So-net無料ブログ作成
検索選択
ライダーV3/キバ・ツバサ・ヨロイ編 ブログトップ
前の3件 | 次の3件

仮面ライダーV3(15) [ライダーV3/キバ・ツバサ・ヨロイ編]

今回は、第35話《キバ男爵最後の変身》を取りあげます。

原作;石ノ森章太郎
脚本;伊上 勝
企画;平山 亨 阿部征司
音楽;菊池俊輔
技斗;高橋一俊
監督;内田一作

【前回までの話は・・・
キバ男爵は、キバ一族の切り札とも言える呪いの魔女・スミロドーンを復活させた。スミロドーンは3人のライダーを個別に攻めて倒したが、3番目に襲った2号ライダーの死体を確認しなかった詰めの甘さが致命傷となり、結局は3人のライダーに敗れ去った。これでキバ一族は、キバ男爵が最後の生き残りとなってしまった・・・】


◆◆ある時、デストロンの秘密作戦を知ったと言う男から、ライダー隊本部に電話が入った。追われているから助けてほしいという会話の最中に、男は悲鳴を上げて電話は切れた。位置情報を聞きとっていた立花藤兵衛は、志郎に急行させた。

位置情報から割り出した電話ボックスを捜索していた志郎は、足元に落ちているカギを見つける。どうやらそれはロッカーのカギのようであった。志郎がカギを拾った途端に、志郎を襲う新怪人。
『ウォー!キバ一族の最後の一員、吸血マンモス!』

吸血マンモスは、志郎が拾ったカギを欲しがった。秘密作戦と関連があるとみた志郎は、必死に抵抗する。だが吸血マンモスの長い鼻が志郎の首に巻き付き、右へ左へと空を舞うように引っ張られて、何度も地面に叩きつけられてしまう。

だが、デストロン・ハンター佐久間ケンが吸血マンモスの背後から鉄棒で殴りつけ、志郎を助けようとするのだった。怪人が佐久間に気を取られている間に、志郎は問題のカギを佐久間ケンに投げて託すと、逃げるように言った。

『ケン、お前じゃ無理だ。このカギを頼む!』
『逃がすものか!』

吸血マンモスの気が逃げる佐久間ケンに向いている時に、首に巻き付いた鼻を解いた志郎は、ライダーV3に変身した。

後を追う吸血マンモスは逃げる佐久間ケンに追い着き、カギを出すように言うのだった。
『カギはどこだ!』
『カギはここだ!ケンに渡したカギは、ニセモノだ』

吸血マンモスが欲しがったカギは、最初から志郎が持っていたのだ。佐久間ケンを助けだしたV3は、ハリケーン号にケンを乗せると、この場を急ぎ脱出するのだった。

拾ったカギは、ある駅のコインロッカーのカギであることが判り、志郎とケンはそのロッカーを開けて、保管されていた3枚の写真を手に入れた。写真の人物は、ミヤモト経済長官、ナガタ科学局長といった政治経済界の大物である。

デストロンは、日本の頭脳とも言うべき人物を狙って、何を企んでいるのだろうか?

『キバ男爵。秘密作戦の準備は整ったか?』
『日本頭脳改造作戦。今度の作戦は、絶対に成功させます!』

キバ男爵は、日本を動かす政治・経済・文化の重要人物をさらい、デストロンの言う通りに動く様に脳改造してしまう作戦を企てていた。デストロン首領は、キバ男爵に最後の機会を与えると同時に、失敗は許さないことを告げるのだった。

『キバ男爵。失敗の時は、キバ一族最後の時と心得よ!』
キバ男爵は、最初にミヤモト経済長官を狙った。お付き運転手に化けた吸血マンモスが長官の車を乗っ取り、アジトへ連れて行こうとした。

長官の車が走るコースを見張っていた志郎は、V3に変身して長官を奪還することに成功する。だがV3が長官を助けている間に、他の2名はすでにさらった事を告げる吸血マンモス。ナガタ局長はエレベータ内で、ミヤモト総監は取材と称して、それぞれ戦闘員達によって拉致されてしまった。

吸血マンモスは太鼓の音が聞こえてくると、ライダーV3と戦うことを止めて逃げて行くのだった。太鼓の音が誘拐成功の合図であった。

V3は、ホッパーを飛ばして逃げる吸血マンモスを追うが、逃走車に乗っていたのは人形で、V3が車のドアをあけた途端、大爆発してしまうのであった。一瞬早く脱出したV3は難を逃れたが、吸血マンモスの行方は分からなくなってしまう。

アジトでは、さらってきた2名の閣僚を改造する準備が進められていた。キバ男爵は、ドーブー魔法医術と称する改造手術に着手しようとしていた。だが、首領はストップをかける。リストの3名が全員揃っていないことが、首領には不満であった。

『デストロンは常に完全を要求する。今一度、ミヤモトをさらうのだ!』
首領の指示に従い、ミヤモト経済長官をさらうまで、2名の手術は延期されることになった。

一方、ミヤモト経済長官が再び狙われることは分かっているので、志郎は長官に化けて待つことにした。鏡を見ながら、髭を着けカツラをつけ・・・だんだんとミヤモト長官になりすましていく志郎。だが、藤兵衛やシゲルは、似てないとか、若すぎるとか、すぐそばで文句ばかり言っている(笑)

だが、仕上げを見たみんなは驚く。ミヤモト長官そのものではないか!(笑) ミヤモト邸で待機していると、案の定、夜になって太鼓の音が聞こえ、キバ男爵から電話がかかってきた。
『デストロンの手術室まで、おいで願おう・・・』

キバ男爵自らがミヤモト邸にやってきて、捕まったミヤモト長官はアジトの牢屋に入れられてしまう。牢屋内でぐったりしているさらわれた二人の閣僚に、助けに来たことを告げるニセのミヤモト長官。だが、その二人はデストロン戦闘員の変身だった。

キバ男爵は、ニセのミヤモト長官であることを察知していたのだ。しかも、本物のミヤモト長官は、すでにキバ男爵が捕らえていた。

変装を解いた風見志郎は、牢屋内の戦闘員達と戦わざるをえない。キバ男爵は、志郎が戦っている間にミヤモト長官たちの手術をしてしまうつもりであった。ブードー魔法医術で、額を切り裂こうとするキバ男爵。

志郎はV3に変身すると、ハリケーン号を呼んでアジト内を走り回り、3名の閣僚を助けだすことに成功する。アジトから脱出したV3と三人の閣僚の前に、キバ男爵が立ち塞がった。

『V3。キバ一族の誇りと栄光をかけて、絶対に貴様を殺す!』
『キバ男爵。悪の集団に誇りも栄光も無い!』

V3は三閣僚を先に逃がして、キバ男爵との最終決戦に臨んだ。キバ男爵はついに正体を現す。
『キバ男爵の正体は、吸血マンモスか!』

『怒れ、悪の大地!』
吸血マンモスは、ゾウの足の形をした左手で地面を何度も何度も叩くと、付近は巨大地震のように大きく揺れた。

激しい揺れのために、V3は戦闘員もろとも崖から転落してしまう。頭部から生えた巨大な2本のキバの先端が割れて、ロケット弾がV3を襲う。

V3は接近戦に持ち込んでパンチを繰り出すが、今度はゾウの鼻が首に巻き付いて、絞殺しにかかってくるのだった。V3は、その長い鼻を引っ張るように投げた。吸血マンモスは宙を飛んで地面に叩きつけられ、ひるんでしまう。

この好機を逃さず、V3の回転三段キックが炸裂すると、吸血マンモスは崖にぶつかって斜面を転がり落ち、キバ男爵の姿へと戻っていた。息がはずんだまま、自分の最期をさらすキバ男爵。
『キバ一族、遂に滅ぶ・・・キバ一族の火よ、消えよ・・・』

キバ男爵は大爆発して果てた。どこからか、デストロン首領の声がV3に話かけてきた。
『聞け!V3・・・キバ一族は滅びた。だがより凶悪なる集団が、やがてお前の前に姿を見せる!その名はツバサ大僧正が率いるツバサ軍団!・・・』 (つづく)


★★★★★★★★★★★★
今回の敗因は、首領が原因だと言えるだろう。首領の完璧主義が、先に誘拐した閣僚の改造手術を妨げ、結果として、手術の直前にライダーV3に助け出されてしまうことにつながっていくからだ。

仮面ライダーV3(16) [ライダーV3/キバ・ツバサ・ヨロイ編]

今回は、第36話《空の魔人ツバサ軍団》を取りあげます。

原作;石ノ森章太郎
脚本;伊上 勝
企画;平山 亨 阿部征司
音楽;菊池俊輔
技斗;高橋一俊
監督;内田一作

【前回までの話は・・・
キバ一族の命運を賭けた日本頭脳改造作戦は、首領の完璧主義が足を引っ張る形で失敗に終わり、キバ男爵は吸血マンモスに変身してV3に挑んだが敗れ去った。首領はキバ一族が滅ぶことを予知していたのか、次の軍団を日本に呼び寄せていた。その名はツバサ大僧正率いるツバサ軍団・・・】


◆◆『待っていたぞ、ツバサ大僧正!チベットの卍(まんじ)教の教祖として恐れられるツバサ大僧正!私は大いに期待しているのだ』

怪人達よりも一足早く日本へ上陸したツバサ軍団長・ツバサ大僧正に期待を寄せる、デストロンの首領。ツバサ軍団の怪人たちは集団で空を飛び東京上空に出現、それを見た人々を不安にさせた。

立花藤兵衛は、東京上空に出現した鳥の群れはデストロンと関係があるものと推測し、志郎と佐久間ケンに鳥の群れを追わせた。デストロンの首領は風見志郎に、ツバサ大僧正とツバサ軍団の出現を預言していた。

だから東京上空に出現した鳥の大群は、ツバサ軍団に間違いないと志郎は思った。だが、志郎とケンが追っていた鳥の大群は、途中で姿を消してしまうのだった。

伊沢トシコが自宅の前で珠シゲルと別れようとした時、オレンジ色の袈裟を来たお坊さんがトシコの家を見て、悪霊が取り付いていると予言した。シゲルはバカにしたがトシコは恐くなり、お祓い(おはらい)をすれば直るというお坊さんの話を信じて、自宅へ招くのだった。

トシコが連れてきたお坊さんを不気味に思う母だったが、父は娘の優しい気持ちを思い、好きなようにさせてあげた。ところが、お祓いの声が聞こえなくなったので母が部屋へ行ってみるとトシコが倒れており、助けようとした母も倒れてしまう。

ライダー隊本部に帰っていたシゲルは、トシコの家の前で出会ったお坊さんのことが気にかかり、藤兵衛や志郎にその話をするのだった。
『変なお坊さんが、友達の家に悪霊が付いているから死人が出ると予言したんだ・・・』

トシコの父が、「原子科学研究所」の所長をしていると聞いた志郎は、これはおかしいと直感した。デストロンが絡んでいるとみた志郎は、すぐにトシコの家へ向かうのだった。

その頃トシコの父は、ツバサ族の怪人・火焔コンドルに、原子科学研究所の施設をデストロンに渡すよう脅かされていた。
『断れば、妻や娘の命は無い!』

『そうか、デストロンの狙いがやっとつかめたぜ・・・』
志郎は間に合った。伊沢を助けると、火焔コンドルの前に立ちはだかった。口から吐きだす火焔をかわすと、伊沢を部屋から逃がしたあとに変身する志郎。

『ふむ。ヘンシン、ブイスリァー!』
部屋から逃げ出す火焔コンドルを追っていくライダーV3。鋭い口ばしでV3の目玉を攻撃する火焔コンドル。パンチとキックで反撃するV3に対し、飛行して逃げだす火焔コンドル。

姿を見失わないようホッパーを打ち上げて、V3はハリケーン号で火焔コンドルを追跡した。だが、妨害電波を出され、怪人を見失ってしまう。火焔コンドルはV3の真上にいた。急降下して鋭い爪でV3をつかむと、上空へ舞い上がってそこから地上へ落下させるのだった。

地面に激突したV3に火焔コンドルが火焔を浴びせると、V3は爆発してしまう。V3は空を飛ぶ怪人の前に、敗北を喫してしまう。しばらくして、ヤケドと怪我を負った志郎が姿をみせた。
『空ではキックもパンチも通用しない。ツバサ軍団と戦うには、もっと力が・・・』

一方、首領の前で、ライダーV3など敵では無いと宣言するツバサ大僧正。
『空中戦に持ち込めば、ライダーV3もツバサ軍団の敵ではありません!』

志郎はツバサ軍団と戦うために、立花藤兵衛に特訓を依頼するのだった。
『おやっさん、空を飛ぶ訓練をしたいんです・・・』
『おまえ、気でも狂ったのか?第一、怪我をしてるじゃないか!』

『すこしでもいいんです。怪我は治るが、デストロンに狙われる人達は二度と生き返って来ないんです!お願いします!』

立花藤兵衛は、自分の怪我を押してまで特訓を受けようとする志郎の心意気に礼を言い、特訓に協力するのだった。空を飛ぶ特訓とは、鉄塔の上から飛び降りるという訓練から始まった。滞空時間をできるだけ長くして着地するという訓練だった。

そんな時、ライダー隊本部があるスポーツ用品店前に、オレンジ色の袈裟姿のお坊さんが現れた。シゲルはビックリして姉の純子に知らせるが、純子は怪しいお坊さんの跡をつければ隠れ家が判ると言って、シゲルと一緒に追跡をすることにした。

だが、これは二人をおびき出すためのワナであった。二人は機関車公園におびき寄せられて、火焔コンドルに捕まってしまう。ライダー隊本部に通信が入り、純子とシゲルを預かっていると火焔コンドルは告げるのであった。

火焔コンドルは、前の戦いでV3を負傷させているので、傷が治るまで隠れていると思いこんでいた。純子とシゲルの命と交換に、ライダーV3の居場所を教えるよう立花藤兵衛に要求する火焔コンドル。

立花藤兵衛は火焔コンドルと交渉するために、ひとりで機関車公園にやって来た。純子とシゲルが無事なことを確認した藤兵衛は、V3の居場所を話そうとする・・・。すると思いもよらず、機関車の窯の中からV3が出現した(笑)

不意を突かれた火焔コンドルは、純子とシゲルをV3に奪還されてしまう。藤兵衛のもとへ二人は預けられ、V3は火焔コンドルと勝負に出るのだった。

戦闘員を蹴散らしたV3は、火焔コンドルとビルの屋上で対戦する。火焔コンドルが飛行していくのを見たV3は、自身も空へジャンプする。その際に、あらかじめ呼んでおいたハリケーン号を飛行させておいたV3。

ハリケーン号のシート部分を足場にして力を溜めると、ビッグスカイパンチ、ビッグスカイキックを繰り出した。火焔コンドルは技を受けて真っ逆さまに落下していき、地上に激突して大爆発してしまうのだった。

アジトで赤々と燃えていた炎が急に消えて、ツバサ大僧正は火焔コンドルの敗北を知るのだった。
『くそー・・・火焔コンドルはライダーV3のえじきになりおって・・・見ておれ、V3!』
赤い仮面をつけた大僧正の顔が、怒りに震えていた。 (終わり)


★★★★★★★★★★★★
ツバサ軍団は東京上空にたくさんの数で出現したが、実際に登場したのは、ツバサ大僧正の正体■■■■を含めて5人だけであった。

仮面ライダーV3(17) [ライダーV3/キバ・ツバサ・ヨロイ編]

今回は、第40話《必殺!V3マッハキック!》を取りあげます。

原作;石ノ森章太郎
脚本;海堂 肇
企画;平山 亨 阿部征司
音楽;菊池俊輔
技斗;高橋一俊
監督;内田一作


◆◆首都圏にあるいくつかの団地で、人が消える事件が多発していた。ある団地に住む小学生の小川キヨシは、毎日学校へ行く前に、兄を手伝って朝刊配達をしていた。両親がいないこの兄弟は、毎日を必死に生きているのだ。

学校から帰って来たキヨシは、兄の行方が分からないことに不安を抱く。どこかへ出かけたならば、必ず置き手紙をしていく兄だったからだ。キヨシは、団地の周辺に人が集まっているのでそこへ行ってみると、自転車と朝刊が散乱しているのだった。

『こんな所へ新聞を置いたまま、いなくなるような兄ちゃんじゃない!きっと何かあったんだ・・・』
心配するキヨシをすぐに安心に変えたのは、むこうから兄がやって来るのが見えたからだった。
『兄ちゃん!』

非常階段から落ちて怪我をしてしまったと説明する兄だったが、抱き着いた瞬間、なにかが違うと感じるキヨシ。だがその時は、それは気のせいだと思っていた。

ある日、キヨシは同級生のシゲルのもとへ相談に行くのだった。それは、兄の行動にいくつか不可解な点があるからであった。

『キヨシ君の考えすぎじゃないか?生死の世界をさまようと、性格が変わるっていうよ』
『そうかな・・・食べ物の好き嫌いも変わるのかな?ご飯を食べなくなったんだ。それで夜中にコッソリ家を抜け出して、何かを食べてるんです・・・』

そこでシゲルは、兄に見つからないようにキヨシの家に隠れて夜を待った。夜中になってそっと起き上がった兄は、キヨシが寝ていることを確認すると外へ出ていくのだった。キヨシとシゲルは、そのあとをつけていく。

夜中の公園に来て、ピョンピョン飛びながら何かを捕まえているキヨシの兄。大木の陰に隠れてその様子をじっと見ているキヨシとシゲル。キヨシは何をしているのか知りたくなり、懐中電灯で兄を照らしてみた。

なんと兄は、蛾を採ってムシャムシャと食べているではないか!
『オレの身体にいる「ヒマラヤの悪魔」のヴィールスを養うためだ・・・』

デストロンの戦闘員と怪人死人コウモリが出現して、キヨシとシゲルは捕まってしまうのだった。
『兄ちゃんをどうした!』
『小僧。お前の兄は、デストロンの戦闘員になったのだ・・・』

キヨシの兄は、朝刊配達の途中で死人コウモリに襲われ、体内に「ヒマラヤの悪魔」と呼ばれるヴィールスを注入されてしまっていた。キヨシの兄は死人コウモリのあやつり人形となって、団地内の人々を夜な夜な死人コウモリのえじきにしていたのだった。

そこに風見志郎が現れて戦闘員たちに連れて行かれようとしているキヨシとシゲルを救い出すと、ふたりを逃がしてからV3に変身して、死人コウモリに挑戦するのだった。

ところが、逃げる途中でキヨシだけが逃げるのを止めて、大木の陰からV3対怪人の戦いを見ようと留まった。危ないから帰ろうと言うシゲルに対し、キヨシはV3が怪人を倒すところをどうしても見たくて、そこに留まるというのだ。

だが死人コウモリは強敵であった。V3の両脚を持って空中高く飛ぶと、高速回転してV3を投げ捨ててしまうのである。V3は何もできずに落下していき、偶然にもキヨシとシゲルが隠れていた大木に激突してしまう。

V3が激突した衝撃で、キヨシは大怪我を負ってしまう。瀕死のキヨシと無事だったシゲルをハリケーン号に乗せると、V3は急いでその場を去っていくのだった。

病院ですぐに手当てを受け、キヨシは命を取り留めたものの、身体の傷以上に心の傷が深いと医師は告げた。目の前で見たV3の敗北が、キヨシの心に大きなダメージを与えていたのだ。

一方、怪人に敗北を喫した志郎も、身体の傷以上に落ち込んでいた。立花藤兵衛は、なんとかしてキヨシを助けてあげたいと思う。そのためには、志郎に立ち直ってもらう以外には無いのだ。心を鬼にして、志郎に喝を入れる藤兵衛。

V3はどんな時でも、無敵であってほしい。しかし、敗北した志郎の口からは、弱音しか出て来なかった。
『おやっさん・・・あの怪人は、強すぎるんです・・・』

だが、志郎は気持ちを切り替えて、死人コウモリ対策に乗り出した。志郎はV3に変身すると、足首にロープを結んでクレーンから吊るされた状態になり、特訓を始めた。足首をつかまれ、上空から高速回転して放り出される前に、死人コウモリの技を破る特訓を・・・。

立花藤兵衛も現場に姿を現し、二人三脚でこの特訓をやり遂げたV3は決戦を挑むべく、死人コウモリを探しに出かけた。だが、ヤツはどこにいるのか?そこでV3は港湾へ行き、自分の腕を切ってその血のニオイで、死人コウモリを誘いだす作戦にでた。

案の定、海風が運んだ血のニオイを嗅ぎ付けて、死人コウモリはV3の前に出現した。対戦する二人はパンチとキックの応酬のあと、死人コウモリはV3の両脚をつかんだまま上空高く飛んで行く。

前回同様に死人コウモリは、上空で高速回転してV3を投げ捨てたが、特訓の成果をみせるV3は、投げられた直後に身体を90度に折り曲げ、ブーメランのように戻ってきて怪人にキックする技をあみだした。名付けて、V3マッハキック。

死人コウモリはマッハキックで両腕の翼を折られ、地面に倒れながらバタバタともがいてツバサ大僧正の姿に変わってしまった。死を覚悟したのか、ツバサ大僧正は自分の棺桶を用意していた。
『デストロン首領よ、永遠に栄あれ!』

自分の棺桶に入ってフタを閉めると、大爆発してしまうのだった。
『キヨシ君。私は勝ったぞ!』

キヨシの兄を奪還して連れ戻してくれたV3。病室のキヨシのベッドの横で、ささやく様に耳元で死人コウモリを倒したことを報告するV3。「だから早く傷を治すよう頑張れ」とV3が勇気づけると、キヨシは元気になることを約束して、力が湧いて来るのだった。

ツバサ軍団とツバサ大僧正は、ライダーV3が残らず倒した。デストロンの首領は、死人コウモリが作戦行動を起こしている最中であるにもかかわらず、すでに次の大幹部となる人物を東京へ上陸させていたのである。  (終わり)


★★★★★★★★★★★★
マッハキックの論理は、よくわからない。マッハキックを、どのように表現すればいいか迷った。画面の映像と自分の理解で書いた表現と、そんなにひどくは間違っていないとは思うが・・・。
(追伸) キヨシの兄が身体に注入された「ヒマラヤの悪魔」というヴィールスを治す方法については、ドラマ内では語られていない。

前の3件 | 次の3件 ライダーV3/キバ・ツバサ・ヨロイ編 ブログトップ