So-net無料ブログ作成
検索選択
シルバー仮面 ブログトップ
前の3件 | 次の3件

シルバー仮面(4) [シルバー仮面]

今回は、《第10回 燃える地平線》を取りあげます。

脚本;上原正三
監督;佐藤静夫
宇宙人デザイン;池谷仙克
音楽;日暮雅信
ナレーター;森山周一郎

【タイタン星人】登場

【前回までの話は・・・
体に隠された光子ロケットの秘密を探る、春日兄妹の逃亡生活は続く。海岸から見える水平線の彼方に、昭和46年元日の陽が昇ろうとしていた。海岸で薪を燃やして、ひとみが作った雑煮を食べながら、父の夢を実現するために頑張ることを誓う兄妹たち。
行く先々で、光子ロケットの設計図を狙う宇宙人たちが襲撃してくる。ゴルゴン星人、ソロモン星人、ドミノ星人etc.・・・。疲れのみえる末っ子はるかを大阪の東南大学にいる阿部教授のもとへ送り、4人で逃亡生活を続ける兄妹に、タイタン星人が迫って来た・・・】


◆富士山が間近に見えるある部落へたどり着いた春日兄妹が、そこで車を降りて休憩をしていると、ライフル銃で襲撃してくる者がいた。兄妹が急いで逃げ込んだ民家は空き家だったが、そこへライフル銃を盛んに撃ち込む男。まるで、兄妹が逃げる様子を楽しんでいるかのようであった。

このまま空き家の中にいても、らちが明かない。光一は東京で会うことを約束して、裏口からひとみをまず逃がした。そして、光二、光三と共に民家の前に停めてある車に乗って、逃げることにした。この村の奥へと逃げてきたが、しつこく追ってくるライフルの男。

光三がスペクトルグラスをかけてみると、ライフル男はカミキリムシのような顔をしたタイタン星人であった。タイタン星人は、極悪非道な宇宙人である。春日兄妹から光子ロケットの秘密を奪うと同時に兄妹を奴隷として使い、ロケットを完成させるつもりであった。

人間体のタイタン星人は、光一たちに襲いかかり格闘となるが、なぜかスキを作って光一たちを逃がしてしまう。不審に思いながら、光二はひとみに連絡するが、連絡が取れない。東京の叔父の元へ身を寄せているはずなのだ。

ひょっとして、タイタン星人に襲われたのでは・・・三人はすぐに、東京へと向かった。叔父の家で待っていたのは、包帯姿の叔父の土下座姿だった。
『すまん。ひとみちゃんを宇宙人にさらわれた・・・わしも戦ったが、ホレこの通り、重症を負った』

『ひとみは、どこへ連れて行かれたんです?』
『光子ロケットの格納庫へ行くと言っておった。今日の午後3時までに降伏しなければ、ひとみを殺すと言っていた・・・』

春日式光子ロケットの本体はすでに完成しており、未完成なのはエンジン部なのだ。この光子エンジンが無ければ、光子ロケットは無用の長物にすぎない。

いつも血気盛んな光三が、今日は弱きだった。
『姉さんを救うには、俺たちが降伏するしかない・・・』

一方でいつも冷静な光一、光二は、覚悟を決めていた。
『今をおいて、やつらと戦うチャンスはない。奴隷にされてからでは、遅いからな』
『俺たちの力で、ひとみを救い出そう!』

怪我をした大原の叔父を残し、光一、光二、光三は、光子ロケットの格納庫へ向かった。
格納庫のトビラを開くと、そこには絞首刑台の13階段が作られてあった。軍服姿の男が、捕らわれたひとみを連れてきた。

軍服姿の隊長は、余裕のある笑みを浮かべて、こう告げた。
『降伏しに来たのか?・・・』
『はっきり言う。お前達の奴隷になるつもりはない!』

『妹が死んでもいいんだな?・・・』
軍服の男は、絞首刑用のロープの輪にひとみの頭をくぐらせ、処刑ボタンのスイッチに指をのせた。
『・・・待て!わかった。妹を助けてくれ』

『兄さん!奴隷として生きるくらいなら、死んだ方がマシよ!』
『ムフフフ・・・今日から春日兄妹は、タイタン星人の奴隷として働くのだ・・・ムハハハハ』

ひとみの首からロープが外された時、4人は目で合図した。光一と光三は、周りにいる数人の軍服の男達に殴りかかり、光二は掛け声でシルバー仮面に変身した。
『アタック!』

光一、ひとみ、光三を格納庫から逃がしたシルバー仮面は、軍服姿の隊長へ向かって突撃した。シルバー仮面という思いもよらない敵が現れ、軍服姿の隊長は焦った。隊長はタイタン星人に変身すると、右手のムチでシルバー仮面に襲いかかってきた。

キック、パンチをタイタン星人に浴びせるシルバー仮面。タイタン星人は、ダイナマイトのような武器に火を点けて、シルバー仮面に投げつけた。だが、爆発するより一瞬早く、それを投げ返したシルバー仮面。タイタン星人の身体に引火して、星人は大爆発してしまった。

みんな、それぞれがよく戦った。硝煙の中を集まり、互いに奮闘を称え合った。
『光二、みんな、よくやった。俺たちは勝ったんだ!タイタン星人に・・・』
『格納庫が心配だ・・・行ってみよう!』

燃えることもほとんど無く、格納庫のロケットは無事だった。ふと見ると、格納庫の壁に手型が浮かび上がっていた。
『これは、父さんの手形だよ!』

壁の手形に向かって右側あたりには、何か文字らしきものが・・・。表面を手でなでると文字が浮かびあがり、文章となって読める。それは、こう読めた。

 我が息子たちへ
 右手を合わせよ
 未来は君達の世代

父の手形の上から、光一が右手を乗せ、光二が、ひとみが、光三が右手の平を順に乗せていく。すると、向かい側の壁に突然、光子ロケットの方程式が次々と鮮やかに浮かび上がっていった。それらは読み取るには十分な時間、浮かび上がっていた。

やがて方程式は、夕陽が沈むようにゆっくりと薄くなって消えた。そして、今まで方程式が映っていた壁が上へあがって行き、その奥から完成された光子ロケット・エンジン2基が出現したのだ。

こんな所に完成されたエンジンがあるなんて・・・驚く4人の兄妹。今日までの苦労が報われる瞬間が来た。ここまで、やれることは兄妹力を合わせてやってきたつもりですと、光一は心の中で父に告げた。

『お父さんは、私達に戦い取ることを教えたかったんだと思うわ・・・』
『きっとそうに違いない・・・』
女性ながら勇敢なひとみは、そう思った。

『僕達は今、父さんの熱い魂に触れることができました。光二も、ひとみも、光三も、はるかも、みんな立派に戦いました。褒めてやってください!』
長男として、兄妹たちをここまで教示してきた光一は、心にグッとくるものがあった。

2基のロケットエンジンは、兄妹がこれを見つけた時に、自動的にロケット本体後部へセットされる様に仕組まれていた。末っ子のはるかを除く4人の兄妹が見守る中、エンジンのセットを終えた光子ロケットは、格納庫からいつでも飛び立つことができるようになった。 (つづく)


★★★★★★★★★★★
宇宙人が光子ロケットを狙う理由は、地球人に持たせると必ず戦いに用いるから危険だ、というのである。過去の地球人のたどった歴史は戦いの歴史であり、相手から奪うという歴史はこれからも変わらないというのが、宇宙人側の言い分である。
21世紀の今でも、相手と互角に渡り合うためにロケットを武器として開発しているブタ野郎の国がある。やはり宇宙人の言っていることは、正しい。

nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

シルバー仮面ジャイアント(5) [シルバー仮面]

今回は、《第11回 ジャンボ星人対ジャイアント仮面》を取りあげます。

脚本;佐々木守
監督;田村正蔵
特技監督;大木 淳
宇宙人デザイン;池谷仙克
音楽;日暮雅信
ナレーター;森山周一郎

【サザン星人】登場

【前回までの話は・・・
春日兄妹の放浪の旅は続く。富士山麓のある部落で休憩中の兄妹は、タイタン星人の襲撃を受けてしまう。執拗に付け狙う星人からひとみを守るため、東京の叔父の家へ逃がしたが、星人は叔父を襲撃してひとみを捕らえてしまう。
光子ロケットの格納庫で人質にされているひとみを救うべく、光一、光二、光三は全力でタイタン星人に立ち向かった。タイタン星人を撃破してひとみを奪還した3人は、格納庫で光子ロケットの秘密を見つける。そしてそこには、完成した2基のロケットエンジンがあった。春日兄妹は完成した光子ロケットで、宇宙平和を守る旅へ出発しようとしていた・・・】


◆星人たちとの戦いの日々を乗り越え、とうとう光子ロケットを完成させた春日4兄妹。今日は、その光子ロケットで宇宙パトロールへ出発する日であった。計器点検に余念がない兄妹たちは、楽しそうであった。

それもそのはずである。父の夢を遂に実現させることができるからだ。銀色の宇宙服を着用して、計器点検をしている4人。と、そこに現れたのは、宇宙研究の権威、津山博士であった。光子ロケットを完成させたという話を聞いた津山博士は、重大な話を持って春日兄妹のもとを訪れた。

『博士。どうしたんです、何か起こったんですか?』
『光一君、頼みがある。実は、月、ラファリウス星、アンケプロ星の各研究ステーションからの連絡が途絶えたんだ。偶然とは思えん。原因を調べてくれないか』

三つの研究ステーションが一度に連絡を絶ったことは、どう見ても変だ。すると、光三が口を出した。
『兄さん。それは宇宙人がやったことに決まってるぜ!』

光三は、さっき光一に怒られたばかりだった。光子ロケットで、父の仇の宇宙人を叩きつぶすと言った光三。それを聞いた光一は、そういうつもりならお前を置いていくと言い出す。

『光三。この光子ロケットは、戦うためのモノじゃないぞ!』
『そうよ。お父さんが地球と宇宙の平和を守るために・・・』

ひとみが、そう言いかけた言葉を遮り、あくまでも宇宙人は地球を狙っていることを強調する光三だった。だから津山博士の話は、光三にとって自分の主張が正しいことを証明できるチャンスなのだ。

光子ロケットは、20世紀末に運航を終えたフランスの飛行機コンコルドのような形をしている。だが、飛び立つ時はアメリカのアポロのように発射台に支えられ、噴射口を下にして大地に垂直に立っていた。

『秒読み開始!10、9、8、・・・』
『・・・3、2、1、0 ファイヤ!』

光一が発射スイッチを押すと、エンジンに点火して轟音がとどろき、ゆっくりと上昇を始めた。春日式光子ロケットはあっという間に地球を離れ、真っ暗な宇宙空間へ突入していった。

最初に月の研究所を訪れる、光子ロケット。月面に着陸を試みる光子ロケットは、機体底面からジェットを噴射して垂直降下した。ひとみを残して、月面研究所へ向かう3兄弟。

そこで3人が見たものは・・・月面研究所の残骸であった。そして、見たことも無い絵柄の旗が立ててある。日の丸は踏みつぶされて、グチャグチャになっていた。
『いったい、誰がこんなことを・・・』

次の目的地ラファリウス星でも、最後のアンケプロ星でも、月面研究所と同じ光景が3人を出迎えた。ラ星もア星も破壊尽くされた研究所の残骸と一緒に、月で見たものと同じ知らない絵柄の旗が、それぞれに立てられていた。それは、敵陣地を取ったしるしとしてのようであった。

最後のアンケプロ星には、その旗の持ち主がまだ残っていた。光一たちの目前に立ちはだかるのは、不動明王のような顔をした謎の巨大星人だった。
『宇宙は、我がサザン星人のものだ。地球人の進出は、断じて許さない!』

口から火炎を吐いて、光一たちに襲いかかるサザン星人。光二はシルバー仮面に変身して、巨大なサザン星人立ち向かうのだった。
『アタック!』

だが、いくら超能力を身に付けているとはいえ、等身大のシルバー仮面に、50メートルはありそうなサザン星人を倒せるはずもない。勝負は見えていた。弾き飛ばされ、蹴飛ばされてしまうシルバー仮面。

サブエンジンに点火して、離陸準備に備えるひとみ。光一と光三が戻ってきた。シルバー仮面の変身を解いて、光二が今戻ってきた。
『よし、出発!』

だが、垂直上昇中の光子ロケットに、サザン星人が襲いかかってきた。サザン星人に突き飛ばされてしまう光子ロケット。光子ロケットは、なんとか破壊は免れて地球への針路を取り、飛行態勢を整えることに成功した。

なんとか安定を保ちながら地球への航路を飛行していた光子ロケットだったが、アンケプロ星脱出の時のショックが、やはり制御を不能にしていた。このまま地球の大気圏へ突入しても、エンジン制御不能では大地に激突してしまう。

後方のエンジン室が大きな音を立てて壊れた様子だ。
『危ない!光子エネルギーを浴びないように、一か所に集まるんだ!』

光一の指示で操縦席付近へ集まり、身を縮める兄妹。光二はシルバー仮面に変身すると、自分の身体を壁代わりにして、光子エネルギーが兄妹に降り注がないよう遮断をした。

『エンジンはどうだ?』
『駄目だ。皆、覚悟してくれ・・・死ぬときは一緒だぞ!』

光二の問いかけに、絶望感が漂う光一の言葉。光子ロケットは大気圏に突入して、機体表面温度は高温になっていく。高温高速のロケットの機体は、大地に向かって突っ込んでいく。エンジン部から煙を出しながら、岩山へ突っ込んで大爆発する光子ロケット。

大爆発の炎と煙が昇る中、巨大な何かが姿を現した。煙がだんだん薄くなり、正体を現したのは巨大化したシルバー仮面であった。身長が50メートル近くありそうな姿に変わってしまったシルバー仮面は、もはやシルバー仮面ジャイアントと呼ぶべきかもしれない。

光子ロケットが大地に激突して大爆発する直前に、光子エネルギーを浴びて生まれたシルバー仮面ジャイアントに助けだされた3兄妹は、怪我も無く彼の手の中で気絶していた。

光子エネルギー漏れという事故があったにも関わらず、大事に至らずに地球へ戻って来られた春日兄妹。4人は直ちに津山博士の研究所へ行くと、宇宙で見てきた事、巨大なサザン星人が地球人の宇宙進出を許さないと言っていたことを、報告した。

気を失っていて、自分たちが無事でいることが不思議でならないひとみ。今までの経緯を聞いた津山博士は、エンジンが破壊された時に漏れた光子エネルギーが作用して、シルバー仮面に新しい力が加わったことが考えられると言った。

これから4兄妹は津山宇宙科学研究所の所員となって、博士に協力しながら、新しい光子ロケットを造ることを、博士に了承してもらうのだった。

サザン星人が、とうとう地球にやって来た。そして、月やラファリウス星でやったように、破壊尽くした町にサザン星のマークの旗を立てて行った。巨大星人の襲来を告げる緊急連絡が研究所に入り、ひとみと光三が車で様子を見に向かうと、やはりそれはサザン星人であった。

『こちらひとみ。富士山ろくの町で、あのサザン星人が暴れています!』
『俺、行ってくるよ!』

光二はそう言うと、両手を左右に水平に広げ、手のひらを握りしめたまま、(拳法の構えのように)ひじを直角に曲げた腕を腰に添えると、「シルバー」と叫んでジャンプした。

空中で前方宙返りをしてシルバー仮面ジャイアントに変身した光二は、タイムトンネルの中を走り抜けて、あっという間にサザン星人のいる富士山ろくへ到着した。富士山ろくで展開する、巨大星人対ジャイアント仮面の対決。

ベルトのバックルから出すシルバーサーベルでサザン星人の腹部を射抜き、とどめは頭部にある突起から出すシルバー光線。シルバー光線を浴びたサザン星人は、大爆発して死んだ。

光一は3人に向かって告げた。
『いつまたサザン星人のようなヤツが現れるかもしれない。1日も早く新しい光子ロケットを完成させるんだ!』(つづく)


★★★★★★★★★★★
第11回から巨大ヒーロー物となったシルバー仮面は、タイトルも「シルバー仮面ジャイアント」と改める。内容的にも以前より明るい感じに改められているが、それは津山博士の小学生の娘・リカのマスコット的存在が大きい。津山宇宙科学研究所を拠点に、宇宙人との戦いに巻き込まれる津山博士役を、岸田森氏が演じている。

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

シルバー仮面ジャイアント(6) [シルバー仮面]

今回は、《第12回 恐怖のサソリンガ》を取りあげます。

脚本;上原正三
監督;田村正蔵
特技監督;大木 淳
デザイン;池谷仙克
音楽;日暮雅信
ナレーター;森山周一郎

【ローム星人】
【サソリンガ】登場

【前回までの話は・・・
光子ロケットで宇宙パトロールへ出発する春日4兄妹は、出発直前に津山博士から緊急の依頼を受けた。宇宙への進出で、人類が初めて作った研究ステーションとの連絡が取れなくなったため、様子を見てきてほしいという。
地球人の宇宙進出を嫌うサザン星人に、それらは破壊されていたのだ。地球へ戻る途中で光子ロケットはサザン星人の攻撃を受け、兄妹を守るために光子エネルギーを浴びてしまったシルバー仮面は、巨大化して様々な超能力を持つ無敵の超人になっていた・・・】


◆伊豆大島一体の火山が、不吉な活動を始めていた。そんな中、三原山の火山活動を調査するために大島を訪れていた火山調査隊6名が、消息を絶ってしまう。

朝、津山宇宙科学研究所へ出所した春日兄妹は、昨夜から徹夜していた津山博士に呼ばれ、ある物を見せられる。警視庁から緊急の調査依頼を受けたというその物質は、調査隊の捜索に行って大島の砂漠から収集されてきた岩石である。

博士の調査では、とてつもない強力な磁力を持っていることが判明した。果たして、調査隊の行方不明と何か関係があるのだろうか。そんな時、大原の叔父が突然研究所に現れ、怪物の写っている写真を数枚持って来た。

どこで手に入れたものやら分からぬが、行方不明の調査隊員の物と思われるカメラに写っていたことは間違いないらしい。

その写真を見た光三は、思わず言った。
『これは、きっとサソリンガだ。高校時代にクラスにいた佐野明子という女性から聞いたことがある。大島の砂漠には、サソリンガという巨大生物が棲んでいるって』

『おいおい、それは島に伝わる伝説の話だろ!』
『そうだけどさ、可能性はあるぜ。きっと調査隊を襲ったのは、サソリンガに違いない。サソリに似ているって言っていた・・・』

『しかし、こんなトリック写真は作れますからね』
『それもそうだ』

光三と光一のやり取りを聞いていた光二と津山博士は、どこまで話を信じていいのか解からず無言であった。話を持ってきて面白くないのは、大原の叔父であった。かつて光子ロケットの秘密を盗もうとしたこともあるこの叔父を、兄妹は信じていない。

光三は、大島に戻って三原山の火山活動を調査し続けている同級生の佐野明子に、相談してみることを提案した。密かに明子のことが気になってもいた、光三である。早速大島へ渡る準備を始めようとする光三の心が躍っていることを、兄姉は見抜いて笑っていた。

汽船カトレア丸に乗って大島へ到着した光三は、すぐに佐野明子の実家へ足を運んだ。家の入口で見た屋根に突き刺さっている白い羽根の付いた矢が、光三は気になった。両親はおらず、祖父と二人暮らしの明子。

明子の祖父にあいさつした光三は、あの写真を祖父に見せた。
『おじいさん、この写真を見てください。調査隊が写した写真なんです』
『サソリンガ様だ・・・本当に出たのかね?!』

明子の祖父はとても驚いた様子で、しかも不安げな顔をした。明子の居所を聞いた光三は、三原山へ足を運んで美人の明子と再会した。

『春日さん!』
『相変わらず、研究熱心だな』

計器を使って観測している明子は、三原山の地球磁気が異常値を示していると言った。三原山が噴火する前兆かもしれないと、明子は言う。

『私、明日お嫁入りなのよ・・・』
『明子さん、君・・・』

衝撃を受ける光三に、明子は笑って答えた。
『お祭りなのよ。私に白羽の矢が立って、サソリンガ様のお嫁になるの・・・』

祭りの主旨を聞きに黒田村長の家を訪れた光三は、サソリンガの絵が描かれた家宝の巻物を見せられる。今から200年前は生け贄の花嫁が逃げたために、サソリンガ様の怒りに触れて三原山が大噴火したという。

光三は、巻物のサソリンガと写真に撮られたそれを比べて、異なる点に気が付いた。
『絵のサソリンガの目は二つ、写真のは三つある』

光三は、絵が偽物だと言っているのではない。写真に撮られたサソリンガは、伝説のサソリンガ様ではないと言いたかったのだ。そのために明子を生け贄に捧げることなど断じてできないと、光三は思った。

白羽の矢が刺さった家の娘を差し出すのが、祭りの掟なのだと言う村長。光三は絶対に阻止することを、心に誓う。翌日。白無垢の衣装を着て、砂漠へ向かう準備をする明子をみた光三は訊ねた。

『君は地学を専攻する科学者のハズだ。こんな迷信を信じるのかい?!』
光三はそう言うと、白羽の矢を二つに折ってしまう。ほっといてくれと言う明子に、平手打ちをする光三。明子は、自暴自棄になっているのではない。

懐に隠し持っていた手りゅう弾が、畳の上に落ちた。この島の近海の魚がいなくなってしまったのは、サソリンガのせいだと思っている明子。漁業で生計を立てている祖父や島の皆のために、明子は自分が犠牲になってサソリンガと自爆するつもりだった。

祖父にとって、明子は宝だ。舟を用意したから明子を連れて逃げる様にと、光三に祖父は頼むのだった。明子は嫁入り衣装を脱ぎ捨てると、迎えにくる村長たちと鉢合わせしないように、裏口から光三と一緒に家を出て、漁師の舟で逃亡しようと港へ向かった。

だが、村長と村の若い衆が逃亡に気付き、モーターボートで二人の後を追いかけていく。あっという間に追いつかれ、光三と明子は捕まってしまうのだった。

明子はサソリンガへ嫁入りのために砂漠へ連れて行かれることになり、光三は後ろ手に縛られたまま漁師舟で流されてしまう。

花嫁衣裳を着て馬に乗った明子と大勢の村人たちは、御神火様(ごじんかさま)を祭る神社へ行列になって歩いていく。明子は嫁入り姿のまま、社殿の中へ閉じ込められてしまう。村の若い衆が神楽(かぐら)を舞い踊ると、祭りは最高潮に達していく。

後ろ手に縛られて舟で流されてしまった光三は、隠し持っていたナイフでロープを切ると、大島へ取って返していく。そして、馬で駈けて御神火様を祭る神社へ行くと、裏口から潜入して明子とすり替わるのだった。だが、その様子をじっと見ている目があった。

明子の着ていた花嫁衣裳を羽織った光三は、サソリンガの正体を見極めることを、兄・光二へ無線機で連絡した。光三は、兄・光一から借りた白光銃で、サソリンガに立ち向かうつもりであった。

神楽の太鼓の音に誘われて、地中に潜んでいたサソリンガが砂煙を上げて現れた。
『約束は守りました。どうか三原山を噴火させないでください・・・』

黒田村長は、社殿の中に祭られた御神火様の銅像に向かってお願いした。銅像の前には明子と入れ替わった光三がいる。
『いったい誰に話しているんだ、村長!』

花嫁衣裳を脱ぎ捨てた光三の姿に、村長は驚く。だが、光三の後ろに立っている御神火様の銅像が、突如しゃべった。
『ワハハハハ。愚かなる者どもよ。サソリンガに踏みつぶされてしまえ!』

神の銅像は、サソリンガを操るローム星人であった。毘沙門天か四天王のような姿のローム星人は、真っ赤な目を光らせて歩き出した。正体を現した星人は、社殿の入口を開けずに素通りして外へ出ると、サソリンガに大島破壊を指令した。

光三はサソリンガに対し白光銃で攻撃するが、全く歯が立たない。

『シルバー!』
その頃、東京の津島研究所の屋上では、光二がシルバー仮面に変身してタイムトンネルをかけ抜けていた。大島のサソリンガのもとへ瞬時に現れ出たシルバー仮面ジャイアント。

長いサソリのような尻尾や巨大なハサミの手がシルバー仮面の攻撃を妨げ、とどめが中々させない。一方、光三に逃がしたもらった明子は、祖父に手を引かれて砂漠を走って逃げていた。だが、その行く手をローム星人が遮っていた。

祖父は明子を守るために落ちていた木の棒で襲いかかるが、簡単に弾き飛ばされてしまう。ローム星人は明子を狙っている様子だ。シルバー仮面とサソリンガとの格闘は一進一退で、勝負の行方は分からない・・・(つづく)


★★★★★★★★★★★
今回のゲストは、明子役に西恵子氏。ウルトラマンA、TAC美川隊員役を演じた美人さんである。
シルバー仮面ジャイアントの放映時期は1972年2月、同年4月からウルトラマンAは放映しているので、シルバー仮面の撮影時期にはエースの撮影も始まっていたかもしれない。
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の3件 | 次の3件 シルバー仮面 ブログトップ