So-net無料ブログ作成
検索選択
シルバー仮面 ブログトップ
前の4件 | 次の4件

シルバー仮面ジャイアント(5) [シルバー仮面]

今回は、《第11回 ジャンボ星人対ジャイアント仮面》を取りあげます。

脚本;佐々木守
監督;田村正蔵
特技監督;大木 淳
宇宙人デザイン;池谷仙克
音楽;日暮雅信
ナレーター;森山周一郎

【サザン星人】登場

【前回までの話は・・・
春日兄妹の放浪の旅は続く。富士山麓のある部落で休憩中の兄妹は、タイタン星人の襲撃を受けてしまう。執拗に付け狙う星人からひとみを守るため、東京の叔父の家へ逃がしたが、星人は叔父を襲撃してひとみを捕らえてしまう。
光子ロケットの格納庫で人質にされているひとみを救うべく、光一、光二、光三は全力でタイタン星人に立ち向かった。タイタン星人を撃破してひとみを奪還した3人は、格納庫で光子ロケットの秘密を見つける。そしてそこには、完成した2基のロケットエンジンがあった。春日兄妹は完成した光子ロケットで、宇宙平和を守る旅へ出発しようとしていた・・・】


◆星人たちとの戦いの日々を乗り越え、とうとう光子ロケットを完成させた春日4兄妹。今日は、その光子ロケットで宇宙パトロールへ出発する日であった。計器点検に余念がない兄妹たちは、楽しそうであった。

それもそのはずである。父の夢を遂に実現させることができるからだ。銀色の宇宙服を着用して、計器点検をしている4人。と、そこに現れたのは、宇宙研究の権威、津山博士であった。光子ロケットを完成させたという話を聞いた津山博士は、重大な話を持って春日兄妹のもとを訪れた。

『博士。どうしたんです、何か起こったんですか?』
『光一君、頼みがある。実は、月、ラファリウス星、アンケプロ星の各研究ステーションからの連絡が途絶えたんだ。偶然とは思えん。原因を調べてくれないか』

三つの研究ステーションが一度に連絡を絶ったことは、どう見ても変だ。すると、光三が口を出した。
『兄さん。それは宇宙人がやったことに決まってるぜ!』

光三は、さっき光一に怒られたばかりだった。光子ロケットで、父の仇の宇宙人を叩きつぶすと言った光三。それを聞いた光一は、そういうつもりならお前を置いていくと言い出す。

『光三。この光子ロケットは、戦うためのモノじゃないぞ!』
『そうよ。お父さんが地球と宇宙の平和を守るために・・・』

ひとみが、そう言いかけた言葉を遮り、あくまでも宇宙人は地球を狙っていることを強調する光三だった。だから津山博士の話は、光三にとって自分の主張が正しいことを証明できるチャンスなのだ。

光子ロケットは、20世紀末に運航を終えたフランスの飛行機コンコルドのような形をしている。だが、飛び立つ時はアメリカのアポロのように発射台に支えられ、噴射口を下にして大地に垂直に立っていた。

『秒読み開始!10、9、8、・・・』
『・・・3、2、1、0 ファイヤ!』

光一が発射スイッチを押すと、エンジンに点火して轟音がとどろき、ゆっくりと上昇を始めた。春日式光子ロケットはあっという間に地球を離れ、真っ暗な宇宙空間へ突入していった。

最初に月の研究所を訪れる、光子ロケット。月面に着陸を試みる光子ロケットは、機体底面からジェットを噴射して垂直降下した。ひとみを残して、月面研究所へ向かう3兄弟。

そこで3人が見たものは・・・月面研究所の残骸であった。そして、見たことも無い絵柄の旗が立ててある。日の丸は踏みつぶされて、グチャグチャになっていた。
『いったい、誰がこんなことを・・・』

次の目的地ラファリウス星でも、最後のアンケプロ星でも、月面研究所と同じ光景が3人を出迎えた。ラ星もア星も破壊尽くされた研究所の残骸と一緒に、月で見たものと同じ知らない絵柄の旗が、それぞれに立てられていた。それは、敵陣地を取ったしるしとしてのようであった。

最後のアンケプロ星には、その旗の持ち主がまだ残っていた。光一たちの目前に立ちはだかるのは、不動明王のような顔をした謎の巨大星人だった。
『宇宙は、我がサザン星人のものだ。地球人の進出は、断じて許さない!』

口から火炎を吐いて、光一たちに襲いかかるサザン星人。光二はシルバー仮面に変身して、巨大なサザン星人立ち向かうのだった。
『アタック!』

だが、いくら超能力を身に付けているとはいえ、等身大のシルバー仮面に、50メートルはありそうなサザン星人を倒せるはずもない。勝負は見えていた。弾き飛ばされ、蹴飛ばされてしまうシルバー仮面。

サブエンジンに点火して、離陸準備に備えるひとみ。光一と光三が戻ってきた。シルバー仮面の変身を解いて、光二が今戻ってきた。
『よし、出発!』

だが、垂直上昇中の光子ロケットに、サザン星人が襲いかかってきた。サザン星人に突き飛ばされてしまう光子ロケット。光子ロケットは、なんとか破壊は免れて地球への針路を取り、飛行態勢を整えることに成功した。

なんとか安定を保ちながら地球への航路を飛行していた光子ロケットだったが、アンケプロ星脱出の時のショックが、やはり制御を不能にしていた。このまま地球の大気圏へ突入しても、エンジン制御不能では大地に激突してしまう。

後方のエンジン室が大きな音を立てて壊れた様子だ。
『危ない!光子エネルギーを浴びないように、一か所に集まるんだ!』

光一の指示で操縦席付近へ集まり、身を縮める兄妹。光二はシルバー仮面に変身すると、自分の身体を壁代わりにして、光子エネルギーが兄妹に降り注がないよう遮断をした。

『エンジンはどうだ?』
『駄目だ。皆、覚悟してくれ・・・死ぬときは一緒だぞ!』

光二の問いかけに、絶望感が漂う光一の言葉。光子ロケットは大気圏に突入して、機体表面温度は高温になっていく。高温高速のロケットの機体は、大地に向かって突っ込んでいく。エンジン部から煙を出しながら、岩山へ突っ込んで大爆発する光子ロケット。

大爆発の炎と煙が昇る中、巨大な何かが姿を現した。煙がだんだん薄くなり、正体を現したのは巨大化したシルバー仮面であった。身長が50メートル近くありそうな姿に変わってしまったシルバー仮面は、もはやシルバー仮面ジャイアントと呼ぶべきかもしれない。

光子ロケットが大地に激突して大爆発する直前に、光子エネルギーを浴びて生まれたシルバー仮面ジャイアントに助けだされた3兄妹は、怪我も無く彼の手の中で気絶していた。

光子エネルギー漏れという事故があったにも関わらず、大事に至らずに地球へ戻って来られた春日兄妹。4人は直ちに津山博士の研究所へ行くと、宇宙で見てきた事、巨大なサザン星人が地球人の宇宙進出を許さないと言っていたことを、報告した。

気を失っていて、自分たちが無事でいることが不思議でならないひとみ。今までの経緯を聞いた津山博士は、エンジンが破壊された時に漏れた光子エネルギーが作用して、シルバー仮面に新しい力が加わったことが考えられると言った。

これから4兄妹は津山宇宙科学研究所の所員となって、博士に協力しながら、新しい光子ロケットを造ることを、博士に了承してもらうのだった。

サザン星人が、とうとう地球にやって来た。そして、月やラファリウス星でやったように、破壊尽くした町にサザン星のマークの旗を立てて行った。巨大星人の襲来を告げる緊急連絡が研究所に入り、ひとみと光三が車で様子を見に向かうと、やはりそれはサザン星人であった。

『こちらひとみ。富士山ろくの町で、あのサザン星人が暴れています!』
『俺、行ってくるよ!』

光二はそう言うと、両手を左右に水平に広げ、手のひらを握りしめたまま、(拳法の構えのように)ひじを直角に曲げた腕を腰に添えると、「シルバー」と叫んでジャンプした。

空中で前方宙返りをしてシルバー仮面ジャイアントに変身した光二は、タイムトンネルの中を走り抜けて、あっという間にサザン星人のいる富士山ろくへ到着した。富士山ろくで展開する、巨大星人対ジャイアント仮面の対決。

ベルトのバックルから出すシルバーサーベルでサザン星人の腹部を射抜き、とどめは頭部にある突起から出すシルバー光線。シルバー光線を浴びたサザン星人は、大爆発して死んだ。

光一は3人に向かって告げた。
『いつまたサザン星人のようなヤツが現れるかもしれない。1日も早く新しい光子ロケットを完成させるんだ!』(つづく)


★★★★★★★★★★★
第11回から巨大ヒーロー物となったシルバー仮面は、タイトルも「シルバー仮面ジャイアント」と改める。内容的にも以前より明るい感じに改められているが、それは津山博士の小学生の娘・リカのマスコット的存在が大きい。津山宇宙科学研究所を拠点に、宇宙人との戦いに巻き込まれる津山博士役を、岸田森氏が演じている。

シルバー仮面ジャイアント(6) [シルバー仮面]

今回は、《第12回 恐怖のサソリンガ》を取りあげます。

脚本;上原正三
監督;田村正蔵
特技監督;大木 淳
デザイン;池谷仙克
音楽;日暮雅信
ナレーター;森山周一郎

【ローム星人】
【サソリンガ】登場

【前回までの話は・・・
光子ロケットで宇宙パトロールへ出発する春日4兄妹は、出発直前に津山博士から緊急の依頼を受けた。宇宙への進出で、人類が初めて作った研究ステーションとの連絡が取れなくなったため、様子を見てきてほしいという。
地球人の宇宙進出を嫌うサザン星人に、それらは破壊されていたのだ。地球へ戻る途中で光子ロケットはサザン星人の攻撃を受け、兄妹を守るために光子エネルギーを浴びてしまったシルバー仮面は、巨大化して様々な超能力を持つ無敵の超人になっていた・・・】


◆伊豆大島一体の火山が、不吉な活動を始めていた。そんな中、三原山の火山活動を調査するために大島を訪れていた火山調査隊6名が、消息を絶ってしまう。

朝、津山宇宙科学研究所へ出所した春日兄妹は、昨夜から徹夜していた津山博士に呼ばれ、ある物を見せられる。警視庁から緊急の調査依頼を受けたというその物質は、調査隊の捜索に行って大島の砂漠から収集されてきた岩石である。

博士の調査では、とてつもない強力な磁力を持っていることが判明した。果たして、調査隊の行方不明と何か関係があるのだろうか。そんな時、大原の叔父が突然研究所に現れ、怪物の写っている写真を数枚持って来た。

どこで手に入れたものやら分からぬが、行方不明の調査隊員の物と思われるカメラに写っていたことは間違いないらしい。

その写真を見た光三は、思わず言った。
『これは、きっとサソリンガだ。高校時代にクラスにいた佐野明子という女性から聞いたことがある。大島の砂漠には、サソリンガという巨大生物が棲んでいるって』

『おいおい、それは島に伝わる伝説の話だろ!』
『そうだけどさ、可能性はあるぜ。きっと調査隊を襲ったのは、サソリンガに違いない。サソリに似ているって言っていた・・・』

『しかし、こんなトリック写真は作れますからね』
『それもそうだ』

光三と光一のやり取りを聞いていた光二と津山博士は、どこまで話を信じていいのか解からず無言であった。話を持ってきて面白くないのは、大原の叔父であった。かつて光子ロケットの秘密を盗もうとしたこともあるこの叔父を、兄妹は信じていない。

光三は、大島に戻って三原山の火山活動を調査し続けている同級生の佐野明子に、相談してみることを提案した。密かに明子のことが気になってもいた、光三である。早速大島へ渡る準備を始めようとする光三の心が躍っていることを、兄姉は見抜いて笑っていた。

汽船カトレア丸に乗って大島へ到着した光三は、すぐに佐野明子の実家へ足を運んだ。家の入口で見た屋根に突き刺さっている白い羽根の付いた矢が、光三は気になった。両親はおらず、祖父と二人暮らしの明子。

明子の祖父にあいさつした光三は、あの写真を祖父に見せた。
『おじいさん、この写真を見てください。調査隊が写した写真なんです』
『サソリンガ様だ・・・本当に出たのかね?!』

明子の祖父はとても驚いた様子で、しかも不安げな顔をした。明子の居所を聞いた光三は、三原山へ足を運んで美人の明子と再会した。

『春日さん!』
『相変わらず、研究熱心だな』

計器を使って観測している明子は、三原山の地球磁気が異常値を示していると言った。三原山が噴火する前兆かもしれないと、明子は言う。

『私、明日お嫁入りなのよ・・・』
『明子さん、君・・・』

衝撃を受ける光三に、明子は笑って答えた。
『お祭りなのよ。私に白羽の矢が立って、サソリンガ様のお嫁になるの・・・』

祭りの主旨を聞きに黒田村長の家を訪れた光三は、サソリンガの絵が描かれた家宝の巻物を見せられる。今から200年前は生け贄の花嫁が逃げたために、サソリンガ様の怒りに触れて三原山が大噴火したという。

光三は、巻物のサソリンガと写真に撮られたそれを比べて、異なる点に気が付いた。
『絵のサソリンガの目は二つ、写真のは三つある』

光三は、絵が偽物だと言っているのではない。写真に撮られたサソリンガは、伝説のサソリンガ様ではないと言いたかったのだ。そのために明子を生け贄に捧げることなど断じてできないと、光三は思った。

白羽の矢が刺さった家の娘を差し出すのが、祭りの掟なのだと言う村長。光三は絶対に阻止することを、心に誓う。翌日。白無垢の衣装を着て、砂漠へ向かう準備をする明子をみた光三は訊ねた。

『君は地学を専攻する科学者のハズだ。こんな迷信を信じるのかい?!』
光三はそう言うと、白羽の矢を二つに折ってしまう。ほっといてくれと言う明子に、平手打ちをする光三。明子は、自暴自棄になっているのではない。

懐に隠し持っていた手りゅう弾が、畳の上に落ちた。この島の近海の魚がいなくなってしまったのは、サソリンガのせいだと思っている明子。漁業で生計を立てている祖父や島の皆のために、明子は自分が犠牲になってサソリンガと自爆するつもりだった。

祖父にとって、明子は宝だ。舟を用意したから明子を連れて逃げる様にと、光三に祖父は頼むのだった。明子は嫁入り衣装を脱ぎ捨てると、迎えにくる村長たちと鉢合わせしないように、裏口から光三と一緒に家を出て、漁師の舟で逃亡しようと港へ向かった。

だが、村長と村の若い衆が逃亡に気付き、モーターボートで二人の後を追いかけていく。あっという間に追いつかれ、光三と明子は捕まってしまうのだった。

明子はサソリンガへ嫁入りのために砂漠へ連れて行かれることになり、光三は後ろ手に縛られたまま漁師舟で流されてしまう。

花嫁衣裳を着て馬に乗った明子と大勢の村人たちは、御神火様(ごじんかさま)を祭る神社へ行列になって歩いていく。明子は嫁入り姿のまま、社殿の中へ閉じ込められてしまう。村の若い衆が神楽(かぐら)を舞い踊ると、祭りは最高潮に達していく。

後ろ手に縛られて舟で流されてしまった光三は、隠し持っていたナイフでロープを切ると、大島へ取って返していく。そして、馬で駈けて御神火様を祭る神社へ行くと、裏口から潜入して明子とすり替わるのだった。だが、その様子をじっと見ている目があった。

明子の着ていた花嫁衣裳を羽織った光三は、サソリンガの正体を見極めることを、兄・光二へ無線機で連絡した。光三は、兄・光一から借りた白光銃で、サソリンガに立ち向かうつもりであった。

神楽の太鼓の音に誘われて、地中に潜んでいたサソリンガが砂煙を上げて現れた。
『約束は守りました。どうか三原山を噴火させないでください・・・』

黒田村長は、社殿の中に祭られた御神火様の銅像に向かってお願いした。銅像の前には明子と入れ替わった光三がいる。
『いったい誰に話しているんだ、村長!』

花嫁衣裳を脱ぎ捨てた光三の姿に、村長は驚く。だが、光三の後ろに立っている御神火様の銅像が、突如しゃべった。
『ワハハハハ。愚かなる者どもよ。サソリンガに踏みつぶされてしまえ!』

神の銅像は、サソリンガを操るローム星人であった。毘沙門天か四天王のような姿のローム星人は、真っ赤な目を光らせて歩き出した。正体を現した星人は、社殿の入口を開けずに素通りして外へ出ると、サソリンガに大島破壊を指令した。

光三はサソリンガに対し白光銃で攻撃するが、全く歯が立たない。

『シルバー!』
その頃、東京の津島研究所の屋上では、光二がシルバー仮面に変身してタイムトンネルをかけ抜けていた。大島のサソリンガのもとへ瞬時に現れ出たシルバー仮面ジャイアント。

長いサソリのような尻尾や巨大なハサミの手がシルバー仮面の攻撃を妨げ、とどめが中々させない。一方、光三に逃がしたもらった明子は、祖父に手を引かれて砂漠を走って逃げていた。だが、その行く手をローム星人が遮っていた。

祖父は明子を守るために落ちていた木の棒で襲いかかるが、簡単に弾き飛ばされてしまう。ローム星人は明子を狙っている様子だ。シルバー仮面とサソリンガとの格闘は一進一退で、勝負の行方は分からない・・・(つづく)


★★★★★★★★★★★
今回のゲストは、明子役に西恵子氏。ウルトラマンA、TAC美川隊員役を演じた美人さんである。
シルバー仮面ジャイアントの放映時期は1972年2月、同年4月からウルトラマンAは放映しているので、シルバー仮面の撮影時期にはエースの撮影も始まっていたかもしれない。

シルバー仮面ジャイアント(7) [シルバー仮面]

今回は、《第13回 サソリンガ東京猛襲》を取りあげます。

脚本;上原正三
監督;田村正蔵
特技監督;大木 淳
デザイン;池谷仙克
音楽;日暮雅信
ナレーター;森山周一郎

【ローム星人】
【サソリンガ】登場

【前回までの話は・・・
伊豆大島の砂漠には、大昔からサソリンガが棲むという伝説がある。三原山の噴火を調査する調査隊が行方不明になり、残されていた隊員のカメラに巨大なサソリの怪物が写っていた。三原山の爆発を恐れた村は、サソリンガ伝説の祭りの生け贄に、春日光三の同級生・佐野明子を選ぶ。
明子の代わりに生け贄となり、サソリンガの正体を見極めようとした光三は、祭られていた神様が実は生きた宇宙人で、サソリンガを操っているのもこの星人であることを突き止めたのだが・・・】


◆御神火様(ごじんかさま)を祭る社殿を飛び出したローム星人は、サソリンガを操ってジャイアント仮面と戦わせる一方で、逃げる明子と祖父の前に現れ、祖父を弾き飛ばしたあと、右手に持っている剣先から謎の赤い光を明子へ浴びせるのだった。

『人類は滅び去り、ローム星人の時代が来るのだ・・・フォフォフォフォ』

星人はそう言うと、サソリンガを砂漠の中へ隠して姿を消してしまう。光三が駆けつけた時には、明子は嫁入り姿のまま砂漠の上で倒れており、意識を取り戻すことはなかった。

明子を自宅へ運んで祖父が介抱をするも、目を開けることはなかった。すると、部屋の隅に置かれた明子が日頃三原山観測に使っている磁力測定器が、バリバリと音を立てて反応を示した。針が振り切れる程の強い磁気が、明子の体から発せられていた。

ローム星人は、剣先から強い磁力を明子へ浴びせていた。明子はこの強い磁力のせいで、仮死状態になってしまっているのだ。磁力を抜けばきっと目を覚ますはずだと信じる光三は、明子を津山博士の元へ運ぶことを決意する。

明子が死んだものと思った祖父は自殺を図ろうとする。明子が死んではいないことを説明し、祖父をなだめて、必ず明子を生き返らせてみせると、光三は祖父に固く誓った。津山博士の研究所へ明子を運んだものの、並大抵ではない磁力のため、研究所の機器類では対処できなかった。

ひとみの持って来た富士観測所の情報は、富士山の地球磁気が異常に高く、このままでは噴火の恐れがあるらしい。三原山も同様だったことを明子から聞いていた光三は、サソリンガによって富士山が噴火させられることを心配する。

津山博士は、サソリンガと火山の磁気の高まりには関係があるようだと推測する。富士と大島は同じ火山帯なので、三原山の異常がローム星人の引き起こしたモノなら、こんどの富士山の磁気の高まりも星人の仕業の可能性が高いのだ。

光一ら三人は富士山へ向かった。すると、富士山火口付近からサソリンガが出現した。光二はすぐにシルバー仮面ジャイアントに変身、格闘となった。サソリンガの近くにはローム星人がいるはずだ。思った通り、星人は刀剣でサソリンガを操っていた。

サソリンガを援護するために巨大化した星人は、2体でシルバー仮面に襲いかかってきた。雪の残る富士山頂付近で、戦う3体。白い息を吐きながら、それを見守る光一と光三。

ローム星人の振り下ろした刀剣を真剣白刃取りでつかんだジャイアント仮面は、刀剣を星人から取り上げると星人の胸めがけて投げた。刀剣が左胸に突き刺さった星人は、爆死してしまうのだった。だがサソリンガは意外に強く、とどめをさせずに地中へと逃げられてしまう。

ローム星人の刀剣が明子を仮死状態にしている原因だと思っていた春日兄妹は、星人が死んでも眠ったまま意識が回復しない明子を見て、サソリンガこそが元凶であることに気が付く。

富士山付近に潜伏していると思われるサソリンガを、大島の御神火様祭りの際に太鼓の音で誘われて出てきた事を思い出した光三は、兄達の協力を得て富士山で太鼓作戦を実行する。

ところが、ひとみからの情報で、サソリンガが東京に出現したことが分かった。しかも、何かに誘われるようにして、津山研究所に向かって一直線に進んでいることが判明したのだ。

富士山から大至急研究所へ戻ってきた光一らは、星人を倒した今、サソリンガにどんな対策を立てればいいのか見当がつかなかった。

『そうだ、明子さんの磁力だ。ローム星人の磁力が無くなったんで、明子さんの磁力を目的に進んでいるにちがいない』

光一の考えを聞いた津山博士も、同意した。早速明子さんを、アンチマグネカプセルに入れることにした。明子の体全体をカプセル状の入れ物に入れて、明子から出る磁力を遮断することに成功した津山研究所。進軍していたサソリンガは急に動きを止めると、地中へ潜ってしまうのだった。

だが、カプセルの中で目を閉じたままじっと動かない明子の顏を見た光三は、自分の力の無さを嘆いていた。
『どうすることもできなくて・・・ごめんよ』

『明子さんがあの状態で生き続けていられるのは、奇跡だ。その奇跡を支えているのは、光三君のひたむきな情熱だよ。だから、あきらめてはいけない』

津山博士はそう言って、光三を力づけるのだった。春日兄妹は、サソリンガを倒す作戦を考えてみる。光二は、今度こそとどめを刺す自信があると言った。

その頃、明子の様子を見に行ったひとみは、カプセルを開けて、明子の顏に口紅を塗っている博士の娘・リカの姿を見つけるのだった。
『こんな箱に入れられたら、息が詰まってしまうわよ。きれいにしてあげたいのよ・・・』

小学生ながらおしゃまなリカは、そう言って、口紅を差してあげていた。すると突然、研究室の窓ガラスが割れて、サソリンガの巨大なハサミの一部が部屋を襲ったのだった。リカがカプセルを開けたため、サソリンガは明子の磁力を目的に、再び活動してしまったのだ。

白光銃、赤光銃では、守り切れない。ここは、シルバー仮面に頼るほかはない。
『あとは俺に任せるんだ・・・シルバー!』

ジャイアント仮面とサソリンガは、東京決戦に及んだ。東京タワーが大きなハサミでつかまれて、倒されてしまった。ジャイアント仮面の頭部のツノから飛び出したナイフが、サソリンガの第三の目を貫いた。

『シルバージャック!』
サソリンガの動きが鈍くなったところを、飛行機投げで投げ飛ばしたジャイアント仮面。地面に叩きつけられたサソリンガは、遂に力尽きてしまうのだった。

サソリンガの死とともに、明子は目を覚ました。ゆっくりとカプセルから身体を起こした明子は、まるで眠りから覚めた白雪姫の様であり、それを見つめる光三の喜びはひとしおであった。

津山博士とリカ、春日兄妹は大島旅行へ出かけた。兄と姉は、観光やゴルフを楽しんでいるが、光三は元気になった明子との楽しい時間を過ごしていた・・・(つづく)


★★★★★★★★★★★
シルバー仮面に変身する際に出す「シルバー!」という光二の声は、なんか変(笑)。普通に出す光二(柴俊夫氏)の声では無いのだ。裏声のような作った声になっていて、音声さんが加工しているとしか思えない。何でかな?

シルバー仮面ジャイアント(8) [シルバー仮面]

今回は、《第16回 爆発!シルバーライナー》を取りあげます。

脚本;上原正三
監督;外山 徹
特技監督;大木 淳
デザイン;池谷仙克
音楽;日暮雅信
擬闘;高倉英二
ナレーター;森山周一郎

【モーク星人】登場

【前回までの話は・・・
父・春日勝一郎博士が設計開発した光子ロケットを完成させた春日4兄妹は宇宙パトロールへ出発していったが、凶暴なサザン星人の攻撃を受けて命からがら地球へ戻ってきた。その途中、光子エンジンを破壊され光子エネルギーが船内に噴出したため、光二は兄達を守ろうとシルバー仮面に変身して自分が壁になった。
光子エネルギーを浴びながら身を挺して兄妹弟の3人を守ったシルバー仮面は、そのことが原因で巨大化したばかりか大いなる力が備わったのであった・・・】


◆津山宇宙科学研究所の所員となって働く春日4兄妹。長男光一は、父の意志を継いで研究制作したテスト用宇宙ロケット・ベム1号が、遂に完成した。だが、テスト直前の夜間に、何者かによって破壊されてしまうのだった。

東京湾に面したコンビナートにある東南石油には、津山博士が春日兄妹のベム1号の為に開発したロケット用燃料GP60 の貯蔵タンクがあった。この貯蔵タンクも同様に、夜間何者かに襲撃されて破壊されてしまった。

この二つの事件は、明らかにベム1号の発射テストを妨害しようとする犯行に違いなかった。現場の様子から、犯行は人間によるものでないことは明らかだった。とすると、これは、地球人の宇宙進出を望まぬ宇宙人による妨害工作であることが想像された。

だが津山博士と光一は、万が一のことを考えて、大阪にも拠点を作っておいた。ベム2号は、大阪の発射台から飛ばすことを決定するのだった。津山博士と春日兄妹はそれぞれ別々に東京を離れ、大阪へと向かった。

大阪の実験場で完成したベム2号は密かに打ち上げる予定でいたのだが、なぜかテレビ局のカメラや新聞記者たちが集まっていた。そして、兄妹が嫌っている大原の叔父の姿もそこにはあった。

新聞記者たちが、インタビューをしようと集まってきた。だが、春日兄妹のことを宇宙人とのなれ合いだと決めてかかる記者たちは、失礼な質問をして光一や光三を怒らせた。

『ところで、今日は成功するんでしょうね?』
『それは、どういう意味ですか!』(光一)

『ロケットはともかくとしても、津山博士の新エネルギーGP60には大いに期待しているんですよ』
『ロケットはともかく、とは何だ!』(光三)

危うくケンカになる所を止めた光一は、今日のテストのことをどうして知ったのかを訊ねたが、記者たちは電話をもらったとしか答えなかった。もしかして、叔父が・・・。

いっせいに兄妹の目が大原の叔父に注がれたが、叔父は自分では無いことを必死に否定するのだった。まさか、奴らが嗅ぎ付けてきたのか?

『ねぇ、無理して今日やらなくても・・・』
妹のひとみが意見を言うと、光三と光二は「今やらなければ、奴らの思うつぼだ」と強行しようと言うのだった。

光一も賛成し、打ち上げの秒読みが始まった。
『30秒前・・・テン、ナイン・・・ワン、ゼロ!』
IMG_0564.jpg
IMG_0565.jpg
ロケットに点火した瞬間、発射台近くに半透明の宇宙人が出現した。上昇し始めたロケットを殴りつけるように破壊すると、宇宙人は半透明になって消えてしまった。反撃する間もないほどに、宇宙人はあっという間に姿を消した。

記者たちはこの結果を見て、春日兄妹は宇宙人と一芝居打ったのだろうと非難するのだった。ロケットよりも津山博士の新燃料にばかり話題が集まるからだと記者はその動機を述べると、それを聞いて怒った光一は、思わずその記者を殴りつけてしまう。

妹のひとみが記者たちに叫んだ。
『私達は宇宙人に狙われ、さすらいの旅をしたことはあったけど、宇宙人に魂を売り渡したことはありません!』
『春日君は、そんな卑怯な男じゃない!』

春日光一は未来を担う優秀な科学者であると、津山博士は力説するのだった。それに加え、ベム3号がまだ残っていることを述べると、光一があとを続けた。
『予定通り、2日後に必ず打ち上げてみせます!』

津山博士と春日兄妹はホテルへ帰ると、ベム2号の打ち上げビデオを再生して、対策を検討しようとした。すると、再生ビデオと関係の無い声が、テレビの中から聞こえてきた。
IMG_0566.jpg
『春日光一と津山博士に告ぐ。ベム計画を中止せよ。私は、第一銀河星雲のモーク星人だ。地球人が宇宙へ進出することは許さない!』

『勝手な事を言うな!宇宙は、全宇宙の生物が平和的に開発すべきモノなんだ!』
『発射テストを中止しなければ、どんな方法を取ってでも阻止してみせる。ハハハハ・・・』

モーク星人は、ベム計画阻止の為に送りこまれた破壊工作員なのだ。津山博士は、ロケットとGP60燃料を徹底的に守る作戦を取ることにした。白光銃を持つ光一と赤光銃を持つ光三はロケットを管理している倉庫を、燃料タンク周辺は光二が車で、それぞれ警戒した。

だが、モーク星人は予想を裏切り、全く関係の無い大西石油コンビナートを狙って出現した。そして、モーク星人は、火災によって出る黒い煙をたらふく吸い込んでいた。春日3兄弟が現場に到着したとき、モーク星人は姿を消したあとだった。
IMG_0568.jpg
一方、妹の春日ひとみと津山博士のひとり娘リカは、博士たちが対策会議をしている間、遊園地で遊んでいた。ふたりで観覧車に乗っていたとき、リカがモーク星人を見かけたと言った。だが、ひとみは信じなかった。

津山リカは、大人びた子である。博士たちが対策会議をするためホテルに帰った時、「知恵を貸すから自分も参加したい」と言った程のおませな娘なのだ。

モーク星人は、ベム計画阻止のためには手段を選ばないと言った。モーク星人の次の目的は、自分の姿をリカに見せて誘い出すことにあった。遊園地のスリラーハウスの中で、リカはひとみから通信器を持ちだすと、はぐれたフリをして、一人でモーク星人の姿を追って行くのだった。

ひとみはリカが居なくなったことを知りホテルへ帰るが、リカが戻ってないことを知って騒ぎとなった。対策会議を中断して全員でリカを探そうとするが、探し様がない。すると、リカから通信が入った。

『こちらリカ。パパ応答願います・・・』
『リカ、どこにいるんだ?』

『今ね、宇宙人を追跡しているところよ!宇宙人がね、石油工場へ入って行こうとしているわ。あっ、消えちゃった・・・キャー!パパ・・・』

リカからの通信が切れた。石油工場と言っても、どこへ行けばいいのか見当がつかない。
『阪神石油じゃないかな。パトロール中に聞いたことのある音がする・・・』

光二の言葉に、すぐ全員が反応した。阪神石油工場構内を捜索中に、リカの通信器を拾う光三。
『パパ!』

どこかから、リカの声がする。あそこだ、石油タンクの階段を登り切った所だ。そして石油タンクのすぐ横には、巨大なモーク星人が現れた。リカは足がすくんで、動くことが出来ないのだ。
IMG_0573.jpg
IMG_0572.jpg
『ベム計画を中止しろ!そうしなれば、子供の命は保証しない!』
『卑怯だぞ、モーク星人!』

『手段は選ばない!どうする?』
『分った。ベム計画は中止する!だから、子供を返してくれ!』

春日光一は、中止を決断した。だが、津山博士は石油タンクへ走って登って行くと、リカを抱きかかえたまま叫んだ。

『科学は暴力に屈服しない、屈服してはならないのだ。君達の父、春日博士がよく言われた言葉だ!ベム計画はやり抜くんだ!』

光二は、シルバー仮面に変身すると、モーク星人に飛びかかり、相手がひるんだ隙に博士とリカを石油タンクから離れた場所へ助けだすことに成功した。
IMG_0574.jpg
IMG_0575.jpg
コンビナートで、モーク星人とジャイアント仮面の対決。だが、モーク星人の猛攻の前に、劣勢のジャイアント仮面。
『シルバーライナー!』
IMG_0578.jpg
IMG_0583.jpg
モーク星人の体を持って振り回し、遠心力で遠くへ投げ飛ばす技、シルバーライナー。だが、飛行能力を持つモーク星人は空中でUターンすると、逆に足からジャイアント仮面に突っ込んでいく。ジャイアント仮面は、逆襲の体当たりキックを食らってしまうのであった。(つづく)


★★★★★★★★★★★
光子エネルギーを浴びて体質に変化が生じたシルバー仮面には、いろいろな武器が備わっていた。ベルトのバックルから剣を引き抜いたり、手裏剣を出したりもできる。ウルトラシリーズとの一番の違いは、光線技があまり持っていないことであろうか。今の所、シルバービームのようなモノは出ていない。

前の4件 | 次の4件 シルバー仮面 ブログトップ