターンの手から霧のようなガスが発射され、操縦席からの視界がゼロになってしまう健。健が相手を探しているうちに、マーズサターンはレッドバロンの後ろに回り込んでいた。

後ろ手にガッチリとレッドバロンを組んだまま、マーズサターンはそのまま上昇して宇宙へ連れていこうとする。
『どうしよう。レッドバロンは、宇宙を飛べる装置を付けてないのよ』

マリが危機感を募らせると、一緒にいた熊野警部も不安げな顔になった。哲也がジープから小型バズーカ砲を持ってきた。
『コイツをブチかまそうゼ!』

照準をマーズサターンの左腕に合わせて、火を噴くバズーカ砲。固定されていた腕が外れたレッドバロンは、ロケット噴射を使ってマーズサターンから離れて行く。
『危ないところだった。哲也、礼を言うぜ』

マーズサターンは作戦をあきらめて、去って行った。宇宙から攻めてくる敵に備えて、レッドバロンの新しいアタッチメントであるスペースウィングスを三神博士が開発していることを知る3人。

電話の相手はミカミと名乗り、SSI基地へこれから向かうと言って電話は切れたとマリは言う。だが、3人とも三神博士とは面識がなかった。

そんな話をしながらアイアンホークを運転していると、バイクの集団に襲われている1人の男性を見つける3人。黒いヘルメットを被ったバイクの男性を、集団で襲撃しようとしているのだ。

健たちは襲われている男性を助けだすが、バイクの集団がいつのまにか、フランケンシュタイン・マスクの集団に変身していた。

マリのムチが唸る。健のキックが炸裂し、哲也がパンチをブチかます。宇宙鉄面党戦闘員全員を倒した時、助けられた男性は自分を「三神四郎」と名乗った。三神博士であった。

SSI基地でスペースウィングスの話をする三神博士。健から借りたレッドバロンの設計図をじっと見ている三神博士。レッドバロンとの合体に必要なアタッチメントのサイズを決めるために、設計図が必要なのだ。

『三神博士、スペースウィングスはどこの工場で造るんですか?』
哲也の質問に、「ハカセは止めてくれ」と笑いながら言う三神。

『じゃあ、三神さん。・・・』
外で人が聞いているような気配を感じた三神は、話を止めて物音の原因を探ろうとした。

メンバー全員で探し回ってみたが、勘違いだったのか、怪しい人物を見つけることは出来なかった。3人が部屋に戻ってくると、三神博士とレドレッドバロンの設計図が無くなっていた!
『しまった!』

2人が男を疑い始めた。だが、健は信じていた。否、信じたかった。レッドバロンの強化策に関わった矢沢博士の所へ行けば何か判るかもしれないと思ったマリは、哲也と一緒に出掛けて行った。だが、その途中で鉄面党の戦闘員に襲撃され、マリが捕らえられてしまう。

すぐに、宇宙鉄面党が脅迫して来た。
『松原真理はマーズサターンの中だ。命を助けたければ、バン・アレン帯まで来い!』

レッドバロンで宇宙へ行く覚悟をする健。宇宙での活動装備が無いことはとても危険だが、マリの命には代えられない。すると、三神博士が部屋に入ってきた。

『行きたまえ、宇宙へ。スペースウィングスは完成した。途中でドッキングすれば、宇宙へも自由自在だ』

やはり、本物の三神博士だったのだ。レッドバロンの出動に合わせ、マッハ20で後を追うスペースウィングス。真っ赤なツバサのスペースウィングスが、スタンバイしたレッドバロンの背面に合体した。

『ドッキング成功!只今から宇宙へ向かいます』
宇宙へ出る前に、操縦席で健は酸素マスクとヘルメットを装着した。その頃、熊野警部が鉄面党の秘密基地を発見していた。連絡を受けた哲也と三神も、秘密基地へと向かった。

戦闘員を倒して基地内へ侵入する哲也。そして、ある部屋で監禁されているマリを発見する。マーズサターンを追ってバン・アレン帯へやって来た紅健に、救助されたマリから連絡が入った。マリは無事な姿で地球にいるのだ。

事情が解った健は、マーズサターンを地上まで連れていき、エレクトリッガーで破壊した。新しい作戦室が出来、宇宙鉄面党の侵略に備えて、地球防衛隊の組織に組み入れられることになったSSI。紅健、マリ、哲也、そして三上博士。新SSIの誕生だ。(つづく)


★★★★★★★★★★★★
宇宙鉄面党シリーズ始まる。火星に本拠を置くロボット軍団。デビラーを利用して地球征服を企んだが、デビラーの生ぬるいやり方にデビラーを首にして、自ら侵略活動を開始した。

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

レッドバロン(18)【宇宙鉄面党編】 [レッドバロン/ギラスQ編]

◎今回は第29話『鉄面党ロボット三兄弟』を取り上げます。

脚本;上原正三
音楽;ボブ佐久間
原案;渡辺一彦・斎藤汎司(日本テレビ) 
特撮撮影;大岡新一
監督;外山 徹

《ベムパンサー1号・2号・3号》 登場

◆地球防衛隊基地の遠距離レーダーが、宇宙のかなたから地球を目指して飛んで来る飛行物体をキャッチした。それは宇宙鉄面党火星本部から、レッドバロン強奪計画のために派遣されたロボット三兄弟であった。

ベムパンサー三兄弟。1号は一つ目、2号は二つ目、そして3号は三つ目のロボットである。体色、デザインもそれぞれ違うが全体的には似通った形状をしている。

新SSI基地でも、その様子はレーダーで捕らえていた。早速レッドバロンを出動させた紅健は、スペースウィングスとドッキングして宇宙へ向かったが、強烈なロケット弾の先制攻撃を受けて劣勢に回ってしまう。

地球へ逃げ帰ってきたレッドバロンは、スペースウィングスを切り離して地上に着陸した。ベムパンサー三兄弟もレッドバロンを追って、地上へ降り立った。
『よーし、地上でなら負けないぞ!』

闘う気満々の紅健だったが、宇宙鉄面党の秘密基地では、この時レッドバロンの戦闘能力を探ろうとしていた。
『パワー測定開始!』

三兄弟は、それぞれの左腕から発射したクサリをレッドバロンに巻き付けたが、バロンハンマーで簡単に払い落とし、2号が引きずられて倒れるほどの凄まじいパワーを発揮するレッドバロン。
『テスト終了』

テストの終了と共に、三兄弟は攻撃を中止してあっさりと去って行った。追撃しようとする健に、深追いしないよう指示する三神博士。

秘密基地から宇宙鉄面党火星本部へ、報告を入れるリーダー。
『ベムパンサー1号2号3号を使い、レッドバロンを徹底調査しましたところ、我々の予想をはるかに超えた性能が記録されました』

地球からの報告を聞いた司令官は、レッドバロンを強奪して宇宙鉄面党の侵略用ロボットにするよう、指令を出した。

地球の秘密基地では、今恐るべき計画が動き始めようとしていた。リーダーの目の前に呼び出された3人の戦闘員が、写真に写る地球人家族、父・母・小学生の男の子に変身したのだ。顔から姿、身長まで写真通りの姿であった。

その男の子が、健が運転するアイアンホークの前を林の中から飛び出してきた。危うく轢きそうになったが、その姿をみて驚く健とマリ。顔中擦り傷だらけで、何かから逃げてきたらしい様子なのだ。
『宇宙人から、パパとママを助けて!』

哲也と熊野警部にも応援を要請して、目指す洋館に乗り込もうとする健とマリ。シゲルという名の男の子の両親が、この洋館に捕らえられているらしい。乗りこもうとした途端、中から男女が逃げ出してきたが、鉄面党のフランケンマスクの戦闘員達に殺害されてしまうのだった。

健たちは戦闘員達と交戦してすべて倒すが、シゲルは目の前で両親を殺害されて泣きじゃくっていた。マリや健は同情して、この時からシゲルにスキを見せるようになってしまう。

ある時、レッドバロンに乗りたいというシゲルに、健は乗せることを約束してしまう。シゲルに化けた戦闘員3号に、無線で紅健の声紋と指紋を取ることを指示する鉄面党リーダー。遂にレッドバロンに乗せてもらう時が来た戦闘員3号は、録音装置で紅健の声をこっそり録音してしまう。

『さぁいくぞ・・・ファイトレバーオン!』
(心の声;これで紅健の声紋は取れた。次は指紋を写すことだ)
そんな時、三神博士は健に注意を促すのであった。
『今は非常事態だ。レッドバロンは遊園地の乗り物じゃないぞ』

だが、健が両親と兄を鉄面党に殺された事を知る哲也やマリには、健と同じような立場のシゲルの気持ちが痛い程よくわかるのだ。少しでも慰めることが出来るならというこの気持ちが、まさか命取りになることなど思ってもみない紅健であった。

SSI基地では、ベムパンサー三兄弟の動きが気になっていた。何かを企んでいると読んでいる三神博士や健だが、それが何かは解らない。ある夜、熊野警部のもとに引き取られているシゲルが寝ていてうなされていることを聞いた健は、自分のもとに引き取りたいと言い出す。

非常事態の今、SSI基地は部外者は立ち入り禁止だが、三神博士は健に特例を出すと言ってくれる。健のもとで寝るふりをしたシゲルは、健の手の平から指紋を写し取ることにまんまと成功するのであった。

ベムパンサー三兄弟の動きが変わったことで作戦室に呼ばれた健。健が部屋からいなくなるのを見計らって、その間に基地内にある金庫を開けて、レッドバロンの設計図を盗み見るシゲル。

バロンパンチやエレクトリッガーなどの操作方法をすっかり覚えてしまう戦闘員3号・シゲルは、強奪計画が完了したことを基地へ報告するのだった。これを受けてベムパンサー三兄弟を地上に着陸させる鉄面党と、レッドバロンを出撃させる健。

一方、熊野警部はシゲルの伯母を探し当てて引き取ってもらうつもりでいたところ、シゲルと両親は半年前に交通事故死していることが伯母から知らされたというのだ。つまり、あのシゲルはニセモノであることにマリ、哲也、警部は気付いたのだ。が、今戦っている健は、まだそのことを知らない。

そんな時、シゲルが戦場に現れた。レッドバロンめがけて走ってくるシゲルは、ベムパンサーに砲火を浴びて倒れてしまう。レッドバロンから降りてシゲルのもとへ駈けつける健に、戦場へ着いたマリ達が大声で叫ぶ。

『本当のシゲル君は、半年前に死んでいるんだ!そいつは鉄面党の回し者だ!』
だが、健の優しい心がウソに負けてしまう。苦しそうな顔をしているシゲルに近づいた健は、抱きかかえたシゲルに短剣で胸を刺されてしまう。

傷を負って動けない健の目の前で、戦闘員3号・シゲルはレッドバロンに乗り込み、盗んだ健の声紋と指紋を使ってレッドバロンを操縦することに成功する。
『ウソだ!レッドバロンは、俺以外の操作では動かないはずだ』
『レッドバロンよ、紅健を踏みつぶしてしまえ!』

傷を負って動けない紅健は、今健以外の操縦者によって動いているレッドバロンに踏みつぶされようとしていた。左足が大きく上がって健に足裏を見せているレッドバロンが、そこにいた。
危うし、紅健! (つづく)


★★★★★★★★★★★★
レッドバロンが新シリーズの宇宙鉄面党編になって、唄もオープニング、エンディング共に変わるのだが、歌手名が「団しん也」となっている。筆者が「団しん也」と聞いて真っ先に思い出すのは、物まねである。

だが、今の今まで、物まねの団しん也氏とレッドバロンの歌を歌う団しん也氏が同一人物であることなど、まったく知らずにいた。もう驚いたの何の(笑)。
『スーパーロボット レッドバロン』
第27 - 39話OP『飛べ!!宇宙のレッドバロン』
第27 - 39話ED『斗え!レッドバロン』

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

レッドバロン(19)【宇宙鉄面党編】 [レッドバロン/ギラスQ編]

◎今回は第30話『レッドバロンをあやつる少年』を取り上げます。

脚本;上原正三
音楽;ボブ佐久間
原案;渡辺一彦・斎藤汎司(日本テレビ) 
特撮撮影;大岡新一
監督;外山 徹

《ベムパンサー1号・2号・3号》 登場

【前回までの話は・・・
宇宙鉄面党は、レッドバロンの素晴らしい性能に魅せられて、RB強奪計画を実行に移した。子供に化けた戦闘員3号は、健やマリの眼前で両親を殺されたことで同情を買い、スキだらけになった紅健はまんまと声紋と指紋を盗まれてしまう。今、健以外の者によって操縦されたレッドバロンが、紅健を踏みつけようとしていた・・・】


◆鉄面党リーダーの指示により、戦闘員3号・シゲルは紅健を踏みつけようとして、必死に操縦レバーを引いていた。だが、これ以上いくら力を入れてもレバーは動かない。レッドバロンは左足を上げたまま、降ろさなくなっていた。

『レッドバロン、俺を踏みつけるつもりか!』
『どうした、早く踏みつぶせ!』
『操作レバーが動かないのです・・・』

その時、こちらに向かって突っ込んでくるバイクの轟音に、振り返る鉄面党リーダー。バイクの主は、三神博士だ。この一瞬のスキをついて、マリ、哲也、熊野警部は反撃を開始した。怪我をした健を迎えに行ったマリは、アイアンホークの助手席に健を乗せて、この危機からの脱出に成功した。

だが、レッドバロンは敵の手に渡り、ベムパンサー三兄弟とともにSSIに向かって進撃してくるのだった。ここは一旦退却する以外には手が無いSSIだった。

戦闘員3号・シゲルに操縦されたレッドバロンとベムパンサー三兄弟が、町を破壊している。SSIには、手をこまねいてそれをみているより他に手段が無い。そんなとき、宇宙鉄面党最高司令官ギラスQと名乗る声が、SSIに語りかけてきた。

『紅健とSSIのメンバーは、30分後に希望が原に来い。もし来ない場合は交戦の意志ありとして、レッドバロンに日本全土を破壊させる!』

だが、戦闘員3号に剣で刺されて重傷の紅健は、その時SSI基地内で手術を受けて絶対安静の状態にあった。だが話を聞いた健は、自分も一緒に行くと言う。99パーセント絶望でも、残る1パーセントにすべてを賭けてみたいという。まったく手段が無いわけでは無い。三神博士は、腹案を3人に話して聞かせた。

30分後、希望が原にアイアンホークとジープで乗り付けたSSIメンバーの3人。健、マリ、哲也は鉄面党リーダーの前にゆっくりと出ていく。すると、早速死刑にせよと、リーダーの指示が飛ぶ。
『我々が本当のSSIかどうか調べもしないで、死刑にするのか?』
『何?おい、写真を出せ』

部下が持っていた写真で、3人の顔確認をするリーダー。だが、怪我でやつれた健の顔が、写真と違うような気がしてくるリーダー。そこでリーダーは無線で戦闘員3号を呼び出し、顔を確認させることにした。

ヘッドギア型のマイクを外して操縦席を離れ、レッドバロンの左の肩先に出てきた戦闘員3号は、そこから双眼鏡で紅健の顔をまじまじと観察した。
『間違いありません。その男は紅健です』

と、そのとき、スペースウィングスが、猛スピードでレッドバロンの横を通り過ぎていった。戦闘員3号は風圧で吹き飛ばされ、そのまま地上へ転落して爆発してしまう。

三神博士の腹案とは、これであった。これでレッドバロンの操縦者は、ふたたび紅健ひとりになった。哲也とマリは衰弱している健をかばいながら、鉄面党戦闘員達と戦う。なんとか健を、アイアンホークの助手席に乗せることが出来た。

操縦者のいないレッドバロンは、スペースウィングスからのリモコン操作でドッキングして空へ逃げると、ベムパンサー三兄弟もその後を追跡していった。だが、これは時間稼ぎをしているのであり、戻ってくる頃には三神博士の次の手が出来上がっている頃なのだ。

バイクに乗って、三神博士が到着した。アイアンホークの助手席には、携帯用のレッドバロン操縦レバーが作られていた。三神博士は、新兵器ドリルアローを改造して、レッドバロンを操縦するための装置を仕込んだ。

ドリルアローを両肩にセットして、リモコンでレッドバロンを操縦しようというわけだ。だが、リモコン操作は2キロ以内に距離を保たないと効かないことが、この作戦の弱点であった。

改造ドリルアローが完成し、飛行して来た。レッドバロンの両肩にドリルアローを着装する健。
『ファイトレバーオン!』
『あ、レッドバロンが動いたわ!』

健の操作で、レッドバロンが動いている。バロンパンチを繰り出すと、ベムパンサー1号に命中した。リモコン操縦作戦は、大成功である。だが、衰弱している健には、操縦が思うように行かない。胸から血が噴き出しはじめ苦しい健は、レッドバロンを必死に操縦している。

だが、もう健の操縦は限界に来ているようだった。ロボット三兄弟に、動きの鈍いレッドバロンは袋叩きにされていた。そのとき、ベムパンサー三兄弟の動きが突然おかしくなった。同士討ちする2号と3号。一体どうしたというのか?

そのとき、三神博士が叫んだ。
『コントロールマシンが、変調をきたしたんだ!反撃するなら、今だ!』

それは、熊野警部のお手柄であった。熊野警部は、独自に鉄面党のアジトを捜索していた。普通の一軒家に見えたが、入口にいる見張り2名を倒して潜入した熊野警部は、目の前に戦闘員達が操作している大きな電子計算機のような操縦装置を見つける。

レバーを操作する者やメーターを確認する者、全部まとめて手りゅう弾で吹き飛ばして、破壊することに成功した。その途端に三兄弟ロボットの行動が狂ったのだった。発射したドリルアローが命中して、ベムパンサー1号を破壊したレッドバロン。だが2号と3号は、空へ逃げていく。

『マズい。2キロ以上離れては、リモコンが効かない!』
健は最後の力を振り絞り、自らレッドバロンに乗るつもりなのだ。体力はかなり消耗していたが、なんとか操縦席に乗り込んだ健。

『ファイトレバーオン!』
空へ上昇して、ベムパンサー2号3号を追って行くレッドバロン。アームミサイルを発射しようとするが、弾が出ない。

『こうなったら、体当たり戦法だ!』
レッドバロンの身体は、ニューバロンニウムでできている。高速飛行で体当たりしたら、2体の鉄面党ロボットなどは木っ端みじんに砕け散ってしまうのだった。こうして、熊野警部とSSIの活躍によって、強奪されたレッドバロンは、ふたたび紅健の手に戻ってきたのである。 (終わり)


★★★★★★★★★★★★
紅健とSSIが、ここまで窮地に陥ったのははじめてじゃないかな。真の操縦者以外の人物がロボットを操縦したという点では、過去にジャイアント・ロボでもニセ草間大作が現れたことがあった。バロンもロボも時に人の感情が解るようで、「本物の主人」の言うことしか聞かないところが泣けるなぁ。
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の3件 | - レッドバロン/ギラスQ編 ブログトップ